名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

下郷伝平(初代)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

下郷伝平(初代)のプロフィール

下郷伝平(初代)、しもごう・でんぺい。明治時代の実業家。近江(のちの滋賀県)出身。没落した下郷家を米穀や油の商いで立て直す。その後、大阪製紙所の買収、近江製糸の設立などを手がけた。また、長浜銀行頭取、貴族院議員などを務めた。

下郷伝平(初代)の名言 一覧

質素勤勉は先君以来の家法であって、今なおその趣旨を遵奉しつつあるけれども、安易なことに流れるのは人情の弱点である。わが子弟や後世の子孫にいたっては、先君が苦労を重ねて励むことで、家を興したことを忘れたり、あるいは驕奢遊惰(きょうしゃゆうだ)に流れる恐れもある。この美徳を守り、各自が事業に励むべきことを、特にここに示すゆえんである。


一国の興亡、一家の盛衰を考えるに、その興(おこ)りは質素勤勉に基づき、その亡ぶところは驕奢遊惰(きょうしゃゆうだ)を原因としないものはない。


下郷伝平(初代)の経歴・略歴

下郷伝平(初代)、しもごう・でんぺい。明治時代の実業家。近江(のちの滋賀県)出身。没落した下郷家を米穀や油の商いで立て直す。その後、大阪製紙所の買収、近江製糸の設立などを手がけた。また、長浜銀行頭取、貴族院議員などを務めた。

他の記事も読んでみる

水越康介

ソーシャルメディアに限らず、マーケティング・リサーチには思いがけない発見がある。男性が買っていると思っていた商材が、意外に女性に売れていた。想定していたのとは別の使用方法が広まっていた。と、いろいろな発見が、次の一手に繋がる。


井出健義

長い歴史があると、今の会社には時代に合わないもの、既に必要がないものも残っています。仕事全体を棚卸しして、棄てるものは棄てる、必要なものは取り入れる。


原谷隆史

辛いと思う仕事を長時間続けているとストレスは増大します。そこで大事なのが、仕事のコントロールということです。仕事の内容やペースを自分である程度コントロールできると、ストレスの度合いがずいぶん違うのです。デスクワークだと、気分が乗ってきたら一気に片付けるとか、疲れてきたから一休みするとか、自分のペースで仕事をすることも可能でしょう。そういう働き方の方が効率もよく、それほどストレスにもなりません。


浦上ヤクリン

心理学の研究では、不確実性を極度に回避したがる人、または不確実性への許容度の低い人は、うつや不安になりやすいと言われています。よって、自分がしてしまったミスを過剰に受けとめ、激しく自己嫌悪することでメンタルヘルス上の問題を抱えてしまうケースもあります。好むと好まざるとにかかわらず「不確実性の回避」という文化にどっぷり浸かっているからこそ、ポジティブなものごとの捉え方が必要になってくるのです。


上條努

自分一人が大変なのではなく、みんなも同じように考えて苦しんでいる。お互いを認め合うことが大切だ。


落合信彦

悩むということは、ある意味では自分を見つめ直すチャンスであると同時に、次に飛躍するチャンス。一度苦しみ抜いた人は、次に立ち上がるときはより強くなっている。


林要(経営者)

大昔は危なそうだと未来に不安を感じる人のほうが生き残りやすかったわけです。不安が必ずしも合理的でなくても、多くの人は未来に不安を覚える。特に見えないものには恐怖を感じます。でも、いったん触れると安心して、今度は逆に都合のいい方向に想像し始める。それが僕らの脳のシステムです。


晝馬輝夫

我々は「ああでもない」「こうでもない」と、日々試行錯誤を繰り返しているんです。私は50年この会社にいて、いまだに「チクショウ、チクショウ」と思っている。まだまだわからないことが多いんです。


古市忠夫

感謝する力を持つことで、人間は必ず変わることができるんです。


米山公啓

脳はストイックに使い続けるだけでは鍛えられません。上手にリラックスさせる習慣を身につけていくことで、脳力は飛躍的に伸びます。頭がいいと言われる人ほど、脳をリラックスさせる方法を知っているのです。


岩崎夏海

顧客満足などとよく言いますが、顧客をはき違えるケースは多い。そうならないためにも、顧客が誰なのか問い続けること。


朝倉孝景(朝倉敏景)

京都から四座(観世・金春・宝生・金剛)の猿楽をわざわざ招きよせて、見物するのをすき好んではならない。それだけの代価をもって、自国の領内から猿楽の器用な者を選んで、それを都へやって習わせたならば、いつまでも側近くおいて、楽しむことができるのである。