並木裕太の名言

並木裕太のプロフィール

並木裕太、なみき・ゆうた。日本のコンサルタント。慶應義塾大学卒業、ペンシルベニア大学ウォートン校でMBAを取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、最年少で役員に就任。その後独立し、フィールド・マネージメントを設立。著書に『ぼくらの新・国富論 スタートアップ・アカデミー』『ミッションからはじめよう!』『新人コンサルタントが最初に学ぶ 厳選フレームワーク20』『ヒット商品が教えてくれる 人の「ホンネ」をつかむ技術』ほか。

並木裕太の名言 一覧

情報は、アイデアを生むためではなくて、証明するために使うもの。


誰でも得られる情報からは誰でも思いつくアイデアしか浮かばない。希少価値の高い情報をベースに考えれば、自ずと斬新なアイデアになる。


日経新聞を読んでいる人はごまんといるけれど、その道のプロから話を聞いた人は限られる。


「起業は天才や奇才のためのもの」説が世の中には流れていますよね。でも、そんなものは嘘っぱちです。


起業したいと言ってしない若者たちの言い訳はだいたい「アイデアがない」「お金がない」。でも日本のベンチャーシーンでは、アイデアとお金はもはやコモディティです。足りないのは起業する人であり、「君なんだ」ということです。


僕は影響を受けやすいので、新聞や本を読むと、人の意見を自分の意見のように勘違いしてオリジナルの発想ができなくなる。みんなが思いつくことを自分が思いついて新しい発明をしたような気になることはしたくないんです。知っている情報を増やしていろいろなことに詳しくなる「情報屋」になることと、オリジナルのアイデアを生むことは僕の中ではトレードオフになると思っています。


マッキンゼーに入社して3、4年は劣等生でした。誰からも見向きもされなかった。そこで、担当していたコンビニ業界に精通する人物を探しました。伝説の店長やコンビニ出身の経営コンサルタントなどを探し、会いにいったんです。若くて、人に会うしか活路がなかったんですが、結果的には一番有切な手段でした。


寝る前に必ずメールのInbox(受信トレイ)を空にしないと気が済まない。あとで必要なものは残すけど、返信したら、95%はすぐに削除します。


移動の車や電車の中でもスマホを見ることはなくて、ひたすら考え事をしています。自分の頭で考えた分だけオリジナリティは高まっていく。考えるテーマは、担当する案件の数だけ常に頭の中にあります。


人に比べて、スマホを見ている時間が圧倒的に少ないです。1日せいぜい30分程度でしょうか。情報を遮断する目的もあるし、もう一つには思考する時間をつくるためでもあります。


並木裕太の経歴・略歴

並木裕太、なみき・ゆうた。日本のコンサルタント。慶應義塾大学卒業、ペンシルベニア大学ウォートン校でMBAを取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、最年少で役員に就任。その後独立し、フィールド・マネージメントを設立。著書に『ぼくらの新・国富論 スタートアップ・アカデミー』『ミッションからはじめよう!』『新人コンサルタントが最初に学ぶ 厳選フレームワーク20』『ヒット商品が教えてくれる 人の「ホンネ」をつかむ技術』ほか。

他の記事も読んでみる

樋口武男

自分に合うとか合わないというのはやってみないとわからない。


野中正人

しまむらの強みは、極端な話「値札を見ないで買っても、思ったほど高くはない」という環境をつくっていることです。


元祖爆笑王

人と会う場合、最初は謙(へりくだ)ったほうがいい。勝手に自分が年上だと思って「上から」入ってはいけない。また、実際に相手が年下の場合は、説教調にならないように注意すべきです。


小笹芳央

リクルート時代、私は人事部ではなく営業を希望していました。なのに人事部配属。正直言って、自分に人事の才能があるとは思えませんでした。しかし「やってみないとわからない」と腹をくくって120%の力で仕事にとりくんでみたところ、多くの優秀な人材を口説き落とせた。そうして、心の持ち方が大切だとわかったのです。


野島隆久

我々は提供する価値をさらに高めていくことで挽回するしかない。「お客様の満足度」という価値で見ていただけるよう、努力を続けていかなければならない。


川崎秀一

営業の人間も社内の事業部門や開発部門などとも連絡をとりながら、いろいろと調整が必要になります。大変ですが、そうすることによって社内の信頼関係も高まります。すると、ちょっと厳しいなあと思われるお客様からのご要望をもち帰っても「あいつが持ってきたんだから、やってやろうか」と周囲は協力してくれる。その結果、すばらしい商品が生まれ、多くのお客様の信頼を勝ち取ることができるんですよ。


長尾一洋

ただただ目の前の課題をこなすだけのゲームでも、点数化することによって、楽しさが増します。仕事も同じです。仕事の進捗状況を全員で共有できるようにエクセルでグラフ化するだけでも、モチベーションアップの効果があります。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

リストラへの第一の備えは、情報をいち早くキャッチするための社内人脈づくりです。リストラには必ず前兆があり、社内のひそひそ話が増えてきます。それを早く手に入れられるかどうかで、その後の対応の早さが決まります。このとき、重層的な人間関係を築いて来た人は強い。社内人脈は、上司の上司など役職者の傘下に入れば広がります。それと同時に様々な立場の人が集まる空間に顔を出すようにしたい。


袴田武史

日本の市場だけでビジネスを展開するための仕組みは作ってほしくありません。たとえ国内で成功して資金が入っても、長期的に考えれば日本の市場は小さすぎます。最終的には世界という大きな市場を狙わなければ、生き残れなくなってしまう。


宋文洲

日本人は、もう少し気楽にやった方が幸せになれると思う。


ジェームズ・ラシュトン

当社のビジネスモデルは、ビッグデータを分析し、調査をした結果に基づいて展開しています。ビッグデータを活用したモデリングなどの分析結果が証明された結果になりました。


野口克彦

エリートは社員3人のうち2人でいい。業績が右肩上がりのときはバランス感覚が大事ですが、いまのように進む道がわからない時代は、サンドバッグのように打たれても立ち上がっていく人材が必要です。


上村光弼

部下から信頼を得るためには、上司自身が「自分に対して、仕事に対して、人(部下)に対して、“本気で向かい合う姿”をどれだけ見せられるか、見せているか」が大切である。


鳥飼茜

単純な今の自分の感覚としては、いろんな人たちがいる社会、というほうが好き。いい加減な甘えが通用しない、いい意味での緊張感がある気がして。


藤重貞慶

人はつい過去の失敗にクヨクヨしたり、未来を心配し過ぎたりということをしがちです。もちろん過去を反省したり未来を想像したりすることは必要ですが、最も重要なのは今を大切にすること。


ページの先頭へ