名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上野陽子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上野陽子のプロフィール

上野陽子、うえの・ようこ。日本のコミュニケーション・アナリスト。米ボストン大学コミュニケーション学部修士課程でジャーナリズムを専攻、東北大学博士前期課程で人間社会情報科学専攻修了。通信社、出版社などを経て独立。

上野陽子の名言 一覧

日本人は、正確に伝えようとするあまり「人に伝える」面を見落としがちです。でも、それでは聞き手の心を揺さぶるのは難しい。


聞き手は、プレゼンの内容が自分にもたらすメリットを考え、納得のいく答えを探します。話し手がシンプルで分かりやすい表現を使うほど、メッセージは正確に伝わるのです。


丁寧さは大事ですが、ストレートに、端的に気持ちを伝えることも大切。プレゼンにストーリー性や流れを持たせ、自分の気持ちを聞き手に伝える場面を作るのも効果的でしょう。


上野陽子の経歴・略歴

上野陽子、うえの・ようこ。日本のコミュニケーション・アナリスト。米ボストン大学コミュニケーション学部修士課程でジャーナリズムを専攻、東北大学博士前期課程で人間社会情報科学専攻修了。通信社、出版社などを経て独立。

他の記事も読んでみる

吉田洸二

目を通したビジネス書のなかで特に印象に残ったのが、「部下は上司の鏡」という言葉でした。その言葉の説明には、「部下が動いてくれないのは、上司である自分の言動に原因がある。部下にどうこう言う前にまずは自分を見つめなおすべきだ」と書いてありました。この言葉に照らして考えてみると、生徒が集中して練習に取り組んでくれないのは、私が立てた練習メニューに原因があることに気付きました。


マーガレット・サッチャー

心がやさしいだけだったら、誰一人として善きサマリア人のことなど覚えていなかったでしょう。彼にはお金もあったのです。
【覚書き:善きサマリア人=聖書ルカによる福音書第10章第29節に出てくる人物。行き倒れの人を介抱し、見返りを求めず名前も言わずに去って行った陰徳の人】


岩田聡

携帯電話で遊べるゲームと大差ないものしか出せなければ負けるわけです。携帯電話はもう必需品のように皆さまお持ちなのですから。圧倒的に面白いと思ってもらえなければ、不便な思いをしてまで別のハードを買ってもらえません。


松本大

キツイ練習を重ねるから、体が動きを覚え込み、イザというときも条件反射で体が反応するんです。その分、戦略をじっくり考える余裕も生まれます。シャラポワがいちいち考えながらボールを打っているはずないでしょう。何度も練習を繰り返し、迷うことなく打ってるはずです。


佐々木常夫

大事なのはスキルではなく、「志」をもつこと。どう働きたいのか、あるいはどう生きたいのか、その志さえあれば、スキルは後から自然とついてきます。


林家正蔵・9代目(林家こぶ平)

オヤジに似てきたって最近よく言われます。でも顔はともかく、オヤジと違う自分が、年を重ねるごとに、はっきりと見えてきましたね。


糸井重里

僕がいつもしている「「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」ハラマキ」も、僕自身の強い動機から生まれたものです。11年前に販売を始めたのですが、今では、ほぼ日の主力商品にまで成長しました。今日も着けています。ほら。ある友達が「だまされたと思ってしてみて」とくれた腹巻きがきっかけでした。僕はお腹を壊しがちなところがあったんですが、着けてみたら本当に調子がいい。だけど、らくだ色の冴えない感じですから、ボロボロになっても、新しい物を買う気にならなかったんです。だったら、格好悪くない腹巻をつくればいいと。


山内溥

海外戦略はどうなるかということになりますが、結局、だれでもできるものをつくっていてはだめだということです。だれでもつくれるものは、価格意識が強ければ価格競争に巻き込まれるのは決まっているわけです。だから、自分のところしか、出せないものがつくれたら最高です。しかも、それが大衆の懐勘定と折り合いがつき、しかも多くの人たちが初めて体験するような珍しさと楽しさとおもしろさを味わわすことができさえすれば、これは円高でも何でも戦えます。そういう新しい新製品の開発ができるかできないのかということが決め手になってきます。


澤田貴司

本来どのような社員でも「会社を良くしたい」「こうしたらお客様に喜んでもらえる」という熱い思いを内に秘めていると信じている。そうした思いを出し合って問題解決に向けた答えを見出し、組織がチームとして業務を進めることができれば、結果として売上高や利益の業績面でも元気を取り戻し、ポジティブな組織へと変わっていけると考えている。


枡野俊明

どういう生き方をしたいのか。自分がこの世を去る時に何が残るのか、その時、どんな人間でありたいのか。お世話になった方々や家族たちに何を残せるのか。そうしたことに思いを巡らし、だからこそ、私はこういう一生を送りたいのだと見通す。このような事柄を、真剣に考える時間を持つことは大事。


三宅雪嶺

できるかできないかわからぬときは、できると思って努力せよ。


田﨑史郎(田崎史郎)

取材のアポ取りも出演依頼を受けるのも1人でやっています。やはり自分で直に獲った情報じゃないと、見る人、聞く人には伝わりませんよ。これからも自分の足で取材します。