名言DB

9412 人 / 110637 名言

上田雄太(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

上田雄太(経営者)のプロフィール

上田雄太。日本の経営者。法人向けMVNO「Bizmo」を展開する「2B(トゥービー)」社長。

上田雄太(経営者)の名言 一覧

通信サービスBizmoを中核として、そこから派生するサービスをどれだけたくさん生み出していけるか、それが当社の付加価値になる。


手間がかかることが差別化のポイント。BtoBはカスタマイズが必要で手間がかかるからこそ、付加価値が付けやすい。


当社がMVNO市場に参入した段階で、既にBtoCの市場はレッドオーシャンでしたので、そこで戦うつもりはありませんでした。パシフィックネットのレンタル・販売サービスと組み合わせることで、BtoB市場で他社にはない付加価値を付けていくことが重要だと考えました。


顧客企業とのコミュニケーションを密にし、当社にしかできない付加価値が高い提案をスピード感を持って提供していきたい。


今IoTというキーワードが話題となっていますが、その部分の通信だけを担うだけではなく、「IoTで何をするのか」というところまで含めて、仕組みを提案していく会社にしたいと考えています。そうしていくことで、競合が増えても当社からスイッチしにくい状況にしていく狙いもあります。


当社の取引先である中堅自動車部品メーカーでは、当社のMVNO通信とタブレット端末を組み合わせて、工場内の工程管理、効率化を実現しました。工場の効率化というと製造機械からすべて新しいものにしなければならないという印象ですが、この仕組みだと製造機械はそのままに、そこに端末と通信を付加することで対応できます。事実、それで大幅な効率化・コスト削減を実現したと言います。同社では自らの成功事例を元に専門のIT会社を設立、システムの外販を始めています。


MVNO事業の本質的課題は、参入障壁が低く、差別化が難しいビジネスモデルであることです。イオンさんなど異業種からの参入がいい例で、資金力がある会社ならば、決して難しいサービスでなく、BtoBでやろうという企業は今後さらに出てくると思います。だからこそ、今のうちに他社には真似できない付加価値を作りだしていきたいのです。


上田雄太(経営者)の経歴・略歴

上田雄太。日本の経営者。法人向けMVNO「Bizmo」を展開する「2B(トゥービー)」社長。

他の記事も読んでみる

芦田昭充

トップがマネジャー・クラスに直接語りかけることが非常に重要だと思っています。私は「キャンドゥー・ミーティング」というものを、いろいろなくくりでやっています。キャンドゥーは「為せば成る」です。営業部門、海務・技術部門、管理部門、ときにはフレッシュマンだけを集めてやるときもあるし、女性の総合職だけでやるときもあります。


二宮尊徳(二宮金次郎)

富をみて直ちに富を得んと欲する者は、盗賊鳥獣に等しい。人はすべからく勤労して、しかる後に富を得る。


松田公太

会社を始めて以来、嬉しいこと、悲しいこと、苦しいこと、楽しいこと、本当に様々なことを経営を通じて経験してきた。以前から感じていたことだが、とくにここ数年で痛感するようになったのは人間の弱さである。自分のミスや自分の弱さ、不出来を認められずに、言い訳をしたり、他人のせいにしたりする人がいかに多いことか。私自身、自分の弱さは十分に自覚しているつもりだ。だからこそ、安易な快楽や贅沢に流されてしまうことが怖い。だからこそ、たとえ会社が順調に成長していても、経営者として常に自分を追い込む姿勢が大切だと思う。


BNF(ジェイコム男)

人のお金はもっと辛いですよ。仕事するにしても株関係は絶対やりたくない。本とかも絶対書きたくないし。 頭の中『株、株、株』でとにかく株から離れたいので経済番組も絶対観ません。大体、株で何十億円も動かすので他のことが小さなことに思えてピンとこない。 最初から株を知らない方が良かったかもしれない。


孫正義

本当にリーダーシップを発揮しようと思えば、重要な順に三つ、僕が思っていることがあります。一番最初に重要なのが理念と志。二番目に重要なのがビジョンです。そして三番目が戦略です。これがリーダーシップを発揮していく人、事業を興す人が持つべき重要順の3つのポイントだと思っています。


佐々木正悟

しなければいけないことを書き出すことがとても効果的です。そうすると脳が「記憶をとどめなくてもいい」と休息できるわけです。忘れたいことを思い出せないと意味がないので、パソコンを毎日使う人であれば、朝絶対に見るものにメモをリンクさせておきます。たとえば、ブログのメモツールや、カレンダーと連動させて思い出さなければいけない日にメモが表示されるようにするなど、方法はいろいろあります。要は金曜日と月曜日にかかる仕事をバイパスしてあげるのです。


西多昌規

先送りグセのある人は、ともすれば考え過ぎる傾向があります。書類作成の際、内容を考えるだけでなかなか書き出せない、というのはその典型例。そんなときは、「考える→書く」という順番にとらわれないことが大事です。とにかく、断片的にでも何かを書くこと。それにより、良い考えも湧いてきます。


片倉兼太郎(初代)

事業は国家的観念を行動の基本とし、あわせて自分の利益を忘れないように。


高城幸司

根回しですべきことは、自分がやろうとしていることについて総論で同意してもらうことです。最終的に「イエス」か「ノー」かの判断に至らなくても、自分がやろうとしていることの意図や方向性について理解を深めてもらい判断のポイントを同意してもらうことが重要なのです。


福田雄一

一部のキャストに対して、あえて原作を読まないで欲しいとお願いしました。原作のキャラビジュアルや世界観を再現することは大切なんだけど、実写の醍醐味は、演じる役者さんの個性をキャラの方へ反映するところにもあると思うんですね。全員が全員ただ原作のマネをしても、キャラが生きるわけじゃないですから。


佐藤優

仕事が立て込んでくると、終わった仕事のことは忘れて早く次に進みたいと考える人がほとんどだろう。しかし、それではいつまで経っても時間の使い方が上達しない。忙しくても必ず一日を振り返り、どこかにムダはなかったかとチェックしてこそ時間の使い方がうまくなっていく。


イングヴァル・カンプラード

私の中の悪魔が「仕事はまだまだあるぞ」とささやきかけてくる。


八尋俊邦

成功するサラリーマンの条件は、「ネアカ、のびのび、へこたれず」です。


ニッキー・オッペンハイマー

祖父がアフリカに渡ったときは、財産らしいものは何ひとつありませんでした。それがダイヤモンドで財を成すことができた。アフリカに対する感謝と敬意は忘れることがありません。「Living up to Diamond(ダイヤモンドの輝きに恥じない行動をとる)」というのがデビアス・グループの理念ですが、それはまさに私のアフリカに対する思いなのです。


亀井民治

掃除は感じる心、気づく心を培います。