名言DB

9412 人 / 110637 名言

上田祐司(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

上田祐司(経営者)のプロフィール

上田祐司、うえだ・ゆうじ。日本の経営者。ガイアックスの創業者。大阪出身。同志社大学経済学部卒業後、中小企業支援会社ベンチャー・リンクを経て、ガイアックスを創業。コミュニティに特化した法人向けウェブ支援サービスを展開している。

上田祐司(経営者)の名言 一覧

一昔前、人脈づくりはトップの重要な仕事のひとつでした。いまはいかに自社サイトが広く紹介されるか、その仕組みづくりが、優先されるべきでしょう。まずは、潜在的な顧客を確実に獲得することです。それにより長期にコミットしてくれる顧客も育つのです。


商品やサービスをネットで検索するとき、有名な比較サイトのクチコミページなどにひっかかると安心できます。商品やサービスのポジショニングといった業界地図が把握できるからです。実際、ホームページで真剣に集客しようとしている会社はかなりの確率で、自社でクチコミページを立ち上げたり、ホームページ内で自社と他社の商品を中立的に比較できる仕掛けを施しています。


ホームページに初めて訪れたユーザーは、商品やサービスについて専門的なことはほとんどわかっていないと思っていいでしょう。だから、カタログのようなデータを書き連ねるより、顧客のニーズに対する解決策をわかりやすく書いたうえで、競合商品と比較するなどして自社の立ち位置をはっきり見せるべきです。


ホームページの文章を作成するとき、まず、どんな人に来てもらいたいかを考え、それに関連したキーワードをできるだけ多く書き、そのキーワード検索で上位にランキングされる工夫をすることです。社員ブログや自社関連のメルマガ、SNSなどにキーワードをちりばめ、そこから自社のオフィシャルサイトに飛べるようにするのもひとつの方法でしょう。


社名や商品名などの固有名詞で検索してくるユーザーは、すでに会社や商品について知っている人です。「40代ビジネスマン」「社長向け」「年収1000万以上」といった一般名詞で検索してくる人こそが、新たな顧客になる可能性をはらんでいます。


ビジネスツールとしてホームページを作成するなら、内容をきちんと読んでもらうより、まずは潜在的な顧客に訪れてもらうことを考えなくてはなりません。いかによい文章を書くかより、いかにたくさん書くかがカギとなります。検索エンジンにひっかかる確率を高くするためです。


上田祐司(経営者)の経歴・略歴

上田祐司、うえだ・ゆうじ。日本の経営者。ガイアックスの創業者。大阪出身。同志社大学経済学部卒業後、中小企業支援会社ベンチャー・リンクを経て、ガイアックスを創業。コミュニティに特化した法人向けウェブ支援サービスを展開している。

他の記事も読んでみる

高原豪久

社員の中で最も困る存在は、いわゆるインテリヤクザです。インテリヤクザは、知識や思考を披露する局面では立て板に水ですが、何も行動しない。「私考える人、あなたやる人」という態度です。しかし、いくら素晴らしいことを考えても、それを行動に移さなければ、当人は成長しません。同様に高額の費用を支払って、コンサルタントの指導を受け、どれほど優れたメソッドを導入しても、それを徹底して行動に移さなければ、会社は変わりません。


小笹芳央

私はずっと仕事のことを考えています。ずっと考えているからインスピレーションが降りてくる。


金田一秀穂

今の学生を見ていて、少し気になるのが、やたらと自虐的な言葉を使うこと。「どうせ、バカなんで」とか「僕らはゆとり世代ですから」とかね。成績が悪い訳でもない学生が、そんな言葉を使うのはやめなさい、と僕は注意します。なぜなら「言葉は人を縛る」からです。「俺はバカだから」なんて言っていると、本当にバカになってしまう。昔からこれを「言霊」なんて言うわけです。


五十嵐光喜

働き方改革は仕事の中身を見ることが大切。たとえば、ファイルのダウンロードや送信中の待ち時間など、無駄と思う部分を削っていくことで、仕事の生産性は大きく向上するはず。


山久瀬洋二

初対面で顔を合わせるとき、最初の30秒間で何をすべきかがすごく大事。信頼関係を固く築く基盤に後々つながるものですから。ただ握手すればいいというわけではありません。まずは何と言っても笑顔。目をしっかり見て、「Hi!」と言いながらニコーッと笑ってください。ホテルなどのエレベーターで外国人が乗り込んでくる時、初対面なのに必ずニッコリ笑顔でしょう。「あなたに好意的ですよ、安全な人間です」というサインを送ってくれているんです。


大原孝治

ホームセンターには家に必要なものが揃っています。しかし、消費者には何を買えば良く、どう使えば便利なのかが分からないのではないでしょうか。ただ商品が並んでいるだけでは、ニーズに届かない。そこを埋めるコンサル的な役割を果たす店舗を考えていきたい。


梶本修身

温泉で疲れがとれた気がするのは、非日常的な解放感が疲れを覆い隠すからにすぎません。みなさん旅館やホテルに着くと部屋の中や施設の中を探検するでしょう? あれはアウェーで自分の身の安全を確保しようとする本能的な行動。つまりリラックスなどしていないんです。土日は家でゆっくりする。それが自律神経のためには一番です。


田中雅子(コンサルタント)

各自の強みに合った役割を割り振ることで、仕事が上手くいくだけでなく、メンバーが「自分の強みを活かそうとしてくれている」と感じ、モチベーションが高まって、自発的に動くようになります。


須田将啓

すべては結局一緒。問題を見つけて改善し、いかに速く回していけるか。


大室正志

体の弱い人が「明日から風邪をひかない体質になろう」としても、急には無理な話です。こういう場合、長期的には体質改善を目指しつつも、「風邪をひきそうだから、今日は早く寝よう」といった短期の対処をすることが肝要です。長期目標と短期の対処を混同してはいけません。メンタルについても同様で、いきなり「ストレスに負けない心を作る」と構えず、まずは小さな対処法を覚えましょう。


森泰吉郎

中途採用の人たちは経営実務のベテランとして期待したし、それなりの力もあったようだ。ただ、組織的な仕事の進め方から逸脱し、自分勝手な判断で仕事をするようになってしまった。ほかの社員にも悪影響が及び、僕ははなはだ困った。中核となる社員は若いうちから手塩にかけて育てなくてはいけない。そう肝に銘じた。


小笹芳央

仕事の最終目的について「なぜ働くのか」「なぜ生きるのか」までさかのぼって考えることは必要です。本当の意味でのモチベーションは、「なぜ生きるか」「どう生きるか」までたどり着かなければ、論じられない気がします。ただ、焦って考える必要はないと思います。


さいとうたかを

普遍的な「人間の根源」みたいなものからドラマを考えないといけない。善悪の解釈にしたって何にしたって、その時代その時代全部変わっていくわけだから。


泉谷直木

海外であろうと、国内であろうと、「自分はどんな仕事をしたいのか」「どんなキャリアをい積んでいきたいのか」「何を実現したいのか」というキャリアビジョンを持っていなければ、評価されるような良い仕事はできません。


中山幸市

「太平住宅」「太平火災」の組織を見ればおわかりのように、私はあくまで、利潤を追求する企業経営者とはなりたくない。私の理想とするところは、資本家も労働者もない企業形態を具現したいと思っている。その底に流れるものは、大衆に喜ばれる、大衆への奉仕である。こうした考え方は、私が貧しくして育った青少年時代の影響であろう。