名言DB

9412 人 / 110637 名言

上田雄太(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

上田雄太(経営者)のプロフィール

上田雄太。日本の経営者。法人向けMVNO「Bizmo」を展開する「2B(トゥービー)」社長。

上田雄太(経営者)の名言 一覧

通信サービスBizmoを中核として、そこから派生するサービスをどれだけたくさん生み出していけるか、それが当社の付加価値になる。


手間がかかることが差別化のポイント。BtoBはカスタマイズが必要で手間がかかるからこそ、付加価値が付けやすい。


当社がMVNO市場に参入した段階で、既にBtoCの市場はレッドオーシャンでしたので、そこで戦うつもりはありませんでした。パシフィックネットのレンタル・販売サービスと組み合わせることで、BtoB市場で他社にはない付加価値を付けていくことが重要だと考えました。


顧客企業とのコミュニケーションを密にし、当社にしかできない付加価値が高い提案をスピード感を持って提供していきたい。


今IoTというキーワードが話題となっていますが、その部分の通信だけを担うだけではなく、「IoTで何をするのか」というところまで含めて、仕組みを提案していく会社にしたいと考えています。そうしていくことで、競合が増えても当社からスイッチしにくい状況にしていく狙いもあります。


当社の取引先である中堅自動車部品メーカーでは、当社のMVNO通信とタブレット端末を組み合わせて、工場内の工程管理、効率化を実現しました。工場の効率化というと製造機械からすべて新しいものにしなければならないという印象ですが、この仕組みだと製造機械はそのままに、そこに端末と通信を付加することで対応できます。事実、それで大幅な効率化・コスト削減を実現したと言います。同社では自らの成功事例を元に専門のIT会社を設立、システムの外販を始めています。


MVNO事業の本質的課題は、参入障壁が低く、差別化が難しいビジネスモデルであることです。イオンさんなど異業種からの参入がいい例で、資金力がある会社ならば、決して難しいサービスでなく、BtoBでやろうという企業は今後さらに出てくると思います。だからこそ、今のうちに他社には真似できない付加価値を作りだしていきたいのです。


上田雄太(経営者)の経歴・略歴

上田雄太。日本の経営者。法人向けMVNO「Bizmo」を展開する「2B(トゥービー)」社長。

他の記事も読んでみる

桜井一紀

部下と一緒に考えることを優先する質問型リーダーと、部下にやり方を教えることを優先するアドバイス型リーダー。どちらが部下を成長させるのか比較した調査結果があります。それによると、ビジョン構築や目標設定、積極的な提案などの項目で、質問型の部下や同僚の方が、積極的な姿勢がみられました。


松本幸夫

クレーム対応はつい後回しにしがちですが、疲れがたまる遅い時間になるほど、相手はますます感情的になり、話はますますこじれがちです。また、朝は誰もが何かと慌ただしくバタバタしているものです。「込み入った話をするのは相手に悪いのでは」と思うかもしれませんが、バタバタしているからこそ、相手も事務的にサッサと切り上げようとします。結果的に話がこじれることなく終えられることが多いのです。


堀之内九一郎

私は、困ったときには、動物としての本能に戻れとよく言います。自然の摂理に従えば、人間、少々のお金がなくても生きていけることがわかります。自然の摂理、つまり、本能に従って、自分にはどんなことがやれるだろうかと必死に考え、生きるためだけにやった経験は、多ければ多いほど、あなたにとっての糧になります


佐藤紗耶子

ITはもっと自由で、新しい事業を創造するツール。現場に任せずに経営者自らITを知り、活用することで既存の事業を支えることも新しい事業を構築することもできる。


国吉拡

いま、モチベーションが上がらないと嘆いている人も、入社したてのころは、もっと志が高かったはずです。事実、新入社員がやる気だけで、驚くような新規開拓に成功した例は数多くあります。ところが、新入社員のころはやる気に溢れていても、入社3年、5年と経つにつれ、仕事がマンネリ化し、徐々にモチベーションが低下していくケースがほとんどなのです。


カール・ヤスパース

人が悪くなくなればいいのにという。そして、何々が悪だと決めつける。けれども、そうだろうか。悪は必ず存在する。なぜならば、私たちに自由があるからだ。この自由があるから、同時に悪は存在し得るのだ。自由がないのならば、そこはたんに平坦な世界であり、善も悪も存在し得ないことになる。しかしいま、悪があるからといって、悪いものがあるわけではない。もし、悪があるというのなら、それは私たちの意志なのだ。私たちの意志こそ悪であり得るのだ。


村上憲郎

専門外について手っ取り早く勉強するには、本を読むしかありませんが、専門用語満載の分厚くて難解すぎるものでは理解できません。そもそも忙しいビジネスマンにそんな時間はないはずです。ですので、その分野の中から薄くて基本的なエッセンスが詰まっている本を探し出し、一気に読むのです。


丹羽宇一郎

人というものは、仕事で磨かれ、読書で磨かれ、他人と交わることでこそ、心が鍛錬される。


西澤ロイ

英語学習を日常に取り入れていくときに大切なことは、無理をしないことです。教材をたくさんそろえて一気にやろうと思わず、負担にならない程度の内容と分量を、毎日継続することです。たとえば、リーディングなら興味のある分野のニュースを英文で少しだけ読んでみる。たくさん読もうとするとハードルが高くなりますから、少しから始めるのがコツです。


辻慎吾

未来に目を向けて、技術進歩を含むあらゆる可能性を考慮した上で、都市のあるべき姿を考えていかなければならない。都市づくりに次世代技術を積極的に取り込むことで、都市の未来を切り拓いていければ、日本が世界をリードしていける。


三浦将

嫌々ながらも英語を勉強せざるを得ないときは、「アズ・イフ・クエスチョン」をしてみてください。「もし英語を自在に話せたら、何をしたいか」について突き詰めていくのです。


宮澤栄一

「所詮は人間が作ったものだからミスがある」という前提でデジタルを見ることが大切。我々は創業して以来、山ほどのソフトや機器をデバッグしてきましたが、バグのない商品に出会ったことがありません。


小松俊明

部下になるべく速く動いてもらうには、どうしたらいいのか。まずは、優秀な部下を確保することに全力を尽くすことです。「部下は選べない」……それは本当でしょうか。短期的には選べないとしても、社内に欲しい人材がいるのなら、さまざまな機会を活用してそれらの人物と交流し、仕事のビジョンや目標を日頃から共有しておくことが大切です。部署を越えた連携をしたり、情報交換をするだけでも、仕事の幅が広がります。


上田準二

私には「会社が変化・進化を続けていくためには同じ人が社長を長くやってはいかん」という価値観がありました。かのチャールズ・ダーウィン先生が素晴らしいことを言っています。最も強い者が生き残るのではない。最も賢い者が生き延びるのでもない。変化できるものが生き残るのだと。現場に通っていると、会社全体のことが、行かなくても頭の中で描けるようになってきます。「あそこはこうだろう」「こうすれば良くなるだろう」と見当が付く。こうなったら「引き際」。会社の全てを知っているというのは、会社を全く知らないのと同じだからです。


高橋重幸(経営者)

ワンフロアで私も含めた全スタッフの作業が出来る環境に変えました。社長室をガラス張りにしたので、全スタッフの作業が見渡せて、全スタッフからも社長室が丸見えです。会議室もガラス張りで通路から丸見えになっています。その結果、社内全体の規律が統一され、ムリ・ムダ・ムラも一掃することができました。