名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

上野佳恵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上野佳恵のプロフィール

上野佳恵、うえの・よしえ。リサーチ関連サービス・コンサルティング会社「インフォナビ」代表。津田塾大学卒業後、日本能率協会総合研究所、マーケティング・データ・バンク、米マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て独立。

上野佳恵の名言 一覧

部下に調べ物を頼むときは、目的を明確に伝えるだけでなく、部下が悩んでいたら、進捗確認の機会を設けましょう。互いの認識のズレを正せば、追加調査や再調査のムダが省けます。


調べ物を頼んできた相手が上司の場合、上司が何を求めているか、最初にしっかり確認してください。そのうえで、少しでいいので相手の期待を超える情報をつけて渡す。そうすれば、あなたの評価は高まります。


上野佳恵の経歴・略歴

上野佳恵、うえの・よしえ。リサーチ関連サービス・コンサルティング会社「インフォナビ」代表。津田塾大学卒業後、日本能率協会総合研究所、マーケティング・データ・バンク、米マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て独立。

他の記事も読んでみる

長島一由

最初のきっかけは何でもいいと思うんです。これは職業に限らず言えることですが、多くの人が憧憬を抱くものには、必ず何らかの魅力があると思います。だから、目標がなかなか定まらない人は、まずみんなが憧れるものを追いかけてみればいいでしょう。それで、「自分には適さない」と感じればやめればいいし、「合っている」と感じれば、のめり込めばいいのですから。


鍋島直茂

時節到来すれば家が崩るるものなり。その時崩すまじきとすれば、きたな崩しするなり。時節到来と思わば崩したるがごときなり。その時は抱きとどまることもあるものなり。【意訳:時が来れば家や組織は壊れるものだ。その時に往生際悪く壊さないようにすると、かえって見苦しく壊れる。それよりも、家や組織が壊れる時が来たと思ってさっさと壊してしまえば、かえって持ち直すこともある】


川野幸夫

大切なのは人格を認めること。指示されたことをこなすのではなく、会社や店が目指している目標を実現するための仲間になってもらう。店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。成果の出ない管理職は、これができない人が多い。


伊藤直彦

日本の鉄道貨物輸送も昭和50年の8日間ストライキでお客様の信頼を失ってしまった。立て直すのは私の使命であると自分にムチを打ってきた。


川本英利

入社当時から考えていたのは、社会の中では「人と人とのつながり」が重要だろうということ。その中で成長し、貢献していくことが重要だと。浪人時代に人とあまり話さず勉強ばかりしていた反動もあったのかもしれませんね。今も変わらぬ私の原点です。


吉原義一

曾祖父が昭和の初めの頃に刀鍛冶を始めました。父も叔父も刀鍛冶です。ですから、刀鍛冶になるのは自然なことでした。他の道に進もうと思ったこともありません。18歳で父に弟子入りし、5年後に正式に刀鍛冶になりました。しかし、独立してからが本当の修業でした。


出口治明

人間は不思議なものでA君はB君に強く、B君はC君に強い。でもA君はC君に弱いといった会社の組織図には表れない力関係があったりするでしょう。人間社会は複雑なので、その関係性を事前に押さえておくことはとても大事。


重光武雄(辛格浩)

我々がいま増やしている海外での大型開発は、これからも続けていきます。いい宣伝になりますし、私も作っている間は非常に楽しいですから。計画を練っていくのは非常に面白いですよ。


石村和彦

子会社の社長になるとき、元上司に「リーダーの心得は『人は力なり』だよ」と言われました。当時は「そういうものかな」と思って聞いていましたが、状況が身に染みるにつれて「会社の立て直しは、自分ひとりが頑張ってどうにかなる話ではない」ということが見えて、「ああ、人は力なり、とはこういう意味か」と腑に落ちました。


アルバート・アインシュタイン

どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか。
人間性について絶望してはいけません。なぜなら私達は人間なのですから。蝶はモグラではない。でも、そのことを残念がる蝶はいないだろう。


安岡正篤

新という字を知らぬ者はいない。しかし新という字の真の意味を理解する人は意外に少ない。元来この字は「辛」と「木」と「斤」との組み合わせである。辛は努力を意味し、斤は木を斬る「まさかり」「大斧」であり、これで木を斬ること、それから「斤斤」といえば明らかに見分ける、また慈しむの意がある。すなわちよく木を愛し育て、それを努力して加工し、新――あらたなものにして活用するということを表すものである。本当に新しくするのには大した用意と努力を要するわけで、新人などざらにあるものではない。


イチロー(鈴木一朗)

あのとき(ワールド・ベースボール・クラシックのとき)僕を支えていたのは、自分のやってきたことへのプライドと、これからやろうとしていることへの自信でした。