下野紘の名言

下野紘のプロフィール

下野紘、しもの・ひろ。日本の声優、歌手。東京都出身。声優養成所「日本ナレーション演技研究所」を経て声優デビュー。その後、数多くの役を演じた。声優アワード歌唱賞、日本唐揚協会ベストカラアゲニスト受賞。

下野紘の名言 一覧

壁にぶつかったときは、とにかく考えていることを1回、やめます。遊んだり、飲みに行ったり。お風呂につかってゆっくり眠ると、悩みが軽くなったりします。


自分としては、またレベル1から始めるみたいな感覚でした。そのぶん、悪戦苦闘しながらも形になってきてるのが見えたときには感動がありました。


ストレスがたまると料理をつくりますね。黙々と料理をつくっていると気持ちがリセットできて。何かいいものないかなってスーパーを散策している行程も含めて、ストレス発散にお勧めです。


僕自身、いまに至るまでいろんな苦労や悩みがあったんです。それこそ思春期の頃なんていつも漠然とした不安がつきまとっていたし、声優になってからも自分とほかの人を比べ、嫉妬に駆られたりして。でも壁にぶつかったことのない人なんていないし、自分の見方を変えるだけで世界はどんどん広がっていく。


下野紘の経歴・略歴

下野紘、しもの・ひろ。日本の声優、歌手。東京都出身。声優養成所「日本ナレーション演技研究所」を経て声優デビュー。その後、数多くの役を演じた。声優アワード歌唱賞、日本唐揚協会ベストカラアゲニスト受賞。

他の記事も読んでみる

サンキュータツオ

研究は本人がやりたいからやるもの。周囲から大バカ野郎と言われても、調べずにはいられない。営利目的とは対極にあるんですよね。


観世清和

人の上に立つ人間は、みんなから「あの人の姿勢を見習いたいものだ」と思わせられないと駄目だと思うのです。舞台の上だけではなく、日々の姿勢や行ないが、そのままメッセージになり、教えになります。


藤堂高虎

小事が大事に至らないためには、小事も大事だと思って、大事の時と同じような議論と慎重な決断を下すべきだ。そうすれば決して後悔することはなかろう。


高橋大輔(フィギュアスケート)

日本人男子初として様々なタイトルを獲るためには、常に新しいことに挑戦する姿勢が求められました。現役時代、バリエーションがあるステップやスピン、ジャンプに挑戦できたのも、「やってみようよ」と周りが背中を押してサポートしてくれたから。ファンの方々の声援も含め信頼できる人と出会い、支えてもらったことは、自分を後押しする大きな力になりました。


原谷隆史

ストレッサー(ストレスの要因)としては従来、仕事の量、質、職場の人間関係が三大要素といわれていましたが、最近は会社の将来性がストレスのトップになっています。


佐藤天彦

強い人ほど、よく研究された戦法への対応力があり、策を凝らすだけでは勝てません。トップ同士の対局は互いに仕掛けた罠をすべてかいくぐり、最後は未知の世界に入ります。そこでは、棋士の個性も含めて総合力の勝負になる。だから、若い時期ほど総合力の基礎となる土台づくりをしたほうが、将来的な勝ちにつながるように思います。


ドナルド・トランプ

仕事環境をできるだけ快適で成果の上がるものにする努力をしよう。不可能ではない。自ら範を示せば、良い人が集まってくる。それが好きな人たちと仕事をするためのいちばん良い方法である。


小林佳雄

リーダーこそ自ら率先して自分の意見を自己開示すべし。


ジェローム・シュシャン

弓道には「正射必中」という言葉があります。矢を的に当てようとしてはいけない。心身の状態を整えて正しく射れば、自ずと的に当たるのだ、という考え方です。経営も同じ。「的」、つまり、売上げや利益という結果に意識を集中させてはいけない。


辻本憲三

創業してからは、ゲームセンター向けの業務用ゲーム機の開発をしていましたが、ハードだから大量の半導体を買わなければならない。でも半導体がかなり高価だったので、理想とするゲームをつくるにはとても商売にならない。そうこうしているうちに任天堂さんが家庭用ゲーム機ファミリーコンピュータ(ファミコン)を開発して、それが大ヒットしたということで、うちはソフトに特化して生きようと考えるようになりました。


山本潤一

プライドが邪魔をして、自分が不安や恐怖を感じていることを吐露しにくいときは、独り言でも構わないので、トイレの個室でつぶやいたらいい。


安藤広大

理念経営についても、トップが理念を持つことは必要ですが、立場が違うので従業員に同じレベルで理解を求めるのは無理があります。逆に、従業員が理解できていると勘違いをすると、トップが決定した会社の方針等を評価、吟味するようになってしまいます。


松岡功

これまでは、映画づくりしか知らない人が映画をつくっていた。だが、これからはマーケティングが大切になる時代だ。だから、お前みたいに映画館にいて、お客様がどんな映画にお金を出し、どんな映画に出さないかをじっと見つめていた人間が映画をつくる時代なんだ。
【覚書き|東宝入社後12年間映画館勤めをしていた高井英幸氏(のちに同社社長)を制作に抜擢した理由について語った言葉】


諸富祥彦

自分のダメな部分を認めることができると、自分を変化させることができます。一番怖いことは自覚がないことです。


古市忠夫

30歳で消防団、30代半ばで商店街会長、40代で子供会とPTA会長、まちづくり協議会副会長、現在は若松11丁目自治会会長など、様々な地域活動に参加してきました。いまも若松11丁目自治会で、ふれ合い喫茶のお手伝いをしています。「コミュニティがあって、自分がある」が、信条ですから。地域活動を通じて、人とのつながりが広がりましたし、何より自分が成長させてもらった。人前でしゃべることが大の苦手でしたが、全く苦にならなくなりました。


ページの先頭へ