名言DB

9412 人 / 110637 名言

下村湖人の名言

twitter Facebook はてブ

下村湖人のプロフィール

下村湖人、しもむら・こじん。日本の小説家、社会教育家。佐賀県出身。東京帝国大学英文科卒業後、教師になる。佐賀中学校教師、唐津中学校教頭、鹿島中学校校長、唐津中学校校長、台中第一中学校校長、台北高等学校校長などを務めたのち、社会教育家になって講演や執筆を行った。主な著書に『次郎物語』。

下村湖人の名言 一覧

いい政治というのは、国民の要求を満たすことではない。いい要求を出す国民にすることがいい政治である。


下村湖人の経歴・略歴

下村湖人、しもむら・こじん。日本の小説家、社会教育家。佐賀県出身。東京帝国大学英文科卒業後、教師になる。佐賀中学校教師、唐津中学校教頭、鹿島中学校校長、唐津中学校校長、台中第一中学校校長、台北高等学校校長などを務めたのち、社会教育家になって講演や執筆を行った。主な著書に『次郎物語』。

他の記事も読んでみる

藤井隆太

言いがかりのような問題が起きたときには、断固とした覚悟で交渉に臨む。場合によっては撤退を決断することもある。


児玉光雄

よく言われることですが、日本人はリスクが低く達成度が高いスモール・ゴールを好みます。しかし、それでは進歩が望めません。適切なストレッチ・ゴール(背伸びすれば届くゴール)を設定し、たとえ失敗しても、その失敗から次の成功のヒントを得る。ここに、モチベーションを保ち続ける秘訣があるのです。


平強

社内に抵抗勢力があれば成功の確率は下がる。私の経験から言えることだが、成功するスタートアップ企業のチームワークは強固で素晴らしい。経営陣のケミストリー(相性)がすごく良い。こうでないと成功はまずない。


堀江薫雄

このような国際環境の中では、我が国も百年の大計を立て、外国企業の直接投資自由化にも積極的な姿勢で取り組み、また日本企業の海外進出も進んで行うべきである。かくて、経営や資本そのものが日本へ入り、日本からも盛んに出ていくのが、将来の大勢ではないかと思う。こうなると相互にワールドエンタープライズへの発展ということになる。


石川康晴

ITのような成長のスピードの速い業界なら、「顧客の声を聞いていては遅い」ということになるのでしょうが、アパレル業界では、顧客の意見に耳を傾けることがすべて。


鑄方貞了(鋳方貞了)

事業承継には、最低で10年ほどかかることが見込まれます。社長を譲ったとしても、後継社長が次の段階に向けて順調に歩んでいくには会長による適切なサポートが必要ですし、金融機関や得意先、仕入先などへの信頼関係を維持させていくことも大事です。また、株の移譲などの税務対策なども、長い期間が必要となってきます。


渡邉美樹

資本主義の社会ではお金を儲けることを目的に事業が営まれ、お金が飛び交っているというイメージがありますが、本当に飛び交っているのは「ありがとう」なんです。そして、それがお金の形になっているんです。


石川泰彦

ICT(情報通信技術)の活用によって生産性が改善し、サービスのクオリティが高まり、社員の処遇が向上する。こうした好循環の実現が会社の成長に結びつく。


ブライアン・トレーシー

「どういう能力を身につければ、自分のキャリアに最も役立つだろうか?」これは仕事をする上で常に自問し続けることである。


依田宣夫

家庭生活でも1年ではなく3年、5年で見るといいのです。損益の状況や資産・負債の変動を把握し、分析することで、生活がどのように変化したのかつかめます。続けると家計の無駄が見えてきます。同じものをたびたび買ったりしているんです。知り合いにもやってもらっていますが、ローンの金利を随分払っていることがわかったと聞きます。


宮内誠

私に父(オリックス会長・宮内義彦)ほどの才能があるとは思わないし、時代も違う。でもゼロからスタートしてあそこまで大きくなったオリックスの精神は学びたい。それは新しいものへのチャレンジを続けるということです。与えられた環境や能力を最大限使って、チャレンジしていきたい。


ロバート・フェルドマン

一日の時間の使い方を考えるうえで原点となるのは、残りの人生をどう生きるかということです。まず人生の大きな目標を立て、それを意識しながら今日一日をどう充実させるかを考えます。だから当然、仕事だけではなくて家族との時間や自分の個人的な用事もリストに入ってくるんです。


岡田康豊

職種や業種など軸(長く関わっていきたい方向性)を1つ決め、それに関連した仕事は何でも主体的に取り組んで経験の幅を伸ばしていく姿勢が、今後のキャリア形成には大事。


鈴木喬(経営者)

大ぼら吹きと言われるくらいでちょうどいい。誇大妄想と思われても、根拠なき確信を持つことが大切。


小泉文明

リアルのコミュニケーションから得る情報も欠かせません。特に異業種の人とは積極的に交流するようにしています。最近では、プロアスリートや監督経験者、ファッション関係者などでしょうか。例えばサッカーの日本代表選手が試合の流れをコントロールする時の考えは、企業のマネジメントに通じる部分があって参考になります。大企業の経営者と直接お会いする場も、発見が多い。対面だからこそお話しいただける「意思決定の裏にあった思考プロセス」は、私にとって貴重な情報です。