下村節宏の名言

下村節宏のプロフィール

下村節宏、しもむら・せつひろ。日本の経営者。三菱電機社長・会長。鳥取県出身。京都大学工学部電気工学科卒業後、三菱電機に入社。自動車機器事業本部長、取締役自動車機器事業担当、常務取締役自動車機器事業担当、常務取締役ビルシステム事業・自動車機器事業担当、上席常務執行役ビルシステム事業・自動車機器事業担当、代表執行役執行役副社長ビルシステム事業担当などを経て社長に就任した。

下村節宏の名言 一覧

現場で地道な改善をコツコツと積み重ねる活動こそが当社の底力だ。


まだ登りつめたわけではないですから、さらに上を目指します。いっそうの努力が必要です。


元来、そういったことを気にしない性格で、自分の力以上のことには、「ならんわなぁ」とずっと思っています。
【覚書き|社長就任要請を受け、プレッシャーに感じなかったかと質問されたときの返答】


「カタツムリの歩み」という言葉に惑わされて「気が長いんですね」と理解する人もいるのですが、そうではありません。目標達成に向けた不断の歩みが、北村西望の心を動かしたのです。
【覚書き|下村氏の座右の銘である彫刻家北村西望の「たゆまざる 歩みおそろし かたつむり」という句を解説した言葉。この句は西望が平和記念像をつくった際、像の足元にいたカタツムリが翌朝に9メートルの高さの像のてっぺんにいたことについて感嘆してつくった句】


「良い製品、良いサービスを持つこと」「その製品を一流の製造・販売ネットワークでお届けすること」「働く人々が希望や夢を持てる職場をつくること」。実直すぎて面白味がないと思われるかもしれませんが、やはりそこに尽きます。


携帯電話事業からの撤退を決める前、とことん考え抜きました。社長であった私はと兵庫県尼崎市の携帯端末工場にまで足を運び、社員の顔を直接見て、話を聞きました。その結果、高い能力を持つ社員を赤字事業に縛り付けておいても疲弊させるだけだと悟りました。そして再配置した方がより生き生きと頑張ってもらえるという考えに至ったのです。


「窮すれば即ち変ず、変ずれば即ち通ず」という「易経」の名言は私の心の中にずっとありました。初めてこの言葉に触れた若い頃、「窮する」は「困り果てる」とか「なすすべがない」という意味だと勘違いしていました。詳しく調べてみると、「考え抜く」や「窮(究)める」という意味で使われていたんですね。それが分かってからは「とことん考え抜けば、対処の方法が見えて、事がなせる」と解釈するようになりました。仕事で壁にぶち当たった社員には、この言葉を使って励ましたものです。「粘り強く考え抜けば、やり方は必ず見つかる」と言い聞かせました。


下村節宏の経歴・略歴

下村節宏、しもむら・せつひろ。日本の経営者。三菱電機社長・会長。鳥取県出身。京都大学工学部電気工学科卒業後、三菱電機に入社。自動車機器事業本部長、取締役自動車機器事業担当、常務取締役自動車機器事業担当、常務取締役ビルシステム事業・自動車機器事業担当、上席常務執行役ビルシステム事業・自動車機器事業担当、代表執行役執行役副社長ビルシステム事業担当などを経て社長に就任した。

他の記事も読んでみる

澤田貴司

伊藤忠商事で化学品営業をしていたころ、途中で周りのメンバーからやりすぎとの声があっても、結果を出せば問題ないはずとの姿勢で乗り切ったことも何度かあった。いろいろな場面で「結果を出したい」という思いで行動した。会社にとって正しく、しかも自分がやりたいと思うことを追求していくのであれば、自ずと仕事の解決策が見いだせるようになると思う。


レイ・クロック

いろんな人に会って、いろんな考え方を知ること、いろんな現象を分析する能力がなければ経営はできない。


チクリーノ

起きて仕事して寝るだけの毎日。趣味のジャグリングやパントマイムを練習する時間もない。好きなこともできない生活のままでええんかな? と。「大道芸人で生きる!」なんてカッコいい決意じゃなく、3Kのきつい仕事から抜け出したいって気持ちが強かったですね。幸いずっと寮暮らしだったので、貯金は600万円くらいあった。これなら3年は食えるやろう、と。それでダメならまた就職しよう。そんな感覚でした。


