名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

上阪徹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上阪徹のプロフィール

上阪徹、うえさか・とおる。日本のブックライター。兵庫県出身。早稲田大学商学部卒業後、ワールド、リクルート・グループなどを経て独立。

上阪徹の名言 一覧

人は、誰かに質問されたときに良い話をするもの。これを意識しておくといい。


「こいつにはついしゃべってしまう」という友達はいませんか。あるいは、なぜかモテる知りあいとか。そういう人は聞き上手ですから、話しながら観察して、やっていることを真似すればいいのです。


取材ノートは平積みで置き、3~4か月過ぎれば捨てます。ライターはアウトプットの原稿がすべて。どんなに使い込んでもノートに思い入れを持ちません。


取材ノートを最低3回は見返します。結果的に、原稿を仕上げる時間は短くて済みます。しかも、取材前に考えた原稿のイメージを捨ててゼロから再構築するので、意外性のある原稿が書けるんです。


1日に取材が何件も続くことは当たり前ですから、覚えていると頭がパンクしてしまうんですよ。次の取材に没頭するために、意図的に忘れるようにしています。


いきなり「あなたにとって仕事とは」と聞いたら話しにくいに決まっていますよね。相手が話しやすいこと、たとえば、相手の得意分野のことなどから話してもらうようにしています。経営者の場合は、経営の数字の話から聞くことが多いですね。まずファクトを聞いて、徐々に考えを聞いていくというのがコツです。


飲み会での話から良いアイデアが生まれることもよくあります。読者の皆さんも、飲み会をスマホで録音すればいいと思いますよ。せっかく面白い話が出てきても、記録しなければ絶対に忘れてしまいますから。それではもったいない。


人間の脳は、机の前に座っているときよりも、風呂に入っているときなど、無防備な状態のほうがアイデアが出やすいようにできているらしいです。経営者がジムに通うのも、そのほうがアイデアが浮かぶからです。


取材するときに大事なのは質問文を聞く順に並べること。大まかな流れをつくると、相手が答えやすくなります。適当に質問すると答えはピント外れになりがち。「突然、何でそんなことを聞くのか」と相手を困惑させるだけです。


他人から質問されることで、自分でも思ってもみなかった面白い話が出てくることがあります。無意識にやっていた仕事の習慣を言語化できたりね(笑)。インタビューの効能はそこにあります。ときには、「自分の頭の中を整理してアイデアを出したいから、インタビューをしてほしい」と経営者に頼まれることもあるくらいです。


インタビュー対象者の話をメモに取るのは当然ですが、取材をしながら思いついた別の本のアイデアなど、なんでもメモしています。普段でも、思いついたこと、頼まれた用事、不意に思い出したことなどを、すぐにiPhoneでメールの「下書き」にメモしています。昔からメモ魔でしたが、今はiPhoneのおかげでメモの整理がしやすくなりましたね。


取材をしていても、話していてとても感じが良い人がいます。ある経営者は、話を聞くときの視線の合わせ方がとても自然でした。どうしてだろうと観察していると、手元、テーブルの上の時計、壁の絵、と3つくらいの場所を決めて、適度にそれらへと視線を逸らしていることがわかりました。そうすると、目線が合いすぎず、落ち着きが出るのです。それ以来、私も真似させてもらっています。何事も観察と発見ですよ。


上阪徹の経歴・略歴

上阪徹、うえさか・とおる。日本のブックライター。兵庫県出身。早稲田大学商学部卒業後、ワールド、リクルート・グループなどを経て独立。

他の記事も読んでみる

田中辰巳

いまは危機管理やコンプライアンス(法令順守)、内部統制といった概念はビジネスマンの間で着実に浸透してきている。しかしながら、言葉の定着ぶりとは裏腹に、危機管理の在り方が進化してきたようには感じられない。むしろ企業の存続を危ぶませるような事件や不祥事は年を追うごとに増え続け、同じような問題が何度も何度も繰り返されている。危機管理のシステムが正しく機能しているとはとても思えないのだ。


小杉俊哉

気分というものは単純です。楽しいことがあったから、内側から楽しい気分が生じるのではありません。明るい色のネクタイを締めて出社する。女性なら、化粧に気合いを入れる。そうした外側からの働きかけでコントロールできるものです。


箭内道彦

会社が倒産したり、リストラされてしまったとします。これはもう、カツラを被るビックチャンスです(笑)。「もったいない」もへちまもありません。強制的に周囲の環境が変わるわけですから。劇的にリセットしても誰からも文句が出ません。


宗次徳二

人脈を広げるパーティーや懇親を深めるゴルフに行く時間があったら、自ら現場に足を運び、目を凝らし、耳を傾け、現場の空気を直に感じるべきです。


亀田高志

ストレスの重さは「仕事の裁量権」の大きさによって変わります。私は大手の外資系企業や日本企業の産業医・専門コンサルタントとして20年以上にわたり、ビジネスマンの健康状態を診てきました。ビジネスマンは出世するほど自分の仕事をコントロールできるようになります。仕事の裁量が増え、ストレスが減る傾向が見られます。メタボになりにくいし、心の病にもかかりにくい。これは海外の研究機関でも実証されています。もちろん役員になったとたん権力闘争に明け暮れて疲れてしまう人もいますが、総じてビジネスマンは出世したほうが健康であるといっていいでしょう。役員に出世して経済的に豊かになれば、プライベートでも自由度が上がり、さらにストレスは減るでしょう。逆に仕事の裁量が少なく自由が利かない人にはストレスが強くかかり、メタボなど生活習慣病になりやすい。


石橋正二郎

なんら失敗がなく自然と伸びていくので、他人からつくりごとのようだと言われるくらいだった。もともと大雑把な私のこと、すべて楽観してやるので、人が止めても何しても独走してしまう。たまたまこの独走がものをいった形だ。
【覚書き|地方の小さな仕立て屋を足袋販売、ゴム底地下足袋販売、ゴム靴販売で従業員2万人の会社にしたことについて振り返っての発言】


山﨑武司(山崎武司)

いい仕事をするために必要なのは健康管理。健康じゃなかったら元気になれないし、楽しくもない。僕も30代中盤から40代になって体力がガクンと落ちました。いまの練習はメリハリを第一に考えています。体を壊してしまったら意味がないですからね。


川野澄人

部下のやる気を引き出すのに一番いい方法は、「任せること」と「見る(認める)こと」。当社は個店経営を掲げ、店長に大きな裁量を持たせています。私も必ず週末には店舗を回って、売り場の状態を確認し、店長の話に耳を傾けます。


中西哲生

持続できない体質を改善するのは簡単です。たとえば相手が部下なら、「できそうでできない」課題をやらせればいいのです。少し努力すれば手が届く課題をクリアすることで、小さな達成感が生まれます。その達成感が次の一歩を踏み出させます。


南壮一郎

多くの人は失敗を怖がって、行動していません。行動しなければ結果はついてきませんし、成長することもできません。


鍵山秀三郎

昨年末、さる県の知事から電話があり、私のある行動に対して、日本を代表するたいへん有名な方のお名前が付いた賞を贈りたいという打診がありました。私は自分一人の業績ではないと申し上げ、辞退しました。栄誉なことですが、私には興味のないことなのです。私はただ自分の志に従って精進して活動しているのですから。


菊川剛

私は週に一度、半日ほど打ち合わせや接客などの予定を一切いれず、考えることに集中する時間をつくるようにしています。その際には手帳を開き、これまで記してきた数々のメモに目を通しながら考えを巡らせます。