名言DB

9490 人 / 112001 名言

世良公則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

世良公則のプロフィール

世良公則、せら・きみのり。日本のロックミュージシャン、俳優。広島県出身。大阪芸術大学芸術学部放送科卒業。高校時代からバンド活動を開始。大学卒業後プロデビュー。世良公則&ツイストのボーカルとして活躍。

世良公則の名言 一覧

僕は365日、24時間、ミュージシャンです。でも、僕を駆り立てる感性に巡り合えば、他の分野の人ともセッションをやる。僕の中で、垣根はないんです。


僕は誰とでもセッションします。クラシックから、ジャズから、海外のプレイヤーとも。楽しいですよ。キャリアを積んできて、何が残ったかといったら、音楽の楽しさが残っている。


何もない中で全部捨てるわけだから不安がないわけがない。でも不安がどうのという話ではない。不安だけどやる、なんです。


60歳になったことに別に感慨もないし、俺は俺で、ずっと俺をやっていく。年を取ることにも、特に何も感じないんです。


役者になったんですか、なんて言われてイライラしていた時期もありました。見ている人は見てくれている。今は、そのうち伝わるよ、みたいな心持ちです。音楽をやっていても芝居をやっていても楽しい。すべてにありがとうと思えるし、これから楽しいと思える。それくらいのキャリアは積んだかなと思います。


毎回、今日はどうだった、とか、うん、ちょっと良かったよとか、いやまだだとか。ライブをやりながら、感性を磨いて、トレーニングを重ねる、今もその繰り返し。まだ途中だからね。何も答えは出ていない。


自分を鍛えるしかないわけですよ。それまでみたいな、格好いいよね、強そうだよね、ではダメで、本当に格好良くなければいけないし、本当に強くないと勝てない。


大人のロックだとか子供のロックだとか、何年やってるかとか関係ない。関係ないのが俺たちが目指した文化だったはずなのに。ロックという文化を熟成させるために、世代を超えてやりあえばいい。


大人が階段を下りて、子供たちの機嫌を取るような音楽や文化や、流行を一生懸命探るようなことをしているから、いつの間にか大人の文化がなくなっていく。大人は大人然としていれば若い人もついてくる。それでいいんじゃないかと僕は思います。


日本ではなぜ熟することを良いことだと思わないんでしょう。熟成するって素晴らしいことじゃないですか。新鮮なのも素晴らしいし、フレキシブルであることも素晴らしい。しかし50、60、70と年を重ねることは、若い頃には無かったものを身に付けていけるということです。なのに、なぜそこで、「60でロックですか」みたいな話にすぐなってしまうのか。


一人になる時「死ぬ時に何と言われたいんですか」とも聞かれて「いいミュージシャンだったねと言われたい」と答えました。いいミュージシャンとはどういうことか。やっぱり真剣にやってる奴だよね。何百万人に見られるわけではないけど、100人、1000人に対して、しっかりと自分を表現して、伝えていく覚悟があるかどうか。その覚悟の重さがアーチストを決める、みたいな。


ロックが若い人の音楽だったのは昔の話。でも、それをいまだに引きずる感じもありますね。せっかくロックに世代が関係ない時代になったのに、なんで世代で分けちゃうのかと思う。


昔の話ですが、ある時期、僕は昔の、デビューの頃の楽曲を、一切歌いたくないと言って、実際歌わなかった時期があったんですね、30代の頃。そんなことさえもばからしい。別に自分が作って、自分が育てた曲なんだから、別にどの曲でも歌えばいいじゃないか。


若い頃、早く年を重ねたかったほうなんです。20代の頃はどうしてもキャリア不足から、周りから割と簡単に批評されたり批判されたりする。だから早くキャリアを重ねてそこを補うだけの力をつけたいとか、自分の言葉なり行動なりで跳ね返すだけのものを身につけたいとか、強くあったのですが、基本的にはその頃と雰囲気は変わらないですよ。


年をとるというのは、単純に人としてのキャリアを、僕で言うとミュージシャンとしてのキャリアを積み重ねていくということですから、自分のスキルをきちんと把握して次につなげていくかとか、いまできないことが明日できるようになるとか、そこに説得力を持たせるとか、そういうこととのレースですよね。


僕は誕生日が12月なので、ひとつ年を重ねて次の年を頑張る、という感覚が若い頃からあるのですが、60歳の誕生日もいつもの誕生日と同じ。ことさら、還暦だから何か思うというのはありませんね。


この前、ライブの後に、楽屋に3人だけ、抽選で握手でもしましょうという企画をやったのですが、当選して来てくれた3人のうちの1人が19歳の女の子なんです。「どっから俺のこと知ってるの?」と聞いたら、僕の比較的新しい曲に政治家をちょっと皮肉ったような曲があるんですけど、その歌がいいです、と言うんです。あんたのバラードでも銃爪(ひきがね)でもないわけです。自分が日頃感じていることを歌ってくれる人として僕をみている。そういう子がいると、自分が古いキャリアなどにこだわることが改めてつまらなく感じられる。


