名言DB

9413 人 / 110706 名言

世良公則の名言

twitter Facebook はてブ

世良公則のプロフィール

世良公則、せら・きみのり。日本のロックミュージシャン、俳優。広島県出身。大阪芸術大学芸術学部放送科卒業。高校時代からバンド活動を開始。大学卒業後プロデビュー。世良公則&ツイストのボーカルとして活躍。

世良公則の名言 一覧

僕は365日、24時間、ミュージシャンです。でも、僕を駆り立てる感性に巡り合えば、他の分野の人ともセッションをやる。僕の中で、垣根はないんです。


僕は誰とでもセッションします。クラシックから、ジャズから、海外のプレイヤーとも。楽しいですよ。キャリアを積んできて、何が残ったかといったら、音楽の楽しさが残っている。


何もない中で全部捨てるわけだから不安がないわけがない。でも不安がどうのという話ではない。不安だけどやる、なんです。


60歳になったことに別に感慨もないし、俺は俺で、ずっと俺をやっていく。年を取ることにも、特に何も感じないんです。


役者になったんですか、なんて言われてイライラしていた時期もありました。見ている人は見てくれている。今は、そのうち伝わるよ、みたいな心持ちです。音楽をやっていても芝居をやっていても楽しい。すべてにありがとうと思えるし、これから楽しいと思える。それくらいのキャリアは積んだかなと思います。


毎回、今日はどうだった、とか、うん、ちょっと良かったよとか、いやまだだとか。ライブをやりながら、感性を磨いて、トレーニングを重ねる、今もその繰り返し。まだ途中だからね。何も答えは出ていない。


自分を鍛えるしかないわけですよ。それまでみたいな、格好いいよね、強そうだよね、ではダメで、本当に格好良くなければいけないし、本当に強くないと勝てない。


大人のロックだとか子供のロックだとか、何年やってるかとか関係ない。関係ないのが俺たちが目指した文化だったはずなのに。ロックという文化を熟成させるために、世代を超えてやりあえばいい。


大人が階段を下りて、子供たちの機嫌を取るような音楽や文化や、流行を一生懸命探るようなことをしているから、いつの間にか大人の文化がなくなっていく。大人は大人然としていれば若い人もついてくる。それでいいんじゃないかと僕は思います。


日本ではなぜ熟することを良いことだと思わないんでしょう。熟成するって素晴らしいことじゃないですか。新鮮なのも素晴らしいし、フレキシブルであることも素晴らしい。しかし50、60、70と年を重ねることは、若い頃には無かったものを身に付けていけるということです。なのに、なぜそこで、「60でロックですか」みたいな話にすぐなってしまうのか。


一人になる時「死ぬ時に何と言われたいんですか」とも聞かれて「いいミュージシャンだったねと言われたい」と答えました。いいミュージシャンとはどういうことか。やっぱり真剣にやってる奴だよね。何百万人に見られるわけではないけど、100人、1000人に対して、しっかりと自分を表現して、伝えていく覚悟があるかどうか。その覚悟の重さがアーチストを決める、みたいな。


ロックが若い人の音楽だったのは昔の話。でも、それをいまだに引きずる感じもありますね。せっかくロックに世代が関係ない時代になったのに、なんで世代で分けちゃうのかと思う。


昔の話ですが、ある時期、僕は昔の、デビューの頃の楽曲を、一切歌いたくないと言って、実際歌わなかった時期があったんですね、30代の頃。そんなことさえもばからしい。別に自分が作って、自分が育てた曲なんだから、別にどの曲でも歌えばいいじゃないか。


若い頃、早く年を重ねたかったほうなんです。20代の頃はどうしてもキャリア不足から、周りから割と簡単に批評されたり批判されたりする。だから早くキャリアを重ねてそこを補うだけの力をつけたいとか、自分の言葉なり行動なりで跳ね返すだけのものを身につけたいとか、強くあったのですが、基本的にはその頃と雰囲気は変わらないですよ。


年をとるというのは、単純に人としてのキャリアを、僕で言うとミュージシャンとしてのキャリアを積み重ねていくということですから、自分のスキルをきちんと把握して次につなげていくかとか、いまできないことが明日できるようになるとか、そこに説得力を持たせるとか、そういうこととのレースですよね。


僕は誕生日が12月なので、ひとつ年を重ねて次の年を頑張る、という感覚が若い頃からあるのですが、60歳の誕生日もいつもの誕生日と同じ。ことさら、還暦だから何か思うというのはありませんね。


この前、ライブの後に、楽屋に3人だけ、抽選で握手でもしましょうという企画をやったのですが、当選して来てくれた3人のうちの1人が19歳の女の子なんです。「どっから俺のこと知ってるの?」と聞いたら、僕の比較的新しい曲に政治家をちょっと皮肉ったような曲があるんですけど、その歌がいいです、と言うんです。あんたのバラードでも銃爪(ひきがね)でもないわけです。自分が日頃感じていることを歌ってくれる人として僕をみている。そういう子がいると、自分が古いキャリアなどにこだわることが改めてつまらなく感じられる。


