名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

下嶋政幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

下嶋政幸のプロフィール

下嶋政幸、しもじま・まさゆき。日本の経営者。「兼松」社長。大学卒業後、兼松江商に入社。取締役、常務取締役、大阪支社長などを経て社長に就任。

下嶋政幸の名言 一覧

構造改革以降、当社の財務体質は大幅に改善しました。今後は、この良好な財務体質をベースに、さらなる収益拡大を目指します。そのためには、「近い将来はこうありたい」という理想像を描き、そこから逆算して今やるべきことを整理・実践していく「フューチャー・プル」の発想が必要でしょう。


当社では企業内起業家育成に力を入れています。今年7回目を迎えた「ビジネスプラン策定研修」には職場推薦などで選ばれた20~30代の24名程度が参加。まず論理的思考や経営戦略、マーケティングの基礎知識を学び、その後6名程度のグループに分かれて一つの新規事業の立ち上け、までをプランニングします。市場調査、取引先選定、収益フロー、予算取りなどを本物の事業計画と同レベルまで詰めて、最後は全役員の前でプレゼンテーションするのですが、具体性の高い内容のため役員側との質疑応答は毎回非常に白熱します。研修で上がったプランが実際のプロジェクトとして動き出す事例も出始めました。社外講師や受講生同士でつながりが生まれるなど、人脈の形成にも役立っているようです。


投資は収益力向上の「手段」に過ぎず、それ自体が目的ではありません。原則、営業キャッシュフローで創出された資金をもとに行いますが、優良な大型買収案件などがあれば資金調達も検討します。


下嶋政幸の経歴・略歴

下嶋政幸、しもじま・まさゆき。日本の経営者。「兼松」社長。大学卒業後、兼松江商に入社。取締役、常務取締役、大阪支社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

水野和敏

俺はいつもどんな大きなプレゼンテーションでも、誰に話をしにいくのでも、原稿ってのは用意しない。そんなのなくたって、そのクルマについて一番知っているのは俺なんだ。言動が誤解されても、そのときの俺の話がまずかったんだと思うだけで、ウソはついていないし、どう受け取られるのかについては相手の自由なんだからそれでいい。生のまま、身を絞り出すようにして、そのときに一番強く思っていることをぶつけるだけ。


石田淳(コンサルタント)

「細かく指示すると、自分で考える力が育たないのではないか」と思うかもしれません。しかし、守破離という言葉があるように、最初に「型を教わり、それを守る」という段階を踏まなければ、それを発展させて、自分流のやり方を見つけることはできません。空手の型を教わっていない人がいきなり試合に出されても、自分で考えて試合をすることなどできないのと同じです。部下に考える力をつけさせたいなら、基本の型が確実にできるようになるまで、上司が徹底して教えなくてはいけません。


田口佳史

江戸末期の儒学者・佐藤一斎の「重職心得箇条」には、「政事は大小軽重の弁を失ふべからず」という言葉があります。リーダーは軽重や前後の順番の判断を誤ってはいけないと。


駒崎弘樹

倫理観を失うと、信頼そのものが崩れる。


永守重信

きちんと指示したから、あとは報告を待てばいいと考えるのは甘い。上司は指示を出したあとも、「あの件はどうなった?」と部下を追い回さないといけない。上司が追い回すことによって、初めて「必ずやる」「出来るまでやる」が組織に浸透していく。


中島一明

「同業他社が使っているから」という理由で導入するのはお勧めできません。目的と目標をよく吟味すべきです。


板尾創路

大阪から東京に来たのは30歳になってから。仕事を選べる立場じゃないから、身体を張るキツい仕事も進んで引き受けた。そのうち板尾にはこんなことやらせたら面白いと、周りのスタッフが気づいてきてくれたんですね。それがいまの役者の仕事につながっていて。お笑い界での成功像を明確に持たずに、何でもやって来たのが、逆に良かったんやと思います。


盛田昌夫

最近は経営者も萎縮してしまい、コスト削減ばかりしている人たちが増えています。減収増益の経営は威張れるものではありません。明日につながるものを生んでいないからです。


福岡伸一

自分は威張ってなどいないという人でも、謙虚になることは必要だと思います。知的であることの最低条件は、自己懐疑ができることですから、謙虚さは、その出発点になるのです。


津谷正明

わからないことはすぐに周囲の人に聞く。この習慣も仕事の効率を確実に上げてくれます。とくにITは進歩が速いので、自分で調べるよりも得意な人に教えてもらうほうが時間の節約になるので絶対に得です。


門昌央

社内で根回しをするなら、直属の上司を味方にするのが一番。自分が動くより、上司に話をつけてもらうのが賢いやり方。「私がうまく話せないかもしれませんので、その時は助け船をお願いできれば……」と、同行してもらうのも手。「その代わりにコレをやります」と、上司の仕事を引き受ける。上司がダメな場合は、先輩でもいいでしょう。


糸井重里

僕がいつもしている「「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」ハラマキ」も、僕自身の強い動機から生まれたものです。11年前に販売を始めたのですが、今では、ほぼ日の主力商品にまで成長しました。今日も着けています。ほら。ある友達が「だまされたと思ってしてみて」とくれた腹巻きがきっかけでした。僕はお腹を壊しがちなところがあったんですが、着けてみたら本当に調子がいい。だけど、らくだ色の冴えない感じですから、ボロボロになっても、新しい物を買う気にならなかったんです。だったら、格好悪くない腹巻をつくればいいと。