名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上田祐司(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田祐司(経営者)のプロフィール

上田祐司、うえだ・ゆうじ。日本の経営者。ガイアックスの創業者。大阪出身。同志社大学経済学部卒業後、中小企業支援会社ベンチャー・リンクを経て、ガイアックスを創業。コミュニティに特化した法人向けウェブ支援サービスを展開している。

上田祐司(経営者)の名言 一覧

一昔前、人脈づくりはトップの重要な仕事のひとつでした。いまはいかに自社サイトが広く紹介されるか、その仕組みづくりが、優先されるべきでしょう。まずは、潜在的な顧客を確実に獲得することです。それにより長期にコミットしてくれる顧客も育つのです。


商品やサービスをネットで検索するとき、有名な比較サイトのクチコミページなどにひっかかると安心できます。商品やサービスのポジショニングといった業界地図が把握できるからです。実際、ホームページで真剣に集客しようとしている会社はかなりの確率で、自社でクチコミページを立ち上げたり、ホームページ内で自社と他社の商品を中立的に比較できる仕掛けを施しています。


ホームページに初めて訪れたユーザーは、商品やサービスについて専門的なことはほとんどわかっていないと思っていいでしょう。だから、カタログのようなデータを書き連ねるより、顧客のニーズに対する解決策をわかりやすく書いたうえで、競合商品と比較するなどして自社の立ち位置をはっきり見せるべきです。


ホームページの文章を作成するとき、まず、どんな人に来てもらいたいかを考え、それに関連したキーワードをできるだけ多く書き、そのキーワード検索で上位にランキングされる工夫をすることです。社員ブログや自社関連のメルマガ、SNSなどにキーワードをちりばめ、そこから自社のオフィシャルサイトに飛べるようにするのもひとつの方法でしょう。


社名や商品名などの固有名詞で検索してくるユーザーは、すでに会社や商品について知っている人です。「40代ビジネスマン」「社長向け」「年収1000万以上」といった一般名詞で検索してくる人こそが、新たな顧客になる可能性をはらんでいます。


ビジネスツールとしてホームページを作成するなら、内容をきちんと読んでもらうより、まずは潜在的な顧客に訪れてもらうことを考えなくてはなりません。いかによい文章を書くかより、いかにたくさん書くかがカギとなります。検索エンジンにひっかかる確率を高くするためです。


上田祐司(経営者)の経歴・略歴

上田祐司、うえだ・ゆうじ。日本の経営者。ガイアックスの創業者。大阪出身。同志社大学経済学部卒業後、中小企業支援会社ベンチャー・リンクを経て、ガイアックスを創業。コミュニティに特化した法人向けウェブ支援サービスを展開している。

他の記事も読んでみる

山田真哉

どんな数字がインパクトを持っているかは、その時々で変わります。あまり多くの場で使われすぎていると、新鮮味がなくなるからです。みずみずしい数字を使うために、「逆張り」を心がけましょう。たとえば、最近の飲料業界では「ゼロカロリー」をアピールする飲料が増えています。その逆を張ったのがサントリーの「DAKARA」で、「余分三兄弟」と余分な方をアピールしています。どちらが新鮮かといえば、余分三兄弟ではないでしょうか。


小田真弓(加賀屋女将)

私は日ごろ、客室係に「気働きをしなさい」と言っています。辞書的な意味は「気を利かせながら働くこと」ですが、私が伝えているニュアンスは少し違います。手足を動かすのと同じく、自分の「気」を働かせる。ご到着からご出発までの一瞬、一瞬で、「自分はお客様のために何ができるか」を常に意識し、細部への目配りを欠かさない。「気を利かせる」よりも厳しい要求だと思います。


ジェフ・ベゾス

アマゾンはすでに多くの商品カテゴリーを展開しています。現在、最も力を入れているのは、各カテゴリーの商品数を増やすことです。もっとも古くから取り扱っている商材の紙の本ですら、日々商品数が増えています。商品数を増やすチャンスはいくらでもあります。


田中和彦

出世する人の手帳の特徴

  1. 1つずつの仕事にかかる時間を正確に見積もり、時間を細かく区切って1日に多くのタスクを処理している。
  2. 1人で集中して考える時間を確保している。
  3. 仕事に必要な情報をコンパクトに整理・集約している。

津田晃

売れない営業マンは、自分の売りたいものをアピールしたいからといって、焦って自分の話ばかりしてしまいがちです。すぐに商談を始めたのでは、ほとんどの場合、相手は警戒心を強めてしまいます。ですから、初対面では自分のことや商品の説明ではなく、まずは、相手のことを話題にするとよいですね。


山内隆裕

スマートフォン市場はすごい勢いで日々変化しているので、常に新しいことに挑戦できる土俵づくりを意識しています。


前田晃伸

流れに身を任せたい人もいますが、他人のつくったペースにずっと合わせ続けるのは、結構疲れるんじゃないかと思うんです。ある日突然、会社に出てくるのが嫌になる人がいますが、自分のペースがつくれなくなったときに、そういう精神状態に陥りやすいのではないでしょうか。


ビル・ゲイツ

会社が成長するにつれ、組織内に小さな組織をどんどん増やしていった。少人数のチームはコミュニケーションも効率的だし、組織が大きすぎるためにスピードが落ちるといった障害もない。


山田邦雄

既に競合がひしめいている国に出ていくことはしません。まだ日本の製品がほとんど出回っていない市場では、スタートラインはほかの大企業と同じですから、ロートが活躍できる場もたくさんあると考えています。


守島基博

いま、日本企業はリーダーシップをいたずらに難しく考えすぎて、かえってリーダーの魅力を減退させる傾向がある。


東英弥

仕事だけをしているとお付き合いの範囲が狭くなりますから、知見を持った人の話を聞いて、仕事に落とし込んで、それを社員やお客様に展開していく。これを今日まで続けてきたことが、よかったのではないかと思っています。


菅野敬一

若い世代に技術を伝えるのが自分の最後の役目です。若い職人に、「自分が信じたことなら、失敗を恐れず一度はチャレンジしろ」と言っています。