名言DB

9429 人 / 110879 名言

上阪徹の名言

twitter Facebook はてブ

上阪徹のプロフィール

上阪徹、うえさか・とおる。日本のブックライター。兵庫県出身。早稲田大学商学部卒業後、ワールド、リクルート・グループなどを経て独立。

上阪徹の名言 一覧

人は、誰かに質問されたときに良い話をするもの。これを意識しておくといい。


「こいつにはついしゃべってしまう」という友達はいませんか。あるいは、なぜかモテる知りあいとか。そういう人は聞き上手ですから、話しながら観察して、やっていることを真似すればいいのです。


取材ノートは平積みで置き、3~4か月過ぎれば捨てます。ライターはアウトプットの原稿がすべて。どんなに使い込んでもノートに思い入れを持ちません。


取材ノートを最低3回は見返します。結果的に、原稿を仕上げる時間は短くて済みます。しかも、取材前に考えた原稿のイメージを捨ててゼロから再構築するので、意外性のある原稿が書けるんです。


1日に取材が何件も続くことは当たり前ですから、覚えていると頭がパンクしてしまうんですよ。次の取材に没頭するために、意図的に忘れるようにしています。


いきなり「あなたにとって仕事とは」と聞いたら話しにくいに決まっていますよね。相手が話しやすいこと、たとえば、相手の得意分野のことなどから話してもらうようにしています。経営者の場合は、経営の数字の話から聞くことが多いですね。まずファクトを聞いて、徐々に考えを聞いていくというのがコツです。


飲み会での話から良いアイデアが生まれることもよくあります。読者の皆さんも、飲み会をスマホで録音すればいいと思いますよ。せっかく面白い話が出てきても、記録しなければ絶対に忘れてしまいますから。それではもったいない。


人間の脳は、机の前に座っているときよりも、風呂に入っているときなど、無防備な状態のほうがアイデアが出やすいようにできているらしいです。経営者がジムに通うのも、そのほうがアイデアが浮かぶからです。


取材するときに大事なのは質問文を聞く順に並べること。大まかな流れをつくると、相手が答えやすくなります。適当に質問すると答えはピント外れになりがち。「突然、何でそんなことを聞くのか」と相手を困惑させるだけです。


他人から質問されることで、自分でも思ってもみなかった面白い話が出てくることがあります。無意識にやっていた仕事の習慣を言語化できたりね(笑)。インタビューの効能はそこにあります。ときには、「自分の頭の中を整理してアイデアを出したいから、インタビューをしてほしい」と経営者に頼まれることもあるくらいです。


インタビュー対象者の話をメモに取るのは当然ですが、取材をしながら思いついた別の本のアイデアなど、なんでもメモしています。普段でも、思いついたこと、頼まれた用事、不意に思い出したことなどを、すぐにiPhoneでメールの「下書き」にメモしています。昔からメモ魔でしたが、今はiPhoneのおかげでメモの整理がしやすくなりましたね。


取材をしていても、話していてとても感じが良い人がいます。ある経営者は、話を聞くときの視線の合わせ方がとても自然でした。どうしてだろうと観察していると、手元、テーブルの上の時計、壁の絵、と3つくらいの場所を決めて、適度にそれらへと視線を逸らしていることがわかりました。そうすると、目線が合いすぎず、落ち着きが出るのです。それ以来、私も真似させてもらっています。何事も観察と発見ですよ。


上阪徹の経歴・略歴

上阪徹、うえさか・とおる。日本のブックライター。兵庫県出身。早稲田大学商学部卒業後、ワールド、リクルート・グループなどを経て独立。

他の記事も読んでみる

弘兼憲史

今、私が銀座でお酒をご一緒するような巨匠たちは、どなたも癖はあるんですが、基本的には人格者で、飲んでいても楽しい。ものすごく実力があっても、人との付き合い方が悪く、編集者から嫌われている作家は、何となく消えていく気がします。


メンタリストDaiGo

片づけには当然ながら目的があります。その目的を達成できなければ、時間と労力をかける意味はありません。何のために片づけをするのかといえば、自由な時間を増やし、人生を最大化するためです。クローゼットの中の服を減らせば、「どっちの服を着ようかな?」と迷う時間はなくなります。部屋が片づいていれば、「あれ、どこにしまったっけ?」と探しまわる時間もなくなるでしょう。服がたくさんあれはクリーニングに出したり、洗濯したり衣替えをしたりといった時間が余計にかかります。小物を棚に陳列し、ときどきホコリを取ってやるメンテナンスの時間も馬鹿になりません。こうした管理コストも、モノを減らせば必要なくなります。


おちまさと

あなたが話すクライアントや上司も同様。それぞれ話したいポイントがあり、それを刺激する「魔法の言葉」があるはずです。相手は武勇伝を語りたいのか、成功談を語りたいのか、それとも苦労話をしたい人なのか。それを事前に考えて、「魔法の言葉」を用意して質問に臨むといいでしょう。


小出伸一

「私たちは顧客のために何ができるか」がビジネスに不可欠な発想。


ヘレン・フォン・ライス

大学生時代、アルバイトとしてイケアの店舗で働き始めました。仕事が気に入ったのは、店長が私の意見を取り入れてくれたことがきっかけです。テキスタイルと呼ばれるカーテンの布などの売り場を担当していたのですが、荷物が多いお客様を見かけたら手が空いているスタッフが手伝ってはどうか、といった提案です。うまく役割分担したいという思いを、快く受け入れてもらえました。


辻庸介

「せっかく入った大企業を辞めてベンチャー企業に移るなんて」と両親や友人から反対されましたが、少しも迷わなかった。大企業にいれば将来安泰だという考え方に賛同できなかったし、たくさんの経験を通じて、力をつけられる場に身を置きたいという気持ちが強かったからです。


蛭子能収

40代の終わりのころは月20本以上の出演番組を持っていました。年収が億を超えたときには、さすがに自分の能力以上に働いているなって。でも、好事魔多しというか、自分の能力以上に働いていた罰が当たったのかな。51歳のときに(賭け)麻雀で捕まります。テレビのほうは3か月の謹慎となって仕事が全部なくなっちゃったんだけど、漫画の連載は何事もなく描かせてくれて、そのときほど雑誌のありがたさが身に染みたことはないです。最終的に味方になってくれるのは漫画だと思ったし、いくらテレビの仕事が忙しくても、漫画の仕事を断らないでやってきて本当によかったなと。


藤井佐和子

上司にしてみれば「報告がないから、仕事の進捗状況がわからない」、さらには「報告してこないということは、仕事が滞っているのではないか」と不信感を募らせることになり、評価を下げてしまうことにもなりかねません。


伊藤絵美

そもそもストレスは、「シマウマがライオンを見つける」→「ストレスを感じる」→「逃げる」といった、生き延びるために、ある瞬間だけ出る反応でした。しかし、文明社会となった今、私たちは刺激に囲まれ常にストレスを感じています。言い換えると、ストレスを感じずに生きることはできないのです。ならば、できるだけストレスを感じないよう対処をすることが、今の世の中でより健やかに生きる方法と言えるでしょう。


遠山敦子

決めたら逃げずに断行。壁ができたら説得して突破していく。過去にとらわれていては未来の展望は開けません。