名言DB

9412 人 / 110637 名言

上窪政久の名言

twitter Facebook はてブ

上窪政久のプロフィール

上窪政久、うわくぼ・まさひさ。日本の経営者。COMEL社長。東京都出身。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科卒。プライスウォーターハウスコンサルティング(のちのIBMビジネスコンサルティングサービス)などを経て、日本テレコム(のちにソフトバンクテレコム)に入社。同社子会社COMEL設立に伴い社長に就任。主な著書に『図解プロジェクトマネジメント』など。

上窪政久の名言 一覧

私がいなくても仕事が回るように、あえて会議には出席しないこともあります。そして自分のスケジュールに余裕を持たせておき、メンバーが緊急事態を訴えてきたときに対応できるようにしています。


自分がやりたいことと、他の仕事がバッティングしたとき、どちらを取るかは「死ぬときに振り返ってみて、どちらが大事だったと思えるか」で決まります。ですから、家族旅行を会議より優先させたこともあります。


スケジュール帳には、まず先に「やりたいこと」を書き入れます。それは「やりたくないこと」をやらずに済ませるためです。卑近な例を挙げると、悪友から飲みに誘われても、先に予約を入れておけば、後ろ髪をひかれることなく断れます。


私の仕事はゼロから新規事業を立ち上げることです。事業そのものはずっと継続していきますが、新規立ち上げプロジェクトには終わりがあります。「終わりがある」ということが私は好きですし、それが手帳術にも反映していると思います。


上窪政久の経歴・略歴

上窪政久、うわくぼ・まさひさ。日本の経営者。COMEL社長。東京都出身。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科卒。プライスウォーターハウスコンサルティング(のちのIBMビジネスコンサルティングサービス)などを経て、日本テレコム(のちにソフトバンクテレコム)に入社。同社子会社COMEL設立に伴い社長に就任。主な著書に『図解プロジェクトマネジメント』など。

他の記事も読んでみる

落合寛司

1人が30人と連携して仕事をすれば、結果的に30倍以上の仕事ができます。組織力ではなく、ネットワーク力で中小企業の経営改善に取り組んでいます。


泉谷直木

世の中は様々な情報に満ちています。玉石混交の中から、有用な情報を見つけて整理し、ビジネスに役立てるにはどうすればいいのか。それは、努力と経験によってビジネスの勘を磨いていく方法しかありません。


奥島孝康

人々に希望を与える者こそが真のリーダー。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

我々は進出している国々で利益を上げているが、その国のために何ができているかを理解しなければならない。日本や中国、インド、ナイジェリア、米国などあらゆる場所でそれを実行する必要がある。


阿部譲

会社では毎日生きた素材が、次々と流れてくるでしょう。毎日教室にいるようなもので、やろうと思えばいくらでも勉強できるわけです。個人の努力如何ですよ。


斎藤一彦(スパリゾートハワイアンズ)

私たちの商売は施設勝負だと思われるかもしれませんが、突き詰めると人がすべて。働く人がつぶれてしまったら再開もあり得ません。


小川仁志

ドイツの哲学者ゲオルク・ジンメルは、『貨幣の哲学』の中で、おカネのことを「精神的なものの器」と表現しています。おカネは決して目的ではなく、あくまで精神、つまり欲望を入れる器にすぎないのです。だから欲望がなければ、器は何の意味もないのです。欲望というと恐く聞こえるかもしれません。野心、大志、希望と置き換えてもいいでしょう。私の場合、「学び直したい」が欲望でした。


カール・マルクス

宗教は人民のアヘンである。


小倉広

上司の役割は、部下にスキルを伝え、自立してもらうこと。ミスをした部下を叱るときは、常にこの視点に立つ必要があります。しかし、実際は怒りの感情に任せて叱責したり、上司に言われた通りにしかできない部下を作っているケースが多いのです。


福本伸行

心の奥底にあった漫画家の夢が再び湧き上がって。そして仕事をしながら描いた漫画を『少年マガジン』に持ち込みました。しかし編集部から「絵が描けていない!」と。勉強する意味で、かざま鋭二先生を紹介されてアシスタントになった。このタイミングで会社も辞め、漫画の世界に踏み込んだわけです。


土田晃之

みんながそんなに詳しくないところをさも知っているかのように話すことで、「コイツ、全部知ってるんだな……」と勝手に思ってもらえる。そして一度「賢い」「物知り」という印象をつけてしまえば、その後はグッと話を聞いてもらいやすくなるし、説得力も大きく増す。


梶川貴子

私は適正価格であれば、相手の言い値を受け入れます。海外と違って階級社会とはいえない日本では、現場の従業員も教育レベルが高く、意識も高い。取引先も同様で、良い仕事をする原動力は、お金よりも尊敬してもらっているという思いです。「高い料金はコンサルタントのプライドだ」というのは堀紘一さんの名言ですが、まさに価格はプライドです。そういう形で尊敬されていないと、関係は長く続かないと思います。


スティーブン・コヴィー

リーダーシップを発揮するためには、主に右脳を活用することになる。それは技術というより芸術であり、科学というより哲学である。自らに対してリーダーシップを発揮するためには、自分自身の人生にとって最も大切な究極の問いかけをしなければならない。


吉田和正

成果を出せば “Good Job!” と言われますが、「じゃあ次はここまで」とすかさずバーを上げられる。エンドレスです。でも上げ続けるバーに対し、常に期待値を超える成果を出せるかといえば、いつもそんなことはない。しかし、インテルは、バーを上げ続けなくてはならないのです。期待値とのギャップのためにトップにフラストレーションがたまり、キレるのは、ある意味、当然のことだといえます。


井上高志

クレームやトラブル情報を報告するときは事実が先、主観は後です。最初に自分の主観と作文から入る人がいますよね。クレームを受けた背景みたいなことをダラダラと述べて、「私は反対だったのですが、A君がこういうふうに対応してしまったので……」などと言い訳を始める。それでは報告になりません。まずは事実。そのあと「で、君はどうしたらいいと思う?」と対話をする中で、解決策を探っていくのです。