名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

世古詞一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

世古詞一のプロフィール

世古詞一、せこ・のりかず。日本の組織人事コンサルタント。「サーバントコーチ」代表。千葉県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、VOYAGE GROUPに入社。営業本部長、人事本部長、子会社役員などを経て独立。著書に『シリコンバレー式 最強の育て方』。

世古詞一の名言 一覧

今の時代だからこそ必要なマネジメントスキルを挙げるなら、「褒める力」です。以前から言われてはいますが、ますます必要になっています。今の若者にとって、自分の存在が認められている安心感が仕事のモチベーションにつながります。


さらなる育成段階では、あえて自分で考えさせるマネジメントも大切です。これには時間と忍耐がいりますが、部下の成長のためには、いずれそうした関わり方も必要です。


若手世代が求めているのは、「自分がここにいていいんだ」という安心感です。最近は「心理的安全性」という言葉が注目されているように、「自分が人として認められている」「存在を否定されない」といった安全性がベースにあってはじめて、自分の個性が生かされる感覚があります。安心感を満たしてあげる必要があるのです。


働き方や価値観が多様化する中、マネジャーには多様性を理解する器を持つことが求められます。つまり、「人間力を磨く」ことがマネジャーにとって大きなテーマと言えます。そのためには、仕事に励むだけでなく、遊んだり、本を読んだり、人と交流したり、様々な経験を積むことが大切です。人生を豊かに楽しむことで、人間力は磨かれます。これからのマネジャーは「仕事人間」では務まらなくなるということです。


褒めるのが苦手な人はまず、「承認する」ことを意識してみてください。「褒める」と「承認する」の違いは、「褒める」は主観を伝えることで、「承認する」は認めた事実を伝えることです。たとえば、「髪、切ったんだね。似合うよ」が「褒める」で、「髪、切ったんだね」が「承認する」です。承認は客観的事実を伝えるだけですが、そこには「あなたのことを見ています」というメッセージが込められています。これが相手に安心感を与えます。


以前のように「仕事だからやりなさい」という一方的な仕事の渡し方が通用せず、本人のやる気をどう高めていくかが重要になっています。しかも、かつてはやる気の源だった給料や出世は、今の若い世代には響きません。それよりも、「この仕事にどのような意味があるのか」「それを私がやる意味があるのか」といった意味づけが大事。そのため、マネジャーは仕事の意味や背景を丁寧に伝える必要があります。


マネジメントの在り方の変化として、個人のプライベートを考慮したマネジメントが求められていることが挙げられます。たとえば20年前なら、「子供が熱を出した」というのが遅刻や早退の理由として納得感をもって認められる会社は少なかったと思います。それが今は、多くの職場で普通に認められるように変わってきています。こうした変化に伴い、個人のモチベーションや感情の部分も無視できなくなっています。


今は一人一人の状況や働き方、モチベーションに合わせたマネジメントが求められている。そのためにも、部下との一対一の対話の時間が不可欠です。お勧めしたいのが、私が提唱している「1on1ミーティング」です。従来の面接との一番の違いは、従来の面接が評価や指導を目的とする「上司のための時間」であったのに対し、1on1は部下の不安解消や、能力・キャリアを考える「部下のための時間」だということです。そのため、上司は部下に質問し、部下の話を聞くことに徹します。共感の姿勢で部下に安心感を与えることが、対話のスタートです。個の状態を把握し、信頼関係を構築してこそ、個の成長を支援することができます。個を見るとは、つまり「人間を知ること」とも言い換えられます。


褒める力を磨くには、「観察力」と「観察したことを伝える力」の両方を鍛える必要があります。まず、部下に意識的に目を向けて、仕事の進め方や会議での発言内容などのプロセスに着目して変化を観察します。そして、これが一番肝心なのですが、気づいたことを口に出して部下に伝えます。とくに男性は、できて当たり前のことに対して「いいね」と口に出すことに抵抗がある人が多いようです。普段から「おいしい」「うれしい」のように、感情を口に出すトレーニングをしてみてはいかがでしょうか。慣れてくれば、自然に言えるようになります。


いま求められているマネジメントスキルの一つは、「わかりやすく伝える力」です。仕事の意味や背景を丁寧に伝えて本人のやる気を高める必要があるからです。今は、難解な解説書を自分で読み解いたり探究したりする機会が減っているなど、世の中全体がわかりやすさを求める傾向にあります。わかりやすさに慣れた若者にも理解できるよう、わかりやすく伝える力が求められているのです。


