名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上窪政久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上窪政久のプロフィール

上窪政久、うわくぼ・まさひさ。日本の経営者。COMEL社長。東京都出身。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科卒。プライスウォーターハウスコンサルティング(のちのIBMビジネスコンサルティングサービス)などを経て、日本テレコム(のちにソフトバンクテレコム)に入社。同社子会社COMEL設立に伴い社長に就任。主な著書に『図解プロジェクトマネジメント』など。

上窪政久の名言 一覧

私がいなくても仕事が回るように、あえて会議には出席しないこともあります。そして自分のスケジュールに余裕を持たせておき、メンバーが緊急事態を訴えてきたときに対応できるようにしています。


自分がやりたいことと、他の仕事がバッティングしたとき、どちらを取るかは「死ぬときに振り返ってみて、どちらが大事だったと思えるか」で決まります。ですから、家族旅行を会議より優先させたこともあります。


スケジュール帳には、まず先に「やりたいこと」を書き入れます。それは「やりたくないこと」をやらずに済ませるためです。卑近な例を挙げると、悪友から飲みに誘われても、先に予約を入れておけば、後ろ髪をひかれることなく断れます。


私の仕事はゼロから新規事業を立ち上げることです。事業そのものはずっと継続していきますが、新規立ち上げプロジェクトには終わりがあります。「終わりがある」ということが私は好きですし、それが手帳術にも反映していると思います。


上窪政久の経歴・略歴

上窪政久、うわくぼ・まさひさ。日本の経営者。COMEL社長。東京都出身。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科卒。プライスウォーターハウスコンサルティング(のちのIBMビジネスコンサルティングサービス)などを経て、日本テレコム(のちにソフトバンクテレコム)に入社。同社子会社COMEL設立に伴い社長に就任。主な著書に『図解プロジェクトマネジメント』など。

他の記事も読んでみる

フランソワ・ノーカット

サービスの目的は同じでも、手段は国や文化によって異なります。西洋と東洋、あるいは同じアジアでも中国、日本、韓国ではそれぞれ求められる気遣いのあり方は違います。そこに我々は気を付けなくてはなりません。


水野仁輔

小学1年生の頃に、地元浜松の「ボンベイ」というカレー屋に出会ったのが、カレーにハマるきっかけでした。高校卒業まで通いつめ、大学進学で上京した後もボンベイの味を求め、インド料理店でのバイトと食べ歩きをする日々。さらにカレーが好きになり、就職後も「東京カリ~番長」という出張料理集団を作って、公園やクラブで出張カレーイベントをしていました。これが注目され、料理教室の講師やレシピ本の執筆など想定外の展開に。とことんハマると、声がかかるのですね。


稲垣えみ子

会社は修行の場。会社員の醍醐味って、つまるところ理不尽な人事なんじゃないでしょうか。文字どおり生死をかけた戦いですよね。その中をなんとか頑張って心静かに切り抜けて、マイナスのことをどうプラスに転じていくのか。尊厳をなんとかズタズタにされずに生き残っていくには大変な精神力がいる。お寺の修行も目じゃないくらいの精神修行。そういう場を与えてくれる会社ってやっぱりすごい。


守屋淳

孫子の謀攻篇「百戦百勝は善の善なるものにあらず。戦わずして人の兵を屈するのは善の善なるものなり。」。なぜ、百戦百勝が最善とは言えないのか。100回戦っているうちに、財力や体力を擦り減らしてしまい、101回目に第三者に漁夫の利をさらわれてしまえば、愚かの極みでしかないからだ。


佐野陽光

先輩経営者の話や本を読んでも社員数150人というのはひとつの壁だと思っています。そこに至るまでにきちんとした文化づくりができるかどうかがその後成長できるか大きく左右するでしょう。


安藤宏基

入社2年目でTOEICが750点以上あればすぐに海外に放り出します。行ったら何もできなくて、挫折して帰ってくるんです。でも、それから5年間ぐらい経験を積ませてまた海外に行かせる。若いうちから荒修行にさらされることでマネジメントの能力が鍛えられる。


平井伯昌

私は常に、「もうこれ以上頑張るなと私が言ってしまうぐらいに、自分で頑張ってほしい」と選手に伝えてきました。つまり、選手に自主性の大切さを意識してほしかったからです。大きな舞台で結果を出す選手ほど、思わずこちらが練習を止めてしまうぐらいの意欲で、練習に取り組む傾向があります。強くなるには、そうした自分で伸びようとする力が不可欠です。


柳澤大輔

「面白法人」というコンセプトが社内に浸透するように、給料日前に全社員がサイコロを振り、「基本給×(サイコロの出目)%」が、給与に足される「サイコロ給」や、ウソをつくのも才能の一つと考え、4月1日限定でウソのエントリーシートで本当に書類選考を行う「エイプリルフール採用」など、他社にはない制度も数多くつくってきました。このような制度がその目的を達成できないこともあります。その意味ではムダなことかもしれません。しかし、たとえ失敗しても他社が行わないことを行ったという事実は残り、それによって面白法人としての価値が蓄積されていくのです。


竹中平蔵

政治の世界で正しいことが理解されない経験がありました。それを突破するためには、何が事実かということよりもどう思われているかが重要だと考えるようにして、あるときは真摯に、あるときは巧みに相手を説き伏せていくということが大事だと考えています。


中村獅童(二代目)

歴史があって、なおかつ業績が伸びている企業って、きっとバランス感覚に秀でた人材が多いんだと思います。伝統にぶら下がるだけではなく、時流をとらえどんどん新しいことに挑戦している。


島田精一

挫折は自分自身を強くするための起爆剤であると、無実の罪で半年以上メキシコの拘置所に入れられた経験から思いました。


立石豊

企業にはそれぞれ個性がありますから、その会社に合った働き方改革があるはず。弊社の場合、それはコミュニケーションをより密接にすることでした。その会社に応じた働き方改革が、今後はより求められるのではないでしょうか。