名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上阪徹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上阪徹のプロフィール

上阪徹、うえさか・とおる。日本のブックライター。兵庫県出身。早稲田大学商学部卒業後、ワールド、リクルート・グループなどを経て独立。

上阪徹の名言 一覧

人は、誰かに質問されたときに良い話をするもの。これを意識しておくといい。


「こいつにはついしゃべってしまう」という友達はいませんか。あるいは、なぜかモテる知りあいとか。そういう人は聞き上手ですから、話しながら観察して、やっていることを真似すればいいのです。


取材ノートは平積みで置き、3~4か月過ぎれば捨てます。ライターはアウトプットの原稿がすべて。どんなに使い込んでもノートに思い入れを持ちません。


取材ノートを最低3回は見返します。結果的に、原稿を仕上げる時間は短くて済みます。しかも、取材前に考えた原稿のイメージを捨ててゼロから再構築するので、意外性のある原稿が書けるんです。


1日に取材が何件も続くことは当たり前ですから、覚えていると頭がパンクしてしまうんですよ。次の取材に没頭するために、意図的に忘れるようにしています。


いきなり「あなたにとって仕事とは」と聞いたら話しにくいに決まっていますよね。相手が話しやすいこと、たとえば、相手の得意分野のことなどから話してもらうようにしています。経営者の場合は、経営の数字の話から聞くことが多いですね。まずファクトを聞いて、徐々に考えを聞いていくというのがコツです。


飲み会での話から良いアイデアが生まれることもよくあります。読者の皆さんも、飲み会をスマホで録音すればいいと思いますよ。せっかく面白い話が出てきても、記録しなければ絶対に忘れてしまいますから。それではもったいない。


人間の脳は、机の前に座っているときよりも、風呂に入っているときなど、無防備な状態のほうがアイデアが出やすいようにできているらしいです。経営者がジムに通うのも、そのほうがアイデアが浮かぶからです。


取材するときに大事なのは質問文を聞く順に並べること。大まかな流れをつくると、相手が答えやすくなります。適当に質問すると答えはピント外れになりがち。「突然、何でそんなことを聞くのか」と相手を困惑させるだけです。


他人から質問されることで、自分でも思ってもみなかった面白い話が出てくることがあります。無意識にやっていた仕事の習慣を言語化できたりね(笑)。インタビューの効能はそこにあります。ときには、「自分の頭の中を整理してアイデアを出したいから、インタビューをしてほしい」と経営者に頼まれることもあるくらいです。


インタビュー対象者の話をメモに取るのは当然ですが、取材をしながら思いついた別の本のアイデアなど、なんでもメモしています。普段でも、思いついたこと、頼まれた用事、不意に思い出したことなどを、すぐにiPhoneでメールの「下書き」にメモしています。昔からメモ魔でしたが、今はiPhoneのおかげでメモの整理がしやすくなりましたね。


取材をしていても、話していてとても感じが良い人がいます。ある経営者は、話を聞くときの視線の合わせ方がとても自然でした。どうしてだろうと観察していると、手元、テーブルの上の時計、壁の絵、と3つくらいの場所を決めて、適度にそれらへと視線を逸らしていることがわかりました。そうすると、目線が合いすぎず、落ち着きが出るのです。それ以来、私も真似させてもらっています。何事も観察と発見ですよ。


上阪徹の経歴・略歴

上阪徹、うえさか・とおる。日本のブックライター。兵庫県出身。早稲田大学商学部卒業後、ワールド、リクルート・グループなどを経て独立。

他の記事も読んでみる

岡野雅行(岡野工業)

気は心、これも世渡りのキーワードだ。俺はどんな仕事相手にだって言いたいことは言うけど、そのへんの心遣いだけは欠かしたことがない。俺のことをおっかながっている人も、俺に怒鳴りつけられた人も、いっぱいいると思うけど、仕事が切れないで続いてるのはそこなんだよ。いくら表面上だけいい顔したって、腕だけが少々よくたって仕事なんか続きゃしない。心遣いができなきゃ、ホントの縁は生まれない。忘れるな。


山海嘉之

クリエイターというのは生まれにくくて、育ちにくくて、壊れやすい。彼らを育てるにはいじらず、かき回さず、じっくりと見守ることですね。


小山田浩定

私どもは、医師が「何のために開業するか」を徹底的に聞きます。相手を知らずに支援するのは非常に無責任です。


宇佐美進典

当然すべてのことが上手くいくわけはありませんが、転びながらも前に転んで、その転んだことによって少しでも前に進んでいき、当初の志を実現する。そういう人が世の中に大きな影響を残す企業家になっていく。


杉野幹人

開発・調達・営業など、それぞれの分野に知識やスキルを極めた精鋭が揃えば揃うほど、組織の戦力は強くなる。専門家を集め、専門家のそれぞれが知恵を出し合うことで、大きな問題の解決が図れます。


稲盛和夫

企業というのは従業員たちが幸福になる仕組みでなければ、長く存続しない。


松岡正剛

「本とはこうだ」「簡社はこうだ」「会社とはこう」。社会が縛ってきたこうしたルールを飛び出さない限り新しいものなんて生まれるわけがない。


橋下徹

大阪府知事・大阪市長時代、僕は政治家と官僚との役割分担を徹底した。官僚がやることには限界がある。大きな変革や事態の打開はできない。だから特に官僚が「できないこと」は政治家である僕がやらなければならないものとして、僕自身が積極的に乗り出した。官僚にはない「政治力」をフルに使って事態を動かし、局面打開をはかった。


大橋悦夫

飛行機が離陸するときにはパワーが必要ですが、それを終えて水平飛行の状態に入ってしまえば、楽になるもの。ここで重要なことは、楽になっても、途中で着陸してしまわないことです。長期休暇に入ると、開放感からつい羽を伸ばしてしまいがちですが、休暇明けは仕事のペースを取り戻すのに苦労しがち。せっかく前倒しで仕事を進めても、一度ペースを崩してしまうと、軌道を元に戻すのはたいへんだということを肝に銘じておきましょう。


加藤俊徳

飽きっぽいというのは、自分で楽しみやワクワクする気持ちを見つけられない状態。自分から動くのが面倒臭いと、他人への依頼心が強くなってくる。重症になると、レジャーの計画を他人がお膳立てしてくれても、「それ、面白くないよ」などと言うようになります。


藤冨雅則

商談中に相手の言葉を遮るのは論外です。相手の話す速さ、呼吸を観察し、そのペースに合わせることで空気をつくりましょう。


秋元康

10戦10勝を目指すのではなく、「5勝4敗1引き分け」でいい。そう思ったら自分自身がとても楽になりました。たとえスタッフの仕事にミスがあったとしても、怒るのではなく、逆に励ますことができるようになりました。