名言DB

9490 人 / 112001 名言

下川浩二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

下川浩二のプロフィール

下川浩二、しもかわ・こうじ。日本のビジネスコンサルタント。兵庫県出身。大阪市立大学卒業後、大和証券に入社。同社で営業マンとして実績を積み、ソニー生命に転職。トップ営業マンとなり年収が3000万円を突破する。その後、収入が増えても仕事が楽にならないジレンマから無気力になり、営業成績を落としてしまう。独自に成功手帳を開発し立ち直り独立。主な著書に『凡人でも面白いほど進化する成功手帳術』『人生は、マネしてトクして楽しもう。』などがある。

下川浩二の名言 一覧

仕事量を増やすためには、仕事を効率化すると同時に、仕事の密度を上げることも考えなければいけません。


毎日開く手帳には目標を書くべきです。目標が達成できない最大の理由は、目標を忘れてしまうことです。忘れないようにするには、手帳に書いておいて毎日見返すことです。これに勝る方法はありません。


私が生命保険会社に勤務していたときは、金曜の夜にファミリーレストランに行き、来週やらなければならないこと、やりたいことをすべて手帳に書き出し、優先順位をつけてスケジューリングするという「ひとり作戦会議」を必ずやっていました。これをやることによって生産性が格段に上がります。


手帳というのは、たんに予定やメモを書き込むだけではなく、やるべきことを教えてくれたり、やる気や元気を与えてくれたり、過去と現在の橋渡しをしてくれたりするとんでもない可能性を秘めた道具なのです。


やりたいことリストの実現したものには「達成ハンコ」を押していきます。そのたびに、やればできるという自己効力感が増し、その自信がまた次のやりたいことを実現させる力になるのです。


やりたいことリストを手帳に書いて毎日見直していれば、実現する確率は間違いなく上がります。私の手帳にはやりたいことが常に500個くらいリスト化されています。誰に迷惑をかけるわけでもないのですから、いくら数が多くても遠慮することはありません。


手帳には目標だけでなく、その達成のために何をすべきかを書き込み、目標に対する結果を反省することが大切です。


目標を期限までに達成できなくても、あまり気にする必要はありません。達成できなかったことをいつまでも悔やんでいたら、そのうち目標を立てること自体が嫌になってしまいます。達成できなかったときはその原因を明らかにして、それを踏まえた新たな目標を設定すればいいのです。


スケジュール管理に関しては、積極的にITツールを利用すべきだと思います。とくにプロジェクトで仕事をしている人は、グーグルカレンダーなどをネット上で共有し、スマートフォンでも見られるようにしておけば、メンバー全員の細心の予定を確認することができます。こんな芸当はアナログの手帳では無理です。


高収入の人は多くの仕事をこなさなければなりません。そのなかで細かいことまで含めたら、1日のうちやるべきことが100件などというのはザラです。そのすべてを記憶しておくのは土台無理です。かといって電話一本かけ忘れただけでお客さんの信用を失うのがビジネスの世界ですから、多くの仕事を抱える人ほど、TODOリストを利用しないわけにはいかないのです。


高収入の人ほど手帳を利用して、時間を上手に使っています。優先順位を付け、無駄を排除し、自分が主体的に時間を管理できるようでないと、収入に見合うだけの仕事の量と質を担保できないからだと言い換えてもいいでしょう。


大枚をはたいて「夢が叶う」「成功する」といったたぐいの手帳を購入したからといって、謳い文句通りの効果が表れると思ったら大間違いです。大事なのはそこに何をどれだけ書くかです。持っているだけで人生が変わるような手帳はありません。


手帳に「自分の考え」や「将来の希望」「元気をもらった言葉」などを書いては読み返すようにしていたら、そのうち手帳を開くのが楽しくなってきました。それだけではなく、頭が整理され、やる気が出てくるのです。手帳にこんな効果があるとは自分でも驚きでした。


営業マンのときは、人付き合いに必ず損得勘定がありました。いまは損得はどうでもいい。そう考えるようになってから自然に人が寄ってくるんです。それに儲けることが目的ではなくなり、「人を元気にする」という自分の役割を意識し始めてから、仕事がとにかく楽しい。子供がゲームに没頭するのと同じで、仕事に夢中でトイレも我慢してしまうほどです。


