名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

上田輝久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田輝久のプロフィール

上田輝久、うえだ・てるひさ。日本の経営者。「島津製作所」社長。山口県出身。京都大学工学部工業化学科卒業、京都大学大学院工学研究科修士課程修了、京都大学で農学博士号取得。島津製作所に入社。品質保証部長、ライフサイエンス事業統括部長、分析計測事業部長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

上田輝久の名言 一覧

問題があったときに、徹底的に原因を追究して解決していく。ときにはお客様に怒られることもありますが、結果的に信頼していただける。この好循環を生み出すことが大事。


いまは情報が重要な時代。スピード感を持って精査する能力を磨く必要がある。


我々はものづくりの会社だという原点・強みを認識すべきとき。その上で会社を変革し、新たな価値を生み出していきたい。


大きな方針を会社が決めるのはもちろんですが、その範囲内であれば、若手でも権限を与えて自由にやらせる。こうした気風が当社の強み。


苦労しましたが、自ら方法を考えて、やりたいことをやれる体制にやりがいも感じました。


情報を精査する力を磨き、自らの強みを認識したうえで、変革し、新しい価値を生み出そうと考えている。


今の若い研究者は自由を与えられても、それを生かせない人も多い。そこで彼らに「気づき」を与える仕組みが必要と考え、大学教授など外部の専門家と議論する場を積極的に作ってきました。


今は、政治や経済などで想定しなかったことが起こるという不透明性の高い時代。ですから昨年と違う新たな考え方でスピード感を持って経営をしていかなければならない。


上田輝久の経歴・略歴

上田輝久、うえだ・てるひさ。日本の経営者。「島津製作所」社長。山口県出身。京都大学工学部工業化学科卒業、京都大学大学院工学研究科修士課程修了、京都大学で農学博士号取得。島津製作所に入社。品質保証部長、ライフサイエンス事業統括部長、分析計測事業部長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

見城徹

異業種交流会やパーティー、催しと名のつくものは全部くだらないと僕は思っている。よっぽど義理のある人に頼まれない限り、参加しないよ。表面的な名刺交換をして、「いい天気ですね」って雑談をする程度で関係性がつくれるはずがないじゃないですか。人脈ができたと勘違いしても、実際は余計な名刺が増えただけ。


楠木建

優れた経営者は問題に直面したとき、「横の具体に飛ぶ」のではなく「具体を抽象化する」ことで、自分の原理原則を磨き上げ、そこで培った原理原則を別の具体に適応していく。


林野宏

私はビジネスの世界で「運とツキ」を呼び込んできましたが、それは勝負ごとによって磨いてきたものです。経験からいうと、運とツキは万有引力の法則と同様に、人に働きかけるもので、あっちの人、こっちの人と移り変わっていくものです。自分に運とツキが来ているのに、それを逃すと運とツキは逃げ、相手がミスをすると自分に戻ってくるのです。


森田敏夫

お客様の側に立ち、やるべきでないM&Aは断るくらいの姿勢で臨むよう社員に指導している。


宇野康秀

リクルートという会社が急成長していった源泉は何かが知りたくて入りましたが、企業カルチャーやその作り方、人の奮い立たせ方といったことは、1年ちょっとの間でもすごく勉強になった。


澤田秀雄

嘘でも明るい言葉を繰り返し口にしていると、その言葉がだんだんと自分の中にしみこんで、気持ちが前向きになってくる。そうすると、すぐにではなくても、状況は確実に良くなっていくんです。逆に「駄目だ駄目だ」「難しい、厳しい」などと言っていると、気持ちがどんどん落ち込み、自信までなくなってしまいます。


大山健太郎

チャレンジしなくてはならないときに足が止まるのは、失敗を警戒するからです。成果を出せなかったことで責任を負うのは誰しも怖いものですから。しかし当社では、私が判をついてゴーサインを出したものなら、そこからは会社が責任を負う、という考え方をします。売れると見て決裁した以上、リスクは私が負う。すると提案者は自信を持って商品化に向けて動ける。守りに入ることなく、果敢にアイデアを表明できるのです。


山田悠介(小説家)

僕が一番大事だと思ってるのは、題名なんです。手に取ってもらわないとしょうがないわけだから、題名でまず目を引いて、つかみの設定で引っかかってもらうようにする。


高城幸司

これまで必要最低限のスキルは会社が教えてくれましたが、今後はそれも期待できません。自分に投資してスキルを磨かないと、派遣などの低コスト労働力に取って代わられてしまうでしょう。


石川康晴

僕は、「自分の会社」と思って働いてくれるオーナーシップの感覚を持っている人と仕事がしたい。そういう人の方が、自ら創意工夫して新しいことにもチャレンジしてくれると思うからです。だから、創意工夫をせず惰性で仕事をしたような時は、真剣に叱ります。


中島進(マラソン指導者)

マラソンは単純な動作の繰り返しで、長く続けないとパフォーマンスに繋がりません。ぜひ「継続」することを前提にしていただければと思います。「走った後のビールが美味しい」「ダイエットになる」という気持ちをうまく利用して、やる気を繋げるのも良いでしょう。


松野小百合

現地の人の物差しで見ないといけない。それができないのなら、そういう目で見える人たちをビジネスのメンバーに入れて、その意見をくみ取らないといけない。