名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上田祐司(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田祐司(経営者)のプロフィール

上田祐司、うえだ・ゆうじ。日本の経営者。ガイアックスの創業者。大阪出身。同志社大学経済学部卒業後、中小企業支援会社ベンチャー・リンクを経て、ガイアックスを創業。コミュニティに特化した法人向けウェブ支援サービスを展開している。

上田祐司(経営者)の名言 一覧

一昔前、人脈づくりはトップの重要な仕事のひとつでした。いまはいかに自社サイトが広く紹介されるか、その仕組みづくりが、優先されるべきでしょう。まずは、潜在的な顧客を確実に獲得することです。それにより長期にコミットしてくれる顧客も育つのです。


商品やサービスをネットで検索するとき、有名な比較サイトのクチコミページなどにひっかかると安心できます。商品やサービスのポジショニングといった業界地図が把握できるからです。実際、ホームページで真剣に集客しようとしている会社はかなりの確率で、自社でクチコミページを立ち上げたり、ホームページ内で自社と他社の商品を中立的に比較できる仕掛けを施しています。


ホームページに初めて訪れたユーザーは、商品やサービスについて専門的なことはほとんどわかっていないと思っていいでしょう。だから、カタログのようなデータを書き連ねるより、顧客のニーズに対する解決策をわかりやすく書いたうえで、競合商品と比較するなどして自社の立ち位置をはっきり見せるべきです。


ホームページの文章を作成するとき、まず、どんな人に来てもらいたいかを考え、それに関連したキーワードをできるだけ多く書き、そのキーワード検索で上位にランキングされる工夫をすることです。社員ブログや自社関連のメルマガ、SNSなどにキーワードをちりばめ、そこから自社のオフィシャルサイトに飛べるようにするのもひとつの方法でしょう。


社名や商品名などの固有名詞で検索してくるユーザーは、すでに会社や商品について知っている人です。「40代ビジネスマン」「社長向け」「年収1000万以上」といった一般名詞で検索してくる人こそが、新たな顧客になる可能性をはらんでいます。


ビジネスツールとしてホームページを作成するなら、内容をきちんと読んでもらうより、まずは潜在的な顧客に訪れてもらうことを考えなくてはなりません。いかによい文章を書くかより、いかにたくさん書くかがカギとなります。検索エンジンにひっかかる確率を高くするためです。


上田祐司(経営者)の経歴・略歴

上田祐司、うえだ・ゆうじ。日本の経営者。ガイアックスの創業者。大阪出身。同志社大学経済学部卒業後、中小企業支援会社ベンチャー・リンクを経て、ガイアックスを創業。コミュニティに特化した法人向けウェブ支援サービスを展開している。

他の記事も読んでみる

鈴木真理子(人材コンサルタント)

自分の都合だけで書かず、受けとる側の立場でも考える。ダメメールからの脱却は、そこから始まります。


菅義偉

60数年間続いてきたものを変えようというのですから抵抗感が大きいのは当然。だから「岩盤規制改革」とも称されるのですが、そこはしっかりやっていきます。
【覚え書き|農協改革についての発言】


平塚常次郎

人は私のことを北洋の鬼だとか、虎とか言い、私の過去を波乱万丈だという。しかし私は、ただいつの場合でも、仕事に努力してきただけだ。


盛田昌夫

一歩でも明日につながるものをやろう。


原田武夫

一緒に仕事や時間を共にしたい、と思ってもらえる人間かどうかが重要。遠回りのようですが、自己鍛錬を積み、相手にふさわしい自分をつくりあげることが結果への近道。


古森重隆

いまの時代、ひとつの技術だけで課題を解決することは難しくなりつつあります。その一方で、ケミカルとエレクトロニクスというように、異なる分野の技術を組み合わせれば、解決につながることも少なくない。


世耕弘成

テリトリーじゃないから他省庁に首を突っ込んじゃいけないという考えも捨てる。大臣就任以降様々な会議に出ているが、他省庁の所管事項でも経済が成長するのであれば、積極的にどんどん問題提起している。それが経産省の在り方だと思っている。


町田公志

私はリクルート傘下にあった不動産会社コスモスイニシアの社長をしていました。私はそこで、不動産の価値が世の中の流れ次第でふっと上がってすとんと落ちるということを経験し、価値をフェアに認識することの大切さが身にしみています。そのため、フェアバリューがいろいろなところで活用される社会になってほしいというのが私の信条です。


赤羽雄二

仕事のやり方は部下に自分で考えさせるべきだと言う人がいますが、それは自分に自信があり、スキルもある程度以上高い部下の場合です。いきなり高い目標を与えるのではなく、目標を低くし、上司が丁寧に仕事のやり方を教え、部下が「自分にもできた」という小さな成功体験を積み重ねることが大事。


本田健

好きなことをやるのに、待つ必要はありません。自分が好きなことなら、何時間やっても疲れないし、頑張らなくても自然と深掘りすることもできます。最初は単なる趣味でも、やがてそれがお金に結びつく可能性は十分あります。今こそ自分の「天職」と出合うチャンスなのです。


山本昌(山本昌広)

ここ数年は、6、7月になるとあえて「もう今年で引退か」と自分に言い聞かせます。そして、あと○日しかユニホームを着られないのかと思うとさらに闘志が湧いてくるのです。


森下一喜

ゲームを作るうえで重視しているのは、ユーザーが「自分でコツをつかみ上達していく」ことを実感できるような仕組みを作ること。そこに意識を向けています。