名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上田輝久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田輝久のプロフィール

上田輝久、うえだ・てるひさ。日本の経営者。「島津製作所」社長。山口県出身。京都大学工学部工業化学科卒業、京都大学大学院工学研究科修士課程修了、京都大学で農学博士号取得。島津製作所に入社。品質保証部長、ライフサイエンス事業統括部長、分析計測事業部長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

上田輝久の名言 一覧

問題があったときに、徹底的に原因を追究して解決していく。ときにはお客様に怒られることもありますが、結果的に信頼していただける。この好循環を生み出すことが大事。


いまは情報が重要な時代。スピード感を持って精査する能力を磨く必要がある。


我々はものづくりの会社だという原点・強みを認識すべきとき。その上で会社を変革し、新たな価値を生み出していきたい。


大きな方針を会社が決めるのはもちろんですが、その範囲内であれば、若手でも権限を与えて自由にやらせる。こうした気風が当社の強み。


苦労しましたが、自ら方法を考えて、やりたいことをやれる体制にやりがいも感じました。


情報を精査する力を磨き、自らの強みを認識したうえで、変革し、新しい価値を生み出そうと考えている。


今の若い研究者は自由を与えられても、それを生かせない人も多い。そこで彼らに「気づき」を与える仕組みが必要と考え、大学教授など外部の専門家と議論する場を積極的に作ってきました。


今は、政治や経済などで想定しなかったことが起こるという不透明性の高い時代。ですから昨年と違う新たな考え方でスピード感を持って経営をしていかなければならない。


上田輝久の経歴・略歴

上田輝久、うえだ・てるひさ。日本の経営者。「島津製作所」社長。山口県出身。京都大学工学部工業化学科卒業、京都大学大学院工学研究科修士課程修了、京都大学で農学博士号取得。島津製作所に入社。品質保証部長、ライフサイエンス事業統括部長、分析計測事業部長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

清水久三子

相手がどんな人かによって、どういう情報を盛り込んで、どういう構成で整理すべきなのかが大きく変わります。たとえば、技術に疎い相手に技術のスゴさを詳細に語っても、相手が心動かされることはありません。ところが、そんなプレゼンをする人は世の中にたくさんいます。このような過ちを防ぐために、相手に関する情報を事前に集めておきましょう。


奥野宣之

相手の興味を引くためには、事実をそのまま書いてはダメです。例えば、優れたアイデアでもプレゼンがつまらなければ、その魅力は伝わらない。文章も同じ。「事実をねじ曲げない程度」の誇張が必要になります。それで読み手の興味をつかむことができれば、期待感を持ちながら読み進んでくれます。


税所篤快

まずは現地の教育事情を知るために、バングラデシュの東大であるダッカ大学に行って100人の学生にインタビューしました。そこでわかったのが、予備校の存在です。バングラデシュの高校が終わるのは5月で、大学受験は2月。受験生はその間、街に出て下宿しながら予備校で勉強します。インタビューしたダッカ大学の学生も、9割が予備校の出身者でした。


津田秀晴

売れる営業マンといえば、口八丁な話し上手の人をイメージするかもしれないが、たとえ口下手ではあっても、顧客の話に熱心に耳を傾け、訥々と丁寧かつ真摯に伝えるように心がけることで、顧客からの信頼を得ている営業マンも少なくない。つまり、模範的なセールストークを手がける営業マン=売れる営業マンというより、自分の特徴を強みにしている営業マン=売れる営業マンという意識に切り替えたほうがいいだろう。


岩田松雄

ヒラであろうと部長であろうと社長であろうと、またどんな部署に所属しているとしても、相手の信頼を得ていい関係を築くためには、自分のポジションをまっとうするのが第一歩だと私は思います。


尾原蓉子

高校2年生の時、交換留学生で米ミネソタ州に行きました。出発前に母が仕立ててくれた洋服を着て学校へ行くと、友達に「Yoko, so different!」と言われるのです。「変わってるわね」とけなされたのだと思い、次の日は違う服を着ていくとまた言われます。落ち込んでいると、ホームステイ先の妹が「何を言ってるの、それは褒め言葉なのよ」と言うのです。そこで初めて、周囲の人たちが皆、いかに個性を大事にして他人と違う自分になろうと努力しているかに気づきました。働く人も、医師であれ清掃員であれ、自分の得意なこと、やりたいことをその時々にやれる形でやっている姿を見て、職業観が大きく変わりました。


森永卓郎

仕事で収入を増やす方策の一つは社内で困っている人や部署(人)を助けること。たとえば「人が足りず納期に間に合わない」という部署があるとします。そんな場合、異なるチームとはいえ、陰に日向にサポートすること。助けてもらった部署は恩に着ますし、その評判は直属の上司や人事部に伝わるかもしれません。それが、自身の評価アップ=昇進や昇給につながる可能性があります。


井村雅代

決めたら、絶対にそれをクリアする。なにがなんでもやる。目標を達成するためには、その気持ちが大事。


桜田厚(櫻田厚)

モスバーガーの看板メニューは「モスバーガー」です。時代に応じて改良を加え続けた結果、創業以来、今も一番人気です。


神田昌典

感情を刺激して、相手の反応を誘発させる。そうすれば、お客さんからあなたに声がかかる。あなたを見つけることができるようになる。すると飛躍的に営業効率がアップします。


野村修也

不祥事を起こす企業の多くは過去の結果だけを見て、「ウチはこれまでちゃんとやってきた」と主張します。しかし、それは消費者にとって何の言い訳にもなりません。利用者に必要なのは、「これからのリスクが管理されていること」であって、過去の結果ではないからです。


長田貴仁(大富敬康)

いかに優れた経営者を持続的に投じるかが企業盛衰の要となる。トップ人事に“へぼ”は許されない。一回でもへぼをすれば命取りになる。