名言DB

9490 人 / 112001 名言

上田研二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

上田研二のプロフィール

上田研二、うえだ・けんじ。日本の経営者。「高齢社」最高顧問。高校卒業後、東京ガスに入社。東京ガス理事、東京ガス関連会社・東京器工社長などを経て高齢社を創業。そのほか、高齢者活躍支援協議会理事長を務めた。

上田研二の名言 一覧

起業では苦しいことに耐える姿勢が必要。


私は高齢者を「産業廃棄物」と呼んでいますが、適切にリサイクルすればレアメタルの宝庫に変わります。


いくつになっても生きていることが楽しくなくてはおかしい。


楽ばかりでは長い目で見て、プラスにはなりません。常に夢を持ちながら、障害を乗り越えていただきたい。


よい経営者のところには、よい社員が残り、ダメな社員は去っていく。
ダメな経営者のところには、ダメな社員が残り、よい社員が去っていく。


自分の時間を面白く過ごさなければ、自分の人生はつまらなくなってしまう。


良きにつけ悪しきにつけ、企業経営の問題点は99%経営者に責任がある。


もともと私は人前で話をすることが苦手でした。ですから話し方教室にも通った。


当社は過度な拡大路線を取るつもりはありません。小さくてもキラリと光輝くような会社を目指しています。


再建では課題のポイントを見極め、適切な改善策を取れば、解決の糸口が見つかる。


定年を過ぎても気力や体力のある方々に生きがいを提供したい。


起業に欠かせないのは、人脈と信用。開業当初、数多くの方が手を差し伸べてくれましたが、企業再建をやり遂げた経験が評価されたのではと思っています。


創業というのは、ないない尽くしの状態から開始するのです。社員がいない、顧客がいない、事業スキームが完成していない。一から事業を作り上げていく大変さは特別なものですね。一方で、会社が自分の思ったように育っているのを実感した時はうれしく感じます。


創業には非常にエネルギーが求められます。私は会社員時代に2社の再建を手掛けました。体重が10kgも落ちるほどの激務を経験しましたが、それでも創業の大変さの比ではありません。


東京器工は中高年社員が多く、定年後も彼らの豊富な経験を生かせる場がないか考えるようになったのです。また、東京ガスの先輩方が老後の居場所を見失っているということを知り、人材を活用できる会社をつくりたいと決意しました。


定年後、最初の半年は老後の人生を楽しんでいたけれども、次第に女房に邪魔に扱われ、犬の散歩が日課となり、「犬も嫌がる5回の散歩」と言われるほどになってしまう。そうであれば、働く場と生き甲斐を提供するべきだと思いました。
【覚え書き|高齢社の設立について】


私は会社を大きくしたいとは思っていません。小さいけれどもキラリと光り輝き、自分を変え、会社を変え、社会を変え、国を変え、世界を変える。そういう影響力のある会社にしたい。


中小企業でまず求められるのは協調性。中小企業にもそれぞれ組織のカルチャーがあって、それに馴染めない人は長続きしません。


大企業出身者は、知識は豊富ですが、再就職先では人徳がないと勤まらない。思いやりがなく、他人を見下すような態度を取ったり、周囲に威張り散らしたりすると、確実に嫌われます。大組織にどっぷり漬かっていたせいか、自分の哲学がなかったり、指示がないと動かなかったりする人もよく見かけます。そういうタイプもNGですね。


上田研二の経歴・略歴

上田研二、うえだ・けんじ。日本の経営者。「高齢社」最高顧問。高校卒業後、東京ガスに入社。東京ガス理事、東京ガス関連会社・東京器工社長などを経て高齢社を創業。そのほか、高齢者活躍支援協議会理事長を務めた。

他の記事も読んでみる

清水照雄

約2年間、アメリカに赴任していましたが、総じて朝型のビジネスパーソンが多かったような気がします。欧米人は家で夕食を食べますから。残業する習慣があまりないので、仕事量が増えてくると、必然的に朝の時間を仕事をあてることになるのです。


大川隆法

じっとしているだけで、外部から何も刺激を受けないでいると、自分を変革し、考え方を改めたり新しくしたりすることは難しいもの。


久保華図八

会社に社員を合わせるのではなく、会社を社員に合わせていけばいい。


松本幸夫

成功者は自分に自己暗示をかけるのが上手い。人間は弱いもので、放っておくと「怠けたい」「どうせムリ」など弱い心理に流されやすい。だからこそ、自己暗示が必要。


眞保智絵(鳥海智絵)

異動のたびに、常に「プロフェッショナルでありたい」と意識してきました。その過程で、野村でできることは非常に幅広いと気づき、転職するよりもここでさまざまな経験を積みたいと考え始めました。また、いろんな部署を経験し、社内外の人脈も増えました。


星野佳路

弊社の競争力とは、フラットな組織文化が礎になっていると思っています。それがあるから、星野リゾートらしさが体現できる。そういう意味で次のリーダーは、その文化をきちんと継承している人、組織文化の中心になれる人でなければならないと思っています。


内田和成

自分の勝ちパターンをいかに作っていくか。また、そのパターンが脅かされた場合に、それをどのように守るのか、あるいは変えていくか。これが企業の経営戦略のポイント。


松下幸之助

大切なことは、うろたえないことである。慌てないことである。


深野康彦

実際に投資を始めてみると、本をいくら読んでもわからなかった知識がどんどん入ってきます。とくに重要なのは、お金がからんだときに、不合理なことも含めて、自分がどんな行動をするかがわかること。仮に「自分には投資は向いていない」という結論になったとしても、それも貴重な学びです。


箱田忠昭

美味しいかどうかはともかく、たとえば、体重1トンの象の肉を一度に食べろと言われても無理です。しかし、象のステーキ200グラムなら食べられます。これを毎日繰り返せば、1トンの肉だって必ず食べられます。


泉谷直木

今は、今日ある仕事が明日もあるとは限らない時代です。一つの仕事を長年しているだけの「ベテラン」では通用しません。


池森賢二

防腐剤を入れず、短期間に使い切れるように小さな容器で無添加化粧品を世に送り出したのも、「高いから効く」などという健康食品の以前のいかがわしい常識を壊してメジャーな業界にしたのも、もとは素人の私が体で知った経験からなんです。