名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

下川浩二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

下川浩二のプロフィール

下川浩二、しもかわ・こうじ。日本のビジネスコンサルタント。兵庫県出身。大阪市立大学卒業後、大和証券に入社。同社で営業マンとして実績を積み、ソニー生命に転職。トップ営業マンとなり年収が3000万円を突破する。その後、収入が増えても仕事が楽にならないジレンマから無気力になり、営業成績を落としてしまう。独自に成功手帳を開発し立ち直り独立。主な著書に『凡人でも面白いほど進化する成功手帳術』『人生は、マネしてトクして楽しもう。』などがある。

下川浩二の名言 一覧

仕事量を増やすためには、仕事を効率化すると同時に、仕事の密度を上げることも考えなければいけません。


毎日開く手帳には目標を書くべきです。目標が達成できない最大の理由は、目標を忘れてしまうことです。忘れないようにするには、手帳に書いておいて毎日見返すことです。これに勝る方法はありません。


私が生命保険会社に勤務していたときは、金曜の夜にファミリーレストランに行き、来週やらなければならないこと、やりたいことをすべて手帳に書き出し、優先順位をつけてスケジューリングするという「ひとり作戦会議」を必ずやっていました。これをやることによって生産性が格段に上がります。


手帳というのは、たんに予定やメモを書き込むだけではなく、やるべきことを教えてくれたり、やる気や元気を与えてくれたり、過去と現在の橋渡しをしてくれたりするとんでもない可能性を秘めた道具なのです。


やりたいことリストの実現したものには「達成ハンコ」を押していきます。そのたびに、やればできるという自己効力感が増し、その自信がまた次のやりたいことを実現させる力になるのです。


やりたいことリストを手帳に書いて毎日見直していれば、実現する確率は間違いなく上がります。私の手帳にはやりたいことが常に500個くらいリスト化されています。誰に迷惑をかけるわけでもないのですから、いくら数が多くても遠慮することはありません。


手帳には目標だけでなく、その達成のために何をすべきかを書き込み、目標に対する結果を反省することが大切です。


目標を期限までに達成できなくても、あまり気にする必要はありません。達成できなかったことをいつまでも悔やんでいたら、そのうち目標を立てること自体が嫌になってしまいます。達成できなかったときはその原因を明らかにして、それを踏まえた新たな目標を設定すればいいのです。


スケジュール管理に関しては、積極的にITツールを利用すべきだと思います。とくにプロジェクトで仕事をしている人は、グーグルカレンダーなどをネット上で共有し、スマートフォンでも見られるようにしておけば、メンバー全員の細心の予定を確認することができます。こんな芸当はアナログの手帳では無理です。


高収入の人は多くの仕事をこなさなければなりません。そのなかで細かいことまで含めたら、1日のうちやるべきことが100件などというのはザラです。そのすべてを記憶しておくのは土台無理です。かといって電話一本かけ忘れただけでお客さんの信用を失うのがビジネスの世界ですから、多くの仕事を抱える人ほど、TODOリストを利用しないわけにはいかないのです。


高収入の人ほど手帳を利用して、時間を上手に使っています。優先順位を付け、無駄を排除し、自分が主体的に時間を管理できるようでないと、収入に見合うだけの仕事の量と質を担保できないからだと言い換えてもいいでしょう。


大枚をはたいて「夢が叶う」「成功する」といったたぐいの手帳を購入したからといって、謳い文句通りの効果が表れると思ったら大間違いです。大事なのはそこに何をどれだけ書くかです。持っているだけで人生が変わるような手帳はありません。


手帳に「自分の考え」や「将来の希望」「元気をもらった言葉」などを書いては読み返すようにしていたら、そのうち手帳を開くのが楽しくなってきました。それだけではなく、頭が整理され、やる気が出てくるのです。手帳にこんな効果があるとは自分でも驚きでした。


営業マンのときは、人付き合いに必ず損得勘定がありました。いまは損得はどうでもいい。そう考えるようになってから自然に人が寄ってくるんです。それに儲けることが目的ではなくなり、「人を元気にする」という自分の役割を意識し始めてから、仕事がとにかく楽しい。子供がゲームに没頭するのと同じで、仕事に夢中でトイレも我慢してしまうほどです。


成功者の手帳を見ると、他人との約束を記録するための単なるスケジュール帳ではなく、将来の自分との約束、つまり夢や目標が記されていました。


まずは会社生活を好きになる工夫をしてほしい。そして会社の外に出て日々を豊かに楽しんでいる人が、たくさんいることを知ってください。


成功するための近道はTTP(徹底的にパクる)、TKP(ちょっと変えてパクる)、OKP(思い切って変えてパクる)という三段活用なんです。


下川浩二の経歴・略歴

下川浩二、しもかわ・こうじ。日本のビジネスコンサルタント。兵庫県出身。大阪市立大学卒業後、大和証券に入社。同社で営業マンとして実績を積み、ソニー生命に転職。トップ営業マンとなり年収が3000万円を突破する。その後、収入が増えても仕事が楽にならないジレンマから無気力になり、営業成績を落としてしまう。独自に成功手帳を開発し立ち直り独立。主な著書に『凡人でも面白いほど進化する成功手帳術』『人生は、マネしてトクして楽しもう。』などがある。