世良公則の経歴・略歴

世良公則、せら・きみのり。日本のロックミュージシャン、俳優。広島県出身。大阪芸術大学芸術学部放送科卒業。高校時代からバンド活動を開始。大学卒業後プロデビュー。世良公則&ツイストのボーカルとして活躍。

他の記事も読んでみる

今野敏

キーワードを紙に書いているうちにアイデアに発展することが多いですね。執筆はパソコンですが、ストーリーを練るときは紙にキーワードを書くんです。


徳重徹

よい言葉に出合ったら、それ感動するだけで終わらず、実行してみる。さらに、それを継続して、自分の習慣にできれば、それが自身の最高の財産となる。


木川眞

大事なポイントは、ヤマトグループ1社だけではできないことがたくさんあるということ。様々な企業との連携が不可欠。


大西賢

こうありたい、こうなりたい、こうあるべきだという強い思いを持っていないと、二者択一の中からひとつのものを選択することすらできません。


小林佳雄

右肩上がりの状態を何十年も続けていると、結構疲れます。しかし、その緊張感が切れ、逃げたくなることがあれば、その時こそ私がトップの座を降りる時でしょう。少なくとも今は、まだ右肩上がりの状況を維持するための戦略づくりやアイデアが浮かんでくるので、そのタイミングではありません。


向井理

自分を追い込むような状況を作る、というのは1つの手かもしれませんね。僕自身、学生時代に英語力を高めたいと思った時、机上の勉強だけではいつまでたっても話せるようになれないと考え、海外の方がよく訪れる横浜の桜木町でアルバイトをしました。無理やりにでも英語を話さざるを得ない環境に飛び込んだわけです。本来、僕は行動力がある方ではないので、あえて「せざるを得ない」環境を作り、自分を追い込みました。「自分には行動力がない」と自覚している人には、この方法がオススメですね。


宇野康秀

レンタルビデオでツタヤが圧倒的なシェアを取ったのは、やはり店舗の工夫や、ユーザーとのコミュニケーションなどを、きちんと行っていたからです。我々もどんな作品をどう並べるか、料金の設定をどう工夫するか、ユーザーとの接点をどう広げていくか、解約をどうやって減らすかといった、細かい努力を積み重ねるしかないと思っています。


佐々木常夫

出世の妨げになりかねない家族の問題を、会社に申告すべきかどうかの判断からして大変難しいものでした。最初は言い出せずに一人で抱え込んでいましたが、周囲に打ち明け会社に申告したら、とたんに物事がスムーズに運ぶようになりました。職場の協力、親族や地域のコミュニティの助力がなければ、仕事と介護は両立できません。まずは問題をオープンにして、周囲に協力を求めるべきなのです。


山内隆裕

たんに仕事の成果を上げるだけでなく、社会にどれだけ貢献できるかが最終目的。そのためには手を抜かない。


沼田昭二

自社工場で加工食品を製造しているのは、自社製造品を店舗に直接流すことで品質管理が徹底され、製品の安全性が高まり、流通マージンもカットできるからです。その結果、当然利益率もアップします。店頭に並ぶ商品の粗利は、メーカー品で10%台前半ですが、当社のPB(プライベート・ブランド)は17%前後です。


内永ゆか子

変化の激しい時代には、過去の成功体験にとらわれず、物事の本質を捉えることが不可欠です。前例を参考にするにしても、「なぜ、そのとき成功したのか?」を分析しなければ、今、そのまま同じことをしても成功しないでしょう。


松岡修造

僕は「真剣」という言葉がすごく好きですが「深刻」は嫌いです。似てるけど、違うんですね。最初に膝のケガをしたとき、リハビリに苦しんで長い間、勝てませんでした。いま振り返れば、当時の僕は深刻だっただけですね。だから、頭には「Why」だらけ……。なぜだ、どうしてだ、なぜ膝が痛い? なぜ一所懸命やっているのに勝てない。そんな思いばかりです。でも、あるとき、テニスをやりたいけどできない少女と出会って、僕の頭は切り替わった。真剣になったんです。頭に湧いてくるのは「How」。どうすれば、この膝と付き合ってプレーできるのか。真剣に取り組んだら、段々と試合でも勝てるようになりました。


松本南海雄

これから高齢化が進めば、スーパーに行って、その後にドラッグに行って、という買い回りが面倒になる人が増えます。近くのドラッグで間に合えばそれでいいわけです。その点で言えば、やはり来店頻度の高い食品が強化分野になります。


御手洗冨士夫

経営者は長期計画に基づいて一貫して投資をすべきです。(任期が短く経営者が)くるくる代わるということは一貫という意味からすると、あまり合理的ではない。次の経営者は、何十年も一緒にいるから自然に分かる。必ず出てくるものです。


林野宏

同期入社の社員を見渡せばわかると思いますが、夢中で仕事をやり続けている人間などほとんどいません。仕事で成果を出せるかどうかを分けるのは、とどのつまり目標に向かって情熱を継続する力なのです。私は風呂でも、布団の中でも、常に新しいビジネスのアイデアを考えています。