名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

上野啓樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上野啓樹のプロフィール

上野啓樹、うえの・けいじゅ。ダイエット指導者。山口県出身。大学卒業後、ガス会社を経て公務員になる。生活習慣の乱れから激太りしたのをきっかけにダイエットに目覚め、体調を改善するダイエット法を確立。ダイエットアカデミーを開校。著書に『ハイパフォーマー思考』『40歳からはカラダで差がつく! エリートの最強コンディショニング』。

上野啓樹の名言 一覧

不調が起こること自体が、ビジネスマンとして失格。


上野啓樹の経歴・略歴

上野啓樹、うえの・けいじゅ。ダイエット指導者。山口県出身。大学卒業後、ガス会社を経て公務員になる。生活習慣の乱れから激太りしたのをきっかけにダイエットに目覚め、体調を改善するダイエット法を確立。ダイエットアカデミーを開校。著書に『ハイパフォーマー思考』『40歳からはカラダで差がつく! エリートの最強コンディショニング』。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

実際、ああそれはいままで何度もやってみたんだが、できないんだ。と決め込んでいることが、我々の身のまわりには意外に多いのではなかろうか。ときには自分の考え、また自分をとらえている常識や既存の知識から解放され、純粋な思いつき、というものを大切にしてみてはどうだろうか。


中村崇則

たとえば、経理業務を効率化する「楽々清算」というシステムがあるのですが、利用することによって交通費や経費の申請・承認作業が電子化され、一般社員の申請作業も経理部門のチェックも大幅に削減できます。クラウド型サービスの提供によって無駄をなくし、効率化をサポートすることで企業の競争力向上に寄与したい。


小池百合子

時にはイチかバチかの決断をすることで、大きく前進できる。


ロバート・キャンベル

知識はすぐ身につきますが、それを繰り返し学び直せば、自身の血肉になります。学んで考え、また忘れた頃にふと思い出して考え、学び直す。3年後、5年後、10年後といった中長期で見た時に、どこかでふと「人間性」「物事を俯瞰して見る力」が増していると感じるものです。


藤沼彰久

組織や会社を越えて多くの人間が関わり、利害関係も様々なプロジェクトを立ち上げる際、私はよく「セイムボートだよ」という言葉を使いました。我々は皆、同じボートに乗った共同体です。始まったらできるだけ情報をオープンにしてコミュニケーションを深めていく。問題はあちこちで起きるものです。それに対し、責任を押し付け合うのではなく、全体で協力し合って立て直さなければなりません。


本田秀夫

発達障害は「障害」という言葉で誤解を招いている側面もある。「Neurodevelopmental Disorders」。これが現在の発達障害の英語表記です。つまり直訳すると「神経発達のずれ」。これまで人間は誰もが定型の曲線を描いて発達していくと考えられてきたのが、どうやら人それぞれ発達のスピードは異なり、かつ能力のすべてがパラレルに成長していくわけでもないということがわかってきたんです。発達障害は、決して発達しないわけではなく、発達の仕方が独特で定型発達の秩序からは外れているということです。


松下幸之助

ガラスのコップ一つ例にとっても、「これはガラスやないか」で終わる人。このガラスにはどういう技術があるのかな、このコップはどういう生活に対応するのかな。ガラスのコップは地球上に広がってきているが、歴史的にみてその間の政治はどうだったのか、文化は、経済はどうだったのか、というふうに物事をどんどん広げて見る人とでは、まるっきり違ってくる。広い受けとめ方をして見る人は、やはり経営にもその資質が生きている。


片岡愛之助(6代目)

楽に自然体にいけばいい。なんなら、おんぶしてもらえばいいんだよ。


西江肇司

これまで企業が行ってきた広報PRという手法は、ニュースリリースの言うなれば垂れ流しだった。それがたまたまメディアの目に留まれば取り上げてもらえますが、無駄撃ちが多すぎる。私たちが採用したやり方は企業の広めたい情報を世間の流行や出来事とリンクさせ、ニュースとして取り上げてもらえるようにする、いわゆる戦略PRと呼ばれるものです。


戸塚隆将

基本とは何なのか――。私なりにたどり着いた答えは、「多くの人がすでに知っていること」。その一方で、「成果を大きく左右する本質的で重要なこと」であり、「継続的に実践するのが難しいこと」という三つの要素から成り立つという定義でした。つまり、基本とは知っているだけでは意味がありません。継続的に実践することで差別化されるもの。それこそが基本なのです。


古賀信行

人事異動で未知の分野の仕事を任されることになったとします。もちろん現場レベルは、その分野に精通している人たちでなければ仕事になりません。しかし、その上のレベルでマネジメントする人であれば、その仕事に詳しくなくてもいい。そこで大切なのは、知ったかぶりをするのではなく、わからないことを自覚することです。そうすれば、わかっている人にあるレベルまでは仕事を委ねることができる。


萩本欽一

失敗は成功の母。誰かの言葉にあったような気がしますが、これも当たっているよね。修行時代の僕なんか、初舞台の失敗から始まって、ずーっと失敗の連続でした。でも、その積み重ねで覚えていくことって多いんです。だから僕に言わせれば、失敗は運の定期預金。何度も何度も失敗していると、いつかそれに利子がついていい運につながります。