名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

下嶋政幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

下嶋政幸のプロフィール

下嶋政幸、しもじま・まさゆき。日本の経営者。「兼松」社長。大学卒業後、兼松江商に入社。取締役、常務取締役、大阪支社長などを経て社長に就任。

下嶋政幸の名言 一覧

構造改革以降、当社の財務体質は大幅に改善しました。今後は、この良好な財務体質をベースに、さらなる収益拡大を目指します。そのためには、「近い将来はこうありたい」という理想像を描き、そこから逆算して今やるべきことを整理・実践していく「フューチャー・プル」の発想が必要でしょう。


当社では企業内起業家育成に力を入れています。今年7回目を迎えた「ビジネスプラン策定研修」には職場推薦などで選ばれた20~30代の24名程度が参加。まず論理的思考や経営戦略、マーケティングの基礎知識を学び、その後6名程度のグループに分かれて一つの新規事業の立ち上け、までをプランニングします。市場調査、取引先選定、収益フロー、予算取りなどを本物の事業計画と同レベルまで詰めて、最後は全役員の前でプレゼンテーションするのですが、具体性の高い内容のため役員側との質疑応答は毎回非常に白熱します。研修で上がったプランが実際のプロジェクトとして動き出す事例も出始めました。社外講師や受講生同士でつながりが生まれるなど、人脈の形成にも役立っているようです。


投資は収益力向上の「手段」に過ぎず、それ自体が目的ではありません。原則、営業キャッシュフローで創出された資金をもとに行いますが、優良な大型買収案件などがあれば資金調達も検討します。


下嶋政幸の経歴・略歴

下嶋政幸、しもじま・まさゆき。日本の経営者。「兼松」社長。大学卒業後、兼松江商に入社。取締役、常務取締役、大阪支社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

高島郁夫

平常のときは誰だって頑張れます。ところが、崖っぷちに立たされたとき、気力・体力が続かず、負けてしまう人が意外と多いと思います。瀬戸際で持ちこたえるには踏んばる力がいります。自分の場合、その力は、体を鍛えることによって培われた気がします。


岡田裕介(東映)

うちは映画以外にもイベントをやったり、ビデオやテレビ部門、それから不動産部門もあるので、これらの部門が堅調な数字を出してくれて映画がヒットしたら高収益。それがなくても、きちんとやっていける体制は築けてきたと思っています。


村山由佳

人生と庭の充実度って、驚くほどリンクしているんです。たとえば心がすさんでいると、庭は荒れてしまう。ここのところ、うちの庭はだいぶ充実してきていて、そこで過ごす時間がとても大切に思えるんです。


藤巻健史

プロフェッショナルになるのは、どんな分野でも構わない。先日、片づけのスペシャリストである近藤麻理恵さんが、『TIME』誌で「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた。片づけも極めれば、世界で注目される。


丸谷智保

今後は、顧客の来店回数を増やすことに力を注ぎます。クラブカード会員の来店回数は平均で年42回ですが、これを365回(毎日)に増やすことが目標です。既に、朝・昼・晩と3食をホットシェフで済ませる顧客もいます。そのような地域密着のサービスを提供できるのも、全国チェーンでは気が付かないニーズに応えられる地元のコンビニだからでしょう。


山海嘉之

ざっくり言えば、私は場所を選はないほうです。どんな場所でもやればできると思います。やりやすい場所はあります。シリコンバレーとか、人が集まり易い場所もありますしね。それはありますが、筑波は筑波でいいところが沢山あって、やり易いところもある。また、やりにくいところもあります。


齋藤孝(教育学者)

私は書籍の編集者に企画を提案する際、タイトル案を書き込んだコピー用紙を本のカバーに見立てて、ついでにオビのコピーまで書き込んで見せることがある。相手が編集者だけに、いろいろ理屈を並べるより、この方がイメージを共有しやすいのだ。私の著作が人並み外れて膨大な理由の一端はここにある。


尾崎健一(尾﨑健一・臨床心理士)

正当に評価されていないと感じたら、まずは自分が会社に対して「評価に値する貢献」をしているかどうか、考えてみてください。組織に貢献していないのに、「上司の好き嫌いや評価能力」のせいにしている人が多いんです。


松沢幸一

努力の中に楽しみを見つける方法は人それぞれですが、私の場合はニンジンがぶら下がっていると頑張るタチなんです。


相川哲郎

人の嗜好だけを追い求めていると、ブームが去ったら消えていきます。


伊藤洋志

じつは大正時代以前は多くの人が複数の仕事を持っていました。仕事を本業1つに絞ると、嫌でも必死に続けなければならない。小さな仕事を複数持って、もっと肩の力を抜いて楽しく仕事ができる方法が、「ナリワイ」の考え方です。


飯野謙次

人はミスを犯したとき、しばしば「次から注意します」と言います。しかしこれでは何の解決にもなりません。なぜなら、そもそも人間の注意力には限界があるからです。必要なのは、注意力が低下してもミスが起こらない「仕組み」を作ることなのです。