名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

世阿弥の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

世阿弥のプロフィール

世阿弥、ぜあみ。室町時代初期の猿楽師。父の観阿弥とともに能を大成した。

世阿弥の名言 一覧

命に終わりはあっても、能の研鑽には終わりはない。


「衆人愛敬」の精神を大事にすることが、一座を維持してゆく幸せの基礎であり、一座の繁栄につながる。


少し技が不足していても、能の本質をよく理解している役者のほうが、一座を背負って立つ棟梁としては勝っているというべきであろう。


わが観世座流に金言というべき一句がある。「初心忘するべからず」この句には三か条の口伝が付随している。ひとつは「是非によらず、修行を始めた頃の初心の芸を忘るべからず」ふたつめに「修行の各段階ごとに、それぞれの時期の初心の芸を忘るべからず」みっつめに「老後に及んだのちも、老境に入ったときの初心の芸を忘るべからず」


過去のそれぞれの時期に行った演技というのは、それぞれの段階での初心の芸に他ならない。それを現在の芸風の中に統合して持っておくことは、それぞれの時期の初心の芸を忘れないことだろう。人はこのようにしてこそ、あらゆる芸域を広く身につけた演技者となりうるのである。だからこそ、それぞれの時期の初心の芸を忘れるなというのである。


50歳を越えてからは、なにごとについても「しない」ということを方針にする。これはきわめて重大なことである。この時期に習うこととは、まず演目の数を少なくすること。そして音曲を中心にし、演戯は淡白に、舞なども技芸の型は減らし、昔日の華麗さの名残を見せるようにすべきである。


若い頃の芸を常に忘れずにいれば、老後にさまざまな利益となる。「以前の欠点や間違いを知ることが、のちのちのためになる」と世で言われているように「前を行く車がひっくり返るのを見るのは、後に続く車の教訓になる」ということわざと同じだ。初心の芸を忘れてしまっては、その後に得た現在の芸境も忘れてしまうのではないだろうか。


生涯この初心を忘れずにすごせば、引退の舞も上達一途のうちに舞うことができ、最後まで能には退歩ということがないはずだ。だから、能の行き止まりを見せることなく生涯を終えることを我が観世座流の奥義とし、子々孫々家訓として守るべき秘伝とする。


初心の段階から盛りのときを経て、老年の時期に至るまで、それぞれの段階にふさわしい演戯を習い覚えるのは、それぞれの時期における初心の芸に他ならない。もしそれぞれの時期の芸を捨ててしまって忘れてしまうなら、現在の芸風しか身につけていないことになる。


命には限りがあるが、能には限りがない。だから、それぞれの時期の演戯をひとつひとつ習い覚え、すべて身に着けても、さらに老後の姿にふさわしい技芸があり、それを習うのが老境の初心の芸なのである。そこで老境の芸を初心と覚悟していれば、それまでに身に着けてきた能が老境の芸に凝縮されてくる。


能の演技者として功なり名を遂げたのは、能がしだいに上達していったからである。にもかかわらず、上達の過程を忘れてしまっていては、もし自分の芸が初心の段階に逆戻りしてもわからない。初心の芸に帰ってしまうということは、すなわち能が退歩することだ。だから現在の自分の芸境を見失わないためには、初心の芸を忘れまいと工夫しなければならない。


勝機が見え、かさにかかって攻めたてる時が「男時」、敗勢が濃く、じっと耐えながら勝機を待つのが「女時」。時のなかに働く因果のことわりも、謙虚に受け止めなければならない。


そもそも芸能というのは、人々の心を和らげ、楽しませ、身分の上下なくあらゆる人の心も動かすものであり、幸福を増進し寿命を延ばす基となるべきものだ。さらに突きつめて考えてみれば、人間社会の営みというものは、いかなる道も幸せにしてゆくためにあるものだ。


たとえ我が子であっても、力のない者には継がせてはいけない。たまたまその家に生まれたから家の継承者になるのではなく、継ぐのはその道の真髄を知る人でなければならない。


