名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上田雄太(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田雄太(経営者)のプロフィール

上田雄太。日本の経営者。法人向けMVNO「Bizmo」を展開する「2B(トゥービー)」社長。

上田雄太(経営者)の名言 一覧

通信サービスBizmoを中核として、そこから派生するサービスをどれだけたくさん生み出していけるか、それが当社の付加価値になる。


手間がかかることが差別化のポイント。BtoBはカスタマイズが必要で手間がかかるからこそ、付加価値が付けやすい。


当社がMVNO市場に参入した段階で、既にBtoCの市場はレッドオーシャンでしたので、そこで戦うつもりはありませんでした。パシフィックネットのレンタル・販売サービスと組み合わせることで、BtoB市場で他社にはない付加価値を付けていくことが重要だと考えました。


顧客企業とのコミュニケーションを密にし、当社にしかできない付加価値が高い提案をスピード感を持って提供していきたい。


今IoTというキーワードが話題となっていますが、その部分の通信だけを担うだけではなく、「IoTで何をするのか」というところまで含めて、仕組みを提案していく会社にしたいと考えています。そうしていくことで、競合が増えても当社からスイッチしにくい状況にしていく狙いもあります。


当社の取引先である中堅自動車部品メーカーでは、当社のMVNO通信とタブレット端末を組み合わせて、工場内の工程管理、効率化を実現しました。工場の効率化というと製造機械からすべて新しいものにしなければならないという印象ですが、この仕組みだと製造機械はそのままに、そこに端末と通信を付加することで対応できます。事実、それで大幅な効率化・コスト削減を実現したと言います。同社では自らの成功事例を元に専門のIT会社を設立、システムの外販を始めています。


MVNO事業の本質的課題は、参入障壁が低く、差別化が難しいビジネスモデルであることです。イオンさんなど異業種からの参入がいい例で、資金力がある会社ならば、決して難しいサービスでなく、BtoBでやろうという企業は今後さらに出てくると思います。だからこそ、今のうちに他社には真似できない付加価値を作りだしていきたいのです。


上田雄太(経営者)の経歴・略歴

上田雄太。日本の経営者。法人向けMVNO「Bizmo」を展開する「2B(トゥービー)」社長。

他の記事も読んでみる

高岡浩三

誤解されやすいのだが、リーダーシップは経営者や管理職だけに求められる能力ではない。一般社員でもアイデアを実行して結果を出すには、周囲の協力を得たり、社外の人を説得するなど、人に動いてもらう必要があるからだ。


村上太一

さまざまな数字を頭に入れるほど、数字に対するカンの精度が上がる。


W・チャン・キム

競争方式のパラダイムは終わって、協調方式で価値を生み出すという考え方が、ブルーオーシャン戦略の要の1つだ。世の中のビジネスの考え方のフレームワークは、ハーバードを中心とする米国の大学が生み出した競争原理を偏重している。しかし、競争より協調で生み出される価値の大きさに気づかなければならない。


斉藤由多加

市場で勝つためにはスタンダードになる必要がある。でも既存の分野で追従したのでは、必ず二番手になってしまう。一番になるには、「新しい分野ごと」生み出す必要がある。


三浦雄一郎

再びやる気になっても、初めはまさに醜態をさらす状態でした。札幌の自宅から藻岩山に登ってみたんですが、過去の栄光は見る影もない。「たかが500メートルの小山」と思っていたのに、途中で息が切れて先に進めなくなった。その横を70歳、80歳の人たちがスイスイ追い越していくんです。世界のミウラの横をですよ。
【覚書き|53歳で世界七大陸最高峰のスキー滑降を成し遂げた後、目的もなくトレーニングしていなかったために体がなまってしまったこと当時を振り返って】


湖中謙介

この20年から30年、当社も含めて紳士服業界はほぼ同じようなスタイルで商売を続けてきました。しかし昨今、お客様のニーズは急速に変化しています。従来通りのスタイルでは、お客様に十分満足いただけない。いまこそ商売のあり方や業態を、これからの20~30年やっていけるものに変えていく時期ではないか。そんな思いから、コナカ・ザ・フラッグのプロジェクトを始めたのです。


原田泳幸

若者だけでなく、子供から、おじいちゃん、おばあちゃんを含めた家族連れまで顧客層を広げたい。


コリン・パウエル

部下は、リーダーが自分たちをどのような目的でどこへつれてゆこうとしているのかを知る必要がある。組織が実現しようとしているものを表す言葉としては、ミッション、目標、戦略、ビジョンなどがよく使われる。いずれも有用で素晴らしい言葉だが、私は、別の言葉を使ったほうがいいと思っている――「目的」だ。「目的意識」「目的は?」「目的にかなう」など、とてもよく使われる言葉だからだ。目的とはビジョンの終着点である。ビジョンにエネルギーを注入し、力強く前進させるのが目的だ。目的は前向きで力がなければならないし、組織の大勢に資するものでなければならない。


オグ・マンディーノ

忍耐は苦いが、忍耐が結ぶ実は甘い。忍耐によって、いかなる逆境の中にあっても耐え抜くことができるし、いかなる敗北も乗り越えることができる。忍耐によって自分の運命を支配し、望みのものを手に入れることが可能となる。


藤田晋

圧倒的な努力をすれば、評価されようがされまいが、自分自身、納得できるようになる。そうした圧倒的な努力が、後から評価につながってくる。


田中良和(GREE)

最初の転機は、会社を立ち上げた頃です。ベンチャーを始めても、実は大抵うまくいかない。自分で会社を興したのはいいけれど、当初は全く軌道に乗らず、愕然としました。「楽天と比べて不甲斐ない」と言われ、悩んだこの時期は辛かったですね。でも楽天ですら、創業当初は「ネットのショッピングモールなんかで、大企業に勝てるわけがない」と否定されていた。「世の中とはそういうものだ。否定されながらも、やり続けて大きくしていくのがベンチャーなんだ」。そう考えられるようになりました。


川村益之

いまは環境の変化が激しく、人間の価値観や行動を変化させる出来事がたくさん起きています。そこで立ち止まっていては、変化に対応していくことができません。荒波であってもいったんは船を出し、目的地までたどり着くくらいの突破力が求められているのではないでしょうか。