並木昭憲(経営者)の名言

並木昭憲(経営者)のプロフィール

並木昭憲、なみき・あきのり。日本の経営者。「MS&Consulting」社長。千葉大学法経学部経済学科卒業後、日本LCAに入社。その後、MS&Consultingを設立。

並木昭憲(経営者)の名言 一覧

お客さんに感動を与えるには、従業員がまず感動しなければダメ。


お客さんに感動を与えられれば、きっと応援団としてお店を強力にサポートしてくれるはず。


人間誰でも叱られてばかりではやる気など出ません。しかし逆に長所を見つけて褒め称え、これを踏まえて「今度はこの部分も頑張ってみよう」と促せば、従業員さんのモチベーションは絶対に好転します。


並木昭憲(経営者)の経歴・略歴

並木昭憲、なみき・あきのり。日本の経営者。「MS&Consulting」社長。千葉大学法経学部経済学科卒業後、日本LCAに入社。その後、MS&Consultingを設立。

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

私たちが心すべき現実は、「政府はルールを変えることができる」ということだ。そんなことはありえないとかたくなに言い張る人がいるが、これは本当のことだ。政府はいつでも法律を変えることができる。


新将命

今、世界を覆っている潮流はグローバル化と多様化であり、同じ会社の中で宗教や価値観の異なる人々が働いています。日常業務には多様なやり方があってかまいませんが、根源となる理念は全員が一つの方向を向かなければなりません。皆の心を一つに束ねる企業理念があると、組織に求心力が働きます。


松本幸夫

一番効率よく能力を発揮できる時間帯(プライムタイム)は、人によって異なりますが、午前中の2時間が該当する人が多いようです。この時間帯には極力予定を入れず、重要な仕事に集中して取り組めるようにしたいものです。プライムタイムをスケジュールに組み込み、そこで優先順位の高い仕事を組み込むことで、大幅なスピードアップが図れるでしょう。


苫米地英人

以前、人手企業の社長の家族から相談を受けたことがある。社長が変な占い師にはまってしまい、冷静な判断ができなくなっている、というのだ。上場企業の社長といっても実力で這い上がってきたわけではない。長年在籍して、たまたま社長の椅子が回ってきた「偶然」の賜物である。しかし、それを認めようとせず超自然的な「運」を信じようとし、それにつけこんだ占い師にまんまと騙されていた。大企業のトップでさえも、その上をいく詐欺師にはコロッと編されてしまうものだ。


孫正義

坂道は、いかに苦しくても登っている時が一番楽しい。


バラク・オバマ

この国の私たちは、ひとつの国として、ひとつの国民として、共に栄え、共に苦しむのです。この国の政治をあまりにも長いこと毒で満たしてきた、相変わらずの党派対立やくだらない諍いや未熟さに再び落ちてしまわないよう、その誘惑と戦いましょう。


平本あきお

モチベーションが上がらない理由のひとつに、成果がなかなか見えないことが挙げられます。「英会話を勉強しているが、上達しているのかよくわからない」といった例が典型的です。この場合は、「英語が話せる」という成果を測る物差しよりも、「1日に1フレーズ覚える」といったような具体的な行動に対する指標をつくるといいでしょう。1週間で7フレーズ、2週間で14フレーズと数が増えていくことで、やる気も持続します。


松本桂樹

緊張しながら懸命に仕事をする姿勢が伝われば、周囲からも好感をもたれるでしょう。ですから、緊張状態を悪いことと決めつける必要はありません。緊張しつつも同時に視野を広げて仕事の意義を考えることが大切なのです。そのことは、働き手としての成長にも確実につながっていくことでしょう。


小飼弾

文章を書きはじめられない人は、文章を書くのではなく、語ることから意識したほうがいいと思います。不特定多数に向けた文章を書くのは、書くことに慣れていない人にとってもハードルの高い作業です。顔も知らない読み手にどんな言葉が響くのか、容易にはわからないからです。しかし、具体的な相手がいれば、その相手に語るようにして言葉や表現、内容を選ぶことができます。


作田久男

ネガティブに考えるわけではなく、見極めが必要です。投資が必要なところには投資をしますが、投資をしたとしても回収できる見込みのある事業に行います。


齊藤多可志

人材育成でサービスクオリティーは高まり、リピート率も上がった。


上野和典

我々の業界では、ひとつのヒット商品が出ると、すぐそれを真似た類似商品が市場にあふれますが、当社ではなるべく類似品はつくらないようにしています。新人のころは他の商品の真似でもかまいませんが、必ずそこに自分たちの強みを乗せることで、オリジナリティを出すようにしています。


窪田良

みんなが私のように考えなくてもいいのです。私は淡々と前に進む。でも慎重派の社員も必要です。組織のバランスが整っていることが大事だと思っています。


古舘伊知郎

第一希望のやりたい仕事でなくても、失敗をくり返しても、苦労して汗水を垂らした時間は血肉になって残っていくはず。


星野佳路

リーダーとして成長するために重要なことの1つは、「失敗経験」だと思います。「失敗は学びの機会」「失敗の数だけ成長できる」と感じています。


ページの先頭へ