C・W・ニコル

北極に初めて行ったときも、かなり強引でした。高校を卒業した直後、北極の調査隊にアシスタントとして同行できるチャンスを得ました。でも両親は大学に行くことを希望していたので、パスポートの申請書類に父親の筆跡でサインし、アルバイトで稼いだお金を携えて、「ちょっとキャンプに行ってくる」と出かけたのです。もちろん数カ月に及ぶ調査ですから、渡航中に自宅に電話をかけ事情を話しましたが……。母親は怒り心頭に発したようですが、それでも私は行きたかったのです。


ヨシタケシンスケ

子供という世界一飽きっぽい生き物に、物語を読み通してもらうのって、すごくハードルの高いことなんですよ。ついついページをめくりたくなる仕掛けは1ページごとに必要だと思いますし、僕にとって絵本というのはエンターテインメントなので最後まで笑って読んでほしい。本質的なことはわからなかったとしても、「なんか面白い」と感じてもらいたいんです。


野村与曽市

現在、我が社の関連会社はいろいろの業種も含めて50社を超える。またそれらは今後さらに巨大化する方向が予想されるので、私はこれらの企業運営にリモートコントロールする必要を感じている。それには適材を適所に配置して常に最高の資料を持ち、全部をくるめた共存共栄の大きな一体=電化コンツェルンにまとめ上げたい。


大橋未歩

意外に思われるのですが、もともと私は人としゃべるのが苦手でした。大学生の頃も、無理して明るく振る舞ったり苦労していたんです。だからあえて、話すということに正面から向き合おうと思って、アナウンサーという職業を選びました。


吉野聡(産業医)

ストレスに強い人と弱い人の違いは、「出来事」に対する当人の「受け取り方や捉え方」。「これはチャンスだ」「失敗したが、次につながる課題が見つかった」など、合理的(前向き)に捉える人はストレスに強い。


松本利明(コンサルタント)

問題が発生したときに、「なぜ問題が起きたのか?」と原因追究からはじめ、「どうするか?」はそのあとに考える人がほとんどです。実際そのような指導を上司から受けることもあるでしょう。もちろんそれも一理ありますが、本当に稼げる人は「どうすればできるか?」を先に考えているのです。


坂本敦子

役職が上に行くほど、売上や損失には敏感に反応しますから数値が効果的。数値が大きければ、重要性と緊急性が高いと判断し、すぐに指示をくれるはずです。


ロバート・キヨサキ

私が考える最大のリスクは、自分自身を上手くコントロールできないことです。お金の増やし方や経済の動きについて知識を得ようと思えば、誰だって行動を起こせるはずです。やるかやらないかは、あなた次第なのです。


安藤百福

みずからの足で歩き、みずからの目で確認しなさい。そうでなければあなたの話には重みも説得力もない。情報には鮮度がある。すべての人が良いという意見は信用できない。情報は自分の目と耳で集めろ。机の上でいくら思案しても、優れた発想は生まれない。


御立尚資

一見、矛盾した話に聞こえるかもしれませんが、よりよい説得のためには、話す技術よりも聞く技術のほうが重要です。私たちコンサルタントにとっても、ロジカル・シンキングやディベートのノウハウなどより、アクティブ・リスニング(積極的傾聴)のほうがよほど大切です。


松本晃(経営者)

人件費を、経費ととらえる経営者がうまくいくわけがない。人件費は投資ですから。給料もたくさん払ってあげればいいんです。だから労働組合に対しては、もっと要求しろと言っています。要求しても全部受けてやると。その代わり、もっと働いてくれと。長く働けと言うことではなく、効率的に働いてほしいということです。


マット・ウィリアムズ(バスケットボール)

私はトレーニングのメニューを組む時、すべての子に同じことをやらせます。そのうえで、能力のある子はハードルを上げるようにしています。


ページの先頭へ