名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

下郷伝平(初代)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

下郷伝平(初代)のプロフィール

下郷伝平(初代)、しもごう・でんぺい。明治時代の実業家。近江(のちの滋賀県)出身。没落した下郷家を米穀や油の商いで立て直す。その後、大阪製紙所の買収、近江製糸の設立などを手がけた。また、長浜銀行頭取、貴族院議員などを務めた。

下郷伝平(初代)の名言 一覧

質素勤勉は先君以来の家法であって、今なおその趣旨を遵奉しつつあるけれども、安易なことに流れるのは人情の弱点である。わが子弟や後世の子孫にいたっては、先君が苦労を重ねて励むことで、家を興したことを忘れたり、あるいは驕奢遊惰(きょうしゃゆうだ)に流れる恐れもある。この美徳を守り、各自が事業に励むべきことを、特にここに示すゆえんである。


一国の興亡、一家の盛衰を考えるに、その興(おこ)りは質素勤勉に基づき、その亡ぶところは驕奢遊惰(きょうしゃゆうだ)を原因としないものはない。


下郷伝平(初代)の経歴・略歴

下郷伝平(初代)、しもごう・でんぺい。明治時代の実業家。近江(のちの滋賀県)出身。没落した下郷家を米穀や油の商いで立て直す。その後、大阪製紙所の買収、近江製糸の設立などを手がけた。また、長浜銀行頭取、貴族院議員などを務めた。

他の記事も読んでみる

小林栄三

新入社員時代、私は鬼軍曹とも呼ぶべき上司にボコボコにされました。受話器で殴られ、定規で叩かれることなど日常茶飯事でした。現在の感覚からするとビックリされる方もいるでしょう。私も会社が嫌で嫌でしょうがなかった。しかし、いま当時を振り返ると、それは鬼軍曹の愛だったことに気づきます。やはり愛情なくしてあそこまで真剣に怒ることはできないでしょう。


村田恒夫

オーナー企業のメリットは、すぐに経営トップが交代せず、何事も長期的ビジョンで進められること。我々の場合も2代目の兄は16年、私自身も既に7年社長を務めています。現場への権限委譲の体制作りも父の時代から少しずつ進めてきたもので、今に始まった話ではありません。


ウルリッヒ・シュピースホーファー

誇り自体は良いことですが、それゆえに様々なトラブルに見舞われた過去があります。例えば、パワーシステム事業がそうでした。誇りが高すぎて、自分たちで何でもできると過信していました。北海で手掛けた洋上風力発電がうまくいかなかったのはそれが原因です。施工管理で失敗し、多額の損失を出して、そこで初めて私たちはやり方を変えなければいけないと悟り、ビジネスモデルの改革に踏み出しました。


越智仁

三菱レイヨンのこれまでを振り返ると、苦しい時期が長かった。しかしながら、苦しみ、力を蓄え、数々の困難を乗り越えてきたからこそ、本当に人が強い。実直で粘り強い人間ばかりです。再び厳しい局面が訪れるかもしれませんが、こうした社員の力があればきっと乗り越えられる。苦難の時代も当社にとって決して無駄ではなかったのだと思います。


小室淑恵

うちは夫が省庁勤務で夜は帰宅時間がまったく読めません。ならば朝の時間を使ってはどうかと考えました。いまは夫婦ともども早起きをして子供と一緒にお風呂に入ったり、ゆっくり絵本を読んであげたりするようになりました。子供が夫になつくようになりましたし、私自身も一人で育児をする負担から解放されて、日常が上手く回るようになりました。


大川功

株価ばかり上がっても仕方ない。自分の強い思いを一緒に実現できる仲間を作っていくことが素晴らしく、そういう仕事こそ面白い。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

不況だ不況だと言っても、昭和二年の不況からすればまだまだ経済に余力はありますし、終戦のときのことを思えば、いまの生活がどれだけ豊かになったかがわかるでしょう。むしろ豊かになりすぎてしまい、その豊かな生活からモノの価値を考えるようになってしまった点にも問題があるんです。


エマ・ワトソン

自分にないもので相手を定義するのはやめ、ありのままの自分たちを見つめられたら、みんなもっと自由になれるはず。


柿木隆介

日常的な悩みのほとんどが、時間をかけて悩んでも仕方がないことだ。それなのにすべて平等に悩んでいると、せっかくの成長のチャンスがただのストレスになってしまう。


秋元久雄

社員を主役にするための仕組みとして取り入れたのがチーフリーダー投票制度。これは営業部長や設計部長といった各部門のトップを、年に1回その部に所属する社員が投票で決めるというもの。つまり自分の上司を自分たちで決めるわけ。部下にとって、考え方も合わなければ尊敬もできない上司の下で働くことほどつまらないことはないじゃん。でも投票制度にすれば、「何でこんな人が俺の上司なんだ」という不満はなくなるよね。自分たちで選んだ上司なんだから、その人の下で納得して働ける。また選ばれたほうだって、部下からの信任を得ているわけだから、安心してリーダーシップを発揮することができるよね。しかも年に1回の改選だから、「サボっていたら次は役職を失うかもしれない」という緊張感もある。


茂木友三郎

マーケティングのテクニックだけで技術のバックグラウンドがなければ、短期的にうまくいっても砂上の楼閣となるだけ。


高島郁夫

僕の場合、ひらめきが得られるのは、体を動かしているときと、さまざまな職業や年代の人と会話しているときです。