名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

上窪政久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上窪政久のプロフィール

上窪政久、うわくぼ・まさひさ。日本の経営者。COMEL社長。東京都出身。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科卒。プライスウォーターハウスコンサルティング(のちのIBMビジネスコンサルティングサービス)などを経て、日本テレコム(のちにソフトバンクテレコム)に入社。同社子会社COMEL設立に伴い社長に就任。主な著書に『図解プロジェクトマネジメント』など。

上窪政久の名言 一覧

私がいなくても仕事が回るように、あえて会議には出席しないこともあります。そして自分のスケジュールに余裕を持たせておき、メンバーが緊急事態を訴えてきたときに対応できるようにしています。


自分がやりたいことと、他の仕事がバッティングしたとき、どちらを取るかは「死ぬときに振り返ってみて、どちらが大事だったと思えるか」で決まります。ですから、家族旅行を会議より優先させたこともあります。


スケジュール帳には、まず先に「やりたいこと」を書き入れます。それは「やりたくないこと」をやらずに済ませるためです。卑近な例を挙げると、悪友から飲みに誘われても、先に予約を入れておけば、後ろ髪をひかれることなく断れます。


私の仕事はゼロから新規事業を立ち上げることです。事業そのものはずっと継続していきますが、新規立ち上げプロジェクトには終わりがあります。「終わりがある」ということが私は好きですし、それが手帳術にも反映していると思います。


上窪政久の経歴・略歴

上窪政久、うわくぼ・まさひさ。日本の経営者。COMEL社長。東京都出身。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科卒。プライスウォーターハウスコンサルティング(のちのIBMビジネスコンサルティングサービス)などを経て、日本テレコム(のちにソフトバンクテレコム)に入社。同社子会社COMEL設立に伴い社長に就任。主な著書に『図解プロジェクトマネジメント』など。

他の記事も読んでみる

久世浩司

レジリエンスはいわゆる「ポジティブシンキング」とは違います。状況をきちんと分析せずに「大丈夫!」「とにかく頑張ろう!」などと自分を奮い立たせるのは非現実的ですし、一時的な効果しかもたらさないでしょう。失敗時に落胆や自己嫌悪などのネガティブ感情が起こるのは当然です。それを認めたうえで、合理的に回復を図るのがレジリエンスの手法なのです。


田中稔一

うちは触媒などの研究で世界的にも高い評価を得ているのですが、商売下手と言いますか、マーケティングがなってなかった。これは一つの反省材料なので、今、マーケティングを懸命にやっていこうとしています。


玉塚元一

座学による学びはベンチプレスのようなものだと心得て、日々の仕事における挑戦や挫折、成功から学ぶ姿勢が大切だと思います。


宗次徳二

経営は一言でいうと優しさです。経営で得たお金の使い道もまた、優しさの表現方法です。地域には、子供食堂、ホームレスの支援団体、不登校のフリースクールなどで頑張っている人たちがたくさんいます。本来ならどれも自分自身の手でやりたいことですが、身体には限りがあります。でも、お金ならわずかでも協力できる。寄付というとみな、「余裕ができたらやる」と言いますが、私は「これは助け合いですよ」と言っています。溺れかかった人を助けましょうということなのです。


岩崎隆夫(岩﨑隆夫)

クレラップは発売以来50年を超えましたが、以前としてキャッシュ・カウ(お金の雌牛=安定的な収益を生むビジネス)として活躍してくれています。こうした製品が稼ぐキャッシュを投資に回して、数十年に1度でも「命ある素材(特性や機能が優れていてあとになって様々な用途が出てくる素材)」をつくりだすこと。それがクレハの勝ち残る唯一の道であると肝に銘じています。


小暮真久

自分のことは自分が一番よくわかっていると安易に考えがちですが、じつは自分を知るというのはそれほど簡単なことではありません。自分がどういう価値観で生きているかや、何を幸福と感じるかなどは、経験してみて、初めて見えてきます。


平野友朗

SNSでの書き方について、私は「満員電車の中で話せる内容にとどめてください」とアドバイスをしています。ネット上も公共空間です。大きな声で、他人の悪口を言うことは控えましょう。


日覺昭廣

面白いのは厳しい環境にある会社ほど、業績がいいということ。まさに「疾風に勁草を知る」で、困難に直面して初めて、その価値や強さが分かる。


吉野佳秀

努力や工夫のないところに成功はない。


稲盛和夫

生きていくには自分で何とかしなきゃならない。本来は社会がこうした強い自覚を持てるように仕向けなくてはならなかったかもしれません。ですが、「ダメなら助けてあげましょう」という制度が奮い立つ熱情を失わせていった。これは成熟した社会になればなるほど、ついてくる問題なのかもしれません。


山木一彦

会議でも難しいことを難しく言う人がいますが、言っている本人がわからなくなっては本末転倒。


宗次徳二

カレーの作り方も最初は教えていただきました。でももっと良い店にしよう、もっとお客様に喜んでもらおうと考え続けていく。これは誰かから教わるものではありません。その結果、目の前の達成可能な目標を達成し続けて、右肩上がりで成長を続けることになりました。