名言DB

9413 人 / 110706 名言

上野光夫の名言

twitter Facebook はてブ

上野光夫のプロフィール

上野光夫、うえの・みつお。資金調達コンサルタント。鹿児島県出身。九州大学卒業後、日本政策金融公庫に26年間勤務。主に中小企業への融資審査の業務に携わる。その後独立し、起業支援、資金調達サポートを行った。著書に『「しぶとい人」の行動法則』。

上野光夫の名言 一覧

商品やサービスのアイデアのみでなく、売り方や売る相手まで考えることが大事。


好きなことなら常にワクワクできます。それが実行と継続のパワーになる。


ビジネスは、アイデア次第でいくらでも生み出せるもので、その可能性はいくらでも広げられる。切り口を変化させれば、派生ビジネスをどんどん発想できる。


流行の変化や大手の市場参入だけでなく、IT技術の革新などで市場自体がなくなることもあります。スクラップ&ビルドで、常に変化していくことが大事です。今のビジネスが軌道に乗った段階で、次の進化を考えましょう。


アイデアをノートに書き出すときに大事なのは、あれこれ考えすぎずにリストアップしていくことです。似たようなものであろうと、実現不可能であろうと、どんどん書き出すうちに発展し、違うアイデアにつながります。


単純な思いつきをニーズに結びつけてもいいし、自分の困りごと、失敗したこと、満たしたい欲求から掘り起こしてもいい。社会でヒットし、継続的に支持を得ているサービスのニーズを考えることもビジネスの発想のヒントになる。


ビジネス化できるのは、「好きなこと/したいこと」と「得意なこと」「稼ぐこと」が重なる分野。3つが重なることで初めて、楽しく長く続けられるビジネスができる。


「好き」をビジネスにすることには、大きなメリットがあります。第1には、「経営者の情熱と覚悟が途切れないこと」。第2には、自らがそのジャンルの顧客層のため、ほしいサービスや解決してほしい課題などの「新しいアイデアが浮かびやすいこと」。そして、その分野で培ってきた「スキルやノウハウがあること」。


起業直後は赤字になる企業が多いですし、黒字でも、入金まで何カ月も待つことがあります。経営者たる者、会社を維持するため、ある程度の資金は常に準備しておくべきでしょう。また、資金に余裕があれば、業績改善の選択肢だって広がります。


(資金を)「借りて開業」には長所も多いことを強調しておきたい。お金を借りれば、資金調達のノウハウが学べます。また、きちんと返済すれば金融機関の信頼が得られるでしょう。この2つがあれば、将来、事業拡大を目指して融資を申し込む際に、強い武器となる。


上野光夫の経歴・略歴

上野光夫、うえの・みつお。資金調達コンサルタント。鹿児島県出身。九州大学卒業後、日本政策金融公庫に26年間勤務。主に中小企業への融資審査の業務に携わる。その後独立し、起業支援、資金調達サポートを行った。著書に『「しぶとい人」の行動法則』。

他の記事も読んでみる

佐々木則夫(サッカー)

以前、試合中に川澄(奈穂美)から右サイドハーフのポジションを丸山(桂里奈)と代わったほうがいいんじゃないかと提案があって、そのとおりにしたことがあります。そうやって選手たちが僕に伝えてくれることが重要だと思うんです。


加藤久統

現在、グッドスピードが力を入れているのは、「会社の価値向上」と「社員のレベルアップ」です。事業として店舗エリアを拡大することは必要なことです。ただし、そのためには、この2点を満たしていることが必須です。


