名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

下地寛也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

下地寛也のプロフィール

下地寛也、しもじ・かんや。日本のビジネストレーナー。千葉大学工学部工業意匠学科卒業後、米国のインテリア設計事務所に勤務したのち、働く環境と従業員の行動に関する分析・研究などの業務に従事。その後、コクヨファニチャーに入社。同社のスキルパーク部門でシニアトレーナーを務め、法人顧客やコクヨグループ各企業に対して教育研修などを行った。著書に『コクヨの1分間プレゼンテーション』『会議がうまくいくたった3つの方法』など。

下地寛也の名言 一覧

提案はこれから実施するものなので、その数字が実現されるかは誰にもわかりません。しかしその時点で語れる範囲でもいいので、数字的根拠をつければ、その資料の説得力は一気に増します。


大切なのは「発散収束」です。質より量でアイデアを多く出す「発散」と、それを絞る「収束」。これを分けてやるのがコツです。


正解にいきついても、伝え方を間違えると不正解になることもある。相手に伝わる言葉を考えましょう。


プレゼンテーションをするときは、「相手は自分の話に興味を持っていない」という前提で挑みましょう。


結論の前に疑問(問いかけ)を言うことが大切。その方が説得力が増しますし、聞き手の興味を引きつけられます。


資料作成に必要なのは「相手はどう思うか」という想像力です。そのために、構成と視点という軸で思考してから、作業に取りかかることが大切。


課題を与えられたら、最初は「なぜやるのか」の「WHY(なぜ)思考」で考えてみる。頭の回転が速い人は、まずそこから考え始める。相手の意図がわかれば、正解に近づいていける。


答えまで、最短・最速でたどり着く決まりさえ覚えてしまえば簡単。「WHY思考で考える」「図で考える」「アイデアや解決策を出せるだけ出す」。この3つの思考を身につけましょう。


ありがちなのは、左脳向けの理屈ばかりを並べて心が動かされないプレゼンです。「君が言うことは理解したが、私はその商品を欲しいとは思わない」と言われてしまいます。そうならないために、論理的な理由を述べたあとには、気持ちに訴えかける要素が必要です。「私も最初は疑っていたのですが、実際に使ってみると、すごくいいですね!」などと自分の思いや体験を加えると、より共感を得られるはずです。


プレゼンは人の心を動かすためのものです。そのためには、「疑問を投げかける」→「結論を伝える」→「理由を加え、納得させる」の順番であることが必要です。ビジネスでは「結論を先に言え」と言われることが多いのですが、プレゼンで結論からいきなり入っても、聞き手からすれば、何の話をしているのかわかりません。結論の前に疑問を投げかけることで聞き手の興味をひき、次に結論で驚きを与え、最後に理由で納得を得るという順番で進めるのがよいでしょう。


プレゼンテーション初心者によくありがちなのですが、「話したいことが全部話せました」という人がいます。しかし、話したいことを全部話すことがプレゼンではありません。聞き手に理解してもらうためには、聞き手がどれだけのことを理解できるかを意識しながら話さなくてはなりません。聞き手の理解のカゴの大きさにあった量になるよう、情報を取捨選択することが大切です。


プレゼンでは、最終的には聞き手を動かさなければなりません。背中を押してあげたりすることが必要になります。左脳に訴えるだけでなく、右脳に訴えることも重要です。


プレゼンのシナリオづくりでのポイントは大きく分けて二つあります。

  1. プレゼンは「人の心を動かすためのもの」だということ。
  2. 情報を取捨選択すること。聞き手が一度に理解できるのは、せいぜい3つのことまでです。

プレゼンで結論を言うときは、聞き手に驚きを与える結論を述べることがポイントです。気をつけたいのは、「職場環境の改善に必要なのは、コミュニケーションの活性化です」のように、当たり前のことを言ってしまうことです。これでは聞き手は興味を失ってしまいます。「コミュニケーションの活性化」という漠然とした大きな概念ではなく、「上司がチーム思いでありすぎるため、部門間に壁ができているのです」のように聞き手が予想する結論よりも一歩踏み込んだレベルにすることが大切です。


プレゼンで疑問を投げかけるときに大切なことは、聞き手と同じ土俵に立つことです。「最近、スマホを持つ人が増えてきていますね」のように聞き手が迷わない入口をつくったうえで、「ではこの数字は何でしょうか?」と投げかければ、「スマホが増えてきたことに関する数字なのだな」ということがわかるので、聞き手もスムーズに引き込むことができます。


資料を作ってから話す内容を考えるということは、映画でたとえると演出・撮影をしてからシナリオを考えるようなもの。相手の心に響かない、つまらない映画を作るようなもの。


よくある残念な資料は、思いつくままに内容を並べて、図や文字で見栄えをよくしただけの「行き当たりばったり」資料。結論のあとに問題点がまた出てきたり、意味のない写真が入っているなど、内容がバラバラで一貫したストーリーがないため、相手には提案の必要性や妥当性が頭に入っていきません。資料の最大の目的は「自分が提案する内容を相手が理解し、OKをもらうこと」にあります。そのためには、相手が理解しやすいように並べる構成に最も力を注ぐ必要があるのです。