世良公則の経歴・略歴

世良公則、せら・きみのり。日本のロックミュージシャン、俳優。広島県出身。大阪芸術大学芸術学部放送科卒業。高校時代からバンド活動を開始。大学卒業後プロデビュー。世良公則&ツイストのボーカルとして活躍。

他の記事も読んでみる

森崎博之

僕らも3年ぶりにTEAM NACSで舞台を作れて、すごく嬉しいんです。すごい高揚感がある。観客の皆さんも、同じような高揚感で観に来てくださっているのかもしれませんね。それを最後まで裏切りたくないですね。観終わった後に、「よかったー!」と思っていただければ、それが一番です。一緒に来た方との帰り道に、「次いつなんだろう。次もまた絶対来たいね!」なんて、おしゃべりしていただけたらいいですね。


前田修司

文章で表現しようとすると、文字を細かく追う必要がありますし、人によっては読み飛ばす個所が出てきたり受け取り方にニュアンスの差が生まれてくるでしょう。そうなると、メンバーの意識を整えるのに時間がかかってしまいます。その点、絵や図解だと、誰もが感覚的に理解できますし、認識にズレがなくなるのです。


奥田吾朗

父が肺がんで余命はあと3か月という宣告を受けた時、私自身長男として、父に「自分1人で立って生きていく」という意思を実際に示さなければならないと考え、そこから米国に勉強をしに行くことを決めたのです。私が学生時代に最も苦手だったのは英語でした。ただ、父が「これから英語は絶対大事になる」と言っていたことを思い出し、本来であれば父の側に付き添って看病すべきところだったのかもしれませんが、母や兄弟に任せて米国に渡りました。


見舘好隆

せっかく採用した新人が思うように働いてくれない。強く言うとむくれて出社しなくなりそうだし、下手すると辞めてしまう。最近、企業の人事担当者ばかりでなく、部下を持つ30代、40代の管理職の人たちからもこういう悩みをよく聞く。そういう場合、私はこう答えるようにしている。飲食業、たとえばマクドナルドのアルバイト育成法に学んだらどうでしょう、と。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

我々の気分が穏やかであるか荒れるかは、生涯の重大事によってよりも、むしろ毎日起きるこまごましたことの運びが、思わしく行くか行かないかによって左右される。


唐池恒二

鉄道は成熟産業です。東京の都心部を除けば、これから新たに線路を敷いたり、列車の運行本数を増やしたり、ということは考えられません。当社でも鉄道運輸収入は全体の4割。鉄道以外の事業を伸ばしていく必要があります。


磯崎哲也

お金を払ってプロに相談するという発想が日本人にはあまりないが、創業期のミスが将来の失敗につながらないためには重要なこと。


溝口勇児

成功する人は運がいいのではなく、社会から応援されることをやっているからこそ、顧客から応援され、協力者も得られる。


伊藤博之(経営者)

僕の意見としては、クリエイターが関心を持っているのは、見る人・聞く人をいかに共感させるかだと思う。グッとくるとか、ピンとくるとか。僕たちは日々、共感を消費して生きている。普通の消費より、そちらのウェイトの方が大きくなっている。クリエイターも共感させるためにコンテンツをつくっている。


大川隆法

経営をしていると、失敗はたくさんあるでしょう。ここのところを、一個一個、反省しなければ駄目なのです。


内永ゆか子

グローバル社会では、個人間の「トラスト(信頼)」や「リスペクト(尊重)」が重要視されます。人間同士が「個」として結びつき、人脈を形成していくということです。「個」をベースに築いた関係は、自分が所属する組織を替えても引き継がれます。だから、経営者はパーティに出るだけではなく自分で主催したり、クリスマスカードを何枚も送ったりすることに必死になる。「自分」という「個」を訴えるところから、グローバル化は始まるのです。しかし、日本の経営者は概して、「個」としての意識が薄いのではないでしょうか。「社長」であることならアピールできるが、「個」としての自分をアピールすることは苦手。それでは「社長」の肩書きを失うと同時に、人脈まで失ってしまう。私はそれを「人脈」とは言わず、「ポジションネツトワーク(肩書でつながったネットワーク)」と呼んでいます。


上村愛子

技を完成させるために毎日ひたすら同じ練習をすると、少しずつ客観的な視点が失われ、自分がやっていることが本当に正しいのか不安になることもありました。そんな時は、先輩や後輩に「自信がないんだけど大丈夫かな」と相談しました。大抵「大丈夫だよ」という言葉が返ってきて、皆の言葉や存在のおかげで「もう少し前向きにやっていこうかな」と思えました。