名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

下郷伝平(初代)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

下郷伝平(初代)のプロフィール

下郷伝平(初代)、しもごう・でんぺい。明治時代の実業家。近江(のちの滋賀県)出身。没落した下郷家を米穀や油の商いで立て直す。その後、大阪製紙所の買収、近江製糸の設立などを手がけた。また、長浜銀行頭取、貴族院議員などを務めた。

下郷伝平(初代)の名言 一覧

質素勤勉は先君以来の家法であって、今なおその趣旨を遵奉しつつあるけれども、安易なことに流れるのは人情の弱点である。わが子弟や後世の子孫にいたっては、先君が苦労を重ねて励むことで、家を興したことを忘れたり、あるいは驕奢遊惰(きょうしゃゆうだ)に流れる恐れもある。この美徳を守り、各自が事業に励むべきことを、特にここに示すゆえんである。


一国の興亡、一家の盛衰を考えるに、その興(おこ)りは質素勤勉に基づき、その亡ぶところは驕奢遊惰(きょうしゃゆうだ)を原因としないものはない。


下郷伝平(初代)の経歴・略歴

下郷伝平(初代)、しもごう・でんぺい。明治時代の実業家。近江(のちの滋賀県)出身。没落した下郷家を米穀や油の商いで立て直す。その後、大阪製紙所の買収、近江製糸の設立などを手がけた。また、長浜銀行頭取、貴族院議員などを務めた。

他の記事も読んでみる

高谷慎太郎

ダーツライブでは成長意欲の強い社員が多く、実際に周囲はどんどん進化していきますので、それに取り残されないようにとさらに頑張るのでしょうね。そうした個人の成長が、ダーツライブの成長や業績に繋がっていると考えています。会社としても、社内研修の他、希望者は外部の講習会やセミナーにも参加できるよう、最大限に配慮して、個人の成長を支援しています。


高橋新

主力の基幹部品以外の車体や足回り開発の専門部隊を発足させました。新たな部隊は、各自動車メーカーの意図と求める機能を理解するとともに、アルミ化における市場動向や技術情報などを横断的に集約する独立チームとして立ち上げました。「とにかく出したくない、という人材を出せ」と号令をかけ、営業、設計、生産技術などの部各門から精鋭を集めました。


柴山和久

マッキンゼーを辞めたのは、いまの事業をやりたかったからです。私はそれまで自分で起業しようと思ったことはありませんでした。留学したINSEADは起業で有名なビジネススクールですが、私は金融の勉強をしていて、「起業家かぁ。世の中にはすごい人がいるな」と他人事のように見ていた。それでも社会課題を解決するには、自分で起業するしかないなと。


本田健

今必要なのは、5年後、10年後にどう生きるのか、まずは自分自身のビジョンを決めることです。会社に身を置きつつ、今の分野で揺るぎないプロフェッショナルを目指すもよし、新規事業を立ち上げるのもよし。独立してフリーランスで働くなり起業するなりの自由な生き方を選ぶのもいいでしょう。いずれにしても、今のうちに心構えをしておくべき。そして、そのためにはどんな勉強が必要なのか、どんな仲間をつくったらいいか、誰をメンター(先生)として教えを請えばいいかなど、必要な情報を収集していきましょう。


田原総一朗

問題は子供を理系嫌いにさせる教育システムにある。日本の教育システムには融通の利かなさがあって、柔軟な発想を潰してしまう。そこを変えないとSTEM(科学・技術・工学・数学)を面白いと感じる子供は増えないんじゃないかな。


戸田奈津子

財布をなくしても失うのはお金だけ。でも手帳にはこれまでの私のすべてが詰まっている。一生肌身離さないと決めています。


芥川龍之介

軍人の誇りとするものは、小児の玩具に似ている。なぜ軍人は酒にも酔わずに、勲章を下げて歩かれるのであろう。


テリー伊藤

オレが人生で最局にあがったのは、大学を卒業し、石津謙介さんのVANジャケットで働きたくて、面接を受けた時。一次は受かって、二次面接。緊張も頂点でね。うまく立ち回れず、落ちてしまった。というのも、オレは高校が早稲田実業でしょう。面接官が「伊藤くん、簿記ができるんだ」「経理なんかいいかも」と眩いた。その瞬間、オレは嫌な顔をした。あがっていて本音が出ちゃったんだ。完全な準備不足だよね。オレが採用する側でも、入社前から仕事を選り好みするヤツは採らない。冷静ならそれくらいの想像力は働くんだけど、緊張して頭が回らなかった。そこからオレが学んだのは、相手の側の立場を想像すること。


相良暁(経営者)

誰もやったことのないこと、できなかったことに挑戦することで、当社は新たな成長のステージに入ることができた。


武田双雲

予想もつかないトラブルが起きるのは、大好きなんです。「そうきたかー」と思うと、そこから意外なアイデアが出ますから。


安河内哲也

「英語学習は一生続けるものだ」という前提に立ってもらいたい。英語は言葉であり道具ですから、不要になることはありません。クルマの運転と同じで、免許を取ったら終わりではなく、一生使い続けるものです。そして、使い続けることで、一生うまくなり続ける。ある時だけ集中すればいい、というものではないのです。


北尾吉孝

服を買うのもサラリーマンには大切な投資でしょう。無理をしてもスーツは5着は持って毎日変えた方がいい。僕はそうしてきました。その方が長持ちもします。ぶら下がり(既製のスーツ)は着ません。いつも仕立ててもらいます。いいモノを買って長く大切に使います。