下嶋政幸の名言

下嶋政幸のプロフィール

下嶋政幸、しもじま・まさゆき。日本の経営者。「兼松」社長。大学卒業後、兼松江商に入社。取締役、常務取締役、大阪支社長などを経て社長に就任。

下嶋政幸の名言 一覧

構造改革以降、当社の財務体質は大幅に改善しました。今後は、この良好な財務体質をベースに、さらなる収益拡大を目指します。そのためには、「近い将来はこうありたい」という理想像を描き、そこから逆算して今やるべきことを整理・実践していく「フューチャー・プル」の発想が必要でしょう。


当社では企業内起業家育成に力を入れています。今年7回目を迎えた「ビジネスプラン策定研修」には職場推薦などで選ばれた20~30代の24名程度が参加。まず論理的思考や経営戦略、マーケティングの基礎知識を学び、その後6名程度のグループに分かれて一つの新規事業の立ち上け、までをプランニングします。市場調査、取引先選定、収益フロー、予算取りなどを本物の事業計画と同レベルまで詰めて、最後は全役員の前でプレゼンテーションするのですが、具体性の高い内容のため役員側との質疑応答は毎回非常に白熱します。研修で上がったプランが実際のプロジェクトとして動き出す事例も出始めました。社外講師や受講生同士でつながりが生まれるなど、人脈の形成にも役立っているようです。


投資は収益力向上の「手段」に過ぎず、それ自体が目的ではありません。原則、営業キャッシュフローで創出された資金をもとに行いますが、優良な大型買収案件などがあれば資金調達も検討します。


下嶋政幸の経歴・略歴

下嶋政幸、しもじま・まさゆき。日本の経営者。「兼松」社長。大学卒業後、兼松江商に入社。取締役、常務取締役、大阪支社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

五十嵐大介

僕が大学生のとき(90年代)、漫画って表現の「トップランナー」感がすごく出ていた。その感じをどんどん更新していかないと、そうじゃなくなっていっちゃうという怖さがある。


山路敬三

私が社長らしくない社長になって、大切なことには積極的に首を突っ込み、現場主義で行こうと考えたのは、当時からキヤノンにも大企業病のきらいが少し表れていたからだ。


二宮尊徳(二宮金次郎)

財貨は海のようなものだ。貧富、苦楽は、水を渡る術を知っているか、いないかにある。泳ぎの上手な者は水を得て楽しむし、泳ぎのへたな者は、水のために苦しんで溺れる。勤勉な者は財を得て富むし、勤勉にできない者は財のために苦しんで貧乏する。


森正文(経営者)

クロージングではとにかく「いま決めてください」といっていました。創業当時は私ひとりの会社だったので、すぐ次の営業先を訪問しなくてはならず、そうとう忙しかったのです。商品説明をするときも、最後まで説明して断わられると、大きなエネルギーの消耗と時間の無駄になります。もちろん相手にとってもです。ですから、まず最初に「こういうサービスのご案内にうかがいました。ご興味ありませんか?」と質問し、相手が「興味がある」と答えれば説明を始める。説明が一区切りついたら「この先もお聞きになりますか?」と質問して、「聞きたい」と答えたら続ける。これを繰り返して、最後のクロージングにつなげていました。


田臥勇太

「若い選手は」ってなるべく思わないようにしているんです。自分がもっとやっていかなきゃいけないという感覚を持っているので。本当は「言わなきゃいけない年齢」になっているかもしれないんですけど。


穂村弘

お金や社会的な評価とは直接関係のないものの中にこそ、あなたの生きる意味を支えてくれる何かが見つかるのではないかと思うのです。


森川宏平

研究開発時代、徹底的に考えて、新しい方法を考えることの重要性を学んだ。


黒田尚子

投資は単にお金を増やすためだけではなく、よりよい将来を築くためのもの。現役のビジネスパーソンには、将来のスキルアップのために資格を取る勉強をしたり、英語を学んだりする人も多いでしょう。いわゆる自己投資ですが、資産の運用もそれと同じ。だから「いつ」「何のために」「いくら」といった目的、目標も必要になります。


星野佳路

「これからはしっかり確認する」「ダブルチェック、トリプルチェックでミスを防ぐ」といった再発防止策を立てる人がよくいますが、これは「仕組み」とは言えません。チェックの数を増やしても、形ばかりのものになりやすく、同じミスを繰り返しやすいからです。「なぜミスをしてしまったか」を深掘りし、「本当の原因」を特定して、「どの段階で」「誰が」「何を」すればミスを防げるか、突き詰めて考える。こうした経験を繰り返すと、次第に思考のプロセスが変化する。一段上のレベルの仕事がこなせるようになります。


上田準二

一般的には、もう少し暖かくなってから発表して、新社長就任は株主総会後というやり方もあります。しかし、私は社長を代わるに当たり、1月1日付にこだわりました。会社の経営はリレー競争です。前の経営者が全速力で次の経営者の所に突っ込んでくる。新しい経営者はそのスピードを落とすことなく、トップスピードで走り続けないといけません。いまは変化の速い時代ですし、競争も激しいからなおさらです。仮に3月に発表して、5月の株主総会後に就任するなんてことをやっていたら、1年があっという間に終わってしまう。総会後に社長になって、もしトンチンカンなことをしてしまえば、次の年度にも影響します。それだったら社長として早いうちに社内外に知ってもらった方がいい。そう考えました。
【覚書き|社長を退く発表を12月27日に行った理由を語った言葉】


高松雄康

長くネット業界にいるが、ネットはつまらない。いかに「ネットをネットでなくするか」に興味があった。ユーザーの気持ちがエモーショナルになることをネットでできたら面白いなと。それが動画だった。


織田大蔵

事業を拡張するには時期がある。そういう場合は思い切って伸ばすことだ。石橋を叩いて渡る堅実さも必要だが、ものにはチャンスがある。


松本正義

部下にとっても、毎月差しでやるわけですから、与えられた仕事の計画を忠実に守ろうとする雰囲気が生まれます。
【覚書き|部下の定例報告を毎月一対一で行うことについて語った言葉】


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

将来を予測しない人に破産の危機が訪れるのは当たり前。たしかに未来は誰にもわかりません。でも、あらかじめ予測を立てていた人は、その前提が狂っても、修正することができる。


相田雪雄

もしかしたら、子供の運動会より会社の運動会を優先させる社員もいるかもしれない。それが会社に尽くす証だと思われたらとんでもない。家族を犠牲にして平気な社員が上に立つようでは、およそ尊敬される会社にはなりえない。子供の運動会に参加する方がよっぽど意味がある。


ページの先頭へ