名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

世阿弥の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

世阿弥のプロフィール

世阿弥、ぜあみ。室町時代初期の猿楽師。父の観阿弥とともに能を大成した。

世阿弥の名言 一覧

命に終わりはあっても、能の研鑽には終わりはない。


「衆人愛敬」の精神を大事にすることが、一座を維持してゆく幸せの基礎であり、一座の繁栄につながる。


少し技が不足していても、能の本質をよく理解している役者のほうが、一座を背負って立つ棟梁としては勝っているというべきであろう。


わが観世座流に金言というべき一句がある。「初心忘するべからず」この句には三か条の口伝が付随している。ひとつは「是非によらず、修行を始めた頃の初心の芸を忘るべからず」ふたつめに「修行の各段階ごとに、それぞれの時期の初心の芸を忘るべからず」みっつめに「老後に及んだのちも、老境に入ったときの初心の芸を忘るべからず」


過去のそれぞれの時期に行った演技というのは、それぞれの段階での初心の芸に他ならない。それを現在の芸風の中に統合して持っておくことは、それぞれの時期の初心の芸を忘れないことだろう。人はこのようにしてこそ、あらゆる芸域を広く身につけた演技者となりうるのである。だからこそ、それぞれの時期の初心の芸を忘れるなというのである。


50歳を越えてからは、なにごとについても「しない」ということを方針にする。これはきわめて重大なことである。この時期に習うこととは、まず演目の数を少なくすること。そして音曲を中心にし、演戯は淡白に、舞なども技芸の型は減らし、昔日の華麗さの名残を見せるようにすべきである。


若い頃の芸を常に忘れずにいれば、老後にさまざまな利益となる。「以前の欠点や間違いを知ることが、のちのちのためになる」と世で言われているように「前を行く車がひっくり返るのを見るのは、後に続く車の教訓になる」ということわざと同じだ。初心の芸を忘れてしまっては、その後に得た現在の芸境も忘れてしまうのではないだろうか。


生涯この初心を忘れずにすごせば、引退の舞も上達一途のうちに舞うことができ、最後まで能には退歩ということがないはずだ。だから、能の行き止まりを見せることなく生涯を終えることを我が観世座流の奥義とし、子々孫々家訓として守るべき秘伝とする。


初心の段階から盛りのときを経て、老年の時期に至るまで、それぞれの段階にふさわしい演戯を習い覚えるのは、それぞれの時期における初心の芸に他ならない。もしそれぞれの時期の芸を捨ててしまって忘れてしまうなら、現在の芸風しか身につけていないことになる。


命には限りがあるが、能には限りがない。だから、それぞれの時期の演戯をひとつひとつ習い覚え、すべて身に着けても、さらに老後の姿にふさわしい技芸があり、それを習うのが老境の初心の芸なのである。そこで老境の芸を初心と覚悟していれば、それまでに身に着けてきた能が老境の芸に凝縮されてくる。


能の演技者として功なり名を遂げたのは、能がしだいに上達していったからである。にもかかわらず、上達の過程を忘れてしまっていては、もし自分の芸が初心の段階に逆戻りしてもわからない。初心の芸に帰ってしまうということは、すなわち能が退歩することだ。だから現在の自分の芸境を見失わないためには、初心の芸を忘れまいと工夫しなければならない。


勝機が見え、かさにかかって攻めたてる時が「男時」、敗勢が濃く、じっと耐えながら勝機を待つのが「女時」。時のなかに働く因果のことわりも、謙虚に受け止めなければならない。


そもそも芸能というのは、人々の心を和らげ、楽しませ、身分の上下なくあらゆる人の心も動かすものであり、幸福を増進し寿命を延ばす基となるべきものだ。さらに突きつめて考えてみれば、人間社会の営みというものは、いかなる道も幸せにしてゆくためにあるものだ。


たとえ我が子であっても、力のない者には継がせてはいけない。たまたまその家に生まれたから家の継承者になるのではなく、継ぐのはその道の真髄を知る人でなければならない。


