名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

下田進の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

下田進のプロフィール

下田進、しもだ・すすむ。日本の経営者。「サイクルベースあさひ」を展開する「あさひ」社長。大阪出身。高校卒業後、玩具卸会社「仲村商店」を経て、家業の「旭玩具製作所」を父とともに経営。玩具事業が振るわなくなったため自転車販売を開始。同社を大きく成長させた。

下田進の名言 一覧

人生は闘いであり、自分で工夫をしながらやり遂げていくもの。


一生懸命仕事をしているうちに、筋道がピーンと見えてくる。いいかげんにしていては、それは見えてきません。


世界で勝てなければ日本で勝てないし、日本で一番であっても世界では負けるかもしれません。


子供に物事への対処法を教えるのは大切ですが、あまり金を残したらあかんのではないでしょうか。子の自由を奪いますからね。


技術や人間性を磨くのも、良い商品やシステムをつくるのも全てはお客様に買ってもらって本当に満足していただくためです。


リアル店舗がしっかりしているという安心感がネット販売好調に繋がっている。


行列ができる店の店主は大抵鼻高々ですが、お客様のことを考えれば、本当はお客様に待たせて迷惑をかけてしまっているのです。


「お客様第一」を守っている限り、商売で失敗することはないと思います。


私は自信家でいつでも自信を持ってやってきましたが、全く売れない3年間で完全に自信を打ち砕かれたことが良かったのかもしれません。


会社の成長とともに社員の人間性も向上するような会社でありたいと思いますし、それを社員に伝えていくことが私の役目だと思っています。


拡大はお金があるとかないとかではなく、人をきっちり育ててやっていかなくてはうまくいかないと思っています。


大学で自転車部だった者など、自転車が好きな人材があさひには入社してきますので、そういった点からもいい商品が生まれています。


バブル崩壊後は不況が続き、独自のイノベーションを起こしていかなければ生き残れない時代となりました。業界全体が成長すれば自社も成長できるという時代は終わったのです。


採用して店長になるまでに5年はかかりますし、私としては店舗数増加をあまり急ぎすぎたくない。


企業は創業期には大きな失敗をしないものです。失敗したとしてもたかがしれています。それは何事も慎重に一生懸命考えるからでしょう。それより危ないのは、花が咲き、実がなった豊かな時期。金が入る、利益が上がる、人がやって来る、こうした時期に悪い種が撒かれるのです。それは恐れがなくなるからでしょう。


50歳を過ぎてからはあまり仕事で悩まなくなりました。儲かるか儲からへんかや損得はあまり判断基準になりません。そのことが正しいか正しくないか、いいことか悪いことか。それを判断基準にしてから、お客様や社会、社員に対しても、物事を迷わずジャッジできるようになりました。その結果、お客様や社員の支持も得られて正々堂々と仕事ができるようになったのです。


会社経営とはフルマラソンではなくリレーだと私は思います。人の人生は、生を得てから死んでいくまでフルマラソンだと言えるでしょう。しかし、会社というのは、人を育て、バトンタッチして行かなければならないリレーなのです。


社員には「お客様の言われることにはまずイエスだ」と言っています。ノーではなく、イエスから入っていかなければなりません。お客様が要求することを、たとえ今できなかったとしてもまずは可能性を信じてイエスと言う。そして何が足りないのかを感じてもらいたいのです。感じ取ったらそれを何とか埋めていくのが我々の仕事です。


下田進の経歴・略歴

下田進、しもだ・すすむ。日本の経営者。「サイクルベースあさひ」を展開する「あさひ」社長。大阪出身。高校卒業後、玩具卸会社「仲村商店」を経て、家業の「旭玩具製作所」を父とともに経営。玩具事業が振るわなくなったため自転車販売を開始。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

ジョセフ・バウアー

会社が厳しい競争を勝ち抜き、成功していくためにどう変わるべきかを深く冷徹に理解するには、自分の会社を外から客観視できる視点が不可欠です。


森永卓郎

マーケットが多様化するなかで、いきなり100万部のヒットを狙うのは難しい。だったら、一部のマニアに向けて1万部程度で採算がとれるように作れば損はしない。


上田準二

嫌だと感じてしまう仕事も、それをきちんとこなすことができた後に、必ず次のミッションを任され、自分が一番、能力や持ち味を発揮できる部署にステップアップしていけます。


萩原吉太郎

社長に就任したころの石炭業界は上向きにあったが、私は逆に警戒した。現状に酔っていてはいけない。世界のエネルギー情勢から遠からず石炭は斜陽産業になる。どんどん重油に食われていくだろう。これはもう単なる景気の問題ではなくて、燃料革命だ。いま適切な手を打っておかねば命取りになると考えた。


佐藤可士和

言語化は重要で、言語化できないのはきちんとわかっていないからだ。漠然と感じていることと、わかっていることとはずいぶん違う。完全に理解し把握していないと、言語化ができない。こう言えばピッタリくる、という言葉を探し続ける。そうしていると、フィットする瞬間が出てくるようになる。その精度も高くなりスピードも上がってくる。


ジャック・ウェルチ

顧客の至上性についての伝統的な考え方がかえって有害で、拒否すること、場合によっては決別することが賢明な策である状況がいくつかあります。

  1. 顧客の値引き要求がこちらの儲けをなくしてしまう場合。その要求を飲んだ場合、業界の価格設定に混乱を招く恐れがある場合。
  2. 顧客が一回限りの製品を要求し、しかもそれがこちらの研究開発グループを会社の戦略目標や財務目標から外れた脇道に追いやるような製品の場合。
  3. 顧客がこちらの社員に横柄な態度で対応する場合。

有田浩之

私の場合、とくに数字を意識する努力をしていたわけではありません。強いてあげるなら、ポートフォリオマネジャー時代の経験を通じ、感覚が磨かれた部分が大きいでしょう。たとえば、市場で買った商品の価格は必ず覚えています。それは、どれも悩みぬいて決めたからでしょう。


アルバート・アインシュタイン

私には特殊な才能はありません。ただ、熱狂的な好奇心があるだけです。


一澤信三郎

前身の「一澤帆布」が創業したのは1905年。初代の一澤喜兵衛がクリーニング店を営みながら、手に入れたミシンで職人向けに道具を入れるかばんを作り始めたのが始まりです。曲がりなりにも会社が110年以上も続いてきたのは、「無い無い尽くし」だったからじゃないですかね。


ジョン・ハム(経営者)

恐怖心はプラス思考で克服することができます。たとえ恐怖心があっても、恐怖や失敗を恐れてはなりません。


玄侑宗久

思えば日本では、戦後教育のなかで「個性」が強調されすぎてきた。それがより執拗な苦をつくりだしているのだと思う。


茂木友三郎

革新と差異化をすることによって新しい付加価値を生み出すことができる。