下元朗の名言

下元朗のプロフィール

下元朗、しももと・あきら。日本のライフ・クリエーター。大学卒業後、インテリジェンスを経て、結婚支援サービスのアサイン(のちのプラウド)を創設。

下元朗の名言 一覧

目先の小さなメンツを捨てることが、大きな飛躍につながっていく。


重要なのが、メンツを捨て去ることです。メンツにこだわらなければ、部下との間に壁ができず、腹を割って本音で話せます。意思疎通がスムーズなので、部下の強みや弱みをきちんと把握したうえで、的確な指導が行えます。そうしたことで信頼関係が生まれ、部下に思い切って仕事を任せられるようになるのです。


30代はプレーヤーからマネージャーへと選別が始まる時期。企業を成長させるには人材の底上げが肝心で、経営者はマネージャーに対して仕事で成果を上げるだけでなく、「人を育てる」ことも期待している。それを理解し、自分のミッションとして遂行できるかどうかが、30代にとって出世街道の分かれ目。


できるビジネスパーソンほど、他人の実力を率直に認めて、その人から学ぼうという意欲と謙虚さを持ち合わせています。相手が女性だろうと、年下の部下だろうと、常に態度は変わりません。そうした結果、周囲も進んで知恵や力を貸してくれ、成長を続けられるのです。


できるビジネスパーソンほど、自分のメンツや意地にはこだわりません。たとえば、自分にはできないことは「できない」とはっきりといい、知ったかぶりをしたり、虚勢を張ったりしません。「できるふり」をしても、すぐに化けの皮がはがれ、周囲に見透かされてしまうことがわかっているからです。ですから、いざというときには自分の弱さをさらけだして、周囲の人たちの協力を得ながら、緊急事態を収拾できるのです。


下元朗の経歴・略歴

下元朗、しももと・あきら。日本のライフ・クリエーター。大学卒業後、インテリジェンスを経て、結婚支援サービスのアサイン(のちのプラウド)を創設。

他の記事も読んでみる

有馬浩二

我々の役割は、信頼性が高く高品質なシステムを提供すること。電動化によってクルマが単純化し、今までのような作り込みが必要なくなるという人もいる。でも、そうじゃない世界もあるんです。世界中のクルマがゴルフカートになるとは思っていません。


いっこく堂

ある日、地方公演の後、内輪の宴会でモノマネを見せたんです。すると、ベテラン俳優の米倉斉加年さんが「おまえはひとりでやっている時の方が生き生きしているな」と言ってくれました。この言葉がぽんっと背中を押してくれて、新しいことを始める気になったんです。


漆紫穂子

決断をするときに大事なのは、判断軸を持っておくこと。私の判断軸は、「卒業生の母校を守る」ことと、「在校生を社会に有意な人に育てる」ことの2つ。決断するときは、「この2つの軸を守って判断したと言えるのか」「自分が死ぬときに恥ずかしくないか」と考える。すると雑念がさっと消えて、進むべき道が見えてくる。


今井むつみ

当たり前だと思っていることでも「なぜなのか」「どうすればできるのか」を深く考えながら読むのと、通り一遍に読むのでは、書類から読み取れる情報が大きく違ってくる。その情報が、自分の知識体系にきちんと統合できるかどうかにも影響する。


三品和広

精神的な爆発力がないと経営はできません。


柳井正

東日本大震災後、私が指示したのは、「表の看板に明かりをつけよ。お客様を笑顔と元気な声でお迎えしろ」ということでした。看板に電気を回した分はバックオフィスの電気、従業員用トイレの照明などを消し、店内照明を抑制することで対処した。本社の照明も、かなり暗くしている。我々社員は暗いところで仕事をしてもいい。しかし、お客様には明るい店舗で商品を選んでいただく。それが商売人の気概でしょう。それが商売人がすべき節電です。こういう時こそ、看板の明かりを灯し、元気な声と笑顔で温かくお客様を迎える。景気は気持ちの問題も大きい。元気にしていれば気分も景気も自然と上向いていく。


安藤徳隆

38歳というのは経営者としては若く、未熟な部分もあるでしょうが、若さが強みになることもあります。体力だけはありますから、世界中を飛び回れるし(笑)。若さを弱みでなく強みに変え、精進していきたい。


寺尾玄

失敗すると恥ずかしいし、傷つくし、悔しいですよ。全力で挑んだ勝負だったらなおさらです。しかし、そんな時でも簡単にくじけることはないと思っています。それはチャレンジし続けて成功したことが何度もあるから。失敗は「可能性を試した結果」でしかありません。失敗を重ねれば重ねるほど、成功に近づいていく。そう考えているからこそ、失敗してもくじけずにいられるのです。


大喜多寛

アウディは目に見えない部分にもお金をかけて徹底してこだわります。そんなエンジニアの魂を感じてもらえるのは本当に嬉しいですね。


水島広子

あなたを振り回す相手なら接触を断ったほうが賢明です。上司など口をきかない状況が難しい相手の場合、距離を保ったままつき合うのがいいでしょう。人はすべての人と仲よくなれるわけではありません。挨拶をするくらいにとどめ、よく思われようとしない開き直りも時には必要です。


山石昌孝

技術こそが当社の財産。そこへの投資は惜しまない。


横山清

アークスではグループ各社が緩やかな一体化を進めています。完全な一体化ではなく「緩やかな」としたのは、営業・店舗運営などお客様に直に接する部門は、アークスグループに入った後も各社の組織をそのまま残しているからです。一方、経営企画や財務などバックオフィスの部門は、グループ入りを機に徐々にアークスに移管して一本化を図ります。


尾平泰一

システムを万能選手みたいにとらえるのは危険です。あくまで意思決定をするのは経営者です。


三遊亭歌る多

先日、お子さん連れの噺家との会食で、お子さんがタラコを食べたいというので、弟子に買い物を頼んだんです。ところが、買ってきたのはカチンコチンの冷凍タラコ。お子さんがすぐに食べるところまで気が回っていない。結局、お子さんは凍ったタラコで食事をするかわいそうはハメになりました。でも、私はその場でガガッとは怒りません。後日、私の自宅の食事会で、弟子に冷や飯と凍ったタラコを出しました。そこでやっと「すみませんでした」と反省です(笑)。


伊藤直彦

そもそも完全無欠な人間などどこにもいないんだよ。君たち自身だって自分は60点くらいだと思いなさい。そうすると相手に100点を求めることはおかしいでしょう。


ページの先頭へ