上田輝久の名言

上田輝久のプロフィール

上田輝久、うえだ・てるひさ。日本の経営者。「島津製作所」社長。山口県出身。京都大学工学部工業化学科卒業、京都大学大学院工学研究科修士課程修了、京都大学で農学博士号取得。島津製作所に入社。品質保証部長、ライフサイエンス事業統括部長、分析計測事業部長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

上田輝久の名言 一覧

問題があったときに、徹底的に原因を追究して解決していく。ときにはお客様に怒られることもありますが、結果的に信頼していただける。この好循環を生み出すことが大事。

上田輝久の名言|問題があったときに、徹底的に原因を追究して解決していく

いまは情報が重要な時代。スピード感を持って精査する能力を磨く必要がある。

上田輝久の名言|スピード感を持って精査する能力を磨く必要がある

我々はものづくりの会社だという原点・強みを認識すべきとき。その上で会社を変革し、新たな価値を生み出していきたい。

上田輝久の名言|原点・強みを認識したうえで変革する

大きな方針を会社が決めるのはもちろんですが、その範囲内であれば、若手でも権限を与えて自由にやらせる。こうした気風が当社の強み。

上田輝久の名言|若手でも権限を与えて自由にやらせる

苦労しましたが、自ら方法を考えて、やりたいことをやれる体制にやりがいも感じました。

上田輝久の名言|苦労しましたが、自ら方法を考えて、やりたいことをやれる体制にやりがいも感じました

情報を精査する力を磨き、自らの強みを認識したうえで、変革し、新しい価値を生み出そうと考えている。

上田輝久の名言|自らの強みを認識したうえで、変革し、新しい価値を生み出す

今の若い研究者は自由を与えられても、それを生かせない人も多い。そこで彼らに「気づき」を与える仕組みが必要と考え、大学教授など外部の専門家と議論する場を積極的に作ってきました。

上田輝久の名言|「気づき」を与える仕組みが必要

今は、政治や経済などで想定しなかったことが起こるという不透明性の高い時代。ですから昨年と違う新たな考え方でスピード感を持って経営をしていかなければならない。

上田輝久の名言|昨年と違う新たな考え方でスピード感を持って経営をしていかなければならない

上田輝久の経歴・略歴

上田輝久、うえだ・てるひさ。日本の経営者。「島津製作所」社長。山口県出身。京都大学工学部工業化学科卒業、京都大学大学院工学研究科修士課程修了、京都大学で農学博士号取得。島津製作所に入社。品質保証部長、ライフサイエンス事業統括部長、分析計測事業部長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

ページの先頭へ