名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

世古詞一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

世古詞一のプロフィール

世古詞一、せこ・のりかず。日本の組織人事コンサルタント。「サーバントコーチ」代表。千葉県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、VOYAGE GROUPに入社。営業本部長、人事本部長、子会社役員などを経て独立。著書に『シリコンバレー式 最強の育て方』。

世古詞一の名言 一覧

今の時代だからこそ必要なマネジメントスキルを挙げるなら、「褒める力」です。以前から言われてはいますが、ますます必要になっています。今の若者にとって、自分の存在が認められている安心感が仕事のモチベーションにつながります。


さらなる育成段階では、あえて自分で考えさせるマネジメントも大切です。これには時間と忍耐がいりますが、部下の成長のためには、いずれそうした関わり方も必要です。


若手世代が求めているのは、「自分がここにいていいんだ」という安心感です。最近は「心理的安全性」という言葉が注目されているように、「自分が人として認められている」「存在を否定されない」といった安全性がベースにあってはじめて、自分の個性が生かされる感覚があります。安心感を満たしてあげる必要があるのです。


働き方や価値観が多様化する中、マネジャーには多様性を理解する器を持つことが求められます。つまり、「人間力を磨く」ことがマネジャーにとって大きなテーマと言えます。そのためには、仕事に励むだけでなく、遊んだり、本を読んだり、人と交流したり、様々な経験を積むことが大切です。人生を豊かに楽しむことで、人間力は磨かれます。これからのマネジャーは「仕事人間」では務まらなくなるということです。


褒めるのが苦手な人はまず、「承認する」ことを意識してみてください。「褒める」と「承認する」の違いは、「褒める」は主観を伝えることで、「承認する」は認めた事実を伝えることです。たとえば、「髪、切ったんだね。似合うよ」が「褒める」で、「髪、切ったんだね」が「承認する」です。承認は客観的事実を伝えるだけですが、そこには「あなたのことを見ています」というメッセージが込められています。これが相手に安心感を与えます。


以前のように「仕事だからやりなさい」という一方的な仕事の渡し方が通用せず、本人のやる気をどう高めていくかが重要になっています。しかも、かつてはやる気の源だった給料や出世は、今の若い世代には響きません。それよりも、「この仕事にどのような意味があるのか」「それを私がやる意味があるのか」といった意味づけが大事。そのため、マネジャーは仕事の意味や背景を丁寧に伝える必要があります。


マネジメントの在り方の変化として、個人のプライベートを考慮したマネジメントが求められていることが挙げられます。たとえば20年前なら、「子供が熱を出した」というのが遅刻や早退の理由として納得感をもって認められる会社は少なかったと思います。それが今は、多くの職場で普通に認められるように変わってきています。こうした変化に伴い、個人のモチベーションや感情の部分も無視できなくなっています。


今は一人一人の状況や働き方、モチベーションに合わせたマネジメントが求められている。そのためにも、部下との一対一の対話の時間が不可欠です。お勧めしたいのが、私が提唱している「1on1ミーティング」です。従来の面接との一番の違いは、従来の面接が評価や指導を目的とする「上司のための時間」であったのに対し、1on1は部下の不安解消や、能力・キャリアを考える「部下のための時間」だということです。そのため、上司は部下に質問し、部下の話を聞くことに徹します。共感の姿勢で部下に安心感を与えることが、対話のスタートです。個の状態を把握し、信頼関係を構築してこそ、個の成長を支援することができます。個を見るとは、つまり「人間を知ること」とも言い換えられます。


褒める力を磨くには、「観察力」と「観察したことを伝える力」の両方を鍛える必要があります。まず、部下に意識的に目を向けて、仕事の進め方や会議での発言内容などのプロセスに着目して変化を観察します。そして、これが一番肝心なのですが、気づいたことを口に出して部下に伝えます。とくに男性は、できて当たり前のことに対して「いいね」と口に出すことに抵抗がある人が多いようです。普段から「おいしい」「うれしい」のように、感情を口に出すトレーニングをしてみてはいかがでしょうか。慣れてくれば、自然に言えるようになります。


いま求められているマネジメントスキルの一つは、「わかりやすく伝える力」です。仕事の意味や背景を丁寧に伝えて本人のやる気を高める必要があるからです。今は、難解な解説書を自分で読み解いたり探究したりする機会が減っているなど、世の中全体がわかりやすさを求める傾向にあります。わかりやすさに慣れた若者にも理解できるよう、わかりやすく伝える力が求められているのです。


マネジメントのあり方や求められる上司像が変化する中で、上司に求められるマネジメントスキルも変わってきていると言えます。しかし、今の管理職や中間管理職世代は、そのような上司に育てられているわけではないため、自分が教えられたように部下に接するとうまくいかないのが難しいところです。自分が部下だった時代とは違うことを認め、時代の変化を捉えて自分を変えていくことも、今の上司には求められていると言えます。


