名言DB

9490 人 / 112001 名言

上野佳恵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上野佳恵のプロフィール

上野佳恵、うえの・よしえ。リサーチ関連サービス・コンサルティング会社「インフォナビ」代表。津田塾大学卒業後、日本能率協会総合研究所、マーケティング・データ・バンク、米マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て独立。

上野佳恵の名言 一覧

部下に調べ物を頼むときは、目的を明確に伝えるだけでなく、部下が悩んでいたら、進捗確認の機会を設けましょう。互いの認識のズレを正せば、追加調査や再調査のムダが省けます。


調べ物を頼んできた相手が上司の場合、上司が何を求めているか、最初にしっかり確認してください。そのうえで、少しでいいので相手の期待を超える情報をつけて渡す。そうすれば、あなたの評価は高まります。


上野佳恵の経歴・略歴

上野佳恵、うえの・よしえ。リサーチ関連サービス・コンサルティング会社「インフォナビ」代表。津田塾大学卒業後、日本能率協会総合研究所、マーケティング・データ・バンク、米マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て独立。

他の記事も読んでみる

三村明夫

簡単なことを難しく言っても、人に感動を与えることはできない。だから、どんな演説でも私は事前に頭の中にメモをつくって場に臨む。


黒川光博

出来上がった製品は必ず、作った社員たち自身が毎日、順番で試食します。それもお客様が召し上がるシチュエーションを考えて、午後3時に、漆の皿に載せ黒文字(和菓子用爪楊枝)を使って、1つの和菓子を食べます。お客様が和菓子を召し上がることの多い時間帯に、同じように椅子に座り、1つ食べきることこそが試食だという方針からです。時に、朝作った製品は時間がたつとボソボソしてしまうとか、黒文字では食べにくいといったことが分かります。自分たちでは「ちょうどいいサイズ」と思っていたけれど、実際に1個食べてみると「大きすぎる」とか「甘さが強すぎる」と感じることもあります。試食の際の意見をフィードバックし、改良の糧にしています。


平井一夫

私自身、ソニー・コンピュータエンタテインメントという独立した子会社の社長をやっていたのでよく分かりますが、一国一城の主となると、自分に対しても厳しく、会社を経営していかなければならないという意識も生まれる。その経験を踏まえて、あえてカンパニー制ではなく分社化して、責任を持って会社を経営してもらうことを明確にしました。


渡文明

過去にも合併は経験しており、それなりに成功したと自負しています。最も重要なのは、ふたつの異なる企業文化をいかに融合させていくかです。もうひとつは、重要なプロジェクトについて社内の各部署から横断的にチームを編成し、議論させたことです。たとえば新しい人事制度も横断プロジェクトの中で時間をかけてつくり上げました。人事部だけでは過去の延長上の改善にとどまり、改革は期待できないと考えたためです。


梅原大吾

他人と自分で勝敗をわける大きな差があるとしたら、それは変化をやめないこと。例えば、圧倒的な差で勝ったとしても、相手が戦い方を工夫し変化を続けている間は勝った気になれない。そこで甘んじない。


大朏直人

ソーテックのように、低価格を武器に他社と勝負しても、最終的に大会社との競争には勝てません。安価の商品で競争することは数を多く売ることが出来ますので、一見効果的な戦略に見えるでしょう。しかし、一度競争を始めてしまうと、簡単に競争から抜けることはできませんし、激しい競争に勝たなければなりません。


中鉢良治

40代というものは、人生でも大変なときで、仕事でもプライベートでも、いろいろな問題が並行していっぺんに押し寄せてくるものです。


松岡修造

真面目な人ほど、今自分の目の前のことばかりに意識が向いてしまいます。そんなとき僕は、「真剣」であっても、「深刻」にはなるなと言っています。この2つの言葉は、似ているようで違います。「自分はもうダメだ」「俺はどうせダメなんだ」などと「深刻」に悩んでいるとき、心のどこかに言い訳があるはずです。「もうダメだ」と思えば、それ以上何の努力もしなくてすむからです。でもそれでは問題は解決しない。言い訳のために深刻なふりをするのはやめ、そこから抜け出す方法を真剣に考えるべきなのです。


樋口泰行

目指すのは、悪い情報が早くトップの耳に届く組織です。


田岡信夫

3位は2位を抱き込んで、1位と2位の条件を同じにさせるように誘導することが戦略となる。3位という地位は最も「政治力」が要求される。2位を抱き込みながら、2位が弱い者いじめの法則で3位に向かってくるのを逆に上に向かせるように誘導するという戦略だ。もう一つの戦略は、4位以下から注文をもらったりしないしないことである。下位に対しても一線を画せということである。


貞末良雄

五感をフルに使うのが必要。五感を超えたときに生まれるのが六感ですから、五感を使っていない人には六感も直感もありません。


松下幸之助

5年後、10年後にどうなるか、どうすべきか。その上で、今どうしたらいいのかを考える。将来から現在を考えるのが、経営者としての発想である。