上野佳恵の名言

上野佳恵のプロフィール

上野佳恵、うえの・よしえ。リサーチ関連サービス・コンサルティング会社「インフォナビ」代表。津田塾大学卒業後、日本能率協会総合研究所、マーケティング・データ・バンク、米マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て独立。

上野佳恵の名言 一覧

部下に調べ物を頼むときは、目的を明確に伝えるだけでなく、部下が悩んでいたら、進捗確認の機会を設けましょう。互いの認識のズレを正せば、追加調査や再調査のムダが省けます。


調べ物を頼んできた相手が上司の場合、上司が何を求めているか、最初にしっかり確認してください。そのうえで、少しでいいので相手の期待を超える情報をつけて渡す。そうすれば、あなたの評価は高まります。


上野佳恵の経歴・略歴

上野佳恵、うえの・よしえ。リサーチ関連サービス・コンサルティング会社「インフォナビ」代表。津田塾大学卒業後、日本能率協会総合研究所、マーケティング・データ・バンク、米マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て独立。

他の記事も読んでみる

原典之

社長就任から半年間で、国内に53回、海外に4回出張しました。訪問した顧客数は250社になります。不確実性の高い時代だからこそ、自ら動き、肌で感じることを大切にしていきます。


須田将啓

エニグモの社員同士は時にケンカすることもあります。「これは本当にバイヤー(ユーザー)のためになっているのか」とか「バイヤーをないがしろにしているんじゃないか」と。サービスを大切に思うからこそ、議論も活発です。


豊田章男(モリゾウ)

実際問題、社長に就任して次から次へと試練が続き、もう必死でした。いまだってまだ必死ですよ。しかしながら、会社経営のトップに立つ者が悲壮感など見せるわけにはいきません。


沙村広明

小学生のときから、将来の夢を書けと言われて、マンガ家以外に浮かんだことがなかった。大学生になってもそう思っていて、作家に大事だとされる、根拠のない自信だけはありましたね(笑)。


田中良和(GREE)

人生には、夢を失う時、目標を達成できない時があります。人生の軌道修正を迫られる瞬間が必ずある。そんな時、「1つの目標を定めてそれに向かって頑張る」ことも重要だと思いますが、環境が変わり、決めた目標をどうしても達成できない時、「もう一度、目標を設定し直す力」こそ重要だと考えています。目標を再設定するのは難しいことですが、そうしないと行き詰まってしまう。このことを学べたのはよかったと思います。


榎本博明

時代背景を踏まえ、相手に引きずられて感情的にならず、あくまで冷静に対応する力を身につけてください。


田中和彦

上司や会社の意向が自分の意に反していた場合、選択肢はふたつあります。ひとつは会社や上司に自分の意見を思い切ってぶつけること。もうひとつは黙って従うこと。いまの時代のビジネスマンが取るべき行動は、前者だというのが私の考えです。なぜなら、世の中の流れは「変革」を求めているからです。環境がものすごいスビードで変化し続けている現在、過去と同じことをしていては、企業は生き残れません。よって会社側も、たんなるイエスマンではなく、自分の意見を会社に堂々と提案して変革を起こせる社員を高く評価するようになっています。


山本一成

人間の弱点は、何かを目にした時、そこに意味を感じて「物語」として理解しようとすることなんですよ。将棋でも相手の一手を見て、「これは後に続くこんな意味があるに違いない」と考えすぎる。すると、そうした物語が見えない手、常識的には悪手を過小評価してしまう。


内田雅章

まずは、自分が人に紹介されるとしたら、どんなメリットや売りがあるのだろうと客観的に考えてみてください。そして、人に紹介されやすい人になるために、その知識を深めたり、新しいことにチャレンジをして提供できるものを増やしていくことが大切です。


小堀秀毅

どんな目的でM&Aをするかで手法はまったく違ってくる。買うことが目的ではなく、買った後、どうやっていくのかが重要。


山田政弘

売上や対前年比などの数字はあくまで現状を把握する材料にすぎません。その数字を起点に原因を検証し仮説を立て、対策を考えて初めて数字の意味が出てきます。その作業こそが、数字を使ってビジネスパーソンがするべき仕事なのです。


高岡浩三

相手が何を望み、何に困っているかを考え、それを解決する方法を伝えなければ、人を説得し、動かすことなど到底できない。


ミシュラ・マニッシュ

日本の大企業がインドに行くと「日本のやり方はこうだ」ということから説明してしまう。これでは反感を買って問題が起きますし、それが失敗につながることもある。文化の理解が重要。


ニーチェ

アメリカ人の息せき切った慌ただしい仕事ぶり、新世界の真の悪徳は早くも感染によって旧ヨーロッパを野蛮化し、まったく奇妙な精神喪失状態を蔓延させはじめた。すでに我々は休息をとることを恥じるようになった。ゆっくりと熟考することは、ほとんど良心の呵責を伴うようになった。我々は株式新聞に目を注ぎながら昼食をとり、時計を手にして考える。絶えず何かを逃しはしまいかと思う者のように生きている。何もしないよりは何でもいいからせよという原理がすべての文化の高級な趣味の息の根を止める。


藤田晋

起業当初、USENの宇野康秀社長に「フェラーリと馬は買うな」と口を酸っぱくして言われたこともあり、個人のお金の使い方には注意してきたつもりです。


ページの先頭へ