名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

下義生の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

下義生のプロフィール

下義生、しも・よしお。日本の経営者。「日野自動車」社長。早稲田大学理工学部卒業後、日野自動車工業に入社。専務、トヨタ自動車常務などを経て日野自動車社長に就任。

下義生の名言 一覧

自社単独でやれることには限界がある。外から来た人間として、自分たちが一番だと思うなということを言ってきた。


1年間、トヨタに身を置いて感じたのは、トヨタは危機感の塊であるということだ。


私は社長就任前の昨年春から1年間、トヨタに常務として出向しました。守りに入っていてもおかしくないほど経営状態は良かったのに、経営陣が極めて強い危機感を持っていたことに驚きました。私が今、社長としてしていることはすべて、この1年間の出向で学んだことと言えます。


日野自は商用車ブランドとしてトヨタグループで果たすべき役割を確立していかなくてはなりません。自動運転のような先端技術の中には、商用車から導入した方が浸透しやすいものもある。その時に新技術に対応した法制度の整備、倫理観の変化まで含めて、我々が積極的に発信できるようにならなければいけないと思っています。トヨタの言う通りに進んでいるだけの従来のやり方ではもうダメなのです。


下義生の経歴・略歴

下義生、しも・よしお。日本の経営者。「日野自動車」社長。早稲田大学理工学部卒業後、日野自動車工業に入社。専務、トヨタ自動車常務などを経て日野自動車社長に就任。

他の記事も読んでみる

小松俊明

ブログでもいいから、とにかく何かを書いてみる。自分の視点や考え方を正確に伝えることは、ビジネスにおいて重要なスキルのひとつ。書くことによって頭が整理され、状況を客観的に見ることができるようになります。


瀧本哲史

グローバル化による「本物の資本主義」の世界の中で、日本人が生き抜くためには社会をより資本主義的なモデルに変えていく必要があります。大企業で働く30代、40代のエスタブリッシュメントが、リスクを恐れず変化することで、必ず日本はよくなるはずです。


飯田賢

大型の総合スポーツクラブが苦戦している印象が強いですが、小規模で特定のカテゴリーに特化したものが次々と登場しているので、市場全体としてはどんどん大きくなっています。さしずめ主役交代といつたところでしょうか。これはフィットネスに限ったことではなく、例えば百貨店業界など、日本の産業構造のいたるところで見られる現象だと思います。


斉藤惇

人間は上手くいけばいくほど、ダメになっていく。人の声を聴かなくなるし、成功すると驕りの気持ちがどうしても出てきてしまう。そのときに、冷や水をピシャッとかけることが必要。


小池百合子

やらずに後悔するよりは、まずやってみてほしい。ダメならダメで次にがんばる土台だと思えばよい。やらずして後で悔いるのはもったいない。


小堺一機

部下、後輩に接するのって難しいですよね。見栄を張るし、いい格好もしたい。でもたぶん大事なのは、素直に向き合うことだと思います。


加藤昌史

お客さんには暗い、疲れた表情は見せないようにしています。舞台を見に来てくれたお客さんのワクワク感を消さないよう、口元で微笑むような笑顔を心がけています。


中村史朗

私は軸がぶれない経営をしたいと強く思っています。社員をはじめとするステークホルダー(利害関係者)との約束を守るためには、単なる思い込みに頼らず、常に客観性を保つことが必要だと信じています。


山田進太郎

勉強にスポーツ、同級生はとにかく優秀なやつばかり。大企業に入って出世する、医者になって成功するといった未来は早々に諦めた。そして、自分なりの「山」を探し、そこで頂点に立つことにした。

【覚え書き|中学生時代を振り返って】


山田義仁

僕らしかできない所に行こうと思って、ずっと活動してきたら、気がつくと成長領域にいた。


吉田修一(小説家)

性格なんですよねえ。基本が「前へ前へ、上へ上へ」なんです(笑)。何かつらいことがあっても、気持ちが下へは行かないんですよ。


泉谷直木

米海軍のリーダーシップについて書かれた本を読むと、リーダーに不可欠な能力のひとつに「ユーモアのセンス」があげられている。リーダーには場の雰囲気を和らげ、部下の心を落ち着かせるためのユーモアのセンスが必要。