名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

丘浅次郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

丘浅次郎のプロフィール

丘浅次郎、おか・あさじろう。日本の動物学者。明治時代、遠江国掛塚(のちの静岡県磐田市掛塚)出身。東京帝国大学理科大学選科終了、ドイツ留学ののち、山口高等学校教授、高等師範学校教授、東京文理科大学講師などを務めた。ホヤの研究や旧制中学の生物教科書執筆などを行った。そのほか、帝国学士院会員、日本動物学会会長などを務めた。日本初のエスペランティストと言われており、日本エスペラント協会(のちの日本エスペラント学会)設立に携わった。

丘浅次郎の名言 一覧

人間の社会において最も堕落するのは、いつも最上層の富者と、最下層の貧者であって、世の中の退廃はまずこの二者から始まり、漸次、社会一般に移り広がる。


丘浅次郎の経歴・略歴

丘浅次郎、おか・あさじろう。日本の動物学者。明治時代、遠江国掛塚(のちの静岡県磐田市掛塚)出身。東京帝国大学理科大学選科終了、ドイツ留学ののち、山口高等学校教授、高等師範学校教授、東京文理科大学講師などを務めた。ホヤの研究や旧制中学の生物教科書執筆などを行った。そのほか、帝国学士院会員、日本動物学会会長などを務めた。日本初のエスペランティストと言われており、日本エスペラント協会(のちの日本エスペラント学会)設立に携わった。

他の記事も読んでみる

浜脇洋二

キャリア(幹部候補)育成は一社だけでは限界があるということです。日本の企業は社内ローテーションで人材を育てようとしますが、これでは他社と競える専門家、プロは育ちません。


日野佳恵子

女性が活躍し始めた会社って、間違いなくお客様への気遣いが増えていくんですよ。お花を飾りましょうとかお礼のカード置きましょうとか。そういう細かいことに気がつき始める。もちろんビジネスである限り競争も必要だから、女性脳だけでもダメだけど。結果的に、女性性と男性性を合わせ持つ会社の方が、組織として強いはずですから。


内田和成

今いる会社の中で重要な役割を与えてもらえなければ、どんどん外に出ていこうという気概を持っている人ならば、市場価値を磨き、自分を正当に評価してくれる場を求めればいいでしょう。でも、そこまでの覚悟がなく、ひとつの会社にある程度長くとどまるつもりなら、私は「企業内価値」とでも呼ぶべきものにも目を向けるべきだと思うのです。


戸田覚

短時間で多くの仕事をこなしている人に対しては、周りの人は「この人の時間を無駄にしてはいけない」と思うので、周りが時間を合わせてくれるようになります。時間管理をしっかり行うことで、自分の時間の使い方を有利に進めることができます。


箭内道彦

僕は自分が失敗したと思ったら、なるべく素直に謝るようにしています。「ごめんなさい。オレのつくった広告のせいで売れなかったんですよね」と言ってみる。まずこちらから言ってみることで、「それだけが原因じゃないけど、確かにもっと商品名を大きくいうことは出来たかも」といった建設的な話がようやくできるようになるんです。


ジョン・ジェイ(アートディレクター)

日本は世界の変化から、いろいろと守られているから、外でどれぐらい速く、いろいろなことが変わっているか、皆さん、あまり気付いていないかもしれないけれど、私は変化をすごく意識しています。


海部俊樹

自分の言葉にこだわり、演説や答弁では原稿を読まない主義を貫きました。言葉に命が宿らないからです。


永守重信

企業というものは、一体いつから弱くなるのだろうか。それは、成長の過程で社員が創業の精神や理念を忘れて官僚化が始まるときからだろう。


落合寛司

時代は変わりました。付加価値の高い商品やサービスを創り出さなければ生き残れない時代になったのです。ですから、当金庫のようなコンサル機能を持つ金融機関という存在が重要になってくるわけです。コンサル料金はほとんど当金庫が払っています。なぜなら、当金庫と取引をしてくれて、金利で当金庫に収益を上げさせてくれるわけですから、お客様が元気になれば取引も増えます。どんどん好循環になるわけです。やはり何にお金を使うか。活きたお金をどう使うかということは、すごく重要なことになります。


草野仁

「自分ならどうする?」と考えて、「自分ならそうはしない」と思えば、上に対しても意見を具申すべき。


藤井博行

企業の製品というのは、それが長かれ短かれ寿命を持っています。そのライフサイクルを見極めて次の主力製品を育てていくには、非常に冷徹な目と経験が必要になります


能町光香

仕事を速くすることは、それ自体が目的なのではありません。最終目的は、チームや組織の生産性を上げることです。人の視点に立ち、周囲と交流するのも、その目的に向けた行動です。