上野啓樹の名言

上野啓樹のプロフィール

上野啓樹、うえの・けいじゅ。ダイエット指導者。山口県出身。大学卒業後、ガス会社を経て公務員になる。生活習慣の乱れから激太りしたのをきっかけにダイエットに目覚め、体調を改善するダイエット法を確立。ダイエットアカデミーを開校。著書に『ハイパフォーマー思考』『40歳からはカラダで差がつく! エリートの最強コンディショニング』。

上野啓樹の名言 一覧

不調が起こること自体が、ビジネスマンとして失格。


上野啓樹の経歴・略歴

上野啓樹、うえの・けいじゅ。ダイエット指導者。山口県出身。大学卒業後、ガス会社を経て公務員になる。生活習慣の乱れから激太りしたのをきっかけにダイエットに目覚め、体調を改善するダイエット法を確立。ダイエットアカデミーを開校。著書に『ハイパフォーマー思考』『40歳からはカラダで差がつく! エリートの最強コンディショニング』。

他の記事も読んでみる

高城幸司

営業という言葉の定義は広い。途上国に数千億円のプラントを売るのも、飛び込みでシュレッダーを売るのも、同じ営業に括られる。それは「お客の接点になる」という点では共通だからだ。どんな会社でもモノを売るのは営業の仕事だ。


逢坂ユリ

基礎的な勉強として、お金、英語、営業の三つは必須です。自分は営業担当ではないから営業のスキルは必要ないと考えている人もいますが、会社や上司に自分を売り込むのも営業活動のひとつです。


枡野俊明

人それぞれ、生き方も価値観も違うと言うことを大前提に、相手のいいところを見たつきあいが大事ですが、そのうえで、何も無理してまでつきあうこともない、という精神的な強さも必要です。


嶋津良智

イライラを改善するためには、「思うように進まなくて当たり前」と認識することが第一歩。


朝倉千恵子

わが社はこれまで毎年夏に、社員に「家族旅行手当」を渡しています。家族で旅行にいって思い出づくりをしてほしいという願いからです。お小遣いを渡したり物をプレゼントしたりすることも大事。でも、思い出はお金で買って渡して終わり、ではありません。まさにプライスレス。だから、一泊でも二泊でもいい、家族で一緒に旅行をしてたくさん話をし、多くの思い出を残せるように、写真もいっぱい撮ってほしいのです。私の母は北海道に行ったことがありません。「北海道に一緒に旅行しようね」と話していたちょうどそのころ、病気を患い、治療のために遠方への旅行ができない体になってしまいました。だから部下たちには、ご両親が健康であるうちに、できるだけたくさんの思い出づくりをしてほしい。そんな思いで始めた家族旅行手当なのです。


平野拓也

米国でナデラがCEOに就いてから、Windowsで囲い込むような戦略から脱却し始めていますし、従業員のマインドも変わりつつあります。なにしろ、ナデラは「アイ・ラブ・リナックス」と書かれたTシャツを社内で着ているくらいですから。


三國清三

帰国してからの30代の私は、なんとか恩師のジラルデさんやトロワグロ兄弟といった料理の神様のような天才になりたいと、力づくで自分の料理を認めさせようとした。「どうだ、すごいだろう」と、挑発的につくられる料理。少し過激にいえば、相手をねじ伏せようとする武器代わりとしての料理。次第に私は、料理業界人や評論家からバッシングされ、「三國は生意気だ」「フランス料理に、しょうゆを使うなど邪道だ」などと非難を浴びた。フランスで身につけたはずのものが、日本では理解されない。そうしたジレンマを抱えた私は、逃げ場を海外に求めた。ニューヨークやタイなど、海外の一流レストランで開催した「ミクニ・フェスティバル」は、トップクラスの集客力を誇り、海外で高く評価され、ようやく私は、日本でも認められていった。


石川康晴

ミスが生まれる原因は、「無理」を重ねることにもあります。無理は連鎖します。それを防ぐには、早め早めの「ホウレンソウ(報連相)」が大切で、ギリギリまで粘って「ミス」が起きるぐらいならば、「代案を持って謝りに行く」のが賢明です。代案で切り抜ける方法は、計画は果たせなかったものの、ミスではない。場合によっては、「評価」の対象にもなります。


前田新造

在庫を圧縮するために一番大事なのは、店頭売上を、営業マンや美容部員などすべての人を評価する基準にしていくこと。これまでは、店頭売上が目標に達しない時に卸に押し込み、それが在庫の膨張につながっていた。期末の数字目標は達成できても、店頭で売れなければ仕入れにつながらない。そのために、すべての階層の評価基準から卸への売上を撤廃した。それが一番の抑止力となる。お店も余分なものを仕入れないし、営業担当も無理に押し込んでも意味がなくなる。


アレックス・カー

書店のビジネス本コーナーに出向くと、ハーバード大やスタンフォード大といった、米国の有名大学の名を冠したノウハウ本がずらりと並んでいます。特に、「話し方」や「交渉術」に関するものの人気が高いようで、米国流のコミュニケーションに憧れるビジネスパーソンの思いがひしひしと伝わってきます。しかし、米国人である私から見るとちょっぴり不思議。確かに、ハーバード流のディベート術は論理的に意見を述べる手段としては有効ですが、ビジネスをするうえで最も大切な、人間関係を深めるコミュニケーションに有効だとは思えないからです。


山田真哉

専門的なことを専門外の人にわかりやすく伝えるのは、たしかに簡単なことではありません。専門用語を駆使して伝えることもできない訳ではありませんが、それは社会人として「逃げ」だという気がします。


矢野博丈

何かの結果というものは、それまでの過程があって生まれてくるもの。だから過程を大事にすることが、いい結果を生み出すただひとつの道なんだ。それをしっかりと心において、ひとつひとつ積み上げていくことが必要だと思う。


本田宗一郎

多くの人は皆、成功を夢見、望んでいますが、私は『成功は、99パーセントの失敗に与えられた1パーセントだ』と思っています。開拓者精神によって自ら新しい世界に挑み、失敗、反省、勇気という3つの道具を繰り返して使うことによってのみ、最後の成功という結果に達することができると私は信じています。


名取芳彦

仏教の掲げる得の中に、我慢して努力するという「精進」があります。最近の風潮では、ストレスがたまるから我慢しない方がいいと言われることもありますが、私たちは目標があれば我慢できます。逆に言えば、目標がなければ我慢はできません。子供におとなしくしなさいと言っても、彼らにしてみれば静かにして達成したい目標などないのですから気の毒です。


村口和孝

結局は人が企業を発展させていくので、幹部にどんな人をそろえるかということはすごく重要だ。


ページの先頭へ