世古詞一の経歴・略歴

世古詞一、せこ・のりかず。日本の組織人事コンサルタント。「サーバントコーチ」代表。千葉県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、VOYAGE GROUPに入社。営業本部長、人事本部長、子会社役員などを経て独立。著書に『シリコンバレー式 最強の育て方』。

他の記事も読んでみる

高倉豊

フランスのイブ・サンローラン化粧品部門の日本法人社長をやっていたときの話だ。化粧品にはメークアップとスキンケアの二種類がある。売上を安定させるにはスキンケアの比重を高めたほうがいいが、現場の販売部員からは「イブ・サンローランはメークアップブランドのイメージが強く、スキンケアは売れない」、という声しか上がってこなかった。直近の売上を伸ばすには、たしかにメークアップ商品を売ったほうがいい。しかし、それでは安定的な成長は見込めない。結局私は現場の声を無視することにした。マーケティングスタッフと議論を重ねた結果、導入したのが「スキンケア・アナライザー」だった。これはいくつかの質問に答えると、肌診断の結果とそれに合った商品を提案してくれるマシンだ。ゲーム感覚で自分に合った商品を選べることがうけて、1年後には売上シェアが10%伸びていた。このアイデアは、現場の声を聞いていたら絶対に浮かばなかっただろう。


ベンジャミン・フランクリン

賢い者は、他人の失敗に学ぶ。愚かな者は、自分の失敗にも学ぼうとしない。


栗山英樹

プロ野球選手は個人事業主だけど、組織に貢献できないと自分のためにならない。うちの選手たちがその姿勢を持っていることはわかったから、あえて、もっと野球に集中しやすいように「自分のために」と言った。だって、家族の笑顔が一番嬉しいでしょ?「家族のためにおまえも笑顔を見せてくれ」という思いでした。


藤野英人

本当に儲けたい人は長期的な展望で投資するべきです。伸びる会社の株は値上がりするので、よい会社を見つける方が、株価を予想するよりも簡単なのです。


高田明(ジャパネットたかた)

何をどう伝えるかは相手が男性か女性かによっても違いますし、お子さんなのか、社会人なのか、シニアなのかによっても違ってくる。


ジム・ロジャーズ

世の中には、とても頭がいいのに成功していない人たちがたくさんいます。容姿端麗でも、才能に恵まれていても、学歴が高くても、まったく芽が出ない人がいる。成功するのは、粘り強くやり続けられる人だけです。だから諦めてはいけません。


ヨシタケシンスケ

プロになったあとも、日常で気になったことを手帳に描き留めるスケッチを続けてきました。ノルマがあるわけではなく描きたいときに描いている感じです。仕事が忙しいときに描いてしまうのは、試験前に掃除をするのと似ていると思います。そもそもこれは僕にとって物事を面白がる訓練のようなものなんですよ。「どうでもよすぎて、すぐに忘れちゃう」ようなことをずっと描き続けてきました。


荒川静香

私はトリノ五輪へ挑む覚悟が持てませんでした。練習にも身が入らず、1年間悩み苦しみました。五輪に出場できるか否かの状態になった時、そこに執着して苦しむより、「自分が納得できる演技をして引退したい」という思いが強くなりました。そこで「引退するまでに、フィギュアスケートと100%向き合う日を何日過ごせるか」という発想に切り替えたのです。すると、「1日1日を精いっぱい滑ったその先に、五輪代表の切符やメダルがある」と考えられるようになりました。日々の練習に集中して取り組めるようになり、トリノ五輪では有力選手が緊張してミスをする中、私は大きな失敗もなく、安定した滑りができました。その結果が金メダルだったのだと思います。


米倉誠一郎

これまで日本企業は世界に認められる製品をたくさん生み出してきました。しかし、ものづくりに固執しすぎて変化に対応できず、継続的に成功するチャンスを逃しているケースが少なくない。


森本千賀子

経営者の皆さんが「最大の財産」だと口をそろえるのが人脈です。困った時に採算度外視で助けてくれる本物の人脈は、すぐにはできません。若いうちに、社内外に切磋琢磨できる同志を作りましょう。


齋藤孝(教育学者)

苦労させるのが嫌で子供の身の丈に合ったことしかやらせていない親は、逆に子供の成長の芽を摘んでしまっているのかもしれない。子供の能力を伸ばそうと本気で考えるなら、時にはいまの実力よりも高い課題を与え、子供を追い込むことも必要。


佐藤智恵(コンサルタント)

誰でも失敗すれば落ち込みます。でも、その時間は何も生まず、事態は悪化するだけ。可能な限り素早く、できる限りの手立てをするのが最優先。一時的に評価は下がるでしょう。でも、誠実に対応すれば次のチャンスは必ず巡ってきます。