名言DB

9425 人 / 110833 名言

世古詞一の名言

twitter Facebook はてブ

世古詞一のプロフィール

世古詞一、せこ・のりかず。日本の組織人事コンサルタント。「サーバントコーチ」代表。千葉県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、VOYAGE GROUPに入社。営業本部長、人事本部長、子会社役員などを経て独立。著書に『シリコンバレー式 最強の育て方』。

世古詞一の名言 一覧

今の時代だからこそ必要なマネジメントスキルを挙げるなら、「褒める力」です。以前から言われてはいますが、ますます必要になっています。今の若者にとって、自分の存在が認められている安心感が仕事のモチベーションにつながります。


さらなる育成段階では、あえて自分で考えさせるマネジメントも大切です。これには時間と忍耐がいりますが、部下の成長のためには、いずれそうした関わり方も必要です。


若手世代が求めているのは、「自分がここにいていいんだ」という安心感です。最近は「心理的安全性」という言葉が注目されているように、「自分が人として認められている」「存在を否定されない」といった安全性がベースにあってはじめて、自分の個性が生かされる感覚があります。安心感を満たしてあげる必要があるのです。


働き方や価値観が多様化する中、マネジャーには多様性を理解する器を持つことが求められます。つまり、「人間力を磨く」ことがマネジャーにとって大きなテーマと言えます。そのためには、仕事に励むだけでなく、遊んだり、本を読んだり、人と交流したり、様々な経験を積むことが大切です。人生を豊かに楽しむことで、人間力は磨かれます。これからのマネジャーは「仕事人間」では務まらなくなるということです。


褒めるのが苦手な人はまず、「承認する」ことを意識してみてください。「褒める」と「承認する」の違いは、「褒める」は主観を伝えることで、「承認する」は認めた事実を伝えることです。たとえば、「髪、切ったんだね。似合うよ」が「褒める」で、「髪、切ったんだね」が「承認する」です。承認は客観的事実を伝えるだけですが、そこには「あなたのことを見ています」というメッセージが込められています。これが相手に安心感を与えます。


以前のように「仕事だからやりなさい」という一方的な仕事の渡し方が通用せず、本人のやる気をどう高めていくかが重要になっています。しかも、かつてはやる気の源だった給料や出世は、今の若い世代には響きません。それよりも、「この仕事にどのような意味があるのか」「それを私がやる意味があるのか」といった意味づけが大事。そのため、マネジャーは仕事の意味や背景を丁寧に伝える必要があります。


マネジメントの在り方の変化として、個人のプライベートを考慮したマネジメントが求められていることが挙げられます。たとえば20年前なら、「子供が熱を出した」というのが遅刻や早退の理由として納得感をもって認められる会社は少なかったと思います。それが今は、多くの職場で普通に認められるように変わってきています。こうした変化に伴い、個人のモチベーションや感情の部分も無視できなくなっています。


今は一人一人の状況や働き方、モチベーションに合わせたマネジメントが求められている。そのためにも、部下との一対一の対話の時間が不可欠です。お勧めしたいのが、私が提唱している「1on1ミーティング」です。従来の面接との一番の違いは、従来の面接が評価や指導を目的とする「上司のための時間」であったのに対し、1on1は部下の不安解消や、能力・キャリアを考える「部下のための時間」だということです。そのため、上司は部下に質問し、部下の話を聞くことに徹します。共感の姿勢で部下に安心感を与えることが、対話のスタートです。個の状態を把握し、信頼関係を構築してこそ、個の成長を支援することができます。個を見るとは、つまり「人間を知ること」とも言い換えられます。


褒める力を磨くには、「観察力」と「観察したことを伝える力」の両方を鍛える必要があります。まず、部下に意識的に目を向けて、仕事の進め方や会議での発言内容などのプロセスに着目して変化を観察します。そして、これが一番肝心なのですが、気づいたことを口に出して部下に伝えます。とくに男性は、できて当たり前のことに対して「いいね」と口に出すことに抵抗がある人が多いようです。普段から「おいしい」「うれしい」のように、感情を口に出すトレーニングをしてみてはいかがでしょうか。慣れてくれば、自然に言えるようになります。