北畑稔

自分の目標を実現するために、自分を客観視して、常に軌道修正をしながら、自分自身を目標に向かって導いていける。そんな力を持った人材が、非常に重要だと思っています。


藤巻健史

私の英語は上手ではありませんが、全世界のスタッフが耳を傾けてくれました。仕事で実績をあげていれば、多少英語が下手でも話を聞いてもらえるんです。


佐藤可士和

僕は2年前からカバンはもたず、手ブラで外出しています。たとえば手帳やデジカメは、携帯電話のスケジュール機能やカメラ機能で代用できるし、名刺はその日に必要な枚数だけポケットに入れればいいので、名刺入れもいらない。財布も、最低限必要なカード類と紙幣は小さなカードケースに収まります。このように惰性で持ち歩いているものをカバンから取り除けば、手ブラは無理でも荷物は3分の1に減る。荷物が減れば、気持ちもグッと軽快になります。


姜尚中

同じチームで仕事をしていても、個々人はお互いにライバルであり、会社内には妬み、そねみが渦巻いているかもしれません。しかし、自分を率直にさらけ出したほうが、かえっていい結果を生む場合もあると、僕は思います。一番悪いのは、心の中に根を持ち、ずっと封じ込めておくことです。必ず何らかの反動が出てきます。閉じ込めておくと家庭生活をはじめ、すべての人間関係がおかしくなってくるのではないでしょうか。


西多昌規

お酒に頼ったり、愚痴を言ったりするのは、精神的疲労に良くありません。アルコールは質の良い眠りを阻害します。また愚痴ばかり口に出すのは、一種の洗脳に当たります。ネガティブな思考のクセがつき、疲れを助長させるでしょう。


津田純嗣

安川電機にも撤退した事業はあります。フロッピーディスクやプリンターです。モーション技術を拡大解釈し、「データを動かすこと」まで自分たちの領域だと思ってしまいました。コア技術ではなく単なるこじつけでしたから、優位性を出せなかった。


志村けん

20代のころは「早く歳を取りたいな」という思いはありました。いい歳した大人がバカをやるからカッコいい、いい笑いになるんでね。50歳はまだまだで60歳を過ぎたいま頃からがそろそろかなと。と言いつつ、実際にそうなると、実感がわかないんですよ。酒量もあまり減らないし(笑)。やってることも、若いころと何一つ変わってないですからね。


魚谷雅彦

私は3年前からNTTドコモの特別顧問をしています。携帯電話も右肩上がりの時代が終わりました。地方の小さな町にもドコモショップをつくって、露出を増やして、売上を伸ばすというエクスポージャー(露出を増やす)戦略にも限界がきています。今後は契約台数の増減よりも、いかに携帯電話をもっと使ってもらうようにするかを考えなければなりません。


俣野成敏

仕事の目的と背景を確認する癖をつけるとよいでしょう。目的とは「何のために、誰のためにこの仕事をやるのか」、背景とは「なぜこの仕事をやるのか」ということです。この2つを押さえれば、あとはそのゴールに向かって最短距離で進むことができます。


酒巻久

成功者が着目するのは損得や儲け話ではなく、そのプランがもたらす社会的意義。世の抱える問題を解決できるか、といった話に心を動かされる。


真山仁

私は2年半、新聞記者をして独立しました。もともと新聞社に入ったのは小説家になるための修業と考えていましたが、一人の個として社会に物申したいという思いが強かった。これは「外からモノを見る」という視点でもあります。組織に属しているかどうかや職業にかかわらず、こうした視点は我々の世代が早くから意識すべきことだったと思います。


清水勝彦

組織には「茶坊主」と呼ばれる人々も存在しています。しかし、多くの「大物」もまた組織の政争をしのいでその地位を得、実力を発揮してきました。ゴマすりを毛嫌いすることは個人の価値観ですが、組織とは合理性で動くロボットではなく、「褒められるといい気持ちになる」人間が動かしていることを考えれば、ゴマすりを含めたインフォーマルな影響力は大きいのです。


佐藤綾子(心理学者)

一生懸命やったけれど、努力して時間を使ったわりには成果が何も上がらなかった。疲れるだけで、何もいいことがなかった。そんなことは、私たちのビジネスシーンにもよく見られるものです。その大きな理由のひとつは、仕事を始めるにあたって、最初から「相手が何を欲しているか」という欲求をしっかりと聴き取っていないことです。