名言DB

9429 人 / 110879 名言

世阿弥の名言

twitter Facebook はてブ

世阿弥のプロフィール

世阿弥、ぜあみ。室町時代初期の猿楽師。父の観阿弥とともに能を大成した。

世阿弥の名言 一覧

命に終わりはあっても、能の研鑽には終わりはない。


「衆人愛敬」の精神を大事にすることが、一座を維持してゆく幸せの基礎であり、一座の繁栄につながる。


少し技が不足していても、能の本質をよく理解している役者のほうが、一座を背負って立つ棟梁としては勝っているというべきであろう。


わが観世座流に金言というべき一句がある。「初心忘するべからず」この句には三か条の口伝が付随している。ひとつは「是非によらず、修行を始めた頃の初心の芸を忘るべからず」ふたつめに「修行の各段階ごとに、それぞれの時期の初心の芸を忘るべからず」みっつめに「老後に及んだのちも、老境に入ったときの初心の芸を忘るべからず」


過去のそれぞれの時期に行った演技というのは、それぞれの段階での初心の芸に他ならない。それを現在の芸風の中に統合して持っておくことは、それぞれの時期の初心の芸を忘れないことだろう。人はこのようにしてこそ、あらゆる芸域を広く身につけた演技者となりうるのである。だからこそ、それぞれの時期の初心の芸を忘れるなというのである。


50歳を越えてからは、なにごとについても「しない」ということを方針にする。これはきわめて重大なことである。この時期に習うこととは、まず演目の数を少なくすること。そして音曲を中心にし、演戯は淡白に、舞なども技芸の型は減らし、昔日の華麗さの名残を見せるようにすべきである。


若い頃の芸を常に忘れずにいれば、老後にさまざまな利益となる。「以前の欠点や間違いを知ることが、のちのちのためになる」と世で言われているように「前を行く車がひっくり返るのを見るのは、後に続く車の教訓になる」ということわざと同じだ。初心の芸を忘れてしまっては、その後に得た現在の芸境も忘れてしまうのではないだろうか。


生涯この初心を忘れずにすごせば、引退の舞も上達一途のうちに舞うことができ、最後まで能には退歩ということがないはずだ。だから、能の行き止まりを見せることなく生涯を終えることを我が観世座流の奥義とし、子々孫々家訓として守るべき秘伝とする。


初心の段階から盛りのときを経て、老年の時期に至るまで、それぞれの段階にふさわしい演戯を習い覚えるのは、それぞれの時期における初心の芸に他ならない。もしそれぞれの時期の芸を捨ててしまって忘れてしまうなら、現在の芸風しか身につけていないことになる。


命には限りがあるが、能には限りがない。だから、それぞれの時期の演戯をひとつひとつ習い覚え、すべて身に着けても、さらに老後の姿にふさわしい技芸があり、それを習うのが老境の初心の芸なのである。そこで老境の芸を初心と覚悟していれば、それまでに身に着けてきた能が老境の芸に凝縮されてくる。


能の演技者として功なり名を遂げたのは、能がしだいに上達していったからである。にもかかわらず、上達の過程を忘れてしまっていては、もし自分の芸が初心の段階に逆戻りしてもわからない。初心の芸に帰ってしまうということは、すなわち能が退歩することだ。だから現在の自分の芸境を見失わないためには、初心の芸を忘れまいと工夫しなければならない。


勝機が見え、かさにかかって攻めたてる時が「男時」、敗勢が濃く、じっと耐えながら勝機を待つのが「女時」。時のなかに働く因果のことわりも、謙虚に受け止めなければならない。


そもそも芸能というのは、人々の心を和らげ、楽しませ、身分の上下なくあらゆる人の心も動かすものであり、幸福を増進し寿命を延ばす基となるべきものだ。さらに突きつめて考えてみれば、人間社会の営みというものは、いかなる道も幸せにしてゆくためにあるものだ。


たとえ我が子であっても、力のない者には継がせてはいけない。たまたまその家に生まれたから家の継承者になるのではなく、継ぐのはその道の真髄を知る人でなければならない。


世阿弥の経歴・略歴

世阿弥、ぜあみ。室町時代初期の猿楽師。父の観阿弥とともに能を大成した。

他の記事も読んでみる

村瀬治男

与えられた仕事をただこなしているだけの管理職を見ると、私はあからさまに腹を立てて叱ります。もうちょっと、会社全体の中での自分の仕事の役割を明確に意識したり、そこからどう展開していくのかを考えて欲しいのです。


筒香嘉智

打席に入れば、ホームベースとマウンドの距離は、どんな場面でも、どの球場でも、いつも変わらない。その事実だけに目を向ける。あとは、ただ来た球を打つことに集中すればいい。


行天豊雄

私もかつて大蔵省で長く国際交渉に関わってきました。プラザ合意、ルーブル合意など、数え上げればきりがないほどです。そんな経験から言うと国際交渉で日本が互角に渡り合うためには3つのポイントがあるように思います。「自国の熟知」「どれだけ相手と人間関係を作れるか」、そして「交渉の結果を受けて改革を進めること」。


グレッグ・ノーマン

波に乗っているときは、勢いに身を任せることだ。君を一段高いレベルに引き上げるのは、君の内なる存在だ。


冨安徳久

感動のサービスを提供するため、本気になって心から故人のことを考えます。儀式をただ提供するだけであれば他の葬儀社と変わりません。故人の思いを本気で受け止め反映させたいのです。社員には「その方の人生の重さをみんなで一緒に感じてあげようよ」と声をかけます。遺族の方たちとの打ち合わせのなかで、故人の愛した物や、好きな音楽はなかったかなどと話し合うようにしています。


戸塚隆将

上司に報告をする際、「私は○○だと考える(結論)。だから○○で進めてよいか(承認)」と念を押して相談すると、上司はイエス・ノーを判断するだけで済む。さらに、意見が違う場合に備えて、結論に至る「仮説」を用意しておけば、上司に説明を求められた際の対応もスムーズになります。


佐々木常夫

よくよく探してみれば、どんな人間にも良いところがひとつやふたつはあるはず。そこに目を向ける努力をするのです。そうすれば、相手を好きにはなれなくても、「嫌ではない」くらいには自分の気持ちを変えることができます。


出雲充

「クリエイティブだ」とか「アイデアマンだ」と評価される人は、共通して同じことを言います。降ってきたアイデアを絶対に書き留める。どんなことをしても書き留めるのです。


アーヴィング・フィッシャー

貨幣数量説は究極的には、あらゆる人間の財の中でお金だけが持っている根本的な特異性に依存している。つまりそれがそれ自体では人間の欲望を満たすことはなく、欲望を満たすようなモノを買う力しかない、ということだ。


ロバート・キヨサキ

これからの時代を生き抜き、金持ちになりたいと真剣に願っているなら、「学びたいことを学ぶために働くこと」を私は強くお勧めする。給料日から給料日へと食いつなぐ「ラットレース」に囚われる前に、「経済的自由を手にするには、自分にはどんなスキルが必要なのか」をはっきりさせることだ。そうすれば、どんな職場で働きたいかもわかってくるだろう。