名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

下重暁子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

下重暁子のプロフィール

下重暁子、しもじゅう・あきこ。日本の作家、評論家、エッセイスト、アナウンサー。栃木県出身。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。名古屋勤務を経てアナウンサーとなる。その後フリーのキャスターを経て作家となる。

下重暁子の名言 一覧

これからの時代、よほど自分をしっかりと持っていなければならないと思います。新しいものを追いかけ、ただ受け取るのに精いっぱいという受け身では不幸です。


下重暁子の経歴・略歴

下重暁子、しもじゅう・あきこ。日本の作家、評論家、エッセイスト、アナウンサー。栃木県出身。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、NHKに入局。名古屋勤務を経てアナウンサーとなる。その後フリーのキャスターを経て作家となる。

他の記事も読んでみる

岡本和彦(経営者)

常に極めることを心がけていればいいかというと、そうとも言えません。例えば蒸気機関車の技術をどんなに極めたとしても、それを画期的に上回る移動手段として電車や自動車が出てきた時には負けが確定したはずです。極めるのか、それとも諦めるのか。時代の流れを見極めながら、そこを見抜くことが重要です。


正垣泰彦

生産性を向上する余地は、無限にあると思っています。だから諦めたらダメ。無駄は削れば削るほど社員の作業が楽になるから、どこまでも削った方がいいんです。


坂根正弘

ビジネスの世界で勝ち抜くには、ビジネスモデルで先行して現場力勝負に持ち込む、これが日本企業の勝ち残る道だと思う。


本多均

2週間ないし4週間おきの定期訪問が基本の当社は、営業マンが取引先へこまめに顔を出す、都度の名刺交換が不要の営業スタイルで信頼関係を築いています。そのため、カタログを渡すだけで、「あなたが勧めるなら使ってみる」というお客様が多かったことが、新規事業の結果を生みました。


御手洗瑞子

やらなきゃいけないことを前にして、「社長なんて自分に向いているだろうか」とウジウジ考えている時間はない。「やろう」と決めて、会社設立の準備を始めました。


川端克宜

当社の基本的な販売戦略は、人口ではなく世帯数を意識しているということです。日本の人口は緩やかに減少していますが世帯数は増えている。殺虫剤は家庭に一つかもしれませんが、殺虫剤にしろ、入浴剤にしろ、防虫剤にしろ、世帯数が増えれば数は出る。そういう考え方がベースにあるのです。


樺沢紫苑

「寝だめ」は回復力が乏しいという研究結果が出ています。被験者に5日間5時間睡眠をさせたあと、最後の2日間は10時間睡眠を取らせました。つまり、寝だめをさせたんですね。結果、脳波と自覚症状には改善が見られましたが、認知機能は改善せず、2割ほど低下したままでした。集中力も下がったまま。つまり、土日にいくら寝ても限界があるのです。また、二度寝も浅い睡眠なので効果は薄い。寝始めの最初の90分睡眠にすべてをかけること。脳科学的に言えば、できれば毎日7時間以上の睡眠時間を推奨します。


ルディー和子

企業戦略が失敗する原因は、結局は感情の問題。社内のしがらみや他社へのライバル意識、自分に都合のよいデータ解釈、そういったことが合理的な判断を狂わせたのです。


遠藤良治

得意領域を持つというのはとても大事なこと。私の場合、いろいろな部署を経験したことで、経営管理以外の幅広い知識も身に付けることができました。


小寺春樹

国内ビジネスはお客様との兼ね合いもあって多極化が難しいのですが、逆に海外では自由にできることが魅力です。


小暮真久

書店に入ってもここにある膨大な本のうち、いったいどれがいまの自分の悩みに答えてくれるのかがよくわかりません。それで、とにかくタイトルを見てピンときたものを片っ端から読むようにしたのです。すると、壁を超えるのに必要なアドバイスが書かれた本は、確かにそこにありました。しかし、すぐに出会えるわけではありません。毎日のように求めているうち、いつしか読書が習慣となっていったのです。


平林朗

社長とその他ではやはり先を見る時間の長さ、ここが一番違うように思います。ゴルフに例えるなら、これまで私は、誰かが打ったドライバーの後にセカンドを打ってグリーンまわりを打つ役回りでした。それが、ティーグラウンド、それもバックティーから打つようなもので、全体を見回してからどう攻めるか考えて、打たなければならなくなりました。