下川浩二の名言

下川浩二のプロフィール

下川浩二、しもかわ・こうじ。日本のビジネスコンサルタント。兵庫県出身。大阪市立大学卒業後、大和証券に入社。同社で営業マンとして実績を積み、ソニー生命に転職。トップ営業マンとなり年収が3000万円を突破する。その後、収入が増えても仕事が楽にならないジレンマから無気力になり、営業成績を落としてしまう。独自に成功手帳を開発し立ち直り独立。主な著書に『凡人でも面白いほど進化する成功手帳術』『人生は、マネしてトクして楽しもう。』などがある。

下川浩二の名言 一覧

仕事量を増やすためには、仕事を効率化すると同時に、仕事の密度を上げることも考えなければいけません。


毎日開く手帳には目標を書くべきです。目標が達成できない最大の理由は、目標を忘れてしまうことです。忘れないようにするには、手帳に書いておいて毎日見返すことです。これに勝る方法はありません。


私が生命保険会社に勤務していたときは、金曜の夜にファミリーレストランに行き、来週やらなければならないこと、やりたいことをすべて手帳に書き出し、優先順位をつけてスケジューリングするという「ひとり作戦会議」を必ずやっていました。これをやることによって生産性が格段に上がります。


手帳というのは、たんに予定やメモを書き込むだけではなく、やるべきことを教えてくれたり、やる気や元気を与えてくれたり、過去と現在の橋渡しをしてくれたりするとんでもない可能性を秘めた道具なのです。


やりたいことリストの実現したものには「達成ハンコ」を押していきます。そのたびに、やればできるという自己効力感が増し、その自信がまた次のやりたいことを実現させる力になるのです。


やりたいことリストを手帳に書いて毎日見直していれば、実現する確率は間違いなく上がります。私の手帳にはやりたいことが常に500個くらいリスト化されています。誰に迷惑をかけるわけでもないのですから、いくら数が多くても遠慮することはありません。


手帳には目標だけでなく、その達成のために何をすべきかを書き込み、目標に対する結果を反省することが大切です。


目標を期限までに達成できなくても、あまり気にする必要はありません。達成できなかったことをいつまでも悔やんでいたら、そのうち目標を立てること自体が嫌になってしまいます。達成できなかったときはその原因を明らかにして、それを踏まえた新たな目標を設定すればいいのです。


スケジュール管理に関しては、積極的にITツールを利用すべきだと思います。とくにプロジェクトで仕事をしている人は、グーグルカレンダーなどをネット上で共有し、スマートフォンでも見られるようにしておけば、メンバー全員の細心の予定を確認することができます。こんな芸当はアナログの手帳では無理です。


高収入の人は多くの仕事をこなさなければなりません。そのなかで細かいことまで含めたら、1日のうちやるべきことが100件などというのはザラです。そのすべてを記憶しておくのは土台無理です。かといって電話一本かけ忘れただけでお客さんの信用を失うのがビジネスの世界ですから、多くの仕事を抱える人ほど、TODOリストを利用しないわけにはいかないのです。


高収入の人ほど手帳を利用して、時間を上手に使っています。優先順位を付け、無駄を排除し、自分が主体的に時間を管理できるようでないと、収入に見合うだけの仕事の量と質を担保できないからだと言い換えてもいいでしょう。


大枚をはたいて「夢が叶う」「成功する」といったたぐいの手帳を購入したからといって、謳い文句通りの効果が表れると思ったら大間違いです。大事なのはそこに何をどれだけ書くかです。持っているだけで人生が変わるような手帳はありません。


手帳に「自分の考え」や「将来の希望」「元気をもらった言葉」などを書いては読み返すようにしていたら、そのうち手帳を開くのが楽しくなってきました。それだけではなく、頭が整理され、やる気が出てくるのです。手帳にこんな効果があるとは自分でも驚きでした。


営業マンのときは、人付き合いに必ず損得勘定がありました。いまは損得はどうでもいい。そう考えるようになってから自然に人が寄ってくるんです。それに儲けることが目的ではなくなり、「人を元気にする」という自分の役割を意識し始めてから、仕事がとにかく楽しい。子供がゲームに没頭するのと同じで、仕事に夢中でトイレも我慢してしまうほどです。


成功者の手帳を見ると、他人との約束を記録するための単なるスケジュール帳ではなく、将来の自分との約束、つまり夢や目標が記されていました。


まずは会社生活を好きになる工夫をしてほしい。そして会社の外に出て日々を豊かに楽しんでいる人が、たくさんいることを知ってください。


成功するための近道はTTP(徹底的にパクる)、TKP(ちょっと変えてパクる)、OKP(思い切って変えてパクる)という三段活用なんです。


下川浩二の経歴・略歴

下川浩二、しもかわ・こうじ。日本のビジネスコンサルタント。兵庫県出身。大阪市立大学卒業後、大和証券に入社。同社で営業マンとして実績を積み、ソニー生命に転職。トップ営業マンとなり年収が3000万円を突破する。その後、収入が増えても仕事が楽にならないジレンマから無気力になり、営業成績を落としてしまう。独自に成功手帳を開発し立ち直り独立。主な著書に『凡人でも面白いほど進化する成功手帳術』『人生は、マネしてトクして楽しもう。』などがある。

