名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

下元朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

下元朗のプロフィール

下元朗、しももと・あきら。日本のライフ・クリエーター。大学卒業後、インテリジェンスを経て、結婚支援サービスのアサイン(のちのプラウド)を創設。

下元朗の名言 一覧

目先の小さなメンツを捨てることが、大きな飛躍につながっていく。


重要なのが、メンツを捨て去ることです。メンツにこだわらなければ、部下との間に壁ができず、腹を割って本音で話せます。意思疎通がスムーズなので、部下の強みや弱みをきちんと把握したうえで、的確な指導が行えます。そうしたことで信頼関係が生まれ、部下に思い切って仕事を任せられるようになるのです。


30代はプレーヤーからマネージャーへと選別が始まる時期。企業を成長させるには人材の底上げが肝心で、経営者はマネージャーに対して仕事で成果を上げるだけでなく、「人を育てる」ことも期待している。それを理解し、自分のミッションとして遂行できるかどうかが、30代にとって出世街道の分かれ目。


できるビジネスパーソンほど、他人の実力を率直に認めて、その人から学ぼうという意欲と謙虚さを持ち合わせています。相手が女性だろうと、年下の部下だろうと、常に態度は変わりません。そうした結果、周囲も進んで知恵や力を貸してくれ、成長を続けられるのです。


できるビジネスパーソンほど、自分のメンツや意地にはこだわりません。たとえば、自分にはできないことは「できない」とはっきりといい、知ったかぶりをしたり、虚勢を張ったりしません。「できるふり」をしても、すぐに化けの皮がはがれ、周囲に見透かされてしまうことがわかっているからです。ですから、いざというときには自分の弱さをさらけだして、周囲の人たちの協力を得ながら、緊急事態を収拾できるのです。


下元朗の経歴・略歴

下元朗、しももと・あきら。日本のライフ・クリエーター。大学卒業後、インテリジェンスを経て、結婚支援サービスのアサイン(のちのプラウド)を創設。

他の記事も読んでみる

石川慶

ドラマで「答え」を出したとは思いません。このドラマを観て、視聴者の方々ひとりひとりがそれぞれの「答え」を探してくれたら、それに勝る喜びはありません。


高野登

相手にとって当然のことを褒めるのではなく、相手のこだわりを褒めてみましょう。料理人の包丁さばきを褒めるのではなく、包丁に目を向ける。「弟子にはどういう包丁を勧めるのですか?」と聞いてみることで、相手の心をくすぐることができます。


浅川芳裕

英語では、音節の少ない単語を多く使っているほど、わかりやすい話をしていると判断されます。トランプ氏が、あるインタビューで、質問への回答に使った220単語をユーチューブ番組「Nerdwriter1」が分析したところ、78%が一音節、17%が二音節でした。合計すると9割を超えます。一音節の単語は「I」「go」など、二音節の単語は「problem」などで、日本の中学生でも馴染みがあるような簡単なものです。また、「リーダビリティーテスト」という手法による分析によると、トランプ氏のスピーチに出てくる単語は米国の小学4年生レベルだということです。ヒラリー・クリントン氏は中学2年生レベル、サンダース氏は高校2年生レベルでした。


土光敏夫

若い人に賭けられるも、賭けられないもないよ。賭けるしかないじゃないか。歴史を見てみい。みんなそうして、今日があるんだよ。


近藤太香巳

私の場合、大きな目標を黙って頑張ることができないので、それを公言して自分にプレッシャーをかけるようにしています。もちろん、自分にとっては辛く、苦しむことも分かっているんですけど、それぐらいしないとやり切れることができない気がするのです。


木村浩一郎(経営者)

1人でできることは限られている。人につなげ。プロフェッショナルを5人、10人と集めれば、広がりと深みが増す。自分で何でもやろうとすると、深い議論ができないし、いい提案をすることも難しくなる。


和田裕美

相手を動かすためには、指示でなく質問をベースにして、「判断を本人に委ねる」のがコツ。


立石豊

企業にはそれぞれ個性がありますから、その会社に合った働き方改革があるはず。弊社の場合、それはコミュニケーションをより密接にすることでした。その会社に応じた働き方改革が、今後はより求められるのではないでしょうか。


鎌田實

父から「うちみたいな貧乏な人間が、どんな思いで医者にかかっているのかを忘れるな。それだけは約束してくれ」と言われました。この言葉は医者になった僕の根っこにずっと残っています。


中村天風

幸福も健康も成功も、ほかにあるんじゃないんです。あなた方自身のなかにあるんです。


草野仁

筋トレ、エアロバイク、ストレッチが日課です。やるのが当たり前と思えば、やらないと寂しくなります。

【覚え書き|習慣化のコツを聞かれて】


高田明(ジャパネットたかた)

この歳になってサッカーという、新たなスポーツ・ビジネスと出会うとは。幸せというか、いい勉強させてもらってますよ。これまでの仕事とは違う、いろんな刺激と課題を与えられて。