名言DB

9419 人 / 110788 名言

下嶋政幸の名言

twitter Facebook はてブ

下嶋政幸のプロフィール

下嶋政幸、しもじま・まさゆき。日本の経営者。「兼松」社長。大学卒業後、兼松江商に入社。取締役、常務取締役、大阪支社長などを経て社長に就任。

下嶋政幸の名言 一覧

構造改革以降、当社の財務体質は大幅に改善しました。今後は、この良好な財務体質をベースに、さらなる収益拡大を目指します。そのためには、「近い将来はこうありたい」という理想像を描き、そこから逆算して今やるべきことを整理・実践していく「フューチャー・プル」の発想が必要でしょう。


当社では企業内起業家育成に力を入れています。今年7回目を迎えた「ビジネスプラン策定研修」には職場推薦などで選ばれた20~30代の24名程度が参加。まず論理的思考や経営戦略、マーケティングの基礎知識を学び、その後6名程度のグループに分かれて一つの新規事業の立ち上け、までをプランニングします。市場調査、取引先選定、収益フロー、予算取りなどを本物の事業計画と同レベルまで詰めて、最後は全役員の前でプレゼンテーションするのですが、具体性の高い内容のため役員側との質疑応答は毎回非常に白熱します。研修で上がったプランが実際のプロジェクトとして動き出す事例も出始めました。社外講師や受講生同士でつながりが生まれるなど、人脈の形成にも役立っているようです。


投資は収益力向上の「手段」に過ぎず、それ自体が目的ではありません。原則、営業キャッシュフローで創出された資金をもとに行いますが、優良な大型買収案件などがあれば資金調達も検討します。


下嶋政幸の経歴・略歴

下嶋政幸、しもじま・まさゆき。日本の経営者。「兼松」社長。大学卒業後、兼松江商に入社。取締役、常務取締役、大阪支社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

田岡信夫

成長期というのは、製品内容を広げていくことが戦略である。最初は狭く入って、それから広げるのが成長期である。複数の製品ラインに価格差をつけて、製品ラインを広げていく。わかりやすく言えば、デラックス、スタンダードといったように製品ラインを広げるのが成長期の特徴である。それに対し、切るものは切る、取り替えるものは取り替えるというのが成熟期の戦略なのだ。


藤田田

「日本の若者を金髪にしよう。食を通じ世界に伍していける真の国際人を育成できれば」の願いは、昨今の若者の著しい体位の向上を見れば、その仮説の正しさが実証されつつあると確信します。新しい食文化のイノベーターとして、ハンバーガーは、日本人の食生活に完全に定着した。


中井隆栄

具体的に目標を設定したら、それが達成されたハッピーエンドのシーンをイメージする。たとえば、契約書を取り交わしている場面などですね。そして、それに向けて最初にやるべきことを書き出し「過去完了形」で脳にインプットする。つまり、やるべきことが、得意先とのアポイントの確認なら、「確認をしっかりとった」と脳に伝えておく。ここがきわめて大事。


横田英毅

上の者が挨拶をするよう、メーカーは販売会社に指導していますし、そのほうが丁重さが伝わる利点は確かにあります。ですが、第一線の営業スタッフの成長を考えれば、多少のトラブルがあってもいちいち上司が助けにいかないで、スタッフに任せたほうがいいと、私は考えています。今すぐここでいい結果が出るほうをとるか、社員に成長してもらうことをとるか。この選択を常に意識してやっています。


樺沢紫苑

直感で優れた決断ができるための条件。それは、たくさんの経験と知識を持っていること。膨大なインプットによって、直感で下された決断も正しいものとなる。


河村浩明

鳴かす飛ばずと言われていた社員も、機会を与えれば良い仕事をしてくれます。


野口敏(話し方)

廊下ですれ違うときやエレベーターに乗り合わせたとき、目を合わせ、軽く会釈するだけでも存在を認められ、「話しかけてもいい人なんだな」と相手に認識されます。同じ会社であっても普段接点のない人にいきなり話しかけると驚かれてしまうこともあります。しかし、このうに日頃からアイコンタクトを心がけていれば相手の警戒心が薄れ、話しかけやすく、さらには話しかけられやすい人になのです。これを「打ち解け力」と私は言っています。


鈴木敏文

避けなければならないのは、「目標○万店」のような目標を掲げたことで、意味合いが不明確なまま数字が一人歩きを始め、最後は数字のつじつま合わせに陥るパターンです。数値目標は達成できても店の質が低くなり、顧客の支持を失っていきます。


ラリー・ペイジ

グーグルはまだ10歳だが、革新的であり続ける努力が必要だ。私は今こそ変革を行う。


高畠靖雄

好きな言葉の一つは「才能とは、努力や情熱を継続できる力」。これは将棋の羽生善治氏の言葉です。将棋が好きで棋士の人生をたどり、羽生氏の本を読んだのですが、この言葉が書いてありました。たとえ子どもの頃は強い棋士でも、やり続けなければ結果は出せない。起業して2~3年後に出会った言葉ですが、今もこの言葉を念頭に仕事をしています。