マネジメントのあり方や求められる上司像が変化する中で、上司に求められるマネジメントスキルも変わってきていると言えます。しかし、今の管理職や中間管理職世代は、そのような上司に育てられているわけではないため、自分が教えられたように部下に接するとうまくいかないのが難しいところです。自分が部下だった時代とは違うことを認め、時代の変化を捉えて自分を変えていくことも、今の上司には求められていると言えます。


世古詞一の経歴・略歴

世古詞一、せこ・のりかず。日本の組織人事コンサルタント。「サーバントコーチ」代表。千葉県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、VOYAGE GROUPに入社。営業本部長、人事本部長、子会社役員などを経て独立。著書に『シリコンバレー式 最強の育て方』。

他の記事も読んでみる

中西哲生

名古屋グランパスエイトに入団して、才能豊かな選手と自分の実力の差に圧倒されました。当初はスタメンではなく、ベンチに座っていることもしばしば。この状況を覆したのは「うまくいかないときこそ成長するチャンス」という発想です。一流の選手より才能で劣る自分がどうすればピッチに立てるか、必死に考えました。サッカーの花形はシュートを決めたり、そのアシストをしたりすることです。けれどサッカーも企業と同様、全員が花形の仕事をするわけではありません。そこで僕が心がけたのは、なるべく早く前の選手に正確にパスすること。「チームへの貢献」にフォーカスしたのです。加えてケガをせず、ミスを減らして、安定したプレーをし続けること。これらが実現できれば試合に出られるとわかっていたので、ベンチにいる日も落胆することなく、やり抜くことができたのです。


南谷三世

私は発音のテキストを買って、発音の特徴や英語特有の音の変化を勉強しました。するとこれまで何となく聞いていた音が、はっきり聞こえるようになりました。初めに発音の基礎をおさえておくと、リスニング教材から吸収できる量が格段に増えます。


牛田一雄

なぜ今ニコンが変わらなければならないか。それは、カメラ市場の停滞という難局にあるからです。スマートフォンの台頭で、コンパクトカメラの販売は厳しく、一眼カメラも急激な成長は見込めません。売上の7割以上をカメラという一事業に頼る状態は、会社として非常に危険です。


クリス・アンダーソン

あるもののコストがゼロに向かっているならば、フリーは可能性ではなく、いつそうなるかという時間の問題だ。それなら真っ先に無料にすればいい。それは注目を集めるし、注目をお金に換える方法は常に存在する。無料にすることで何ができるか考えてみよう。


佐々木大輔(経営者)

シェアトップのサービスなので、導入先からの要望の声も多く届き、さらなるサービスの改善も進んでいます。


小林正明(アートディレクター)

プロカメラマンにも撮れない写真がある。


清田瞭

私は大和証券から給料をもらっています。でも大和証券はお客様から頂いています。自分で自身のない商品をお客様に買ってもらうわけにはいきません。


杉本勇次

創業者が高齢になり後継者もいない。あるいは所有と経営を分離させたいというニーズが数多く存在します。そうした時に我々が株式を譲り受けて、必要であれば外部から経営陣を招く。あるいは内部の経営陣と一緒に事業を成長させるやり方もあります。この2つの流れから、今、加速度的に相談が増えています。


乘京正弘(乗京正弘)

当社は真面目な分、お客様のご要望には真摯にお応えするけれども、自ら提案ができなかったり、そのメニューを持っていないという面がありました。最近、土木では技術提案が増えてきましたが、それでもまだメニューが少ないですから、早くそれをたくさん持てるようになろうと言っています。今、技術研究所を中心に取り組んでおります。


斎藤一彦(スパリゾートハワイアンズ)

私たちが生き抜いてこられたのは、次の3つの教えを守ってきたからです。ひとつは、先ほどお話しした「人真似をするな」ということ。2つ目は「地域との共存共」。そして3つ目は、「相手は大衆だ」ということ。高級なリゾート施設とは違って、気軽な料金で仲間や家族と一緒に楽しんで、畳の部屋でくつろいでもらえるのがハワイアンズのよさ。震災以降、こうした温かみのある場所が見直されているのではないかと感じます。


森田正光

僕、サインを頼まれると、「あしたはあした」って書くんですよ。「明日は明日の風は吹く」というよりも、「反省しない、復習しない。過去に囚われない」って意味を込めて。天気予報って外れることがあるでしょう。昨日の夜、「明日は晴れます」と言ったのに、朝起きたら雨が降っている。ありゃまと思うけど、降っている雨を見ながら次を始めるしかない。


浦野光人

単に知識を得るのではなく、頭が痛くなるほど考える。すると、いつか腑に落ちるところまで到達します。そういう経験をすることが大切なのだと思います。