成功者の手帳を見ると、他人との約束を記録するための単なるスケジュール帳ではなく、将来の自分との約束、つまり夢や目標が記されていました。


まずは会社生活を好きになる工夫をしてほしい。そして会社の外に出て日々を豊かに楽しんでいる人が、たくさんいることを知ってください。


成功するための近道はTTP(徹底的にパクる)、TKP(ちょっと変えてパクる)、OKP(思い切って変えてパクる)という三段活用なんです。


下川浩二の経歴・略歴

下川浩二、しもかわ・こうじ。日本のビジネスコンサルタント。兵庫県出身。大阪市立大学卒業後、大和証券に入社。同社で営業マンとして実績を積み、ソニー生命に転職。トップ営業マンとなり年収が3000万円を突破する。その後、収入が増えても仕事が楽にならないジレンマから無気力になり、営業成績を落としてしまう。独自に成功手帳を開発し立ち直り独立。主な著書に『凡人でも面白いほど進化する成功手帳術』『人生は、マネしてトクして楽しもう。』などがある。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

松下電器の人々のあいだでは、北海道におる人の苦労が九州におる人に伝わる、九州におる人の苦労が北海道の人に伝わるという、打てば響くようなかたちにおいて全員が結ばれていくというようにずらなければ、けっして成果というものはあがるものではないと思うのであります。


安藤宏基

優秀な人材を育てるには会社の機能を細分化し、その部門の責任を持たせるのが一番よい。責任を持っていろんな仕事に挑戦していくことは企業活性化にもつながる。安住していては社内が保守化官僚化する。知恵を出せ、核分裂してみんなが会社の社長になれ。


後藤亘

だまだ守る立場ではない。小規模の集団が勝ち抜くためには攻めるしかない。汗かいて、知恵出して、働く者同士の輪を広げていかないと。


早河洋

キラーコンテンツを生み出すという意味で言うと、私が関わった『ニュースステーション』はスタート時の視聴率が8~9%で、「社運をかけたプロジェクトとしては失敗だ」と言われていました。ところが、3年目くらいから年間平均視聴率が16~17%になっていました。開始当初から当たるまでの「戦いの苦しさ」というのが、ものすごくあるんです。


瀬戸欣哉

これまでと違うやり方をしないと勝てない。


阿部祐二

僕が本に求めるのは「難解」であること。本の醍醐味は考えることです。読後、「そうか、そうか」と思うのではなく、「なんで? なんで?」となる本こそ読む意味がある。読みやすく平易な本ばかりが人気を呼ぶ昨今ですが、本来読書とは、思考の限界を押し広げる営みであるはず。少なくとも、僕にとってはそうです。そうした読み方が今一度見直されてもいいのでは、と思いますね。


竹内薫

「オレは理系だから……」会話が苦手だと公言したり、「僕は文系なので……」数字を見るのもイヤという人はたしかに多い。けれど、真に優れた研究者は理系だけど会話が面白かったり、人文系の学者でも数値的な思考が根付いている。


エルバート・ハバード

給料以上のことをしない人は、いま以上の給料は得られない。


水口和彦

中間管理職が休みを取りづらいのは、「仕事のことが心配で休めない」という理由が大きいと思います。仕事のことが心配になるのは、タイムマネジメントができていないことが一番の原因です。もし、仕事が順調に進んでいて、「このペースなら期限までに終わるだろう」とわかっていれば、安心して休みを取ることができます。


岩城裕一

私は臓器移植が専門の外科医ですが、昔、医薬系ベンチャーキャピタルのアドバイザーを頼まれたことがあり、それが縁で会社経営にも携わるようになりました。それまでは医療業界の動きは、論文に目を通していれば把握できると思っていたのですが、様々な医薬ベンチャーの話を聞いていると、論文には出てこない最先端の研究が出てくる。そこで創薬は面白いと思うようになりました。


田中和彦

限られた時間の中でやることを達成するには「やめること」を明確にする必要がある。


鐘撞正也

弊社では自社のこだわりを押し付けることなく、あくまでお客様の思い描くイメージをカッコいい住宅にするための変換装置でありたい。