上野陽子の名言

上野陽子のプロフィール

上野陽子、うえの・ようこ。日本のコミュニケーション・アナリスト。米ボストン大学コミュニケーション学部修士課程でジャーナリズムを専攻、東北大学博士前期課程で人間社会情報科学専攻修了。通信社、出版社などを経て独立。

上野陽子の名言 一覧

日本人は、正確に伝えようとするあまり「人に伝える」面を見落としがちです。でも、それでは聞き手の心を揺さぶるのは難しい。


聞き手は、プレゼンの内容が自分にもたらすメリットを考え、納得のいく答えを探します。話し手がシンプルで分かりやすい表現を使うほど、メッセージは正確に伝わるのです。


丁寧さは大事ですが、ストレートに、端的に気持ちを伝えることも大切。プレゼンにストーリー性や流れを持たせ、自分の気持ちを聞き手に伝える場面を作るのも効果的でしょう。


上野陽子の経歴・略歴

上野陽子、うえの・ようこ。日本のコミュニケーション・アナリスト。米ボストン大学コミュニケーション学部修士課程でジャーナリズムを専攻、東北大学博士前期課程で人間社会情報科学専攻修了。通信社、出版社などを経て独立。

他の記事も読んでみる


三木雄信

どんな難題でもゴールまでの数字を明確にして走り始めると、人はそこに向かう。


鈴木敏文

自己評価が高くても、顧客の満足を得られなければ、単なる自己満足にすぎない。逆に自分たちは負けていると思って差を埋めることばかりに汲々とすると、ものまねに陥ります。いずれも顧客は離れていきます。


野村克也

結局はマスコミですね。敵に回すととんでもないことになります。阪神時代に家族のことなども報道されて、マスコミ総出で叩かれるような大変な目にあって、絶対、マスコミを味方につけないと球団経営が成り立たないというのが骨身にしみました。


天達武史

ファミレスの仕事は楽しかったんですよ。バイト仲間は年配の人から若い子までいて、チームワークも良くて。でも、最初は同じく学生だった仲間がみんな就職していき、僕はいつも見送る側で。そのうち後から入ってきた年下の子たちも「天達さん、ありがとう。おつかれさまでした」って巣立っていく。こっちは時給800円で、1日8時間働いて、年収は200万円のまま。道も定まらず、焦り始めたのが24歳の頃でした。30前でフリーターの僕が、ここから挽回するには……。そのためには、誰もができるわけではない道を目指すべきかなと思ったんですね。それが気象予報士だった。


田中靖浩

会社の数字は、細かく落とし込むほど、厳しい現実を社員全員が目の当たりにすることになります。しかし、臭いものに蓋をしたまま、安易に不採算部門のカットを繰り返しているようでは、改善は見られないし、社員の納得も得られません。


ヒラリー・クリントン

大統領選のキャンペーンほど複雑でプレッシャーの多い企てを、大勢の人を信用しないでできるものではない。私たちは信用できると思う大勢の友人とキャンペーンのプロたちとともに、仕事に取りかかった。


高井伸夫

人間は個々の価値観・性格がみな異なっており、同じ失策でも「そんなことは別に気にしない」という人もいれば、「逆鱗に触れたように怒る」人も。怒りの発火点の核心を掴むことが重要です。


ページの先頭へ