いま求められているマネジメントスキルの一つは、「わかりやすく伝える力」です。仕事の意味や背景を丁寧に伝えて本人のやる気を高める必要があるからです。今は、難解な解説書を自分で読み解いたり探究したりする機会が減っているなど、世の中全体がわかりやすさを求める傾向にあります。わかりやすさに慣れた若者にも理解できるよう、わかりやすく伝える力が求められているのです。


マネジメントのあり方や求められる上司像が変化する中で、上司に求められるマネジメントスキルも変わってきていると言えます。しかし、今の管理職や中間管理職世代は、そのような上司に育てられているわけではないため、自分が教えられたように部下に接するとうまくいかないのが難しいところです。自分が部下だった時代とは違うことを認め、時代の変化を捉えて自分を変えていくことも、今の上司には求められていると言えます。


世古詞一の経歴・略歴

世古詞一、せこ・のりかず。日本の組織人事コンサルタント。「サーバントコーチ」代表。千葉県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、VOYAGE GROUPに入社。営業本部長、人事本部長、子会社役員などを経て独立。著書に『シリコンバレー式 最強の育て方』。

他の記事も読んでみる

ミカエル・パルムクイスト

イケアは急がない。


小笹芳央

人間は個人としては微力な存在でも、集団になってみんなで協力し合ったり、集団同士が連携したりすると、単なる足し算では計算できない大きな力を発揮する。


山田満(経営者)

弱音を吐いてはいられない。自らやるしかありません。誰かを頼っても仕方ない、実行あるのみ。


井上愛一郎

(スーパーコンピュータ)「京」が世界一になれたのは、それまで数十年間、日本国内でメーンフレームやCPU(中央演算処理装置)の技術を蓄積してきたから。コンピューターの世界では、技術の黎明期から取り組み、トレンドを生み出した企業が圧倒的に優位だ。量子コンピューターでも同じだ。先が見えない段階から始めておかないと、いざという時には手遅れになりかねない。


片倉達夫

我々のビジネスは、3~5年という中長期スパンで動いています。現場の課題はお客様によって異なるため、一社一社と深いパートナーシップを結んだうえで課題を見据えたプロジェクトを推進しています。


弘兼憲史

上司がやっていけないことをあげておきたい。たとえば一人の部下をみんなの前で褒める。このときに、つい口をすべらせて「それにひきかえ○○くんの成績はどうだ、トップの人の爪の垢でも煎じて飲んだらどうだ」などと言ってはいけない。絶対にいけない。褒めるときは純粋に褒める。他人と比較したり、他人をこき下ろしたりしてはいけない。


吉田忠裕

海外赴任する前に基礎が身についていると、その後の伸びが全然違ってきます。外国語にたとえてみるとよくわかるでしょう。前提知識がまったくない人が現地で学んだ場合と、ある程度の基礎がある人とではその習得スピードに大きな差がついてきます。


齋藤孝(教育学者)

現在は市場をとりまく環境の変化が激しいので、タイミングを逃さないことが何より重要になる。じっくり時間をかけてプレゼン資料をつくっても、その間にお客さんがライバル会社と契約してしまえば、どんなに素晴らしい内容であってもその資料の価値はゼロ。


中山素平

私利私欲の人、自己顕示の人は全然評価しない。大きなスケールでものを考える人は、右であれ、左であれ、共感を覚える。
【覚書き|交友関係が広く、主義や立場を超えた人付き合いを行っていたため、ゲテモノ食いというあだ名がつけられていた。そのことについてどう思っているかと問われての発言】


神吉武司

お菓子は高額な商品ではないので利益幅が少ないため、1円でも節約して利益を出さなければいけません。1秒、2秒という時間、一本の蛍光灯の電気代、一滴の水道代、一本のボールペン代もおろそかにするわけにはいかないのです。一つでも曖昧にすると、すべてが曖昧になりかねません。