名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

並木裕太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

並木裕太のプロフィール

並木裕太、なみき・ゆうた。日本のコンサルタント。慶應義塾大学卒業、ペンシルベニア大学ウォートン校でMBAを取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、最年少で役員に就任。その後独立し、フィールド・マネージメントを設立。著書に『ぼくらの新・国富論 スタートアップ・アカデミー』『ミッションからはじめよう!』『新人コンサルタントが最初に学ぶ 厳選フレームワーク20』『ヒット商品が教えてくれる 人の「ホンネ」をつかむ技術』ほか。

並木裕太の名言 一覧

情報は、アイデアを生むためではなくて、証明するために使うもの。


誰でも得られる情報からは誰でも思いつくアイデアしか浮かばない。希少価値の高い情報をベースに考えれば、自ずと斬新なアイデアになる。


日経新聞を読んでいる人はごまんといるけれど、その道のプロから話を聞いた人は限られる。


「起業は天才や奇才のためのもの」説が世の中には流れていますよね。でも、そんなものは嘘っぱちです。


起業したいと言ってしない若者たちの言い訳はだいたい「アイデアがない」「お金がない」。でも日本のベンチャーシーンでは、アイデアとお金はもはやコモディティです。足りないのは起業する人であり、「君なんだ」ということです。


寝る前に必ずメールのInbox(受信トレイ)を空にしないと気が済まない。あとで必要なものは残すけど、返信したら、95%はすぐに削除します。


移動の車や電車の中でもスマホを見ることはなくて、ひたすら考え事をしています。自分の頭で考えた分だけオリジナリティは高まっていく。考えるテーマは、担当する案件の数だけ常に頭の中にあります。


人に比べて、スマホを見ている時間が圧倒的に少ないです。1日せいぜい30分程度でしょうか。情報を遮断する目的もあるし、もう一つには思考する時間をつくるためでもあります。


僕は影響を受けやすいので、新聞や本を読むと、人の意見を自分の意見のように勘違いしてオリジナルの発想ができなくなる。みんなが思いつくことを自分が思いついて新しい発明をしたような気になることはしたくないんです。知っている情報を増やしていろいろなことに詳しくなる「情報屋」になることと、オリジナルのアイデアを生むことは僕の中ではトレードオフになると思っています。


マッキンゼーに入社して3、4年は劣等生でした。誰からも見向きもされなかった。そこで、担当していたコンビニ業界に精通する人物を探しました。伝説の店長やコンビニ出身の経営コンサルタントなどを探し、会いにいったんです。若くて、人に会うしか活路がなかったんですが、結果的には一番有切な手段でした。


並木裕太の経歴・略歴

並木裕太、なみき・ゆうた。日本のコンサルタント。慶應義塾大学卒業、ペンシルベニア大学ウォートン校でMBAを取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、最年少で役員に就任。その後独立し、フィールド・マネージメントを設立。著書に『ぼくらの新・国富論 スタートアップ・アカデミー』『ミッションからはじめよう!』『新人コンサルタントが最初に学ぶ 厳選フレームワーク20』『ヒット商品が教えてくれる 人の「ホンネ」をつかむ技術』ほか。

他の記事も読んでみる

岩下尚史

私は不安に備えた行動なんてしません。伝統芸能についても、学校で演劇を勉強したわけでなく、すべて、少年時代から見物してきた新旧の舞台の印象や記憶だけが資本です。「将来は仕事にしたいから」と目論んで、その時々に見た舞台を記録していたわけではありません。好きで見ていただけのこと。


中山讓治(中山譲治)

私は、仕事の場で話すときには、たとえ五分程度の会話だとしても、つねに事前準備を欠かさないくらいの緊張感をもつべきだと思っています。それは、冷静に話せるようにするためでもありますが、相手の貴重な時間をムダにしないためでもあります。相手の時間を奪うことに敏感にならなければ、周囲の評価は得られないでしょう。ベテランになればなるほど、油断して準備をしなくなりがちなので、注意が必要だと思います。


