名言DB

9412 人 / 110637 名言

並木昭憲(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

並木昭憲(経営者)のプロフィール

並木昭憲、なみき・あきのり。日本の経営者。「MS&Consulting」社長。千葉大学法経学部経済学科卒業後、日本LCAに入社。その後、MS&Consultingを設立。

並木昭憲(経営者)の名言 一覧

お客さんに感動を与えるには、従業員がまず感動しなければダメ。


お客さんに感動を与えられれば、きっと応援団としてお店を強力にサポートしてくれるはず。


人間誰でも叱られてばかりではやる気など出ません。しかし逆に長所を見つけて褒め称え、これを踏まえて「今度はこの部分も頑張ってみよう」と促せば、従業員さんのモチベーションは絶対に好転します。


並木昭憲(経営者)の経歴・略歴

並木昭憲、なみき・あきのり。日本の経営者。「MS&Consulting」社長。千葉大学法経学部経済学科卒業後、日本LCAに入社。その後、MS&Consultingを設立。

他の記事も読んでみる

田口佳史

コストダウンとサービスアップ。これらは矛盾する概念で、どちらかを選べばどちらかは捨てなければならないと考えられてきました。しかし、コストダウンもサービスアップも、考え方次第では補い合う関係になる。たとえば宅配便。配達員が不在宅に何度も行き来するコストを、消費者側に時間指定のひと手間をお願いすることで省き、コストダウンとサービスアップを両立させました。


菅谷俊二

発想の原点は、いかにユーザーに有利なものを作ることができるか。


高野登

東京のホテル専門学校を卒業した1973年、北野建設が米ニューヨークに開業した「ホテルキタノ」のオープニングスタッフとして渡米。それが、私のキャリアのスタートでした。20歳の若造が、海外で最初に痛感させられたのは、日本文化に対する自分の教養のなさ。日本オタクのような外国人から、歌舞伎や茶道について、矢のような質問が飛んでくる。慌てて本を読んでも、知識では彼らに到底、敵いません。そこで気づいたのは、自分が語るべきは、「日本人にしか分からない感覚だ」ということ。


小林喜光

平日は、朝7時半に出社し9時まで、よほど緊急な要件以外、何があっても予定入れず、情報収集、会議の予習、メール返信などにあてます。この時間帯は1日で唯一の自分の時間です。以降は秘書がグループウェア時間管理ソフトで作成し、プリントアウトしたスケジュール表に沿って、仕事メカとなって予定をこなしていきます。


小山甚一

私は、女性を雇うことに負担を感じたことはありません。「女性社員は扱いにくい」と考えること自体が、性悪説だと思います。扱いにくい社員は男性にもいますよ。人を採用し、育成するときには、性善説の考えを持つべきだと私は考えているのです。


荻田伍

「すべての行動は心の持ちようから起こる」。若い頃に聞いたこの言葉に、私は大きく影響を受け、その後の人生はプラス思考で考えるようになりました。


厚切りジェイソン

自分がコントロールする、毎日達成できる、具体的な目標がいい。たとえば「毎日10分○○をする」といった程度で十分です。毎日連続でやって、その連鎖を壊さなければ、いつの間にかすごいことになっています。


池谷幹男

資産運用は「人」のビジネス。そこでは人との共感が大事になる。


小松永門

人のつながりこそが事業の原動力。


南谷三世

私は発音のテキストを買って、発音の特徴や英語特有の音の変化を勉強しました。するとこれまで何となく聞いていた音が、はっきり聞こえるようになりました。初めに発音の基礎をおさえておくと、リスニング教材から吸収できる量が格段に増えます。


長友佑都

メンタルは体を支配する。僕らプロサッカー選手は、週に1~2回の試合をこなしながら、日々練習に励みます。1年を通して体の調子が良い時というのは、実はほとんどありません。それどころか、シーズンの大半をどこかしらに体の不調を感じながらプレーしている。そんな時、プラスアルファの力を発揮させてくれるのが、メンタルの力。メンタルさえしっかりしていれば、疲れた体も動き、いいパフォーマンスが出るのです。


岡庭豊

私は自分さえいい暮らしができればいいとは思っていないのです。うちは若い社員が多いですが、30代前半でも編集長クラスには1000万円以上出しています。社員にも快適な暮らしを味わってもらうことによって、よりよい仕事をしてほしいからです。


和田裕美

私の軸は、「ワクワクしたら動く」ということ。自分の軸がわからない人も、「ワクワクしたら動く」ことを心がけてみてはいかがでしょう。迷ったら、「自分の心が躍るのはどっちだろう」と考えて、行動を選択するんです。


水野和敏

これまでのスポーツカーというのは、進化するほど軽量化していった。だからダメだったんだ。スピンしやすく、タイヤの温度依存性も高く、冷えたら途端にグリップ性能が下がっていた。すると、雨の日の運転なんてあぶなくて仕方がなかった。それで「安全のために」なんてネガティブな方向での制御機能を追加し、アクセルをきかせなくしちゃった。でも、これのどこに運転の楽しみがあるの?だから「GT‐R」は逆を行った。軽くせず、重くする。重量をエネルギーに変える。これはスポーツカーとしては世界初のコンセプトなんだ。「GT‐R」の車体重量は1740キロけど、これはすごく重い。でも、だからこそ、砂の上でも氷の上でも雪の降るサーキットでも滑らない。


野坂英吾

会社が危機のときは今までのやり方が通用しなかったときですから、変化が求められます。つまり思い切った変革が出来るチャンスでもあるわけです。