他の記事も読んでみる

坂信弥

私は富山県知事時代、官舎で一人住まいをしていたのだが、それにはわけがある。子供が学校に上がるころになって私は子供たちが官舎に住む弊害を感じた。それは出入りの者が私の娘や息子を「お嬢ちゃん」「お坊ちゃん」とチヤホヤすることだ。私はそんな周りの空気が子供たちを人間的にスポイルするものだと思った。


大橋博(教育者)

一番は学生第一、生徒第一の学校づくりや教育に徹してきたこと。往々にして過去の学校は勤務している人を優先する色彩があったような気がします。私が大学をつくったのも「学生中心の大学が必要だ」という想いからでした。これは小・中・高の先生だろうと大学の教授だろうと関係ありません。そこで学生第一に考えて教育をする大学が必要ではないか。研究をするためだけの大学ではなく、大学に在籍している学生に主眼を置いた大学こそが望まれる大学なのではないかと。


ジョエル・ティリングハスト

フィデリティに採用される前はバンク・オブ・アメリカでエコノミストをしていた。その時に債券よりも株の方が好きなことに気付いた。それで株式投資に関係する仕事に就きたいと考えた。また、多くのことを学べる偉大な人たちと一緒に仕事をしたいという気持ちも強かった。ピーター(リンチ)は、今も米国で最も有名なファンドマネジャーだ。運用していた「フィデリティ・マゼラン・ファンド」で抜群の成績を残した。だから彼に何度も電話して面談を受けたんだ。


山海嘉之

我々がこの十数年やってきたことは、革新技術を創り出し、社会実装を進めながら「サイバニクス産業」という新産業を創出してきたということです。そして、手探りをしながら自らがパイオニアとなって産業を創りながら歩んできたということです。革新的技術を創り出すこと、市場が未開拓であること、資料も教材もなく手探りが続くこと、新領域の専門家人材がいないこと、社会が受け入れる仕組みがないことなど、乗り越えるための様々な挑戦が続きました。ついに、今は好循環のイノベーションスパイラルが回るようになってきた。HAL開発を通じて、イノベーションエコシステムの仕組みづくりを同時展開してきました。


嶋田毅

特に若い人は視野が狭く、一方的、独善的になってしまいがちです。多くの経験を積んだベテランは、きちんとその経験を活かして、「もっといろいろな観点から見なければダメだよ」と、部下に視野の狭さを気づかせてやることが重要なポイントになります。


菊池寛

最善の技術には、努力次第で誰でも達し得る。それ以上の勝敗は、その人の性格、心術、覚悟、度胸に依ることが多いだろう。


藤田晋

人と人が関わるビジネスの世界は、利害関係だけで成り立つものは少なく、結局のところ、信頼関係で動いているものが多い。そうなると、「信頼できる人間かどうか」を見極める力が必要になってくる。


星野佳路

弊社の競争力とは、フラットな組織文化が礎になっていると思っています。それがあるから、星野リゾートらしさが体現できる。そういう意味で次のリーダーは、その文化をきちんと継承している人、組織文化の中心になれる人でなければならないと思っています。


大野直竹

どこに大和ハウスを選んだメリットがあるのか。それは、とにかくずっと付き合うところにあると。これをきちんと評価していただき、金メダルを取らないと、大和ハウスの明日もない。


青野慶久

私は、何かを計画する際に、あえてその計画が失敗する場面をイメージしています。普通は、「どうやったら成功するか」と考えるものだと思いますが、逆に、「失敗するとしたら、どんな原因があるか」と考えることで、行き詰りそうなポイントがクリアに見えてくるのです。そこで前もって、ウィークポイントを手当てしておけば、仕事の停滞をかなり防止できます。


新宅祐太郎

「全く違う視点で取り組む」「諦めない」「学ぼうとする」。この3つがコモディティーに新しい命を吹き込む。


坂本敦子

仮に自分の意見が採用されなかったとしても、自分の立場を表明することで、たとえ意に沿わない仕事をする結果になっても、もう少し前向きに取り組めるかもしれない。


筒井義信

先日、若手チームによるプロモーションプロジェクトの検討報告を役員会で行いましたが、私を含め役員から見ると、ここはこうしたらどうかという部分がいろいろ見つかるわけです。しかし、ここは若い力に任せ、我々は意見を言わずに責任だけ取ろうということに決めました。


エマニュエル・プラット

LVMHの個々のブランド価値を高めていくのが我々のミッションです。たとえば、ルイ・ヴィトンの製品は、すべて自前で育成した職人が自社工房で手作業でつくり、製品は世界各地の直営店を中心に正規店のみで販売しています。1954年の創業以来、値引きをしたことは一度もありません。また、製品のリペアサービスも充実しています。このようにこだわって作った製品の価値が将来にわたって維持できるということが、お客様の信頼につながります。


小嶋淳司

企業が大きくなると、どうしても数字、報告書、それから間接的な報告が多くなります。数値は過去のもの。報告書には失敗やマイナスになることは書かれず、反対に、良いことは誇張して書かれます。数字の中に現時点でどれだけ大きな問題点が含まれているのか、報告書の何割に本当のことが書かれているのか。現場のカンが働かなければわからないのです。


ページの先頭へ