名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

上阪徹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上阪徹のプロフィール

上阪徹、うえさか・とおる。日本のブックライター。兵庫県出身。早稲田大学商学部卒業後、ワールド、リクルート・グループなどを経て独立。

上阪徹の名言 一覧

人は、誰かに質問されたときに良い話をするもの。これを意識しておくといい。


「こいつにはついしゃべってしまう」という友達はいませんか。あるいは、なぜかモテる知りあいとか。そういう人は聞き上手ですから、話しながら観察して、やっていることを真似すればいいのです。


取材ノートは平積みで置き、3~4か月過ぎれば捨てます。ライターはアウトプットの原稿がすべて。どんなに使い込んでもノートに思い入れを持ちません。


取材ノートを最低3回は見返します。結果的に、原稿を仕上げる時間は短くて済みます。しかも、取材前に考えた原稿のイメージを捨ててゼロから再構築するので、意外性のある原稿が書けるんです。


1日に取材が何件も続くことは当たり前ですから、覚えていると頭がパンクしてしまうんですよ。次の取材に没頭するために、意図的に忘れるようにしています。


いきなり「あなたにとって仕事とは」と聞いたら話しにくいに決まっていますよね。相手が話しやすいこと、たとえば、相手の得意分野のことなどから話してもらうようにしています。経営者の場合は、経営の数字の話から聞くことが多いですね。まずファクトを聞いて、徐々に考えを聞いていくというのがコツです。


飲み会での話から良いアイデアが生まれることもよくあります。読者の皆さんも、飲み会をスマホで録音すればいいと思いますよ。せっかく面白い話が出てきても、記録しなければ絶対に忘れてしまいますから。それではもったいない。


人間の脳は、机の前に座っているときよりも、風呂に入っているときなど、無防備な状態のほうがアイデアが出やすいようにできているらしいです。経営者がジムに通うのも、そのほうがアイデアが浮かぶからです。


取材するときに大事なのは質問文を聞く順に並べること。大まかな流れをつくると、相手が答えやすくなります。適当に質問すると答えはピント外れになりがち。「突然、何でそんなことを聞くのか」と相手を困惑させるだけです。


他人から質問されることで、自分でも思ってもみなかった面白い話が出てくることがあります。無意識にやっていた仕事の習慣を言語化できたりね(笑)。インタビューの効能はそこにあります。ときには、「自分の頭の中を整理してアイデアを出したいから、インタビューをしてほしい」と経営者に頼まれることもあるくらいです。


インタビュー対象者の話をメモに取るのは当然ですが、取材をしながら思いついた別の本のアイデアなど、なんでもメモしています。普段でも、思いついたこと、頼まれた用事、不意に思い出したことなどを、すぐにiPhoneでメールの「下書き」にメモしています。昔からメモ魔でしたが、今はiPhoneのおかげでメモの整理がしやすくなりましたね。


取材をしていても、話していてとても感じが良い人がいます。ある経営者は、話を聞くときの視線の合わせ方がとても自然でした。どうしてだろうと観察していると、手元、テーブルの上の時計、壁の絵、と3つくらいの場所を決めて、適度にそれらへと視線を逸らしていることがわかりました。そうすると、目線が合いすぎず、落ち着きが出るのです。それ以来、私も真似させてもらっています。何事も観察と発見ですよ。


上阪徹の経歴・略歴

上阪徹、うえさか・とおる。日本のブックライター。兵庫県出身。早稲田大学商学部卒業後、ワールド、リクルート・グループなどを経て独立。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

新企画を発想したいとき、デジタルツールより、アナログツールが有効です。紙に手書きのほうが、キーボードを叩くよりも自由度が高い。頭に絵が浮かべば、その絵をすぐに描けます。強調したい文字に赤線を引くなど瞬時にできる。だから、知人の小説家や作詞家で、いまだに手書きのほうが、発想が浮かびやすいという人がいます。人間の空想はアナログな作業だから、クリエイティブな頭脳労働をしたければ、アナログツールを選ぶとはかどるかもしれません。


トニー・ブザン

過去から未来までを見通したうえで、来年の計画を考えましょう。来年のことだけを考えるより、グンと視野が広がり、思考も深まるはずです。


イセオサム

体験上、アイデアは移動距離に比例して出てくるので、都内は自転車で移動しています。実際、街を走っていると五感から様々な刺激を受けるので、それがきっかけで、アイデアを思いつくことも多いんです。


大坪清

本当の意味での日本再生に向けて、我々民間の一人ひとりが何ができるかを真剣に考え、自立と自律の精神で矜持を持ち、自らできることを率先垂範して企業業績の向上、国富の向上に努力していかなければならない。


後藤卓也(花王)

上ばかり見ても、何もつかむことはできません。自分を成長させる種は、足もとにたくさん転がっているはずですよ。


舞の海秀平

今の仕事のモチベーションは「私を必要としてくれる方がいる」という感謝。だから、「この仕事に一生懸命向かおう」と思えます。


森川亮

手書きの手帳を使っています。それで過去のスケジュールを見ながら、時間の使い方を反省する。1週間、1カ月単位で、何にどれだけ時間を使ったのか、グラフ化する。「実際にかかった時間のグラフ」と、「当初(これだけの時間ができると)計画した時間のグラフ」を比較して、無駄な時間がどこにあったか分析しています。


吉田たかよし

一定のリズムを保って生活していると、集中力が高まる時間も、ある程度決まってきます。そのリズムを活かし、「自分が一番集中できるのは午前10時ごろだから、重要な資料を午前中につくってしまおう」などと計画を立てれば、効率よく仕事を進めることができます。


小松俊明

ことあるごとに1年前の自分と比較することも大事。仕事のリズムや実績、人脈があまり変わっていないと思えば、この1年で足踏み状態になっている可能性があります。それはつまり、給与面においても足踏み状態になっていることを示しているはずです。


海老一宏

転職の第一歩は「自分で自分を知る」こと。自分を知らなければ応募先も決まらず、履歴書類も効果的に書けません。


舟橋孝之

忙しい毎日のなかで、ついアフターフォローを後回しにしてしまうこともあるでしょう。そういう人はぜひ、思いついたときにやるのではなく、アフターフォローをルール化するべきです。「毎週月曜日には既存顧客に電話を入れる」など、時期や頻度を決めて、あらかじめスケジュールに組み込むようにしましょう。あとは、それを確実にこなしていけばいいのです。


安田秀一

勝つためには、自分たちに何が必要なのかを考えて、因数分解していく必要がある。