上田輝久の名言

上田輝久のプロフィール

上田輝久、うえだ・てるひさ。日本の経営者。「島津製作所」社長。山口県出身。京都大学工学部工業化学科卒業、京都大学大学院工学研究科修士課程修了、京都大学で農学博士号取得。島津製作所に入社。品質保証部長、ライフサイエンス事業統括部長、分析計測事業部長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

上田輝久の名言 一覧

問題があったときに、徹底的に原因を追究して解決していく。ときにはお客様に怒られることもありますが、結果的に信頼していただける。この好循環を生み出すことが大事。


いまは情報が重要な時代。スピード感を持って精査する能力を磨く必要がある。


我々はものづくりの会社だという原点・強みを認識すべきとき。その上で会社を変革し、新たな価値を生み出していきたい。


大きな方針を会社が決めるのはもちろんですが、その範囲内であれば、若手でも権限を与えて自由にやらせる。こうした気風が当社の強み。


苦労しましたが、自ら方法を考えて、やりたいことをやれる体制にやりがいも感じました。


情報を精査する力を磨き、自らの強みを認識したうえで、変革し、新しい価値を生み出そうと考えている。


今の若い研究者は自由を与えられても、それを生かせない人も多い。そこで彼らに「気づき」を与える仕組みが必要と考え、大学教授など外部の専門家と議論する場を積極的に作ってきました。


今は、政治や経済などで想定しなかったことが起こるという不透明性の高い時代。ですから昨年と違う新たな考え方でスピード感を持って経営をしていかなければならない。


上田輝久の経歴・略歴

上田輝久、うえだ・てるひさ。日本の経営者。「島津製作所」社長。山口県出身。京都大学工学部工業化学科卒業、京都大学大学院工学研究科修士課程修了、京都大学で農学博士号取得。島津製作所に入社。品質保証部長、ライフサイエンス事業統括部長、分析計測事業部長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

小笹芳央

「変わらなければいけない時」、つまり人事異動をいい機会だと考えてください。ここで「自分の棚卸し」をするのです。今までの自分を振り返り、強みと課題をリストアップしてみましょう。


西多昌規

5時間睡眠でも全く平気な人もいますし、ストレスをものともしない人もいます。しかし、誰もがそういう鉄人ではありません。個人差があります。「同僚はつらくても頑張っているんだから」といった考えで無理をすると、必ずいつか破綻します。自分の体力や精神力を過大評価せず、必要な休息をとっていくことが大切です。


梅原勝彦

発注元を自由に選べる立場の下請け業者になるためには、大企業から必要とされる高い技術力を持っていなければならない。その町工場が存在しないと、大手メーカーの製造戦略が成り立たない。そのぐらいの存在にならないとダメだ。


藤田晋

5段階評価は対象をスクリーニングする(振るいにかける)意味では有効ですが、その評価に安易に振り回されないように注激することが大切。他人の点数を気にしすぎると、素直な自己判断ができなくなる。「自分基準」で判断するのは、自分に自信がなければできません。実際にやるとなると難しいかもしれませんが、意識して取り組むようにしてください。


マザー・テレサ

神にお仕えするためには、ごくありきたりな仕事を、できるだけ楽しく喜んで実行することです。


八尋俊邦

自分は強運だと思うことで、どんな試練にぶつかってもへこたれずにここまで来れたのです。


中井戸信英

日本経済新聞の「人を活かす会社」の一位に選ばれて、率直な驚きと喜びがあります。ただ、同時に「うちは本当に日本一、人を活かす会社なのか?」という自問自答を続けているのも事実です。あらゆる観点から評価して「日本一です」と胸を張れるわけではない。驕りはまったくありません。


田口弘

『経営論』『経済原論』と名がつくような、箱入りで分厚いハードカバーの本に挑戦することで、世の中で起きる現象の表層だけでなく、本質を正しく理解することができます。もとになるところを知っておくということです。


宮内義彦

日本の球界は、まだ、危機意識が低すぎます。95年当時、米国のメジャーリーグと日本のプロ野球の売上規模は余り変わらなかった、あの頃の日本はすごかった。その中でも巨人軍が突出していましたけどね。この20年間で米国は売上が7倍になった。日本は2割ほどしか伸びていない。まさに経済力の差です。経営マインドの差です。もっと利益を出すようにしていこうという気持ちが少ないんです。ちょっとでも伸びているじゃないかということでね。僕はきわめて危機意識を持っているんですが、こんなことではおかしいと。その危機意識の共有が欲しい。


大泉洋

僕は結構小さいことをぐずぐずと引っ張るタイプなんです(笑)。けど、だからこそ、そんなときは明るい話題を書くようにしていました。大好きだった祖父が亡くなったときもそうで、すぐにはエッセイに書けなかったんです。しばらく、自分の気持ちの整理がつくまで待つ。そうやって、悲しさ以上に楽しい想い出として振り返られるようになったとき、よしいまなら書けるかなという気持ちになるんですよね。


鍵山秀三郎

過去に感謝できる人は未来のことを考えることができる。過去に対する感謝もない人は未来を考えることができない。


畑村洋太郎

暗黙知はいくら文章化してマニュアルを作り込んでも共有できません。マニュアルで伝えられるのは、知識の基本構造のみです。そこに個々人の経験した情報を付け加えても、同じテンプレートのない相手には拒絶されてしまうだけです。


岡崎慎司

僕は他の人の声や評価を割と気にかけるタイプ。自分だけの考えや世界で終わって、小さくまとまってしまうよりも、他人の意見がどんどん入ってきた方が、選択肢も増え、思考も柔軟になります。でも最終的には自分で自分を評価できなくてはいけないと思います。そして、自分を信じ、自身で決断しなければならないと考えています。


越智通勝

求人で給与をあいまいにする企業は多い。都合が悪いからといって意図的に情報を隠しても得るものは少ない。騙されたと社員が感じたとすれば、すぐ辞められてしまうだけだ。たとえ給料が低いのだとしても、詳しく正直に書いてあれば、その会社の余裕が感じられ、信頼してもらえる。


三國清三

素材本来の味に近づく料理をつくろうと感じはじめたのは40代です。ひとつひとつの食材の生産過程にも目を向け、素材を表現する料理こそが、オリジナルの三國料理だと自信をもっていえるようになったのは、30代を終えて、しばらく経ってからである。


ページの先頭へ