名言DB

9429 人 / 110879 名言

下郷伝平(初代)の名言

twitter Facebook はてブ

下郷伝平(初代)のプロフィール

下郷伝平(初代)、しもごう・でんぺい。明治時代の実業家。近江(のちの滋賀県)出身。没落した下郷家を米穀や油の商いで立て直す。その後、大阪製紙所の買収、近江製糸の設立などを手がけた。また、長浜銀行頭取、貴族院議員などを務めた。

下郷伝平(初代)の名言 一覧

質素勤勉は先君以来の家法であって、今なおその趣旨を遵奉しつつあるけれども、安易なことに流れるのは人情の弱点である。わが子弟や後世の子孫にいたっては、先君が苦労を重ねて励むことで、家を興したことを忘れたり、あるいは驕奢遊惰(きょうしゃゆうだ)に流れる恐れもある。この美徳を守り、各自が事業に励むべきことを、特にここに示すゆえんである。


一国の興亡、一家の盛衰を考えるに、その興(おこ)りは質素勤勉に基づき、その亡ぶところは驕奢遊惰(きょうしゃゆうだ)を原因としないものはない。


下郷伝平(初代)の経歴・略歴

下郷伝平(初代)、しもごう・でんぺい。明治時代の実業家。近江(のちの滋賀県)出身。没落した下郷家を米穀や油の商いで立て直す。その後、大阪製紙所の買収、近江製糸の設立などを手がけた。また、長浜銀行頭取、貴族院議員などを務めた。

他の記事も読んでみる

船越英一郎

司会の仕事もそうですが、新しいジャンルの仕事は得るものがとても多い。それが俳優としての仕事にもつながっていきます。ですから変に好き嫌いをつくらずに、これからもチャレンジしたいと思っています。


神戸蘭子

いまやれることをやるべきだと思うし、やりたい人がたくさんいる中で、モデルという仕事ができることに誇りを持っています。


ドナルド・トランプ

新しく出てきたものについて、「革新的」だといわれることがよくある。たいていは、既存の要素を寄せ集めて一見新しいものをつくり出したにすぎない。


森山文弘

唐揚げ屋がチェーン化されてこなかったのは、惣菜屋さんやコンビニの存在があった部分も大きいです。ただ今後は、より専門店ならではのクセになる美味しい唐揚げのニーズも高まってくるはずです。当社もその美味しい唐揚げの魅力を伝えるべく、まずは100店舗体制を目標に展開していきたい。


齋藤勇(齊藤勇)

バランス理論といって、お互いに共通の敵がいることは最も結束を強めます。赤ちょうちんで部下たちが上司の悪口を言うことは、職場の連帯感にはプラス。逆に誰かが「いや、あの上司は立派だ」と反論したら座は白け、その人は仲間として信頼されません。ただし、あまり悪口ばかり言っても負の感情が溜まるので、わっと盛り上がったところでやめるのがコツです。


谷真

企業経営の根幹はマーケティング。マーケティングができてこそ、それを基に経営戦略を立てられる。そして、経営戦略から個々の施策が生まれる。


マイケル・デル

確かに当社のやり方はバーチカルインテグレシーョン(垂直統合)ではありませんが、水平分散という形でもない。むしろ、バーチャルインテグレーション(仮想統合)という手法を採用していると考えている。


田中優子(江戸文化研究者)

総長になって最初にやったのは、まず自分たちの個性をきちんとつかんで発信すること。本学の原点と方向性を見失わないように「法政大学憲章」を作りました。


大栗育夫

当社はマンションを購入されたお客様からのクレームを社員全員で受け止め、次の案件に役立てる。施工現場で生じた問題を設計や営業だけでなく、協力会社も共有する。


吉野浩行

国によってお客様が求めるものが違います。アメリカではサイズが大きくてゆったりと快適で、しかも丈夫でないといけない。日本だと一年間で1万キロも乗ったら大したものですが、アメリカでは2万キロ以上乗ります。一方、日本のお客様はよりファッション性があり、小回りがきくものを求めます。基本部分はもちろん共通ですが、サイズだとか細かな味付けの部分を国によって作り変えているんです。