上田雄太(経営者)の名言

上田雄太(経営者)のプロフィール

上田雄太。日本の経営者。法人向けMVNO「Bizmo」を展開する「2B(トゥービー)」社長。

上田雄太(経営者)の名言 一覧

通信サービスBizmoを中核として、そこから派生するサービスをどれだけたくさん生み出していけるか、それが当社の付加価値になる。


手間がかかることが差別化のポイント。BtoBはカスタマイズが必要で手間がかかるからこそ、付加価値が付けやすい。


当社がMVNO市場に参入した段階で、既にBtoCの市場はレッドオーシャンでしたので、そこで戦うつもりはありませんでした。パシフィックネットのレンタル・販売サービスと組み合わせることで、BtoB市場で他社にはない付加価値を付けていくことが重要だと考えました。


顧客企業とのコミュニケーションを密にし、当社にしかできない付加価値が高い提案をスピード感を持って提供していきたい。


今IoTというキーワードが話題となっていますが、その部分の通信だけを担うだけではなく、「IoTで何をするのか」というところまで含めて、仕組みを提案していく会社にしたいと考えています。そうしていくことで、競合が増えても当社からスイッチしにくい状況にしていく狙いもあります。


当社の取引先である中堅自動車部品メーカーでは、当社のMVNO通信とタブレット端末を組み合わせて、工場内の工程管理、効率化を実現しました。工場の効率化というと製造機械からすべて新しいものにしなければならないという印象ですが、この仕組みだと製造機械はそのままに、そこに端末と通信を付加することで対応できます。事実、それで大幅な効率化・コスト削減を実現したと言います。同社では自らの成功事例を元に専門のIT会社を設立、システムの外販を始めています。


MVNO事業の本質的課題は、参入障壁が低く、差別化が難しいビジネスモデルであることです。イオンさんなど異業種からの参入がいい例で、資金力がある会社ならば、決して難しいサービスでなく、BtoBでやろうという企業は今後さらに出てくると思います。だからこそ、今のうちに他社には真似できない付加価値を作りだしていきたいのです。


上田雄太(経営者)の経歴・略歴

上田雄太。日本の経営者。法人向けMVNO「Bizmo」を展開する「2B(トゥービー)」社長。

他の記事も読んでみる


宮﨑大輔(宮崎大輔)

僕の持ち味はスピードなんで、スピードに磨きをかけていきたい。スピードを磨くにはスピード練習しかない。


佐々木豊(アートディレクター)

消費者に手にとってもらうパッケージデザインには、斬新でありながらも共感を呼ぶストーリーが求められます。スーパードライの場合、その象徴はメタリックシルバーでした。


池森賢二

私はものごとを単純化して考える人間のようです。起業当時、知り合いの化粧品技術者に聞くと化粧品に含まれる防腐剤や酸化防止剤がトラブルの原因だということがわかってきました。しかし添加剤を使わないと化粧品は1か月しか持たないという。それなら腐る前に1週間で使いきれる小分けの化粧品をつくればいいじゃないか。5ミリリットルずつ密封型にした無添加化粧品の通信販売を始めました。


江崎利一

飴作りに失敗すれば、京都で寺参りの客を相手に「極楽豆」を売ろうという考えを持っていた。南禅寺の茶売翁の例に倣ったのである。グリコーゲンの事業化は、私にとっては背水の陣だったが、失敗したときの手だても計算に入れていたのである。


小杉友巳

ある程度お年を召された同じ年齢の方でも、パソコンや携帯電話を使える方と、苦手だという方に分かれます。その違いは何でしょう?それはきっと、それらの道具を使う必要性があるかどうかということだと思います。目的・目標を達成するために、その道具が必要だからこそ使えるようになるのです。


レイ・クロック

社長の指示した通りに現場が実行するような会社は、間違いなくつぶれる。現場の人間が、「社長、それは違います」といえる会社でないと誤った方向に進んでしまう。ただし、現場の社員は社長が本質的に何を指示しているかを理解しておくこと。それを現場の判断で組み替えていく。


野口敏(話し方)

過剰な期待があると、相手が無愛想だったりすると、不安や緊張が態度に表れてしまいます。すると、それを感じた相手も不安になってますます上手くいかなくなる。打ち解けるには相手の反応が良くないときにどれだけ踏ん張れるかが大切なのですが、相手に期待を持っている人はその踏ん張りが利かなくなるんです。


ページの先頭へ