名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上田隆穂の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田隆穂のプロフィール

上田隆穂、うえだ・たかほ。日本の経営学者、マーケティング学者。「学習院大学経済学部」教授。三重県出身。東京大学経済学部卒業、一橋大学大学院商学研究科修士課程修了、同博士課程単位取得退学。一橋大学商学部助手、学習院大学経済学部講師・助教授・教授・学部長、日本商業学会副会長、日本消費者行動研究学会会長、学習院マネジメントスクール所長などを務めた。

上田隆穂の名言 一覧

商品の価値が消費者に伝われば、適正価格を上げることができる。


値引きをせずに適正価格で商品を売るためには、どうすればよいでしょうか。答えは、商品が持っている本当の価値を消費者に訴求することです。消費者が商品を価格で比較してしまうのは、その商品の本当の価値が消費者に伝わっていないためです。多くの商品は、もともと持っている価値を訴求しきれていない場合が多いのです。


自己表現価値(その商品を使うことで「自分はこうだ」と表現してくれる価値)や情緒的価値(使ってみて感じる感覚的な価値)は、日用品ブランドが持っていながら訴求しきれていない本当の価値です。これらの価値を訴求し、プレステージブランドと同じ価値構造に近づけることができれば、消費者にとっては少々高いと感じる価格でも、納得して買ってくれるロイヤルなファンを獲得することができるはずです。


商品の価値は、4階層構造と考えられています。「基本価値」は商品の基本性能における価値、「機能的価値」は基本性能に基づいた機能面における価値、「情緒的価値」はその商品を使ってみて感じる感覚的な価値、「自己表現価値」はその商品を使うことで「自分はこうだ」と表現してくれる価値のことです。基本価値や機能的価値だけでは他社商品との差別化が困難になっています。自己表現価値や情緒的価値を消費者から引き出すことが重要になります。


低価格戦略は、商品をより多く販売するためには有効な方法です。しかし、メーカーや小売店にとっては3つの悪影響があります。第一に、商品のブランド価値が毀損されます。価格を下げることで、その商品はその価格なりの品質だと消費者に判断されてしまうのです。第二に、当然のこととして利益は大幅に低下します。そして第三に、価格を元に戻したときの消費者に与えるインパクトは、価格を同額下げたときよりもはるかに大きくなります。


上田隆穂の経歴・略歴

上田隆穂、うえだ・たかほ。日本の経営学者、マーケティング学者。「学習院大学経済学部」教授。三重県出身。東京大学経済学部卒業、一橋大学大学院商学研究科修士課程修了、同博士課程単位取得退学。一橋大学商学部助手、学習院大学経済学部講師・助教授・教授・学部長、日本商業学会副会長、日本消費者行動研究学会会長、学習院マネジメントスクール所長などを務めた。

他の記事も読んでみる

千田琢哉

「頑張る」という固定観念を捨ててください。人の体力、時間、キャパシティには限界があります。すべてに100%の力を注ごうとしても無理。力が分散化されて、どれも中途半端に終わります。だったら、全部をちゃんとやるのをやめて、どれか1つに集中投下したほうがはるかに成果は上がります。実際、私自身サラリーマン時代に会議に出るのをやめ、上司の言いなりをやめ、業務すべてをマジメにこなすのをやめました。そうしたら生産性は上がって、今では年収が7倍ですからね。


松藤民輔

十数年前、証券会社の法人担当として私は時代の流れに乗っていました。年間10兆円もの取引を行い、多額の年収を得ていたのです。しかし、それがバブルだと悟った私は、歴史を紐解き日夜研究をしました。その結果、ペーパーマネー、ドルの時代は終わり、ゴールドの時代が来ると考えるに至ったのです。そして、日本では誰も手を付けていない金鉱山の分野で唯一無二の会社をつくろうと考えました。それがジパングです。


竹田陽一

会社という組織体にとって欠かすことのできない粗利益は、どういうときに生まれるのでしょうか。それはお客が持っているお金と商品か有料のサービスを好感した時にのみ発生します。お客が持っているお金に手が触れた瞬間に、粗利益という分子がポンと飛び出します。お客のお金をもらったとき以外に粗利益が出るという仕事は何一つないのです。


吉田浩一郎

この先10年もすれば、AIが次々に導入され、グローバル化もネット社会もさらに進むでしょう。そうなると、日本人だけの「タコツボ化」した働き方の議論だけでは、通用しなくなると予測しています。当社は、これまで「チームを率いて成果を出す」ことを重視していましたが、今は「チームを支援して成果を出す」ことにシフトしている。「社員一人ひとりの能力を引き出し「やりがい」「安心感」「裁量」などをえることが不可欠。それができない会社には、今後、人が集まらなくなると考えています。そうしたサポートがきちんとできれば、自立した社員が多く育ち、会社にも貢献してくれる。


松本紹圭

お釈迦様は、道を歩む上で最も大切なのは良い仲間を持つことであると説かれています。とかく結果が求められる世の中ですが、「何をやるか」だけでなく「誰とやるか」も大事にしたいですね。


和田秀樹

一番よくないのは、あんなことをやっても効果なんて出るはずがないと傍観を決め込むことです。よく、「努力してもできない人」と「努力しないでできない人」とでは、後者の方が可能性を秘めているような言い方をしますが、あれは嘘っぱちです。努力しないでできない人は、努力したのにできない自分を直視するのが怖いか、もともと新しいことに挑戦する習慣がないかのどちらかです。いずれにせよ、一生努力しない確率が高いでしょう。


森田仁基

従来のスマホゲームは、遠くにいる人たちとオンラインでつながってプレイするものが中心でした。つまり、顔も知らない相手と一緒に遊ぶことができる。それに対して、「モンスト」が採用した協力プレイという仕組みは、一緒に遊ぶ人同士が実際に集まらないとプレイできないというものにしたのです。僕らはSNSのミクシィを十年前から運営してきて、リアルな友人同士のコミュニケーションがどれほど重要かを認識していた。だから、今回も身近にいる人と一緒にワイワイと楽しめる大切さを誰よりも知っていたのです。多くの人は「モンスト」の成功を、SNSのミクシィとはまったく関係のないものと思っているかもしれませんが、僕らの中ではちゃんとつながっているのです。


堀江貴文

目の前のビジネスをきちんと成立させる。それがサステイナブル(持続可能)に夢を追う秘訣。


ヘラクレイトス

万事に渡り、運命による定めがある。


喜多川泰

子供って、大人が思っている以上に強いんですよ。親が先回りすると、子供の伸びしろがなくなってしまうんですね。親の器のなかに閉じ込めようとすればするほど、子供は生きづらくなります。講演会ではいつも親御さんたちに「大丈夫ですから、信じてあげてください」と言い続けているんです。


犬塚尚美(悠木そのま)

みなさんに「メモを取るのはなぜですか」と尋ねると、「忘れないため」とおっしゃいます。でも、そうではありません。メモを取ったら忘れてもいい。むしろ忘れたほうがいいのです。


朝倉孝景(朝倉敏景)

物事を処理する場合に、よくよく吟味し、落度のないようにして断行すれば、他国の悪党などにも乗ぜられぬものである。一家の場合で見ても、不規律でみだらな家庭と知られたならば、必ず他家の者に悪事をされるものである。