名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

上田研二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田研二のプロフィール

上田研二、うえだ・けんじ。日本の経営者。「高齢社」最高顧問。高校卒業後、東京ガスに入社。東京ガス理事、東京ガス関連会社・東京器工社長などを経て高齢社を創業。そのほか、高齢者活躍支援協議会理事長を務めた。

上田研二の名言 一覧

起業では苦しいことに耐える姿勢が必要。


私は高齢者を「産業廃棄物」と呼んでいますが、適切にリサイクルすればレアメタルの宝庫に変わります。


いくつになっても生きていることが楽しくなくてはおかしい。


楽ばかりでは長い目で見て、プラスにはなりません。常に夢を持ちながら、障害を乗り越えていただきたい。


よい経営者のところには、よい社員が残り、ダメな社員は去っていく。
ダメな経営者のところには、ダメな社員が残り、よい社員が去っていく。


自分の時間を面白く過ごさなければ、自分の人生はつまらなくなってしまう。


良きにつけ悪しきにつけ、企業経営の問題点は99%経営者に責任がある。


もともと私は人前で話をすることが苦手でした。ですから話し方教室にも通った。


当社は過度な拡大路線を取るつもりはありません。小さくてもキラリと光輝くような会社を目指しています。


再建では課題のポイントを見極め、適切な改善策を取れば、解決の糸口が見つかる。


定年を過ぎても気力や体力のある方々に生きがいを提供したい。


起業に欠かせないのは、人脈と信用。開業当初、数多くの方が手を差し伸べてくれましたが、企業再建をやり遂げた経験が評価されたのではと思っています。


創業というのは、ないない尽くしの状態から開始するのです。社員がいない、顧客がいない、事業スキームが完成していない。一から事業を作り上げていく大変さは特別なものですね。一方で、会社が自分の思ったように育っているのを実感した時はうれしく感じます。


創業には非常にエネルギーが求められます。私は会社員時代に2社の再建を手掛けました。体重が10kgも落ちるほどの激務を経験しましたが、それでも創業の大変さの比ではありません。


東京器工は中高年社員が多く、定年後も彼らの豊富な経験を生かせる場がないか考えるようになったのです。また、東京ガスの先輩方が老後の居場所を見失っているということを知り、人材を活用できる会社をつくりたいと決意しました。


定年後、最初の半年は老後の人生を楽しんでいたけれども、次第に女房に邪魔に扱われ、犬の散歩が日課となり、「犬も嫌がる5回の散歩」と言われるほどになってしまう。そうであれば、働く場と生き甲斐を提供するべきだと思いました。
【覚え書き|高齢社の設立について】


私は会社を大きくしたいとは思っていません。小さいけれどもキラリと光り輝き、自分を変え、会社を変え、社会を変え、国を変え、世界を変える。そういう影響力のある会社にしたい。


中小企業でまず求められるのは協調性。中小企業にもそれぞれ組織のカルチャーがあって、それに馴染めない人は長続きしません。


大企業出身者は、知識は豊富ですが、再就職先では人徳がないと勤まらない。思いやりがなく、他人を見下すような態度を取ったり、周囲に威張り散らしたりすると、確実に嫌われます。大組織にどっぷり漬かっていたせいか、自分の哲学がなかったり、指示がないと動かなかったりする人もよく見かけます。そういうタイプもNGですね。


上田研二の経歴・略歴

上田研二、うえだ・けんじ。日本の経営者。「高齢社」最高顧問。高校卒業後、東京ガスに入社。東京ガス理事、東京ガス関連会社・東京器工社長などを経て高齢社を創業。そのほか、高齢者活躍支援協議会理事長を務めた。

他の記事も読んでみる

ジョン・レノン

僕たちにはなんの公式も共産主義もなくて、社会主義もそれに答えられないし、なに主義でも答えることはできない。僕たちには設計図はない……計画を見せることはできない……ただ考えてみる……戦争をしないというのがどういうことなのかを考える。それがつまり、僕たちが一室にこもって言っていたことなのさ。


熊本浩志

プロジェクトXの見すぎかもしれないけど(笑)、ものをつくる行為というのは俺にとってものすごく尊いことなんですよ。だから当然、ものをつくる人も生き生きと働いていると思っていました。ところが、東芝時代に訪れた工場は、薄暗くて冬でも暖房すら入っていない。そこで働く人たちも「ここでつくったものなんて、どうせニッキュッパ(2980円)で売られるんでしょ」とあきらめ顔。


飯島勲

私たちは上司や同僚や取引先を、自らの意思で代えることができないという点だ。「部下の仕事が遅い」「クライアントが優柔不断だ」などと愚痴を公にしたところで自分の能力不足を疑われるのが関の山だろう。ここは思い切って「バカ」を徹底的に利用するのがいい。明らかに能力不足の部下であったなら、むしろ大きな権限を与えて重用する。その部下は大喜びするだろうし、自分に対して敬意を払う。あなたが自分に自信があるなら実行してみてほしい。逆に、優秀な人間を重用しても、本人は自分の実力だと思うだけで、あなたには感謝しないだろうし、ますますあなたのことを軽視する可能性がある。人材登用の実力主義は組織存続のための最小限にとどめ、まずは「敵」「味方」で行うのが現実主義的な知恵だ。


南壮一郎

三木谷(浩史・楽天創業者)さんに教えてもらったのは、「ビジネスに大義名分があるか」ということでした。この事業があれば多くの人の役に立てる。社会の問題を解決できる。そういうビジネスでないかぎり発展しないと。


松田譲

外部の声を聞く姿勢を持つ。耳の痛い声ほど組織にとって有益な場合が多いのです。


白川敬裕

本業で自分の頭を活性化するには、自分にはちょっとハードルが高いと思われる仕事にあえて挑戦することです。いままでの自分のスキルと知識では到底太刀打ちできないという危機感もまた、人を勉強に駆り立てるエネルギーだからです。


粟田貴也

うどん事業も最初からうまくいったわけではなく、最初はフードコートに出店することに鉱脈を見出しました。ところが、これでいけると思った矢先に、今度は都市改正法で大きなショッピングモールの建築ができなくなった。仕方がないので、ロードサイドの店舗を自分たちで開発して、今日のスタイルに到達したのです。最初から自信をもってやったことなんて何もないのです。


船ヶ山哲

「知らないものに手を出す」ことこそ、起業の最大のリスク。そもそも知識や経験、実績がなければ、詐欺師を見抜くことさえできないからです。儲け話に手を出すのではなく「過去に眠るお宝」に注目する必要があるのです。そのお宝とは、「あなたがこれまでにやってきた経験」をビジネスにすることです。これまでの経験をベースにビジネスを構築していくことが、起業を成功させる「最大のヒント」なのです。


遊川和彦

本当は、さぼっても、才能があって、パーッといけるような人間になりたかったんだけど、自分はどうやらそうではないということに早くに気が付いて、地道にいくしかないなと思った。


宗岡正二

最後はマーケットの変化が背中を押してくれました。マーケットの変化を考えれば、合併をいまやらなければいけないと。


柳井正

お世辞なんか、部下は見抜いていますから、そんな「褒め」はムダです。本当にすごいなと思ったときに、「おまえ、これすごいな」と言ってあげる。本心から褒める。そうすると、言われた人も素直に喜び、その得意なことに磨きがかかります。


鈴木雄介

企画を反対されたとき、私はいつも、別に悪いことをしようとしているわけではないと自分に言い聞かせていました。「何かあったら自分で責任を取るつもりです」と何度口にしたことか。ときにはためらう上司の腕をがっちりつかんでハンコを押させたこともあります。