名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

下村勝己の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

下村勝己のプロフィール

下村勝己、しもむら・かつみ。日本の経営者。「城南予備校」「城南コベッツ」などを展開する「城南進学研究社」社長。独逸機械貿易取締役、城南進学研究社取締役、シモムラ社長などを経て城南進学研究社社長CEO(最高経営責任者)に就任。

下村勝己の名言 一覧

ウサギのように急がなくていい。カメでいい。


子供の数が減っていくのは、塾市場にとってはプラスではない。むしろマイナス。かといって教育産業が消えるわけではない。その時代のニーズに応えられる塾・予備校は残っていく。


強い志が必要。お客様の大切なお子さんを預かるのだから、その期待に応えられる志を持ったオーナー様を選ばせていただいている。


下村勝己の経歴・略歴

下村勝己、しもむら・かつみ。日本の経営者。「城南予備校」「城南コベッツ」などを展開する「城南進学研究社」社長。独逸機械貿易取締役、城南進学研究社取締役、シモムラ社長などを経て城南進学研究社社長CEO(最高経営責任者)に就任。

他の記事も読んでみる

アレックス・ラミレス

どんなに優れた能力を持っていても、メンタルが弱ければせっかくの力を発揮できません。たとえば、「打てそうにないな……」と委縮していたら、思い切りよくスイングできず、打てるものも打てなくなってしまいます。私は「恐れることはない。軽く打てる!」という気持ちでバッターボックスに入ります。そういう強い気持ちでいた方が、いい結果につながる確率は間違いなく高いのです。


水野泰三(経営者)

郊外型の店舗を初めて出した1976年の少し前に、米国にショッピングセンターを見に行ったんです。すると、砂漠の真ん中で近くに何にもないような店に、わんさと人が来ている。どうしてだと思って、その時は他人が操縦するセスナに乗って上から見ました。そしたらそのショッピングセンターから伸びた高速道路の先に、住宅地が張りついていた。衝撃でしたね。砂漠みたいな安い立地でも、商売ができるんだと教わりました。それで自分も日本で同じことをしたわけです。


渋沢健(渋澤健)

仕事の社会的意義というと堅苦しく感じますが、そう窮屈にとらえる必要はないのではないでしょうか。どんな仕事にも社会的な意義はあるし、人を雇用し、富を創出しているだけで、企業は社会に貢献しています。もう少し気楽に考えて、まず自分の仕事を楽しむことをお勧めします。


福原義春

よく自分探しと言いますけど、あんまり自分探しに深くのめりこんじゃって、何が何だか分からなくなっちゃうような必要はぜんぜんない。自分は社会に対して何をしてあげられるのか。もしボランティアをしてそれが役に立てばそれでもいいじゃないですか。そのうち、さらに自分が何であるかということをもっと深く知るようになると思う。そうすると自分らしい自分を考えていく。そして人と付き合っていく。さらに社会の中で成長していく。そう考えることが大事だと思うんです。


菅義偉

頑張っていると応援して下さる方も出てきます。いろいろな人が見てくれている。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

近江商人は伝統として主人は直接経営に携わらず、丁稚から叩き上げた有能な番頭に各地の店を任せてやらせるというしきたりであった。またそのために新しく入ってきた丁稚小僧を、将来の幹部、近江商人の伝統を引き継ぐ人間にするための人づくりを行ったものだ。給料も最初は低賃金。むろん最低の人件費に抑えるという考えもあったろうが、極度に質素な生活に耐え抜く意思の強固な人間をつくるという意味も加味されている。夜は習字、算盤、閑散期には礼儀作法から謡曲の稽古をさせ、将来立派な商人としての幹部を育成するという考えがその底には流れていた。


尾崎健一(尾﨑健一・臨床心理士)

出世欲は大きな成果を生み出すエネルギーになる一方で、欲の海に溺れてしまうと他人を傷つけたり、不正を犯したりと、問題行動につながります。そうならないためには、自分を見失わないこと。自分の異変にいち早く気づき、手を打つことが大事です。


山崎富治(山﨑富治)

何事も平素にあり、という言葉の中には無限の意味が込められている。日常の心がけ、行動の積み上げ、あるいは人間関係といった、私たちが生きていくうえで大切な規範が、すべてこの言葉の後に結ばれるのである。中でも人間関係はすべからく「在平素(平素にあり)」である。自分が困っているときにだけ、友人知人に援助を求めても、手を差し伸べるものは少ないであろう。普段の行動と離反したことを言う経営者には社員はついてこない。


松本幸夫

頭の回転が早い朝は、考えるのに最適な時間です。情報収集に使うのはもったいない。これはある経営者の方に聞いたのですが、経団連元会長の土光敏夫さんは電車で新聞を読んでいる部下を見つけて、「電車の中では新聞など読むな。考えろ!」と叱ったそうです。


藤原和博

入社後から20代の後半まではとにかく与えられた仕事に必死で取り組む。私自身一人前になるためには必死で頑張りました。20代後半から35歳くらいにかけては、営業、経理などの分野を問わず、あるいは語学でも資格でも構いません。とにかく1万時間を何らかの習得に当てる。何かをマスターしプロになるためには1万時間が一つの目安。


佐々木かをり

いまから考えれば、もっと無駄を省き、効率よく会社を成長させることができたとは思います。でも、あまり勉強して準備に時間をかけるのも、私はどうかと思うんです。会社をうまく楽しく成長させていくポイントは、経営者が誰よりも強く情熱的にやり遂げたいことに取り組めるかどうか。これに尽きると思うんです。


高橋祥子

起業してから数えきれないくらいいろんな方にお会いして、その後も様々な場面でいろんな方に助けていただいて、影響を及ぼし合って、一人では絶対できないような事業を創っていると、人間って素晴らしいなぁ生きててよかったなぁって思うんです。個人事業をやってるわけじゃないんだから、事業を創るのも人の繋がりが本当に大事で、大切にしたいなと思っています。