名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

下遠野亘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

下遠野亘のプロフィール

下遠野亘、しもとおの・わたる。日本の飲食店プロデューサー。「スパイスワークス」社長。千葉県出身。設計施工会社勤務、料理人などを経てスパイスワークスを設立。飲食店のプロデュースを行った。

下遠野亘の名言 一覧

まずは自分が楽しまなければ何も得られない。学んだことをメモするのも、その店での食事が終わってから。「楽しんだ後」と決めています。


お金を儲けることはお客様の喜びを集めること。


普段、店に立って働いている人が、机に座って仕事をしたり勉強したりすると、発想が活性化し、化学反応が起こっていろいろなことに気づけるようになります。逆に、普段デスクワークをしている人は、現場に立つ経験が生きるはず。違う分野の仕事をすることがポイントです。


私自身が1人の人間として喜びを感じることに着目し、じっくりと深掘りする。そんな日々の習慣で得られた多くのアイデアの芽を頭の中にストックしておき、組み合わせて店作りに生かしてきました。


下遠野亘の経歴・略歴

下遠野亘、しもとおの・わたる。日本の飲食店プロデューサー。「スパイスワークス」社長。千葉県出身。設計施工会社勤務、料理人などを経てスパイスワークスを設立。飲食店のプロデュースを行った。

他の記事も読んでみる

蟻田剛毅

さまざまなアイデアは、外からの視点だからこそ生まれてくる。


野口敏(話し方)

人と打ち解けるにはある程度の時間がかかるものだと思っておいた方がいい。そういう気持ちでいる方が相手も楽になって、かえって打ち解けるのが早くなります。世の中は誰にでも愛想よくできる人ばかりではありません。でも人間関係があまり得意でない人も、それを許容してくれる人には、心を開くのが早くなるものです。


瀬戸薫

「社訓」の最初に記されている「ヤマトは我なり」とは、「自分自身=ヤマト」という意識を持ちなさいということを意味し、経験を踏めば踏むほど、味わいの出てくる言葉だ。特に当グループの場合、セールスドライバーが車で外出して一人になったとき、何を行動の規範にすればいいのか迷うことがある。だが「自分自身=ヤマト」であり、自分がこの地区でヤマトを代表する存在だということが分かっていれば、どうすればお客様に喜んでもらえるのか、そのためにどんな行動を取るべきか、おのずと答えが出てくるはずだ。社員たちは、日々の仕事のさまざまな場面で、「『ヤマトは我なり』とは、こんなことを言っているのか」と感じているのではないかと思う。


西野裕

希望退職者を募る前の社員との面談は、削減人数の確保とともにトラブル回避のためでもあります。トラブル回避のためには、辞めざるを得ない人に、話し合いを通じて納得感と共感を持ってもらうことが大事です。そのためにはまず、今後どのように会社が生き残っていくかというビジョンを伝えることです。そして、残念ながらその中で果たしてもらいたい役割がないということを説明するのです。


吉田忠裕

それぞれのお客様にとって必要な品質、価格にミートするファスナーを提供できるのが一番いいわけですが、それはそのお客様にとってベストだとしても、別のお客様にとってベストであるかどうかはわかりません。そうすると、究極はワン・トゥー・ワンになります。ファスナーもコモディティ化してくるのですが、やはり「あなたのためのファスナーを提供します」という活動が重要になります。


似鳥昭雄

創意工夫とか、改善改革とか、考えるということを習慣化していかないと、社内競争にも勝ち残れない。


岩本隆

なぜわざわざ部下の不満を引き出す必要があるのか。目的はガス抜きです。一緒になって会社への悪口をまくしたてていると、途中でメンバーが「でも、いいところもあるんだよね」と、冷静になる瞬間がやってくることがあります。これはガス抜きがうまくいった証拠。しばらくは不平不満をいわずに頑張ってくれるはずです。


山田淳

大抵の人は考えすぎる。考える前に、まずは行動ですよ。やるべきことをやっていこう。


松本恭攝

一年考えるよりも一日やってみるほうが、わかることがたくさんある。


畑村洋太郎

部下道の奥義というべきものが、よく周囲を観察し、考えることである。


天野暢子

テレビのニュースや情報番組では、「まずはこちらをご覧ください」と映像や画像を流すことが多いですよね。視覚に訴えて、視聴者を引き付けているわけです。プレゼンにおいても「つかみ」を演出するのにビジュアルはとても有効。基本のテクニックです。


孫正義

それぞれの分野についてのナンバーワン企業の集合体でありたいと思っていますから、万年ナンバーツーに落ちたらその会社とはさよならです。そういう感覚でグループ内の5%くらいの会社は常に入れ替えたいと思っています。