名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

下田美咲の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

下田美咲のプロフィール

下田美咲、しもだ・みさき。日本のモデル、タレント、作家。東京都出身。13歳でスカウトされモデルデビュー。その後、多方面で活躍。著書に『生きているだけで死にたくなるような世の中で生きていてもいいような気がしてくる119の名案』『私に都合のいい人生をつくる』。

下田美咲の名言 一覧

常識を疑うことは常に意識しています。常識のせいで、盲点がずいぶん生まれてしまっているな、と思うんです。エッセイも小説も、読む人の目から、うろこが落ちるものを書きたいんです。何歳でも、どんな悩みでも、うろこが落ちることで見えるものがあるはずだから。


実際に、仕事として人の悩み相談を受けていた経験がもとになっています。小説を書いてみませんかというお話をいただいたとき、悩み相談なら書けるのではと思いました。人から相談されたときに答えに詰まったことがなくて。どれも私の中ではすでに悩み終えて解決していることだったから。私自身とても悩みやすくストレスに弱いんです。絶対に幸せでなければいやだ、というこだわりも強いので、幼いころから、悩みができたらすぐに具体的な作戦を立てて解決してきました。


エッセイと違って小説は、どんなことを言っても許される。キャラクターの台詞って基本的に叩かれないですよね。だからいつか小説を書きたいと思っていた。エッセイは、シンプルに「私はこう思う」を書いている。一方的な文章にならざるを得ないから、どうしても印象がきつくなるんです。小説だと、同じ内容でもキャラクターの会話として書くから、相手を意識したやわらかい言い回しになる。だから、まっすぐ人の心に届く感じがします。


下田美咲の経歴・略歴

下田美咲、しもだ・みさき。日本のモデル、タレント、作家。東京都出身。13歳でスカウトされモデルデビュー。その後、多方面で活躍。著書に『生きているだけで死にたくなるような世の中で生きていてもいいような気がしてくる119の名案』『私に都合のいい人生をつくる』。

他の記事も読んでみる

今村久美

私は部下に尊敬されていると思ったことはありません。私の経験からいえることは、特定の個人が尊敬を集める組織よりも、スタッフ全員が理念や活動を理解し、志を共有している組織の方が強いということです。


中山勇

出店も積極的にします。国内のコンビニの店舗数は飽和に近づいており、戦いは最終局面にさしかかっています。勝負事は終盤でよく動くものです。


澤田浩

あらゆる事業分野でナンバーワンの企業になるのはなかなか困難です。我が社は2位以下が多く、「ストロング・ナンバーツー」」になろうと言い続けています。「ナンバーワンを脅かし、ナンバーワンが背中を意識せざるを得ないナンバーツーを目指せ」という意味です。ストロング・ナンバーツーの事業が集まり、トータルでリーディングカンパニーになっている例は、日本国内にも外国にもあります。


恵俊彰

40代はまだまだ修行期間。だって、50歳になってみて実感したんですよね。「人生ってまだ続く、こんなに長えのか!」って(笑)。昨年、還暦を迎えた明石家さんま師匠と15年ぶりに舞台を一緒にさせてもらいましたけど、まぁ、元気でね。俺の人生なんて、まだまだだなって。


大屋晋三

70代になっても、80代になってもその人がそれにふさわしければ、年齢でなしにいいということになる。だから(社長は)40代でなくちゃダメとかいうことは一般論としてはよろしいよ。しかしながら、エクセプション(例外)もあり得る。そういうことです。なんぼ若くてもダメな人もおる、気力も何もなくてね。


石川祝男

ヒット作が出ると、部のモチベーションも上がる。いい企画がどんどん出て、次のヒットにつながり、優秀な人材も集まってくる。


中山勇

コンビニのビジネスモデルは、自動車の完成車メーカーと似ているかもしれません。海外に進出する際には、部品メーカーにあたる取引先の方々にも進出していただき、「ファミリーマート品質」の商品を現地コストで製造してもらう。我々コンビニは、そうした商品の供給を受けて、現地の人たちに販売するというビジネスです。


大友啓史

監督とスタッフやキャストは、ヒエラルキーの関係にあるわけではない。それぞれがプロで、役割が違うだけです。彼らの提案にはできるだけ耳を傾け、常に優れたアイデアを求め続ける。それが僕にとって大切。


大田正文

従来から人脈をつくる出会いの場として異業種交流会がありましたが、主催の趣旨や会の事前情報がつかみづらく、ただ名刺を交換するだけの場になっているケースも少なくありません。その点、勉強会やセミナーは自分が何を学びたいかという目的によって参加する、また、同じ目的を持った人が集まるため気が合う人と出会える確率が高いといえます。共通の目的や趣味を持つ友人が欲しいと考えている人は、一度検討してみてはいかがでしょうか。


永野毅

海外にリスクなり利益なりを分散させていかないと、国内の事業を守ることも危うくなる。


伊藤義剛

己の技術力を過信していては、頭打ちになってしまう。技術は常に新しく使われる機会を持たなければならない。


渡邉美樹

ギリギリまで自分を追い込み、そこを乗り越えることができたときの自信というのは、何ものにも代え難い財産になる。