下田進の名言

下田進のプロフィール

下田進、しもだ・すすむ。日本の経営者。「サイクルベースあさひ」を展開する「あさひ」社長。大阪出身。高校卒業後、玩具卸会社「仲村商店」を経て、家業の「旭玩具製作所」を父とともに経営。玩具事業が振るわなくなったため自転車販売を開始。同社を大きく成長させた。

下田進の名言 一覧

人生は闘いであり、自分で工夫をしながらやり遂げていくもの。


一生懸命仕事をしているうちに、筋道がピーンと見えてくる。いいかげんにしていては、それは見えてきません。


世界で勝てなければ日本で勝てないし、日本で一番であっても世界では負けるかもしれません。


子供に物事への対処法を教えるのは大切ですが、あまり金を残したらあかんのではないでしょうか。子の自由を奪いますからね。


技術や人間性を磨くのも、良い商品やシステムをつくるのも全てはお客様に買ってもらって本当に満足していただくためです。


リアル店舗がしっかりしているという安心感がネット販売好調に繋がっている。


行列ができる店の店主は大抵鼻高々ですが、お客様のことを考えれば、本当はお客様に待たせて迷惑をかけてしまっているのです。


「お客様第一」を守っている限り、商売で失敗することはないと思います。


私は自信家でいつでも自信を持ってやってきましたが、全く売れない3年間で完全に自信を打ち砕かれたことが良かったのかもしれません。


会社の成長とともに社員の人間性も向上するような会社でありたいと思いますし、それを社員に伝えていくことが私の役目だと思っています。


拡大はお金があるとかないとかではなく、人をきっちり育ててやっていかなくてはうまくいかないと思っています。


大学で自転車部だった者など、自転車が好きな人材があさひには入社してきますので、そういった点からもいい商品が生まれています。


バブル崩壊後は不況が続き、独自のイノベーションを起こしていかなければ生き残れない時代となりました。業界全体が成長すれば自社も成長できるという時代は終わったのです。


採用して店長になるまでに5年はかかりますし、私としては店舗数増加をあまり急ぎすぎたくない。


企業は創業期には大きな失敗をしないものです。失敗したとしてもたかがしれています。それは何事も慎重に一生懸命考えるからでしょう。それより危ないのは、花が咲き、実がなった豊かな時期。金が入る、利益が上がる、人がやって来る、こうした時期に悪い種が撒かれるのです。それは恐れがなくなるからでしょう。


50歳を過ぎてからはあまり仕事で悩まなくなりました。儲かるか儲からへんかや損得はあまり判断基準になりません。そのことが正しいか正しくないか、いいことか悪いことか。それを判断基準にしてから、お客様や社会、社員に対しても、物事を迷わずジャッジできるようになりました。その結果、お客様や社員の支持も得られて正々堂々と仕事ができるようになったのです。


会社経営とはフルマラソンではなくリレーだと私は思います。人の人生は、生を得てから死んでいくまでフルマラソンだと言えるでしょう。しかし、会社というのは、人を育て、バトンタッチして行かなければならないリレーなのです。


社員には「お客様の言われることにはまずイエスだ」と言っています。ノーではなく、イエスから入っていかなければなりません。お客様が要求することを、たとえ今できなかったとしてもまずは可能性を信じてイエスと言う。そして何が足りないのかを感じてもらいたいのです。感じ取ったらそれを何とか埋めていくのが我々の仕事です。


下田進の経歴・略歴

下田進、しもだ・すすむ。日本の経営者。「サイクルベースあさひ」を展開する「あさひ」社長。大阪出身。高校卒業後、玩具卸会社「仲村商店」を経て、家業の「旭玩具製作所」を父とともに経営。玩具事業が振るわなくなったため自転車販売を開始。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

青木宣親

妥協せずにいると、シーズン終了時にはいつも新たな課題がみつかるんです。成績とは別に、必ず良かった点と悪かった点が出てくる。それを来シーズンに向け、オフから課題を潰していくわけです。


石橋正二郎

ちっぽけな仕事を飛躍させるには思い切ったことをやらねばならぬ。足袋を市価より2割安い20銭で売った。当時は儲けを2割見込むのが常識だった。たくさんつくって能率を上げ、雑費もかからないようにする。こうして思い切りやすくすることにしたので一躍注文も殺到した。
【覚書き|足袋屋時代を振り返っての発言】


中野雅至

厳しい時代だからと、会社にしがみつくあまり、視線が内向きになってしまう人が増えている。社内力学や社内事情ばかりに囚われ、本当の商品価値を見失ってしまう。


呉文精

競争環境は激しく変化しており、成り行きで勝算があるとは言えません。しかし、負ける理由は何もないと思っています。半導体も成熟してくると、あるカテゴリーで圧倒的トップをとらないと生き残れません。私たちはマイコンと呼ばれる半導体を中心に世界トップの技術とシェアを持っています。各戦略セグメントでの「ワールドカップ優勝」を目指したいと思っています。


伊藤潤二

せめて細かいところは現実的に描かないと、ただの突拍子もない話になっちゃう。


村田昭治

新しく産業を引っ張っていくひとつの原動力となるものは、具体的な夢づくりの計画だ。企業は新たな価値創出の実現へ邁進していくことが強く求められている。


弘兼憲史

仕事において僕は、「相手のため」という目線を忘れないことを大切にしています。例えば資料やファイルを渡す時でも、相手に分かりやすい工夫や、作業しやすくなる配慮をしたうえで渡す。その積み重ねが評価につながり、自分も気持ちよく仕事ができます。


福沢諭吉

人生において偶然に得たものは、また偶然に失うこともある。


香山リカ(精神科医)

どうすれば怒りをまき散らす人からわが身を守れるのか。手っ取り早いのは、その場から離れることです。怒りの感情が物理的に届かないところに逃げれば、直接傷つけられることはありません。距離を取ったあとは、怒りをぶつけられたこと自体を忘れてしまいましょう。離れたあとも「あの人が怒っている原因は私にある」「こうしてあげれば仲良くできたのでは」と引きずる人がいますが、これでは逃げた意味がなく、逃げたあとの反省は自分を苦しめるだけ。さっさと頭の中を切り替えるべきです。


斎藤岳

当事者に「納得感」がなければ、組織は動きません。また当事者のもつ情報がないと「決められない」という場合もある。その場で決められれば、すぐ行動につながります。


鳥原隆志

実は、「緊急度も重要度も高い仕事」よりも、「緊急度は低いが重要度が高い仕事」の方が優先順位は上。「緊急度は低いが重要度が高い仕事」は、戦略立案やマニュアル作成など、成果に直結したり、長期的に自分を楽にしてくれる仕事です。


平井一夫

変革と収益力強化に全力で取り組んできた。厳しい決断を下さざるを得ない場面もあったが、ソニーの復活と将来の成長につながると思ってやってきた。


安藤美冬

以前は名刺も3000枚ほどあったのですが、ほとんど処分しました。メールを一度やり取りすれば、その人の連絡先は残りますから、ほとんどの場合問題ないのです。ノマドワークスタイルを続けるには、不要なモノを増やさないことも大事なことだと思います。


畑村洋太郎

経営トップも人間なのだから、間違いを犯す。怠ってはいけないのは、社員が発した重要なサインを見逃さないこと。「まさか」と思うことであっても、自分の考えが間違っているのではないかという度量を持つことが必要。


野坂英吾

講演で聞いた先輩社長の話も、「自分が取り入れるとしたら、具体的にどうするか」まで落とし込んで書くことで、自分の血肉にしてきた。


ページの先頭へ