他の記事も読んでみる

渡邊陽一

情熱をかけて取り組めば、失敗するかもしれませんが、絶対に後悔はしないはず。


田口トモロヲ

『プロジェクトX』のすぐあとには、映画を監督する機会もいただきました。はたから見れば恵まれた40代に見えたかもしれません。しかし、内面では中年クライシスというのか……。それまでの演技は、初期衝動や好奇心だけで乗り切ってきたんですが、「もう勢いだけでは出来ないかも」って壁にぶつかり、悩みました。監督をやるとなると、そういうことを考えざるを得ないんです。うまい芝居がいいのか、それとも楽しむ芝居がいいのか、ヘタでも心にグッと響く芝居がいいのか……。いろいろ悩んで、ちょっと鬱っぽくなったりもして。でも、50歳を過ぎたあたりで、ハッと気づいたんです。自分はいったい、何がやりたくてこの世界に入ってきたんだ? 振り返れば10代のころ、唐十郎(からじゅうろう)さんのアングラ演劇を見て、「こんなすごい世界があるんだ!!」と、衝撃を受けたからではないかと。あの日、魂から伝わってくる何かに、僕は打ちのめされた。自分もそういう表現をやりたい! それでこの世界に入ってきたんじゃないか。そんな風に、気づきまして。技術でも言葉でもない何か。「自分にとって重要なのは、魂だ」って。それからです、鬱から抜け出せたのは(笑)。


小暮真久

嫌いな仕事をしていると顔に出るものです。逆に自分のやりたい仕事をしている人、いい仕事をしている人は肌艶がいい。目の輝きも違います。


林田正光

自分が話をしているときに相手が一生懸命メモをとりながら聞いていたら、話をよく聞いてくれているな、熱心だなと思いませんか?その印象が大切なのです。人は、いい印象を受けた相手とは長くつき合っていきたいと思うし、仕事を任せたいと思うものです。相手に好印象を与えるには身なりを整えたり、内面を磨いたりすることももちろん大切。しかしそれだけでは不十分で、その言動も好印象をもたれなければ相手からの信頼は得られません。そう考えると、みなさんも私のメモをとる姿を快く感じ、信頼してくださったのではないでしょうか。その結果、私には3500人もの人脈ができたのです。


平木明敏

20年先の市場を見据えて部門横断で先端的な素材開発をする「グローバル技術革新センター」を新設しました。軽量化素材の主流になる炭素繊維複合材など、既存事業の枠に縛られない技術開発を始めています。近い将来、社名から「金属」の2文字がなくなる日が来るかもしれません。


松井忠三

従来とは視点を変えた仕事の効率化に社員も慣れてきています。夜7時に退社しなければならないとなると、単なるガンバリズムは通用しない。10分、15分単位でひとつの仕事を終えることが、いかに段取りを上手くやるかという効率化を進めるための工夫と訓練につながるのです。


仮屋薗聡一

投資では、投資する側とされる側のケミストリー(相性)が問題になります。グロービスは「社会貢献」「自己実現」「理想的な企業システムの実現」といった独自の経営理念「グロービス・ウェイ」に則って投資を行っており、それと投資先の企業の考えが一致しているかどうかが重要です。


メンタリストDaiGo

集中しないほうがうまくいくことだってあります。注意を散漫にしたほうが面白いアイデアを思いつくことがあるので、集中力が発揮できない時間帯を他人と雑談をしながらアイデア出しをする時間に充てるのもいいでしょう。


原田泳幸

全社一丸となって残業ゼロに取り組んでいると、資料の1ページ目から読み上げるような会議や、パワーポイントにワープロの文章を貼りつけて読ませるといったプレゼンテーションは自然と減り、その分生産性は確実に高まってきました。いまでは全社員の平均残業時間は一桁です。しかも、2009年上半期には過去最高の営業利益を叩きだしました。仕事は時間ではありません。質とスピードなのです。


野口啓代

2位、3位、4位と成績は安定したんですが、どうしても優勝できない。そのうち、順位ばかりが気になり、人との比較をするようになって。あの頃は、自分の登りよりも他人との競争にすごく目がいっていました。とにかく優勝したい。年間ランキングに入りたい。その思いが強すぎて、逆に力が出せなかったんだと思います。


近藤宣之

一番簡単で、かつ一番必要なのは、社長みずからが社員を教育することです。何のためにこの会社がつくられたのか、創業の志を伝える。私は毎週「社長塾」を開いたり、毎月の全社会議で講師になったりして話しています。そして、自分ではできない教育は外部の機関に依頼して補う。


佐藤琢磨

1番でゴールフラッグを受けた瞬間は、夢のようでした。ドライバーが注目されがちですが、メーカーやメカニック、エンジニア、無線で適切な情報をくれるスポッターや監督、チームメートなどの完全なチームワークで勝ち取った勝利。いい時も悪い時も見守ってくださったファンの方々を含め、その夢を皆でかなえたことが、何よりも心震えました。