下村敦史の名言

下村敦史のプロフィール

下村敦史、しもむら・あつし。日本の小説家。京都府出身。『闇に香る嘘』江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。『過去からの殺人』で角川学園小説大賞を受賞。

下村敦史の名言 一覧

自分の頭のなかでイメージしているものを、できる限りそのまま読者に見てほしくて、五感に意識を払い、サハラの過酷さを描写していきました。匂いから入っていくところ、視界から開いていくところなど、入れていく情報の順番にもこだわりながら。


ストーリーを盛り上げるためには、「何かを起こせ!」と、そういう書き方を自分もしてみたいと。いままでは詳細にプロットをつくっていたけれど、ときにはアクシデント的な書き方をしてもいいんじゃないかと。そう決めて、この作品(『サハラの薔薇』)を書き始めたら、もう楽しくて仕方なくなってしまって(笑)。連載という形をとっていたので、「じゃあ、次の回は何を起こそうか」と、毎回、企んでいました。


これまで数多く読んできた脚本の書き方や作り方というジャンルの書物に影響を受けているかもしれない。小説だと、真ん中辺りで何も起こらなくても、作品によっては許されるけど、映像作品は、観客の心を少しでも離すことは許されない。そういう意味で、脚本の持つシビアさみたいなものは、とても参考になりました。そして登場人物が何も変化せずに終わるのはストーリーとして意一味がない、ということも。


賞に応募し続けていた頃から、僕は海外の小説家が、その書き方やノウハウを記した本を数多く読んできたんです。それらからは「自らが楽しんでストーリーをつくる」というエッセンスのようなものを嗅ぎ取っていたんです。純粋に読者の立場であった頃も、おそらくそうした思いをもって書かれた小説に夢中になっていた自分がいた。けれどデビューしてからは、計算し、丁寧に物語を構築していくことに、ずっと意識を集中していたので、「つくる楽しみ」という部分からは少し離れてしまっていた感があったんです。だから今回(『サハラの薔薇』)は初心に返りました。


下村敦史の経歴・略歴

下村敦史、しもむら・あつし。日本の小説家。京都府出身。『闇に香る嘘』江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。『過去からの殺人』で角川学園小説大賞を受賞。

他の記事も読んでみる

西村克己

資料などを作ろうとした時に、最初からパソコンに向かうよりも一度、手書きでアイデアを箇条書きにしたり、図を描いておくといいでしょう。そうして全体像を把握したほうが作業は速く進む。


荒川詔四

日本企業の海外進出は、かつては欧米が中心でしたが、最近は東南アジアやインドなど新興国が成長の牽引役です。欧米流に合わせるのではなく、多様な国の習慣や文化、価値観を前提に、経営することが今の時代には欠かせません。


津谷正明

日本語は曖昧さを残し、なんとなく議論を避けてしまう言語だ。分かりにくく、間に通訳を入れてもかなり補足が必要なことが多い。だが、英語にすると意味がはっきりすることが多々ある。


千葉智之

エンスト状態に陥ったときにアクセルを踏み込んでも、エンジンが空回りしてやる気がますます失われていくだけです。早く家に帰って気分をリセットし、毎朝、小鳥のさえずりを聞きながら起きて出社したほうが仕事ははかどるはずです。


高原豪久

好きこそものの上手なれと言いますが、人間、やっぱり好きなことをやっているときが最も成果を挙げる時なんですね。


浜田広

全員の気持ちを引き締めるため、92年には全員に辞表を出してもらい、私が預かるようなこともしました。よく「辞表を懐に入れて仕事しよう」と言います。非常事態だから辞表ぐらい書こうと呼びかけたのです。


吉良俊彦

情報ネットワークの進化で居ながらにして世界中の情報が手に入ります。そのため自分は何でもわかっているという錯覚に陥りやすい。狭い範囲で自分の世界観を確立してしまうから、そこからしかモノが見えなくなってしまいます。


石川康晴

組織は大きくなると、「前例主義」や「指示待ち仕事」になりやすい。問題を探すことすらしない人が増えるのは、組織にとって危険サイン。


水野美紀

私が変わったきっかけのひとつが、2002年に劇団☆新感線の「アテルイ」という舞台に初めて出させていただき、役者さんたちと飲みに行ったことでした。その時の会話は、私にとって衝撃的でした。皆が自分の欠点やダメなところを言い、周りの人はそれを面白がって重宝する。カッコつける人なんてひとりもいないんです。それまでの私と真逆ですよね。そして、古田新太さんがこんなことを言ったんです。「面白ければ何でもいいんだ」と。古田さんは何気なく言ったようですが、私は目からウロコが落ちる思いでした。「そんな考えもあるんだ。カッコつけなくていいんだ」って。そこで、おそるおそる失敗談を話すと、みんな笑ってくれて。すごく気持ちが楽になりました。


近松門左衛門

人から恨まれようが、憎まれようが、それで死ぬことはない。


エディ夫人

健康は体のコンディションの問題ではなく、心の問題である。


矢野龍

住友林業は1691年から営々と森林を守り、自然環境の保全に貢献していることを誇りに思っています。それ以前には銅山開発、銅製錬で山は荒廃してしまいましたが、大造林計画で100年かけて森林を復元することを決めました。銅山開発で、森林資源を復元したのは世界的にも稀なケースだと思います。


国谷裕子

最後は「できる限りのことはやった」という実感が背中を押してくれる。


谷井昭雄

人間は様々な能力を持っていますが、仕事をするのに大事なのは、まず熱心さ。そして会社の中で最も仕事に熱心な人が、トップであるべきです。その熱心さに加えて自分の信念を持つことが、トップが理念を継承する上で大事なのではないかと思います。


香山リカ(精神科医)

「さあ、どうぞ」といえば相手が自動的に話してくれるのかというと、それは違います。キックオフはこちらからしなければなりません。短い言葉で相手を持ち上げて、気分よく話をスタートしてもらう。それが重要です。


ページの先頭へ