名言DB

9413 人 / 110706 名言

両角良彦の名言

twitter Facebook はてブ

両角良彦のプロフィール

両角良彦、もろずみ・よしひこ。日本の官僚、ナポレオン史家。東京帝国大学法学部を卒業後、商工省に入省。戦後、GHQの通訳として各種書類の翻訳などを行う。その後、通産省官房調査課長、在フランス大使館一等書記官、通産省企業局企業一課長などを経て、田中角栄内閣で通産省事務次官を務めた。

両角良彦の名言 一覧

私は統制経済というものに対して、距離を置いて眺める習性が身についた。統制は必ず自己増殖を遂げ、手に負えなくなる怪物であると知ったからである。


両角良彦の経歴・略歴

両角良彦、もろずみ・よしひこ。日本の官僚、ナポレオン史家。東京帝国大学法学部を卒業後、商工省に入省。戦後、GHQの通訳として各種書類の翻訳などを行う。その後、通産省官房調査課長、在フランス大使館一等書記官、通産省企業局企業一課長などを経て、田中角栄内閣で通産省事務次官を務めた。

他の記事も読んでみる

八塩圭子

いつ、どの仕事の、どの準備をしてというのは、常に自分の頭の中に入っています。ここでこれを考えてと、毎日の中でのルールづくりをしておくわけです。でも、ほとんどは本番の直前に準備です。そもそもアナウンサーの仕事は、直前の集中力が勝負です。


西浦三郎

(海外進出は)日本国内でやることがないなら検討しますが、まだまだやることがあると考えています。まだ発表はしていませんが、日本橋にアクティブシニア向けの会員制サロンをオープンする予定です。このように、国内で成長させることのできる事業はいくらでもある。まずはそこを攻めていきます。


辻野晃一郎

タスクリストにタスクをためるばかりで全然消化しない人が意外と多い。リストアップして安心してしまい、先送りになるのでは無意味です。リストにあるタスクは今日の課題と考えて、どんどん消化していくように意識しなければいけません。


安田顕

舞台の芝居だけではなく、必死で何でもやってました。テレビ局に企画を提案したり、バラエティ番組で1泊3日の弾丸ツアーをやったり、営業もやりました。どんな環境でも、腐るか腐らないかは自分次第だと。


中村獅童(二代目)

先輩方の姿を見てきたから、僕も常にチャレンジ精神を失わないようにしています。古典を守りつつ、自分たちの世代だからこそできる新しいことを探さないといけないと思う。


久恒啓一

スケジュールが狂ってしまう原因は、他人の都合に安易に合わせることにあります。突発的な仕事の依頼を何の方針もなく引き受けてしまうから、予定がズタズタになる。時間のコントロール権を確立する。つまり、「時間主権の確立」が大切。


アンドリュー・トーン

化粧品はパッケージや広告にお金をかけますが、一番大切なのは中身。ラッシュはパッケージにはお金をかけません。容器を共通化してコストを抑えるなど、パッケージにはお金をかけず、宣伝や広告も行わない。


弘兼憲史

漫画を描く時に、こういう漫画を描いたら売れると考えるのではなく、自分が描きたいものを、最上の品質で描き上げる。その結果、読者が喜んでくれれば、それが報酬として返ってくる。本が売れて印税が入って自分の利益になる。そういう生き方を今でも実践しています。


富野由悠季

創作とはどんなに気をつけていても、結果としてコピーみたいな作品になってしまうことが多いのです。だからこそ、自分もそういう仕事をしないように十分注意をしているつもりです。そして、その配慮こそがぼくは説得力をつける出発点じゃないかと思うのです。


家入一真

仕事のプレッシャーや人間関係の悩みに押し潰されそうな人がいたら、僕は、「そこから逃げてもいいよ」といってあげたいと思います。僕自身、ずっと逃げ続けてきた人間です。学校から逃げて登校拒否になり、高校も中退し、ようやく社会に出て会社勤めをしても、また逃げてしまいました。いまいる場所が本当につらくて、一歩も前に進めずにいるなら、全力で後ろ向きに走って逃げて、その先でやれることを見つければいいと思います。自分を追いつめた結果、うつ病になったり、最悪の場合自殺したりする人も増えている現状を見ると、やっぱり「死ぬくらいなら逃げなさい」といいたくなります。


内山真

一晩徹夜をすると、簡単な判断を下すにも、ビール1本飲んだ状態と同じぐらい遅くなる。


立石剛

次のビジネスにつながる貴重な情報やヒントは、異業種から得られることが多いもの。社外の異業種の人脈は、余計なしがらみがないため、貴重な情報も案外ポロッと漏らしてくれる。


荻田伍

問題は危機感を持ってお客様の声を真摯に聞く姿勢です。いくら市場調査をやっても、社員に緊張感や危機感がなければ、お客様の声をきっちりと聞くことはできません。


森田敏宏

登山をするときに頂上が見えていれば、一歩一歩登っていけるが、見えないとつらい。仕事でも目的や目標を設定することが大切。


山崎将志

仕事は「初動」と「プロセス」と「結論」の3段階に分けられます。できる人は、どの段階においても連絡義務を怠りません。解答に時間がかかる場合は、「いついつまでに返事します」と連絡するのです。仕事は共同作業という意識を持っているからこそ、相手に不安を与えない仕事運びを心がけるのです。この意識があるかないかで、クレームやトラブルの発生件数に大きな差が出ます。