名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

両角良彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

両角良彦のプロフィール

両角良彦、もろずみ・よしひこ。日本の官僚、ナポレオン史家。東京帝国大学法学部を卒業後、商工省に入省。戦後、GHQの通訳として各種書類の翻訳などを行う。その後、通産省官房調査課長、在フランス大使館一等書記官、通産省企業局企業一課長などを経て、田中角栄内閣で通産省事務次官を務めた。

両角良彦の名言 一覧

私は統制経済というものに対して、距離を置いて眺める習性が身についた。統制は必ず自己増殖を遂げ、手に負えなくなる怪物であると知ったからである。


両角良彦の経歴・略歴

両角良彦、もろずみ・よしひこ。日本の官僚、ナポレオン史家。東京帝国大学法学部を卒業後、商工省に入省。戦後、GHQの通訳として各種書類の翻訳などを行う。その後、通産省官房調査課長、在フランス大使館一等書記官、通産省企業局企業一課長などを経て、田中角栄内閣で通産省事務次官を務めた。

他の記事も読んでみる

小林佳雄

私の場合、実家の小さな飲食業を継いだ当時は、将来がどうなるかもわからず、その日食べることで頭がいっぱいでした。しかし、そのうち少しずつ業績が右肩上がりになってきて、次第に自分の心が落ち着いてくるのを感じました。ここで重要なのは、右肩上がりの業績に「自分が業績に貢献できた」という実感が加わることです。右肩上がりの状態を続けていくことは難しいですが、それが人を幸せにすることだと思います。


清宮克幸

スタイルへのこだわりが勝利への道。


鳥居正男

相手の立場や気持ちを理解して、常に謙虚な姿勢でいる。私にとって大変重要なことです。


五神真

すでに、東京大学はNECや日立との組織レベルの連携を始めていますが、これは研究室レベルで行ってきた今までの産学連携とは異なり、機関のトップ同士が、より良い社会づくりを目指し、ラウンドテーブルをつくり、何をやるかをゼロベースで議論するところから始めています。つまり、「○○という技術を共同で開発しましょう」ではなく、「今の社会の課題は○○で、それを解決するためにどのような新しい価値を創ればいいかを一緒に考えましょう」という形です。新たな産業の形を一緒に考え、そこから社会実装に向けた共同研究に繋げるのです。私たちはそれを産学協創と呼んでいます。


田口佳史

私は企業民度が劣化しているということは、規範形成教育の無さということに行きつくと思っています。規範とは人間の判断や行動の基準となるものです。儒家思想には「四端(したん)と五常(仁義礼智信)」という簡潔かつ普遍的な規範があり、古くから日本社会の基底を形成してきました。江戸期の日本には「四端形成教育」という幼年教育がありました。四端というのは、困っている人を見て気の毒に思う「惻隠(そくいん)の心」、自分の不善を恥じ他者の悪を憎む「羞悪(しゅうお)の心」、謙遜して他に譲る「辞譲の心」、道理に基づき善し悪しを判断する「是非の心」の4つです。


村上英三

回復と悪化を繰り返すようでは本当の収益力とは言えない。


ケリー・マクゴニガル

人は間違いを犯す生き物で、その間違いは自分や自分の可能性を決定づけるものではありません。「やるべきこと」は、「失敗や間違いから自分はどう立ち直るか」「その経験から得られる教訓は何か」と考えることであって、「だから自分はダメなんだ」と自分を責めることではありません。


大久保幸夫

下手に計算して仕事を取捨選択せず、目の前に与えられた仕事を懸命にこなし、人との出会いを大切にすることで道が開けるのです。キャリアづくりは偶発性だけに針路を委ねてしまうのではなく、ライフステージの節目においては自ら意思決定を行うことも必要だと思います。


谷厚志

「おっしゃるとおりです」「ごもっともです」という言葉は、謝罪の場面に適切な表現のように思えますが、これらは相手の主張へ完全に同調する言葉です。こうした言葉を使うとお説教タイプの人は「そうだ、おまえが完全に間違っているんだ」とさらに怒りに火がついてしまい、長時間お叱りを受けるきっかけになることがあります。


大倉忠司

「安くて美味しい」のお得感から多くのお客様に受け入れられたのだと思いますが、そのお得感を生み出す秘訣は、烏貴族が個人店のよさとチェーン店のスケールメリットの強みを兼ね備えているところにあります。


岩瀬大輔

夜の自由な時間では、社内との付き合いと社外の付き合いのどちらに重きを置くべきか。これは意見が分かれるところですが、私は社外の人との付き合いを大事にすべきだと考えています。


根岸秋男

背伸びをして届いたら、次はその届いた場所から出発して、また背伸びをすると。そうして10年経ったら、高いところに手が届くわけです。そういう安定した、右肩上がりの経営をしたい。