下村朱美の名言

下村朱美のプロフィール

下村朱美、しもむら・あけみ。日本の経営者。「ミスパリ」社長、「学校法人ミスパリ学園」理事長。池坊短期大学卒業。エステティックサロンを開業。著書に『ダンディハウス&ミスパリの秘密』『究極のダイエットトリプルバーン痩身法』。そのほか、東京ニュービジネス協議会会長を務めた。

下村朱美の名言 一覧

持って生まれた美しさもありますが、目標に向かってチャレンジすることで手に入れられる美しさもあります。芸術的に美しい身体のラインは、彼女たちの努力の賜物でもあるのです。どんな人でも努力と志で、美しい人になれるのです。


尊い人であればあるほど、尊い仕事ができると信じています。誇りを持って仕事をし、人間性を磨いていくことも大切なことです。


人が動くのは理屈ではありません。人の心を動かすのは感動。


心と体が健康であって、初めて美しい人が作られる。


お客様が喜ぶ全てのことをやろう。


お客さまがこうしたほうが嬉しいんじゃないかということを、いつもやってきた。


異質を入れ込むことで、産業界が活性化しますから、若い人(起業家)がどんどん出てきてほしい。


私は、「美しく生きる」ということをモットーにしています。外見も中身もそうですが、美しいことというのは尊いことだと思って、美容の仕事をしています。


女性は美しく、男性は格好良くいなさい。


美しいものは、音楽にせよ、絵にせよ、人にせよ、世の中を豊かにしてくれるものだと思います。ですから、私もまだまだ修行中ですが、できるだけきれいな心を持って、きれいな言葉を使って、清潔に見える身だしなみで、会う人たちを明るく元気付けられるような、そんな人になれたらいいなあと思って生きています。


辛い経験は、怒りに変えて仕事に取り組んできました。怒りが出ますと、勇気百倍になって、世の中に怖いものがなくなるのです。「よし、これもやろう」「あれもやろう」と言って、普通ではなかなか決断できないことも「やっちゃえ」みたいになるのですね。


最近、若い人が会社を辞めるときによく使う言葉が「先が見えない」ということです。入社してまだ1年でも「先が見えない」と言うのです。勤続年数ごとに資格取得モデルを明確に提示し、5年目ぐらいまでは非常に細かくきっちり将来像を見せていきます。そうすると、社員は「このレールに乗っていけばこうなるんだ」と安心して、目標に向かって努力していけます。


エステティックは日本語で「美学」と訳しますが、美しい人をつくるお手伝いをしている私たちの仕事も尊いものだと感じています。エステティシャンは、まず理論や技術、商材などの知識を付けることが必要ですが、それらの勉強を習得したら、「美とは何か」という永遠のテーマを追求することが大切になってきます。


食事に限らず、音楽でもファッションでもアートでも、人は美しいものに触れると、その瞬間、現実を忘れ、幸せな気分に浸ることができます。この仕事をしていると、強くそう思います。美しい人が微笑んで手を振ってくれるだけでも、とても嬉しい気持ちになり、こちらの気分まで明るく弾んでくるからです。これは美しさが持つパワーなのかもしれませんが、人を感動させたり、幸せな気分にさせる美というものの尊さを日々、実感しています。


まさに人が商品ですから、どんな教育をしてどう磨きをかけていくかがとても重要です。サービスの品質を維持するためにISO9001も取得し、「7つの品質目標」を掲げ「居心地の良い洗練されたサロン」「高度な技術力」といった各項目を点数化しながら磨きをかけています。


お客様の期待に応えられる本物のプロフェッショナルをさらに増やしていくため、当社グループで5つの専門学校をつくり、世界に照準を合わせたカリキュラムを作成しました。若い技術者たちも、どんどん海外へ飛び出してチャレンジしてほしいと思っています。


