名言DB

9429 人 / 110879 名言

上窪政久の名言

twitter Facebook はてブ

上窪政久のプロフィール

上窪政久、うわくぼ・まさひさ。日本の経営者。COMEL社長。東京都出身。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科卒。プライスウォーターハウスコンサルティング(のちのIBMビジネスコンサルティングサービス)などを経て、日本テレコム(のちにソフトバンクテレコム)に入社。同社子会社COMEL設立に伴い社長に就任。主な著書に『図解プロジェクトマネジメント』など。

上窪政久の名言 一覧

私がいなくても仕事が回るように、あえて会議には出席しないこともあります。そして自分のスケジュールに余裕を持たせておき、メンバーが緊急事態を訴えてきたときに対応できるようにしています。


自分がやりたいことと、他の仕事がバッティングしたとき、どちらを取るかは「死ぬときに振り返ってみて、どちらが大事だったと思えるか」で決まります。ですから、家族旅行を会議より優先させたこともあります。


スケジュール帳には、まず先に「やりたいこと」を書き入れます。それは「やりたくないこと」をやらずに済ませるためです。卑近な例を挙げると、悪友から飲みに誘われても、先に予約を入れておけば、後ろ髪をひかれることなく断れます。


私の仕事はゼロから新規事業を立ち上げることです。事業そのものはずっと継続していきますが、新規立ち上げプロジェクトには終わりがあります。「終わりがある」ということが私は好きですし、それが手帳術にも反映していると思います。


上窪政久の経歴・略歴

上窪政久、うわくぼ・まさひさ。日本の経営者。COMEL社長。東京都出身。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科卒。プライスウォーターハウスコンサルティング(のちのIBMビジネスコンサルティングサービス)などを経て、日本テレコム(のちにソフトバンクテレコム)に入社。同社子会社COMEL設立に伴い社長に就任。主な著書に『図解プロジェクトマネジメント』など。

他の記事も読んでみる

小宮一慶

正しい生き方を知らない経営者やリーダー、有望な若手は、仮に現在、能力を発揮していても、いずれ行き詰まります。


西岡利晃

頂点に立ってモチベーションが変わりました。今は防衛というより「理想のボクシングを極めたい」という思いが強い。それって、どこまでも完成がないでしょ。


吉田兼好

四季には定まれる序あり、死期は序を持たず。
【覚書き|序=順序】


吉田和正

成果を出せば “Good Job!” と言われますが、「じゃあ次はここまで」とすかさずバーを上げられる。エンドレスです。でも上げ続けるバーに対し、常に期待値を超える成果を出せるかといえば、いつもそんなことはない。しかし、インテルは、バーを上げ続けなくてはならないのです。期待値とのギャップのためにトップにフラストレーションがたまり、キレるのは、ある意味、当然のことだといえます。


斉藤惇

産業再生機構で100社ぐらいの会社を見て、自分で経営もしてきた経験から言うと、ダメになる会社の8~9割は驕りが原因。


三島海雲

「三島さんは宣伝の天才だ」と評されたことがあるが、私は天才でもなんでもない。ただ人が宣伝・広告の効果をあまり重視していなかったときに、私はカルピスに真剣に取り組み、あたかも私の心身が、カルピスに対する情熱で火の玉とも見えるように行動したに過ぎない。


鈴木敏文

変化はリスクを伴いますが、今の時代、変化しないほうがリスクが高い。


落合信彦

英語を学ぼうとしたら、カネをかけるのではなく、時間をかけなければならない。まず、中学3年間の教科書を繰り返し読んで、頭の中にたたき込む。そして、毎朝、6時15分に始まるNHKのラジオ第2の英会話を聞けばいい。そのときに注意しなければならないのは、間違ってもテープレコーダーなんかでバックアップをしないということだ。1回きりで「もう2度と聞けない」と思うと、集中力が増して頭のなかに言葉がしみこんでいくからだ。


上田準二

何も言ってこない上司の場合は、当人の机の上に週報を置くようにしました。私がいま何をやっていて、それがどう進展しているかを伝え、上司に頼みたい事項をそこに添えておくのです。上司が指示を出してこないのであれば、こちらがイニシアチブをとって上司を誘導してしまえばいいのです。


石川典男

市場はつくるもの。