名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

上田輝久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田輝久のプロフィール

上田輝久、うえだ・てるひさ。日本の経営者。「島津製作所」社長。山口県出身。京都大学工学部工業化学科卒業、京都大学大学院工学研究科修士課程修了、京都大学で農学博士号取得。島津製作所に入社。品質保証部長、ライフサイエンス事業統括部長、分析計測事業部長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

上田輝久の名言 一覧

問題があったときに、徹底的に原因を追究して解決していく。ときにはお客様に怒られることもありますが、結果的に信頼していただける。この好循環を生み出すことが大事。


いまは情報が重要な時代。スピード感を持って精査する能力を磨く必要がある。


我々はものづくりの会社だという原点・強みを認識すべきとき。その上で会社を変革し、新たな価値を生み出していきたい。


大きな方針を会社が決めるのはもちろんですが、その範囲内であれば、若手でも権限を与えて自由にやらせる。こうした気風が当社の強み。


苦労しましたが、自ら方法を考えて、やりたいことをやれる体制にやりがいも感じました。


情報を精査する力を磨き、自らの強みを認識したうえで、変革し、新しい価値を生み出そうと考えている。


今の若い研究者は自由を与えられても、それを生かせない人も多い。そこで彼らに「気づき」を与える仕組みが必要と考え、大学教授など外部の専門家と議論する場を積極的に作ってきました。


今は、政治や経済などで想定しなかったことが起こるという不透明性の高い時代。ですから昨年と違う新たな考え方でスピード感を持って経営をしていかなければならない。


上田輝久の経歴・略歴

上田輝久、うえだ・てるひさ。日本の経営者。「島津製作所」社長。山口県出身。京都大学工学部工業化学科卒業、京都大学大学院工学研究科修士課程修了、京都大学で農学博士号取得。島津製作所に入社。品質保証部長、ライフサイエンス事業統括部長、分析計測事業部長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

クリスティアン・クルツケ

見学者を工房にご案内すると必ず「修道院みたいですね」といわれます。回廊のある建物の印象が強いからだと思いますが、非常に静かな環境で仕事をしています。トヨタのカイゼンのごとく、品質管理も徹底しており、ミスをなくすことに細心の注意を払っています。でも不思議がられるのが、その静けさとは対照的に働く人の目が好奇心に満ち溢れてイキイキとしていることです。目の前の仕事だけにとらわれることなくつねに新しいものを追い求める。それはマイセンに受け継がれる進取の精神でもあります。


槍田松瑩

視野を広げ個性を磨くことは、良い人生を送る上でも必要です。仕事で成功するだけが良い人生ではありません。


藤田寛之

ゴルフにはミスも付き物。「もう一度打ち直したい」と思ってもできないわけで。失敗をしても、前に進んでいくしかない。ただ、状勢は厳しくなるけれど、まだ挽回するチャンスはある。それを信じて黙々と。プレーを続ける。これも人生と似ているかもしれません。


野村克也

監督時代、知将といわれた俺は、常に突拍子もない「奇策」がひらめいていたように思われていた。しかし、いわば誰よりも野球のことを全力で考え、知識を増やし、知恵を絞ってきた結果でしかない。「あのピッチャーのクセはなんだろう?」「あのバッターを攻略するにはどうすれば?」。暇さえあれば、そんなことばかり考えていた。こうして考え続けているとな、ひらめくんだ。


渥美育子

「日本がどう見られているのか、日本はどうすべきか」といった感覚は小学生から身につけてほしい。小さい時から易しい言葉で理解しておくと、後は道具である英語や専門性さえ勉強すればグローバル人材になれます。


栗山千明

一緒に仕事をしていて楽しいと思う人は、ONとOFFの区別をつけられる人です。やるときはやる、ちゃんとやりつつも力を抜くところは抜いて、普通に会話ができて、一緒にお酒を飲んで楽しい人。ずーっと真面目にされても、私も疲れてしまうので(笑)。


荒蒔康一郎

コンティンジェンシー・プラン(不測の事態へのプラン)を持っていれば、不幸にして、不測の事態に陥ったとしても、ぐらつかずに済みます。複数の対応策の中から、冷静に対処できますから。譲れるところ、絶対に守り抜きたいというところを考えておくことも大切です。


川上善郎

企業文化をどうつくっていくのか。皆がルールを守って仲良く横並びになる文化では、できる人が抑えつけられ、飛び抜けた人材が出てこないというのも日本社会の停滞の原因とも言えます。


早川英樹

グローバル市場においては、日本のゲーム会社が開発したタイトルが、海外ユーザーの高い評価を受けるという事例が増加しています。これは、日本流の緻密なゲームデザインやその世界観などが、多様化するエンターテインメントの中においても、高い競争力を持っている表れだと考えています。もちろん、世界規模でめまぐるしく変化するエンターテインメントビジネスにおいて、日本が絶対的な優位性を持っているわけではありません。CESA(コンピュータエンターテインメント協会)としてもスピード感を持って日本のゲーム会社の国際競争力をより高めていく必要性を感じています。


真島茂樹

周囲から見れば背伸びをしていると見えるかもしれません。でも、背伸びをしないと成長が止まってしまうのも事実です。


執行草舟

「今」に全力を尽くす。私はそれが生命の本質だと思います。未来を考えたり、展望を持つ人は、生命が生きていない。私は経営者ですが、経営計画をつくったり、社員に指示をしたこともありません。毎日、目の前にきたものに全力で体当たりをしろと。そうすれば必ず会社の利益は上がります。


出口汪

理解しやすい文章は情報を取り入れるのには有効ですが、物事を深く考えたり、体系的に捉えたり、新しいものを創造したりする能力は、むしろ深く考えさせるような文章を読むことでこそ鍛えられます。「読みやすい」文章ばかりを読んでいると思考力が退化してしまうのではないかと、私は危惧しています。