志村けん

とにかく面白いコントを作りたい。そう思わせた最大の要因は、やっぱり育ってきた家のなかの暗さにあったんじゃないかな。親父は小学校の教頭をやっていたんですけど、ガチガチの堅物でね。普段はニコッともしない。しかも講道館柔道の5段なんですよ。講道館柔道というのは実践的なケンカ柔道で、実質的には5段以上はいないと言われてて、ホント、こわくてね。下手に口答えでもしようものなら、すぐにバーンと足払いですから。そんな家に、笑いなんかあるわけないじゃないですか。そんな雰囲気のなか、夕飯のとき、お笑い番組をつけていると、それを見て親父がクスッと笑う。その瞬間、家のなかがパッと明るくなるのが嬉しくてね。「ああ、笑いの力ってすごいんだな」って。


酒井秀樹

創業社長が亡くなり、私は37歳で社長に就いた。以来30年計画で自分の野望を実現しようとしてきたわけです。具体的には、大企業を上回る収益力を目指し、付加価値の高い仕事を追求しました。行き着いたのは、新製品開発を重視し、生産の大半を外部委託するファブレス経営です。
【覚書き|ファブレス=開発のみを行い量産のための生産工場を持たない製造業のビジネスモデル】


ジェイ・エイブラハム

その市場で見込み客に最大の利益をもたらせる取引相手は自分しかいないということを、心の底から信じることが重要だ。なぜなら、心から誠実に接しなければ、それ以上取引を続けることは自分の良心に背くことになるからだ。


松木安太郎

試合の解説をしている時に途中出場の選手に対しては、熱くなってしまいますね。彼らは心のどこかで「残り何分しかない」「もっと出たかった」と思っている。そんな心情は百も承知だけど、消極的なプレーになるのは許せない。プロだったら、5分でも10分でも出た時間の間で精一杯のプレーをし、アピールし続けるべきですから。ついつい、頑張れ、やってやれ、レギュラーを脅かしてやれ、と応援してしまう。僕自身、そういうスタイルでプレーした結果、常勝チームの読売クラブで先輩からレギュラーを取ることができたし、憧れていた代表のユニフォームを着ることもできた。今の選手からすれば根性論かもしれません。でも、実業団チームばかりの日本リーグにあってプロを志向した集団だった読売クラブでは、それが当たり前でした。自分の生きる道を拓くのは1分1分の積み重ねでしかない、と。


ハヤカワ五味

高校生のころ、自分が着たいと思えるようなデザインのタイツがなかったんです。それなら自分で好きな柄を入れようと思って、カラースプレーを吹きつけてオリジナルのタイツをつくりました。それを予備校にはいていったら、友達から「いいね、私も欲しい」とお願いされてつくるように。それがブランドをつくった最初のきっかけです。リアルな友達だけじゃなく、ブログの読者も「欲しい」と言ってくださって、ネットを通して通販も始めました。


渡辺秀明

人は、あれこれ指図しなくても、意気に感じれば自然と動くものです。嫌々やっている人のお尻をたたいても、思うようには働いてくれません。大事なのは、一人ひとりに自分の仕事の意義を理解してもらい、自発的に発奮してもらえる環境を作ること。


平尾誠二

部下に話を伝えるのが下手なリーダーは、ほとんどの場合リーダー側の受信機が問題です。そこをみんな間違えるんです。何かを伝えようと思ったら、まず相手の一挙手一投足に注意を払い、いまどんな精神状態にあるのか、性格はどんなタイプなのかといったことを見極める。話すのが苦手という人は、説得力より洞察力の方に磨きをかけるべきなのです。


夏野剛

いつも余裕のない状態で仕事をしていると、それを見た上司から「スピードが上がるまでは、いまの仕事に専念してもらおう」と判断されます。そして新しい仕事がもらえなくなる。つまり、新しい経験を積むチャンスを失ってしまうのです。ですから、仕事に追われていると感じている人は、上司の力を借りてでも解決のスピードを上げた方がいいと思います。そうして数をこなせば、自分の実力も上がってくるはずですから。


小池百合子

評論家ばかりいても、世の中は良くならない。本当に何かを良くしていこうと思ったら、何らかの大きなムーブメントにつながるような努力をすることも必要。塹壕の中に閉じこもっていても、何も変わらない。


苅野進

「例外が発生したから、これは失敗だ」で終わらせるのではなく、例外が発生した原因や理由を理解し、改善するというステップにつなげなければ、成果は出せません。このサイクルを速いスピードで回し続け、意思決定の精度をどんどん上げていくことが、目指すゴールに到達する一番の近道なのです。