世阿弥の経歴・略歴

世阿弥、ぜあみ。室町時代初期の猿楽師。父の観阿弥とともに能を大成した。

他の記事も読んでみる

宮戸直輝

月に何度か昼食に行ったついでに高島屋や三越を上から下まで歩いたりして、時間を過ごすことがあります。サボっているわけではありません(笑)。ただ好奇心というのか、おいしい蕎麦を食べられてよかったとか、三越で面白い人を見かけたとか、決められた時間通りパソコンの前に座って仕事をしているのとは、違う発想が湧いてくるはずです。仕事でもプライベートでも、ちょっとした遊び心がある人や、心に余裕のある生活を送れる人の方が、いい仕事ができるのではないでしょうか。


松田充弘(マツダミヒロ)

典型的なダメなパターンが相手を追いつめる質問です。「なんですぐに行動しないのか」「なぜ指示に従わないのか」と、相手を追求する質問は部下を委縮させてしまう。人を育てるのが上手な上司は「どうしたらすぐに行動できるようになると思う?」というように、相手に答えを考えさせる質問を心がけています。


樋口泰行

外資系コンサルティング会社には「アップ・オア・アウト」という言葉があります。昇進するか辞めるか、という意味です。成長してポジションが上がらなければ辞めて出ていくという選択肢しかない。震え上がるような競争社会で、何度も心が折れそうになった。でも、自分の力でがんばっていくしかないと心に決めたときでもありました。


反田恭平

僕が尊敬しているモーツァルトは、どの作品も自分の死がわかっているような書き方をしているんです。僕もそんな音楽家になりたいんですよね。だから全力で食べて寝て、ピアノを弾きたい。その日々を積み重ねていけば、上手い下手の問題を飛び越え、音楽に深みが出ると思うんです。明日にでも60歳になりたい(笑)。


櫛田健児

グローバル人材についてのグローバルスタンダードという考え方は非常に危険です。何か基準があって高い敷居があるように見えるだけで、中身がない。グローバルで活躍できる日本人には、実はものすごく多様性があっていいのだというイメージをできるだけ発信していきたい。


葛西敬之

企業の中には「大学は職場に来てすぐに役立つ即戦力を育成すべき」という意見もありますが、それは現実的ではありません。私は東京大学の法学部を卒業し、海外の大学で経済学の修士号を取得しましたが、職場でその知識が直接、役に立ったことはなかったように思います。大学院までも含めて学ぶことは、すべての土台となる基礎に集中すべきではないでしょうか。


阿部俊則

今まで2階建ての住まいだった方は、自分の土地に3階建てが建てられるということをあまりお考えになられません。商品力や提案力次第で、潜在ニーズを掘り起こしていけるということです。


稲盛和夫

私がJALに来て最初に思ったことは、幹部社員に「会社が潰れた」という実感がないということでした。ですから、私はみんなに「JALは潰れたんですよ」という認識を徹底させるところから始めました。そして、「幹部社員はもちろん、現場の社員まで含めて、一人ひとりが経営者と同じ気持ちで努力をする以外にないんですよ」と訴えてきました。


阿部寛

観る人が新鮮な気持ちで楽しんでもらえる作品をつくるということを、いつも自分のテーマにしています。それに僕自身、同じところで満足したくないという気持ちもあります。勝算のあることだけを繰り返すのは、飽きてしまうんです。


植田まさし

スケジュールは仕事部屋のカレンダーに締め切りを書くことで把握しています。基本的に編者者が訪ねてきてくれるので、出歩く必要があまりなく、手帳を持つ必要がありません。カレンダーとノートが手帳の代わりです。


八田英二

京都市は小さな街であるにもかかわらず、たくさんの大学や短大が集まっています。しかも、単に集まっているわけではなく、京都の文化や歴史といった基盤を共有する「運命共同体」という意識を持っています。そういう意味では、京都の大学で学ぶのと他地域の大学で学ぶのとでは、少し意味合いが違うと考えています。私は、京都の街自体が大学のキャンパスだと考えています。つまり、京都そのものが教科書。華道にしても茶道にしても、本物の伝統文化がここにはあります。そんな京都に同志社大学があることも大きな強みだととらえています。


実藤裕史

私は、2000年にEコマース業界で働き始めました。商品が売れた時に届く、「注文が入りました」メールが震えるほどに嬉しく、商品を売る楽しさをこの時、初めて感じました。この原体験をきっかけに「誰もが、ネットショップ運営の楽しさを経験できるようになったら」と考え、この想いのもと、10年前の2006年に「もしもドロップシッピング」サービスを開始しました。