世阿弥の経歴・略歴

世阿弥、ぜあみ。室町時代初期の猿楽師。父の観阿弥とともに能を大成した。

他の記事も読んでみる

又吉直樹

渋谷も表面的な部分でしか見られてないなって。渋谷って侮られるんですよね、要は若者が浮かれてる街やろって。ハロウィンで若者がわーってなってるとアホちゃうかって言われるけど、いや、あの中に昨日彼女に振られて、ほんまは全然こんな気持ちやないねんけど、でも友達の手前全力でやりきるしかなくて、コスプレしてテンションあげてるけど、めちゃめちゃしんどいヤツもいると思うんですよ。俯瞰で見た時に急に集団としての人間になってしまうけど、そんな単純じゃないやろ、人間って。ひとりひとりに寄り添うことを忘れて、こいつら全員バカなんだって思っちゃうけど、そんなはずないから。


藤田晋

アイデアの段階で中途半端に終わらせず、実現に向けて徹底的に詰めることができるかどうか。これができている会社や職場は強い。


金子哲雄

食費から月1万円を浮かせるのは大変だけど、公共料金などの固定費を見直せば、月数万円くらい楽に浮かせられます。私は仕事柄、ケータイをよく使うので携帯の通話料を無料&安くするアプリを使っています。毎月6千円も浮かせることができています。また、料金プランは変更しても手数料はかからないので、定期的に見直す方が絶対にお得です。


小路明善

営業の班長だったころ、部下たちに毎月、「よかったこと」と「悪かったこと」をひとつずつ言わせてノートにまとめました。半年経つと1人当たり6個の改善するテーマが見いだせ、部下と突っ込んだ話し合いができました。


枡野俊明

気が散って目の前のことに集中できないときは、時間を決めて思い切り息抜きをしてしまうのも手です。禅の教えには、「喫茶喫飯(きっさ きっぱん)」という言葉があります。茶を飲むときは茶に、ご飯を食べるときはご飯に集中する。今、行なっていることと「一つになる」べし、という教えです。たとえば、休暇でリフレッシュしているにもかかわらず、「仕事のメールをチェックしたい」と考えるのは、もってのほか。働くときは全力で働き、遊ぶときは全力で遊ぶ。これが、「無心」と言われる禅の境地なのです。


稲盛和夫

現在でも仕事上の会食以外では、豪勢な食事をするようなことはめったにありません。何万円もするような食事をしようと思えばできるのでしょうが、そんな豪華な食事を平気で取れるという、慢心が恐ろしいのです。自分が贅沢をしたりするということは、慢心や驕りにつながっていくと自らを戒めてきましたので、それが習性になっているのだと思います。
【覚え書き|82歳時の発言】


松田丈志

最終的には「挑戦する」「挑戦しない」の2択しかない。であれば、泥臭くてもいいから厳しくて辛い練習をして挑戦する人でありたいと思えた。そう思えたのも、周りで応援してくれる人たちに応えたいという気持ちが大きかったから。周りの支えがあったからこそ、僕は重い腰を上げて腹をくくれたのだと思っています。


辻慎吾

森ビルの都市づくりは首尾一貫しています。ヒルズの名を冠した街をいくつもつくっていますが、様々な都市機能が複合し、とてもコンパクトにまとまっている。これこそが街であり、都市だという考え方です。磁力を高めるためには、オフィスや住宅だけではなく、すべての都市機能を提供しなければいけません。


秋元康

「50歳を過ぎた男性が、なぜ若い女の子の歌詞を書けるんですか?」とよく聞かれるんですけれど、あれはつまり「AKBの観察日記」なんですよ。要するに、見ていると彼女たちがどういうことに悩んでいるのかが分かる。たとえば、高橋みなみを見ていれば、思春期における自己の在り方、存在証明みたいなもので悩んでいるという具合に。


津村記久子

どうせ人生、ままならないもんなんですよ。うまいこといかないことがあっても、「今日はあかん日やったな」と思えばいい。全体を諦める必要なんてないです。


笹山尚人

法の世界でパワハラと認められる言動をひと言でいうと「相手の人格を侵害する言動」。


岡素之

我々はOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)による人材育成を重視しています。要は50年続いている指導員制度で、ライフタイムメンターのような存在です。新入社員を、5から10年くらい先輩の社員がマンツーマンで指導します。