上野由岐子の名言

上野由岐子のプロフィール

上野由岐子、うえの・ゆきこ。日本のソフトボール選手(投手)。福岡県出身。小学校3年生からソフトボールを開始。高校卒業後、日立高崎ソフトボール部(のちのルネサスエレクトロニクス高崎女子ソフトボール部)に入部。史上初の2試合連続完全試合を達成。日本代表選手としてアテネ五輪で銅メダル、北京五輪で金メダルを獲得。

上野由岐子の名言 一覧

人に負けてもいい。しかし、やるべきことをやらない自分の弱さだけには絶対負けたくない。芯の強い心をつくっていきたい。


上野由岐子の経歴・略歴

上野由岐子、うえの・ゆきこ。日本のソフトボール選手(投手)。福岡県出身。小学校3年生からソフトボールを開始。高校卒業後、日立高崎ソフトボール部(のちのルネサスエレクトロニクス高崎女子ソフトボール部)に入部。史上初の2試合連続完全試合を達成。日本代表選手としてアテネ五輪で銅メダル、北京五輪で金メダルを獲得。

他の記事も読んでみる

鳥居祐一

稼げる人と、稼げない人の違いは、ひと言で言えば「性格」ですね。たとえばせっかく優れたテクニックを学んでも、すぐ感情的になる性格では、投資しても我慢できませんし、協力者も寄ってきてくれません。結局、テクニックの前に、自分の性格を直さないとダメなんです。


丹下大

テスト一本でやっています。専業のプレイヤーであるということです。現在、日本のソフトウエアの産業は12兆円程の市場と言われており、その中でテストの市場は約4兆円あると言われています。しかしそこで事業を行うプレイヤーは数社しかなく、しかも同業他社と呼ばれる企業はみんな本業が別にある企業です。ですから専業会社である当社にとってはポテンシャルがあり、伸びやすいマーケットなのです。


森永卓郎

私は、基本的な経済知識というのは、読み書きソロバンに匹敵すると思っている。経済に疎いと、本人がそれを自覚するかどうかはともかく、日々の経済活動がスムーズに運ばなくなるし、いらぬ不利益を被る確率も大きくなるのだ。


野矢茂樹

本当は八方ふさがりじゃなくてどこかに隙間があるかもしれない。それを「八方ふさがり」と言い切ってしまうことで、その隙間を探そうという姿勢が断ち切られる。一方の言い分と他方の言い分にはどこか妥協できるラインがあるかもしれないのに、「板ばさみ」と言い切ってしまうことで、妥協の可能性に目が向かなくなってしまう。


高汐巴

当時は4つの組がありましたが、それぞれの組のトップスターのポストは1つしかありませんので、熾烈でした。私は劣等生でしたが、運の強さとファンの方に後押しされてトップになれたと思います。ファンの方に「出来は悪いけどユニークだ」「高汐さんの舞台がまた見たい」とおっしゃっていただき、押し上げられました。トップになるためには技術だけではなく、運やお客様を惹きつけるオーラなどが必要なのです。


北島素幸

仕入れのとき、はじめはだまされたり、こちらも値切ろうとしたりしていたけれど、俺をだました店は他の人のこともだましていて、そのうち信用を失ってつぶれていったなぁ。商売って「仕事が好きで、人によろこんでもらいたい」という気持ちがなければ続けられないものでしょうね。築地でいい素材を提供してくれる人は、本当に魚が好きなのよ。仕事人の「気」みたいなものは、素材や料理に載せられていて、それは長い目で見ればかならずお客さんにも感知される、と俺は思っています。


小松易

片づけができないのは性格が影響しているとか、遺伝だとかいろいろ言われてきましたが、私は「癖です」と申し上げてきました。長年の動作や行動、考え方がいま一番心地よい状態を生み出しているのです。


フィリップ・チェスターフィールド

相手の本心を知りたければ、相手の顔をじっと見つめることだ。表情を見ていると、言葉の意味がつかみやすくなる。


ロバート・キヨサキ

使命というものは、口先だけではなく、心の底から湧き出るものだ。


ダライ・ラマ14世

私たちが経験するものごとで、永遠に続く者はまずありません。すべてのことは、変化して朽ちていく運命にあるのだと。どんな悲しみや苦しみも、例外ではないのです。


午堂登紀雄

たとえば新興国の通貨が暴落しているというニュースを聞いたら、それを儲けに変えられないかと考える。税金を払うときには、安くできる情報はないかと探す。こうした頭の使い方を習慣化していくと、お金を生み出すチャンスはいくらでもあることに気づきます。


小島慶子

テレビとラジオの違いは、「視覚情報があるかないか」の一言で片づいてしまうんですが、この「あるかないか」の差はものすごく大きい。人はテレビ画面というフィルターを通すと、自分がいる場所とは違う世界と思うんですよね。テレビは、「みんなが注目している広場で、声の大きい人が話す言葉が耳に聞こえてくる」とでも表現すればいいでしょうか。でも視覚情報がないラジオでは、「数mも離れていない、とても近い距離から話しかけてくる隣の人の言葉」になるんです。だから演技はまず通用しません。演じた途端にそれがリスナーに伝わってしまいます。ラジオでは自分をさらけ出して話さないと駄目ですね。


嶋浩一郎

忙しい人こそ、書店に行った方がいいと私は思います。私自身、かなりのワーカホリックですが、毎日1度は書店に行きます。なぜなら書店で棚を眺めているだけで、「今」が何となく分かってくるから。仕事でアイデアをひねり出さないといけない時、人は孤独になる。時間と自分との戦いです。そんな時、デスクでうなっていても何も生まれない。でも書店に行けば、今を生きている人々が欲しがっていること、知りたがっていることが、じわじわと伝わってくるのです。そうやって時代を感じるのは、仕事をするうえで、とても大切なこと。そのベースがあれば、企画のヒット率も上がるはずです。


山本卓眞

鼓腹撃壌の歌。十八史略にある逸話で、民衆が自由に行動すれば社会も実にうまく回る様を描いている。企業の理想もこうだ。若い人たちが勝手気ままに大きな仕事を成し遂げていくのが理想だ。


林田英治

入社して、最も希望しなかった会計課に配属になりました。ただ、結果としては、非常によい勉強ができたと思います。


ページの先頭へ