下村勝己の名言

下村勝己のプロフィール

下村勝己、しもむら・かつみ。日本の経営者。「城南予備校」「城南コベッツ」などを展開する「城南進学研究社」社長。独逸機械貿易取締役、城南進学研究社取締役、シモムラ社長などを経て城南進学研究社社長CEO(最高経営責任者)に就任。

下村勝己の名言 一覧

ウサギのように急がなくていい。カメでいい。


子供の数が減っていくのは、塾市場にとってはプラスではない。むしろマイナス。かといって教育産業が消えるわけではない。その時代のニーズに応えられる塾・予備校は残っていく。


強い志が必要。お客様の大切なお子さんを預かるのだから、その期待に応えられる志を持ったオーナー様を選ばせていただいている。


下村勝己の経歴・略歴

下村勝己、しもむら・かつみ。日本の経営者。「城南予備校」「城南コベッツ」などを展開する「城南進学研究社」社長。独逸機械貿易取締役、城南進学研究社取締役、シモムラ社長などを経て城南進学研究社社長CEO(最高経営責任者)に就任。

他の記事も読んでみる

牧野克彦(セールストレーナー)

ソニー生命を退社して会社を興すと、資金繰りなど経営者の大変さがわかるようになりました。そこで、経営者の方に資金面で安心して働いてもらおうと、法人営業を始めたのです。幸い、お客様から新しいお客様を紹介していただき、限られた営業時間でもトップセールスを続けています。とはいえ、7割の方には断られます。この辛さをリアルに体験する現役営業マンであることも、私の講師としての強み、説得力につながっているのです。


内藤忍

朝が弱い人のほとんどは夜が遅いのではないでしょうか。朝の時間帯というのは「○時までにこれをやらなくてはいけない」というように時間が制限されがちですが、夜はその制限がないためなかなか時間が区切れず、対夜更かししてしまうのではないかと思います。


樋口建介

夢は負債。夢をかなえることが資産。だから成功するためには、常に夢を持って、負債を返済するたびに資産が増えていく。資産が増えれば負債は減る。しかし、負債が減るということは夢が減るということだから、新しい夢を持とうと。これが現実社会のバランスシートなのではないかと思うんですね。逆に言えば、資産を持つと夢が無くなる。失敗したくないから夢を持たなくなる。それではいけないだろうと思うんです。


ロアン・カン

ビル(ゲイツ)はいつも「自分よりも優れた人」を求めていました。英語で「Get the Right People on the Bus」という表現があります。訳すと「適切な人をバスに乗せろ」。要は適材適所ということです。ビジネスや市場の状況は予測しにくく、技術はめざましいスピードで進化しています。様々な能力を持つ人を結集した多様性あふれるチームをつくり、市場の変化に対応するには「優秀な人材をどれだけ集められるか」が重要です。


松井秀喜

いいことも、悪いことも、すべてが財産です。前を見据えるという意味ではね。すべてを検証して、次の目標を立てる。それがオフシーズンの作業のひとつです。


土屋賢二

私は、夫婦は若い頃から、いくらか距離を置くほうがいいと思います。何でも一緒にしていると、二人は仲良し夫婦だと男は思い込みますが、それは錯覚で、おそらく妻は失望の連続だと思います。距離を置いて、妻が未知の部分を持っているほうがいいと思います。自分をあけすけに話さず、謎の部分を残すのです。少し離れたところから眺めていれば、夫の欠点は見えにくくなるし、勝手な解釈で、いいイメージを持ってくれるという期待も持てます。


堀威夫

定められたマナーを守り続けることが最良ではありません。会社も人間も生き物。絶えず振り子のように揺れ続けなければならない。


寺尾玄

バルミューダを創業する前、バンドを組んで音楽をやっていました。会社を経営し、ものづくりをしていると、ミュージシャン時代の経験がいまにつながっていると感じることが多々あります。音楽もものづくりも「クリエイティブ」という点ではまったく同じ。表現の手段に違いがあるだけです。


おちまさと

フルマラソンでもハワイに行くでもロマネ・コンティを飲むでも、何でもいいですけどね。一回だけでも経験すれば、十分に記憶の複合を起こすネタになる。一回やるのとまったくやったことがないのでは、雲泥の差があります。


ケインズ

仕事がないなら、公共投資でピラミッドを作ればよい。
炭鉱労働者が失業した?では、炭坑にポンド紙幣を埋めて、それを掘り出させればいい。


青木擴憲

縁側で玉音放送を聞いていた時、父がもらした「どうしよう……」という言葉に、母は「そのときは、そのとき」と答えていました。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

仕事の成功に対する報酬は、その仕事を成し遂げた、ということである。


猪瀬直樹

大切なのは、逆風のなかで空気に流されずに自分の意見を主張し続けられるかどうか。それを貫ける人こそが、優れた人材。


椎名保

大学卒業後、住友商事に入社し、鉄鋼部門に配属されました。その関係でパキスタンのカラチに赴任、4年半駐在したことが最初の転機でした。厳しい環境下で、現地の人、日本から来たお客さんなど多くの人と接することで、視野が広がり、仕事や社会に対するいろいろな見方、考え方ができるようになりました。


山本徳次

和菓子は人の手をくぐって作っていくので完全な自動化は難しいのですが、それからは設備投資のピッチを上げて、できる部分は徹底的に機械化しました。時にはちょっとやり過ぎたかなとも思いますが、まだまだ機械化は手を抜いたらあかんとも思います。


ページの先頭へ