資料は「伝える順番(=構成)」が9割。一発OKが出る資料には、ある共通の型があるのです。まず、資料の最初に伝えるべきは、相手に「問題点」を認識させることです。問題の所在が明らかになると、資料の後半で語られる「解決策」がすんなり入ってきます。資料作成では、「問題点→解決策」の二部構成で組み立てることが肝なのです。


下地寛也の経歴・略歴

下地寛也、しもじ・かんや。日本のビジネストレーナー。千葉大学工学部工業意匠学科卒業後、米国のインテリア設計事務所に勤務したのち、働く環境と従業員の行動に関する分析・研究などの業務に従事。その後、コクヨファニチャーに入社。同社のスキルパーク部門でシニアトレーナーを務め、法人顧客やコクヨグループ各企業に対して教育研修などを行った。著書に『コクヨの1分間プレゼンテーション』『会議がうまくいくたった3つの方法』など。

他の記事も読んでみる

大橋未歩

この仕事に就いてみたら、明るくないとやっていけないことに気づきました。忙しくて暗くなっている暇などないんです。自分を成長させるために、自ら環境を整えることも、効果的な方法だと思っています。


国部毅(國部毅)

本店には、英会話学校と提携して講師の方に常駐してもらい、予約をすればいつでも英語の研修が受けられるブースがあります。当初は総合職だけが使えるものだったのですが、その後、現場から出た意見を取り入れ、個人業務や中小企業を中心とする法人業務を主に担う職種の行員でも研修を受けられるようにしました。


佐藤孝幸

時間を有効活用するために、私は、一つの科目に没頭するのではなく、複数の科目を同時並行で進めるようにしていました。人は、同じことをずっとやっていると、飽きてくるものです。目先を変えることで、集中力が保てますし、科目ごとの勉強量に偏りができるのも防げます。


町田勝彦

人の育成はコミュニケーションから始まる。経営陣も含めて社員同士、コミュニケーションがうまくとれなければ社内のベクトルは一致しない。会社が方向性を一つにして進むには、全員が一体感を持つことが重要なのだ。そのためにはリーダーは、具体的な目標を示さなければならない。ごまかしたり、人を介して伝えたりせず、わかりやすい言葉で自分の思っていること、考えていること、夢などを率直に語ることが大切だ。


木暮太一

日々ニュースをチェックしても、今日の売上げは上がらないでしょう。「こんなことをして、意味あるのだろうか?」と思うかもしれません。しかし、繰り返しているうちに、確実に風を読む力が養われていきます。その力は、近い将来、必ず、あなたの身を助けてくれるはずです。


村口和孝

全部の挑戦が一発で試行錯誤を経ないで成功するなどあり得ない。


小笹芳央

リーマンショックの後、多くの企業がプレイングマネジャーを増やしました。その結果、現場の戦力としては優秀だけれども、チームのマネジメントや部下育成にまで手が回らないリーダーが増えています。しかし、そんな難しい時代だからこそ、部下としっかりとコミュニケーションを取り、多様化する個々のモチベーションに向き合ってメンバーをうまく束ねられる人が、重用されるのは間違いありません。


山本真司

考えるという作業は、頭の中にスクリーンを置いて、そこにイメージ(絵)を描くことです。誰でも思い当たる節があるでしょうが、いい企画書や報告書が書けるときは、言葉を組み合わせているのではないはず。頭の中でイメージを動かし、それを言葉で描写するといいものができるのです。一方、言葉遊びで組み立てると「薄い」ものしかできないでしょう。考えるとは想像すること、イマジンなんです。


西村晃(経済評論家)

仕事が速くなるために、何から手をつけたらいいかわならないというなら、一度、自分の1日の動きを追ってみることです。歯磨きに何分、着替えに何分というように、朝起きてから夜寝るまでの、時間の明細表をつくるのです。明細表をつくれば、現在の自分が24時間をどのように使っているかがはっきりするし、1分や5分という単位で何ができるかということも発見できます。


西秀訓

スタートアップ企業は別にして、普通の会社は存続していくための利益の、8割ぐらいは既存のビジネスの中から生まれてきます。この、企業に決定的に重要な8割の部分を支える人材は、訓練と経験で必ず成長する。才能の差は事実上ない。


松重豊

役者の仕事はいつもそうですが、良い意味の緊張感を持続していないといけないと思っています。本作(孤独のグルメ)に関しても、食べるだけのドラマですが、事前に綿密に打ち合わせをしますし、本番ではチーム全員が「失敗しないぞ」という気概を持って真剣に臨んでいる。だから自分も絶対、NGなんて出せません。


林浩喜

自分が進むべき道は自分にしかわからないんです。悩んだときは、自分の目標を再確認することが大事。間違った方向に努力を重ねても、自分のゴールには行き着きませんから。その代わり、正しい方向に努力をすれは、いまは道がなくても、やがて開けます。