名言DB

9490 人 / 112001 名言

並木昭憲(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

並木昭憲(経営者)のプロフィール

並木昭憲、なみき・あきのり。日本の経営者。「MS&Consulting」社長。千葉大学法経学部経済学科卒業後、日本LCAに入社。その後、MS&Consultingを設立。

並木昭憲(経営者)の名言 一覧

お客さんに感動を与えるには、従業員がまず感動しなければダメ。


お客さんに感動を与えられれば、きっと応援団としてお店を強力にサポートしてくれるはず。


人間誰でも叱られてばかりではやる気など出ません。しかし逆に長所を見つけて褒め称え、これを踏まえて「今度はこの部分も頑張ってみよう」と促せば、従業員さんのモチベーションは絶対に好転します。


並木昭憲(経営者)の経歴・略歴

並木昭憲、なみき・あきのり。日本の経営者。「MS&Consulting」社長。千葉大学法経学部経済学科卒業後、日本LCAに入社。その後、MS&Consultingを設立。

他の記事も読んでみる

山崎将志

どれだけ頑張っても利益が上がらないときに、これから自分はどうなるんだろうという不安にかられる。沈滞した職場を明るくするのに、お金もかからずすぐにできる方法が、声をかけることだ。部下への声かけが、「新規どれくらい増えた?」とか「売上伸びた?」あるいは「目標達成できた?」といった言葉に終始してしまうのも残念である。これらのワードは、すべて会社側の都合によるもので、お客さんの視点が抜けている。「売上増えた?」ではなく「お客さん、増えた?」、「新規どれくらい増えた?」ではなく「お客さん、喜んでる?」と言うようにするといい。同じような意味でも、視点が変わることで意識がまったく変わってくる。結局、それが売上増加にもつながる。


金森充行

言葉はごまかしが多い。逆に、言葉をうまくしゃべれないと、ごまかしきれないから、お互い素っ裸の姿が見えてくることがあります。言葉はコミュニケーションの手段にすぎない。だから、流暢にしゃべれればいいというものでは全くありません。


岩崎夏海

自分が持っていった提案が断られたら、他社に持っていき、他社で実績をあげる。これしかありません。『もしドラ』が150万部売れたいま、私は「行列のできる出版相談所」状態になっています。「売れないから」という理由で断られた小説も出版が決まりました。かつて出版を断った編集者たちも、「うちで本を出してくれないか」とお願いに来ています。このように他社で実績をあげ、自分の正しさを証明するのです。


矢作芳人

中学校に入学して即、落ちこぼれて以来と考えると、雌伏20年。長いですね(笑)。未来の自分を作る時期だと考えて過ごさないと、心が折れてしまう。


遠山元一

川島屋商店(のちの日興証券)は、いろんな都合のために、個人企業として出発したが、私は私なりに新時代の証券業のあり方については理想と抱負を持っており、株式会社として近代的な企業に持っていこうと、最初から考えていた。そこで、創業1年半にして、早くも株式会社川島屋商店に改組した。


貞末良雄

一言で接客と言ってもマニュアルどおりにすればお客さまが喜ぶと言えばそうではありません。お客さまの身になって一緒に買い物をしてくれるようなスタッフこそが重要なのです。


上山眞文

不動産投資の最大のリスクは「空室」ですが、当社では基本的に、人口が増え続けている都心部の優良物件だけを厳選しています。それも、スタッフが毎日のように地域に強い不動産会社に電話をして、優良物件情報を得ています。本当にいい物件は市場に出る前に業者間で取引されてしまうものだからです。


山口一朗

今の時代は情報が氾濫し、どこの誰に相談すればいいかが分かりづらい。長年お付き合いのある税理士さんなどを切り替えるのは、義理人情の問題も絡むことがあるでしょう。そうしたときに、私たちがクッション役、水先案内人となって皆さんが抱えている問題に最適な答えを提供できる専門家を紹介します。


安岡正篤

人間は俗生活をしておればおるほど、その中に俗に動ぜざるもの、俗に汚れざるものがなければならない。それで初めて俗を楽しむこともできる。


外山滋比古

株も運です。運が悪ければどんなに努力しても損をするし、運が良ければいい加減でも儲かる。それはまさにギャンブル。ギャンブルであることを認めれば、ある程度は損をすることを覚悟する。それに損をするからこそ儲けた時に面白い。損をしなかったら、儲けたって面白くないですよ。


丹生光

フレームワークの基本はたった2つです。ひとつは「原因と結果の因果関係を探る」ということ。「A→B」というのが、最も原始的なフレームワークです。もうひとつは、異なる軸を用いるなどして「全体を俯瞰する」こと。どちらも、言葉よりもビジュアルでこそ明確になるのです。また、ビジュアル化することで、他の人に伝えやすくなるというメリットもあります。


植木義晴

JALのフィロソフィーには、次のような一文があります。「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」。この言葉にこそ、どんな状況にも動じず、平常心を保つための心構えが示されていると思います。