名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

並木昭憲(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

並木昭憲(経営者)のプロフィール

並木昭憲、なみき・あきのり。日本の経営者。「MS&Consulting」社長。千葉大学法経学部経済学科卒業後、日本LCAに入社。その後、MS&Consultingを設立。

並木昭憲(経営者)の名言 一覧

お客さんに感動を与えるには、従業員がまず感動しなければダメ。


お客さんに感動を与えられれば、きっと応援団としてお店を強力にサポートしてくれるはず。


人間誰でも叱られてばかりではやる気など出ません。しかし逆に長所を見つけて褒め称え、これを踏まえて「今度はこの部分も頑張ってみよう」と促せば、従業員さんのモチベーションは絶対に好転します。


並木昭憲(経営者)の経歴・略歴

並木昭憲、なみき・あきのり。日本の経営者。「MS&Consulting」社長。千葉大学法経学部経済学科卒業後、日本LCAに入社。その後、MS&Consultingを設立。

他の記事も読んでみる

岡野博一

経済産業省の方々とは「日本ブランドの付加価値を高めよう」と言い合っています。たとえばエルメスも、フランスというナショナルブランドの恩恵を受けていますよね。フランスと書くだけで、グローバルに見ても響きが良いわけです。同じように「日本製」と書くことで、「安心安全、センスも良くて素晴らしい」という雰囲気を、国と一体になってつくらねばならない。私たちは、そういう動きをしています。


武長太郎

飲食店業界では生産性向上を目的に、タッチパネルの導入や自動会計などの機械化や自動化が進んでいますが、そういった時代であるからこそ、「人のおもてなし」による踏み込んだ接客が当社の強みになっています。


渡瀬謙

セールストークを一生懸命覚えるのが仕事だと勘違いしないこと。顧客からすると、余計な情報や自分が既に知っている情報は聞きたくない。いかに相手が関心のある情報だけを提供するかが重要。


中村天風

たとえば、事業に失敗したとき「俺は運が悪い」と思わないで、「事業をする場合の心構えなり、方法なりに、大きな間違いがあったことを、天が教えてくれているんだなあ」と思いなさい。そして、「どこかに筋道の違っているところがあるんだ。ありがたいことだ。このままつぶれてしまっても仕方がないのに、生かしておいて下されば、盛り返すこともある」と思うこと。


松岡正剛

自宅の本棚って、意外と整然と並べていないでしょう? 縦横に置いたり、哲学書の横にマンガとポルノが並び、端に純文学が積まれていたりする。そんな「あわせ」「かさね」から文脈が透けて見え、持ち主のパーソナリティが読み取れる。だから友人の書棚を覗くと「この本、面白いのかな」と、手にとってみたくなるのなんです。


門川義彦

自分が笑顔になれば、相手も笑顔になって、人が集まってまわりが笑顔でいっぱいになります。ぜひ笑顔のスキルを身につけてください。


田中史朗

僕は大学時代に一度留学して、19歳以下の州代表選手権にチャレンジした。当時はレベルが本当に違いすぎて、その先にあるスーパーラグビーはムリだなと感じていました。ところが、今回のチャレンジでは州選手権でフル出場。そこでのプレーが認められて、スーパーラグビーのハイランダーズへの入団が決まりました。19歳の時との違いは、トップリーグでの経験もありますが、メンタル面の変化が大きかったと思います。「自分のレベルアップのために……」という考えから、2011年のワールドカップ後は、「日本のために、日本代表というチームのために……」に変わっていましたから。


森川亮

企業の多くは、成長し、変化します。その変化についてこれなければ採用した人たちはムダな存在になってしまう。だから、ほかの企業の場合であれば人手を増やして企業を拡大していきましょうという判断になりますが、僕たちはあえてそれをしない。過去の経験も含めて、なるべく手数ではなく頭で勝負したいと考えているからです。


億田正則

創立80周年を迎える2025年に向け、会社として「ありたい姿」を描き全社員を同じベクトルに向けたいというのが長期ビジョン策定の狙い。


藤田晋

判断基準となる軸は、途中で変えても構いません。持っていることが大事です。ただし複数持つと、判断が難しくなります。ですから、まずは1つ、最上位概念となる軸を決めた方がいいでしょう。例えば、「30歳までに絶対に起業する」と決めていたら、30歳目前にどんなに良い条件のヘッドハンティング案件があっても誘いに乗らないでしょう。悩まないで済む方法は結局は心の決め方の問題だと言えます。


平木明敏

より軽く、より強く、省エネで長寿命――。モビリティー産業やエレクトロニクス業界などでモノづくりの高度化が進む中、技術革新のカギを握る「素材」がますます求められるようになるでしょう。難しい注文も多いのですが、それだけ当社にとっては飛躍のチャンスだと思っています。


岩瀬大輔

年齢も出身も経歴も、様々なバックグラウンドの仲間がいるほど強いことはありません。多様性こそ、アイデアや勢いを生み出す原動力です。