名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

下村敦史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

下村敦史のプロフィール

下村敦史、しもむら・あつし。日本の小説家。京都府出身。『闇に香る嘘』江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。『過去からの殺人』で角川学園小説大賞を受賞。

下村敦史の名言 一覧

自分の頭のなかでイメージしているものを、できる限りそのまま読者に見てほしくて、五感に意識を払い、サハラの過酷さを描写していきました。匂いから入っていくところ、視界から開いていくところなど、入れていく情報の順番にもこだわりながら。


ストーリーを盛り上げるためには、「何かを起こせ!」と、そういう書き方を自分もしてみたいと。いままでは詳細にプロットをつくっていたけれど、ときにはアクシデント的な書き方をしてもいいんじゃないかと。そう決めて、この作品(『サハラの薔薇』)を書き始めたら、もう楽しくて仕方なくなってしまって(笑)。連載という形をとっていたので、「じゃあ、次の回は何を起こそうか」と、毎回、企んでいました。


これまで数多く読んできた脚本の書き方や作り方というジャンルの書物に影響を受けているかもしれない。小説だと、真ん中辺りで何も起こらなくても、作品によっては許されるけど、映像作品は、観客の心を少しでも離すことは許されない。そういう意味で、脚本の持つシビアさみたいなものは、とても参考になりました。そして登場人物が何も変化せずに終わるのはストーリーとして意一味がない、ということも。


賞に応募し続けていた頃から、僕は海外の小説家が、その書き方やノウハウを記した本を数多く読んできたんです。それらからは「自らが楽しんでストーリーをつくる」というエッセンスのようなものを嗅ぎ取っていたんです。純粋に読者の立場であった頃も、おそらくそうした思いをもって書かれた小説に夢中になっていた自分がいた。けれどデビューしてからは、計算し、丁寧に物語を構築していくことに、ずっと意識を集中していたので、「つくる楽しみ」という部分からは少し離れてしまっていた感があったんです。だから今回(『サハラの薔薇』)は初心に返りました。


下村敦史の経歴・略歴

下村敦史、しもむら・あつし。日本の小説家。京都府出身。『闇に香る嘘』江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。『過去からの殺人』で角川学園小説大賞を受賞。

他の記事も読んでみる

山﨑松惠(山崎松恵)

今年、満80歳を迎える。今日、第2次世界大戦のことなど遠い昔の話として忘れ去られようとしているが、私はこの歳になっても、(東京大空襲で逃げ回った)あの日の出来事は鮮明に憶えているし、忘れられない。戦争に良いも悪いもない。何の罪もない子供も女性も関係ない。生き残るのは運が良いか悪いかだけである。今でも茶の間やテレビニュースに流れてくるシリアの子供達、本当に可哀想で見ていられない。


原田マハ

執筆にあたって宝塚の洋菓子屋さんに取材をしたのですが、パティシエがとても素敵な方で。すごく楽しそうにお菓子を作ってらして、帰る時には外まで見送ってくださったんです。その時に、とてもきれいなお辞儀をされたんですね。普段からされていなければ、とっさにできることではありません。その時「お客様に対して、いつも丁寧に接していらっしゃる方なんだな。深々としたきれいなお辞儀が、人生の素敵なクセになっているんだな」と思ったんです。そこから「こんなにきれいなお辞儀ができる方って、どんな人生を送ってきたんだろう」と考え、この物語に結びついていきました。

【覚え書き|小説『スイート・ホーム』について】


武田双雲

仕事はいかに「面白がるか」ですよ。仕事そのものが面白いなんてことはあまりないです。だから、自分で面白がる気持ちで取り組んだほうがいい。書道でも自分が楽しんで、のびのび書いた字って不思議と人の心に響きますからね。自然と集中していい仕事ができる。子供の頃、夢中で砂遊びして、ものすごい城とか作ったでしょ。給料も出ないのに(笑)。アレと同じ。


石原壮一郎

相手の言葉尻をとらえて、悪い想像を膨らませたり腹を立てたりしたところで、百害あって一利なし。必要に応じて見て見ぬふりをするのが「大人の選球眼」であり、あえて能天気な対応をするのが、話を無駄にややこしくしない「大人の生活の知恵」。


田久保善彦

グロービス経営大学院が最も大事にしているのは「志」であり、私たちは「志」を「組織・人事」「戦略・マーケティング」「会計・財務」などに並ぶ一つの科目領域に設定しています。


清水信次

我々の業界では、トップランナーだったダイエーを筆頭に、多くの会社が経営不振に陥り、合従連衡(がっしょうれんこう)が起きた。生き残った会社との差は、トップが経営の根幹ともいうべき将来の海図を持っていなかったように思う。


筒井義信

生保という事業の使命は何かといえば、やはり長期的にしっかりとお客様を守り続ける、支え続けるということ。


松本晃(経営者)

人は権限が好きだから、通常、自らそれを捨てようとはしません。そして、やがて目の前の権限を維持・拡大しようとするようになるものなのです。この時も、全社的に見ればおかしいと気づいた社員もいたかもしれません。でも、弊害があることにはっきりと気づかなければ、そのままになってしまうものです。それは、どんな組織でも同じではないでしょうか。


似鳥昭雄

正確な日時や金額など、数字の入っていない会話は、ビジネスの会話ではありません。それは遊びです。上司が「あの件はどうなっているか」と質問すれば、部下は必ず、「何月何日までに値段はいくらで、こういう状態で入荷します」と答えなければいけません。なぜなら、それが人を成長させる唯一の道だと思うからです。だから、うちの役員・社員はどこへ行っても数字や論理で表現しなければなりません。


楠木建

昔は、自分で試行錯誤して答えを見つけなければならない場面がたくさんありましたが、今は情報があふれていて、問題解決のためのコツやテクニックを瞬時に入手できます。そのため、教養の必要性を感じにくいのです。また、あまりにも情報の流通量が多いため、一つのことをじっくり考える機会も減っています。これも教養の深化を阻害する要因だと思います。


五郎丸歩

優れたリーダーはそれぞれスタイルは違っても、自分が何ができるかを分かっている。


的場一成

まず原点回帰で、当社の本当のコアのバリューがどこにあるのかを社内で確認し、本来の理念に立ち戻り、それをしっかり復活させていくことに焦点を絞っています。