名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

並木裕太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

並木裕太のプロフィール

並木裕太、なみき・ゆうた。日本のコンサルタント。慶應義塾大学卒業、ペンシルベニア大学ウォートン校でMBAを取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、最年少で役員に就任。その後独立し、フィールド・マネージメントを設立。著書に『ぼくらの新・国富論 スタートアップ・アカデミー』『ミッションからはじめよう!』『新人コンサルタントが最初に学ぶ 厳選フレームワーク20』『ヒット商品が教えてくれる 人の「ホンネ」をつかむ技術』ほか。

並木裕太の名言 一覧

情報は、アイデアを生むためではなくて、証明するために使うもの。


誰でも得られる情報からは誰でも思いつくアイデアしか浮かばない。希少価値の高い情報をベースに考えれば、自ずと斬新なアイデアになる。


日経新聞を読んでいる人はごまんといるけれど、その道のプロから話を聞いた人は限られる。


「起業は天才や奇才のためのもの」説が世の中には流れていますよね。でも、そんなものは嘘っぱちです。


起業したいと言ってしない若者たちの言い訳はだいたい「アイデアがない」「お金がない」。でも日本のベンチャーシーンでは、アイデアとお金はもはやコモディティです。足りないのは起業する人であり、「君なんだ」ということです。


寝る前に必ずメールのInbox(受信トレイ)を空にしないと気が済まない。あとで必要なものは残すけど、返信したら、95%はすぐに削除します。


移動の車や電車の中でもスマホを見ることはなくて、ひたすら考え事をしています。自分の頭で考えた分だけオリジナリティは高まっていく。考えるテーマは、担当する案件の数だけ常に頭の中にあります。


人に比べて、スマホを見ている時間が圧倒的に少ないです。1日せいぜい30分程度でしょうか。情報を遮断する目的もあるし、もう一つには思考する時間をつくるためでもあります。


僕は影響を受けやすいので、新聞や本を読むと、人の意見を自分の意見のように勘違いしてオリジナルの発想ができなくなる。みんなが思いつくことを自分が思いついて新しい発明をしたような気になることはしたくないんです。知っている情報を増やしていろいろなことに詳しくなる「情報屋」になることと、オリジナルのアイデアを生むことは僕の中ではトレードオフになると思っています。


マッキンゼーに入社して3、4年は劣等生でした。誰からも見向きもされなかった。そこで、担当していたコンビニ業界に精通する人物を探しました。伝説の店長やコンビニ出身の経営コンサルタントなどを探し、会いにいったんです。若くて、人に会うしか活路がなかったんですが、結果的には一番有切な手段でした。


並木裕太の経歴・略歴

並木裕太、なみき・ゆうた。日本のコンサルタント。慶應義塾大学卒業、ペンシルベニア大学ウォートン校でMBAを取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、最年少で役員に就任。その後独立し、フィールド・マネージメントを設立。著書に『ぼくらの新・国富論 スタートアップ・アカデミー』『ミッションからはじめよう!』『新人コンサルタントが最初に学ぶ 厳選フレームワーク20』『ヒット商品が教えてくれる 人の「ホンネ」をつかむ技術』ほか。

他の記事も読んでみる

福原義春

会社というのはある意味でいうと、人間がたくさんいる工場みたいなものでして、大変苦労することがあると思うんです。だけどその中で、自分を見失わないようにしていく。あるいは自分がほかの人と一緒であればいいかなというそんな甘い考えを持たないで、自分は自分なのだ、自分はこれをする使命があるのだ、自分はこれをしたいのだ、ということをはっきりしていけばいいんです。


井上ゆかり(経営者)

転機になったのは、あるトレーニングで企業再生の専門家に出会ったこと。彼は、ターンアラウンドのプロで、3年間で結果を出すと、また次の3年間に向かう、という経験を何クールもやってきた人でした。こんな仕事があるんだ、こういう生き方もあるんだ、と思いました。まさに経営のプロ。これはかっこいいな、と思って。私はマーケティングのプロになりたいと思って、プロになった。


ゲーテ

何ごともはじめは難しいということわざは、ある意味では真理かもしれないが、より一般的には何事もはじめは容易だ。最後の段階に登ることこそ一番難しく、これに登り得る人間は稀だと言える。


スティーブ・ヴァンアンデル

どの国でビジネスを行うにせよ、最も大事なのは基本的な理念だと私は考えています。基本理念はどこの国に行っても適用可能なはずです。


宮田拓弥

ベンチャーへの投資は波があります。2001年にネットバブルの崩壊があって、逆に08年のリーマンショックではシリコンバレーからもさっと資金が引きました。直近でいうとピークは15年で、ネットバブル以降で最大の投資額を記録しました。いまはその過熱感からは減速気味ですが、日本のCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)はちょうどそのタイミングでシリコンバレーにやってきた。成果が出ず、「無駄な投資はやめよう」と見直しするところが増えるのではないでしょうか。


高畑好秀

失敗を反省するのではなく、成功を反省することが大切。なぜ成功したのか、その理屈が正しくわからない人が、失敗したときに、なぜ間違っていたかを反省できるはずがありません。反省しているフリだけ。だから、その後もずっと失敗のイメージを持ち続け、いつまでたってもスキルは向上しません。


トム・ピーターズ

縛り付けることだけが目的のルールでは従業員たちは創造的な活動を封じられてしまう。だから超優良企業は現場において自主性を強調する。


鎌田由美子(経営者)

エキナカのビジネスは時代のニーズに合わせるのが大事。だから、10年後のエキナカは違う形になっていると思います。常に変わっていく必要があるんです。


松井忠三

普段は限られた時間でインプットの質を高めるために、要点がまとまった雑誌や新聞などからヒントを得ることが多いですね。でも、一度、心酔した本はとことん読み込みます。自宅やオフィスに揃え、いつでもどこでも開けるようにしています。


鈴木喬(経営者)

現場から出てきたネーミングは大抵、小難しくて、一度聞いてもよく分からないものが多いんです。誰か「独裁者」がいて強引に決めないと、ネーミングは決まりません。


小林栄三

業務を20%効率化すれば、いまの仕事は8割の力で遂行できます。そして余った2割は、次の成長のために使えます。そのためには個人のレベルアップに加え、ITによるインフラ整備が大切です。ただ、その前提となるのは、業務プロセスの「可視化」です。


吉田穂波

私は「時計は10分進めておく」「締め切りは常に相手から提示された日付の5日前に設定する」というルールを設けています。以前、ある偉い方にお会いする際、どうしても持参したい資料を取りに戻ったために10分遅刻してしまった、という苦い経験があって、以後常に時計を10分進めるようにしたのです。「締め切りは常に5日前に」も同様に、過去の自分の失敗経験から導き出したものです。