下遠野亘の名言

下遠野亘のプロフィール

下遠野亘、しもとおの・わたる。日本の飲食店プロデューサー。「スパイスワークス」社長。千葉県出身。設計施工会社勤務、料理人などを経てスパイスワークスを設立。飲食店のプロデュースを行った。

下遠野亘の名言 一覧

まずは自分が楽しまなければ何も得られない。学んだことをメモするのも、その店での食事が終わってから。「楽しんだ後」と決めています。


お金を儲けることはお客様の喜びを集めること。


普段、店に立って働いている人が、机に座って仕事をしたり勉強したりすると、発想が活性化し、化学反応が起こっていろいろなことに気づけるようになります。逆に、普段デスクワークをしている人は、現場に立つ経験が生きるはず。違う分野の仕事をすることがポイントです。


私自身が1人の人間として喜びを感じることに着目し、じっくりと深掘りする。そんな日々の習慣で得られた多くのアイデアの芽を頭の中にストックしておき、組み合わせて店作りに生かしてきました。


下遠野亘の経歴・略歴

下遠野亘、しもとおの・わたる。日本の飲食店プロデューサー。「スパイスワークス」社長。千葉県出身。設計施工会社勤務、料理人などを経てスパイスワークスを設立。飲食店のプロデュースを行った。

他の記事も読んでみる

松井忠三

「人間とは社会的な存在である」という言葉がありますが、ビジネスにおける人の能力も、まさに社会的なものではないでしょうか。学歴やIQの高さといったことは、それほど関係がないように思います。何よりも、自身が身を置いてきた環境によってこそ、能力に大きな違いが出てきます。地頭とはそういうものだと私は考えています。


遠山正道

1店舗から始めるような小さな事業は景気の動向に左右されやすく、事業が立ち行かなくなって、撤退を迫られる可能性も高いと思います。しかしながら、あらゆる事業は「小さなこと」から始まっていくのも事実です。


小宮一慶

大事なことは、「情報通」と呼ばれるほど情報を持っている人が優れた人だと限らないことです。情報をたくさん持っていても、それで物事がよく見えるというわけではないからです。情報があっても、それを深く解釈できているかどうか、それを使える思考力があるかどうかです。きちんと理解ができていれば、ほかのものと関連付けて話すことができるはずです。


山下勝(経営学者)

報連相はひたすら行うのではなく、上司が考えていることを予測しながら行うことが重要です。


川村隆

社内ウェブでグループの全社員36万人に向けて新しいアイデンティティを発信し、全世界95ヵ所の事業所をまわり、とくに若い30代の課長クラスと語り合った。こうして日立のアイデンティティを明確にすると同時に、事業の収益を改善させる手も打った。それぞれの事業責任者にラストマン(決断する人)の意識を持たせる仕組みを導入したのだ。


織田信長

お前たち(佐久間信盛)親子が5年在城の間に、善にも悪にもなんらの働きがないということを、世間で不思議がっているが、自分などもそれに気がついて、なんともいいようのない嫌な気持ちがしている。大坂の石山に頑張っている本願寺門徒を大敵と思って、ことさらに戦いも仕かけず、そうかといって、また、講和しようともせず、ただ、石山と向い合っているお前たちの居城天王寺の砦を堅固に構えて、幾年も日をすごしたならば、相手は武人ならぬ長袖のことであるから、ゆくゆくは信長の威光をもって退去するであろうからと、そう思って手加減をしているのであろうか。しかし、武者の道は、また別段なものであるから、このようなときに、勝負の道理をよく考え、一合戦やったならば、ひとつは信長のために、またひとつにはお前たち親子のために、下々の兵卒どももかえって苦労をまぬがれ、まことに思うようになることであろうに、思い切った分別もつかずにいたことは、未練の振る舞いに相違ない。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

大人は心にいろいろ抱えることが多いために、無意識に険しい顔になってしまいがちです。けれど、見回してみてください。きっと素敵だと感じる経営者の表情は、どこか子どもの笑顔に近いのではないでしょうか。周囲の人に「不安」ではなく、「安心」を与える経営者には、素敵なことがたくさん待っているように感じるのです。


杉山健二

「お客様が求めていることは何かを、一人一人が自分で考えろ」と社員に言っています。そして、そこから出てきた意見は必ず会社の施策に活かしていきます。


藤澤信義

日本でのノウハウは最大限に活用する。ただし、すべての日本基準が海外で通用するわけではない。それを忘れないことが海外事業では大切。


和地孝

4200人の社員全員と直接対話をしました。社員が社長室の外に出ないで間接話法で話をしたのでは伝言ゲームのように、間違った内容が社員に伝わってしまいます。それに、私が直接現場に出向いた方が、改革に対する本気度が社員に伝わります。社員に私の話を「間違いなく、この社長が言っていることだ」と信じてもらうことが大切なんですね。


渡邊陽一

「価値観の伝達」が当社の理念です。そして、当社の理念を世の中に広く知らしめていくことが、私に与えられた使命であると思っています。


牛窪恵

職場でさとり世代の力を引き出すには、まずは小さなことでいいから「成功体験を積ませること」が何より大事です。コスパ(コストパフォーマンス)重視のさとり世代にとって、「達成感」は大事なキーワード。「自分はここまでやれた」という達成感を得られれば、その仕事に費やした時間や労力も無駄ではないと思えるようになります。


石原広一郎

人間が使命を達成するためには働かなければならない。それは心身ともに健全であることが必要で、無理な働きをしてはならない。趣味や娯楽が人間には必要だと言われるのも、こうした理由からであろう。


椎名武雄

日本にはなかなか資本主義が根付かない。金儲けを罪悪視する風潮が今も残っている。誤解を恐れずに言えば、悪しき平等主義がはびこったために、日本社会がしなったものも大きいように感じる。


飯塚恒生

建設業界にあって、作業所長や工事主任が現場を任されており、それぞれの立場で、その責務を精一杯全うしなければなりません。これは企業トップにも当てはまることでもあります。


ページの先頭へ