嫌なことがあると、いつもサロンに行って、お客様を見るんです。お客様は笑顔でサロンに来られて、本当に幸せそうな顔をして帰られます。その姿を見ると「わたしたちは良い仕事をしている」と心から思えるのです。だから、もっと頑張らなくてはと。


仕事の楽しさに気付いていない人がいたら、それを気付かせてあげることも大切。


新しい企業が新しい雇用を生みますから、新しい会社を興して、新しい雇用を創出する。これが地方再生に一番大事なことだと思います。


最近の学生はハングリー精神が足りないかもしれませんが、私たちより飛び抜けて優秀な人たちもいますから、彼らが何をやってくれるのか、私はすごく楽しみです。


学校教育が非常に大事だと思いますね。子供たちに将来何になりたいか聞くと、公務員になりたいとか、ITをやりたい、医者になりたいという意見が出てくる中で、起業家になりたいという選択肢自体が少ないんです。ですから、ニュービジネス協議会でも社長に来てもらって中学生や高校生に講義をしたり、大学で出張授業を行ったりして、子供たちの選択肢の中に、起業というものを入れていくよう取り組んでいます。


政府は若者が起業しやすいように補助金などの制度も整えていますが、何より大切なのは若い人が起業したいという夢を持つこと。


先達の私たちが、働く楽しさをもっと発信していかないといけないですね。女性の側も、家庭に入って食べさせてもらいたいという甘えをなくす必要があります。外の世界には、刺激的な楽しいことがたくさんあるということを知ってほしい。


五感が喜ぶことや感性を生かせる仕事は女性のほうが圧倒的に有利だと思います。私がもし、左脳を主に使う分野にいたら男性に負けていたかもしれません。


「日本スパ・ウエルネス協会」では、エステティック業界の健全な発展とセラピストの社会的地位向上を目的とした活動をしています。資格試験や講習会の開催だけでなく、海外諸国との資格相互認証に向けた取り組みを進めるなど、業界の環境整備を含め、尊い仕事のあるべき姿を追求しています。発足して間もなく14年目になりますが、創設以来、追求し続けているテーマも「美とは何か」です。


母は自分でも花を活けられるのですが、私が帰省すると必ず、「花を活けて」と言って、私が活けた池坊の立花を見ては、何度も「いいわね、いいわね」と言って喜んでいました。そんな母を見てきたので、私は「きれいなものを見ると、人は喜んでくれる」と思っているところがあります。会社に花を活けているのも、そうした原体験があるからと言えます。


母は、49歳のとき、若くしてがんで亡くなりました。亡くなる1週間程前には、何も食べることができず、体中に管が付いている状態でした。手術後は高熱が続き、髪の毛も抜け、体重はどんどん落ち、本当に辛そうでした。そんな母を見て、私は思わず、「お母さん、こんなに辛かったら、早く楽になりたいと思わない?」と聞くと、母は「人間は皆、神様の子。地球上に修行をするために降りてきたのよ。修行中なのだから、辛いことや苦しいことがあって当たり前。その中で、もし楽しいことや嬉しいことがあったら、それはもうけものなのよ」と話してくれました。そして、「神様にいただいた命なのだから、地球上にいる間は精いっぱい生きないと」と言ったのです。母にそう言われると「そういうことか」と気付き、嫌なことや悔しいことがあっても「これは修行中なのだから」と思えるようになりました。そう思うと、辛い思いは軽くなりますし、嬉しいことは畏れ多いこととして、よりありがたく思えてくる。そんな生き方をしてきたような気がします。


下村朱美の経歴・略歴

下村朱美、しもむら・あけみ。日本の経営者。「ミスパリ」社長、「学校法人ミスパリ学園」理事長。池坊短期大学卒業。エステティックサロンを開業。著書に『ダンディハウス&ミスパリの秘密』『究極のダイエットトリプルバーン痩身法』。そのほか、東京ニュービジネス協議会会長を務めた。

ページの先頭へ