上田研二の名言

上田研二のプロフィール

上田研二、うえだ・けんじ。日本の経営者。「高齢社」最高顧問。高校卒業後、東京ガスに入社。東京ガス理事、東京ガス関連会社・東京器工社長などを経て高齢社を創業。そのほか、高齢者活躍支援協議会理事長を務めた。

上田研二の名言 一覧

起業では苦しいことに耐える姿勢が必要。


私は高齢者を「産業廃棄物」と呼んでいますが、適切にリサイクルすればレアメタルの宝庫に変わります。


いくつになっても生きていることが楽しくなくてはおかしい。


楽ばかりでは長い目で見て、プラスにはなりません。常に夢を持ちながら、障害を乗り越えていただきたい。


よい経営者のところには、よい社員が残り、ダメな社員は去っていく。
ダメな経営者のところには、ダメな社員が残り、よい社員が去っていく。


自分の時間を面白く過ごさなければ、自分の人生はつまらなくなってしまう。


良きにつけ悪しきにつけ、企業経営の問題点は99%経営者に責任がある。


もともと私は人前で話をすることが苦手でした。ですから話し方教室にも通った。


当社は過度な拡大路線を取るつもりはありません。小さくてもキラリと光輝くような会社を目指しています。


再建では課題のポイントを見極め、適切な改善策を取れば、解決の糸口が見つかる。


定年を過ぎても気力や体力のある方々に生きがいを提供したい。


起業に欠かせないのは、人脈と信用。開業当初、数多くの方が手を差し伸べてくれましたが、企業再建をやり遂げた経験が評価されたのではと思っています。


創業というのは、ないない尽くしの状態から開始するのです。社員がいない、顧客がいない、事業スキームが完成していない。一から事業を作り上げていく大変さは特別なものですね。一方で、会社が自分の思ったように育っているのを実感した時はうれしく感じます。


創業には非常にエネルギーが求められます。私は会社員時代に2社の再建を手掛けました。体重が10kgも落ちるほどの激務を経験しましたが、それでも創業の大変さの比ではありません。


東京器工は中高年社員が多く、定年後も彼らの豊富な経験を生かせる場がないか考えるようになったのです。また、東京ガスの先輩方が老後の居場所を見失っているということを知り、人材を活用できる会社をつくりたいと決意しました。


定年後、最初の半年は老後の人生を楽しんでいたけれども、次第に女房に邪魔に扱われ、犬の散歩が日課となり、「犬も嫌がる5回の散歩」と言われるほどになってしまう。そうであれば、働く場と生き甲斐を提供するべきだと思いました。
【覚え書き|高齢社の設立について】


私は会社を大きくしたいとは思っていません。小さいけれどもキラリと光り輝き、自分を変え、会社を変え、社会を変え、国を変え、世界を変える。そういう影響力のある会社にしたい。


中小企業でまず求められるのは協調性。中小企業にもそれぞれ組織のカルチャーがあって、それに馴染めない人は長続きしません。


大企業出身者は、知識は豊富ですが、再就職先では人徳がないと勤まらない。思いやりがなく、他人を見下すような態度を取ったり、周囲に威張り散らしたりすると、確実に嫌われます。大組織にどっぷり漬かっていたせいか、自分の哲学がなかったり、指示がないと動かなかったりする人もよく見かけます。そういうタイプもNGですね。


上田研二の経歴・略歴

上田研二、うえだ・けんじ。日本の経営者。「高齢社」最高顧問。高校卒業後、東京ガスに入社。東京ガス理事、東京ガス関連会社・東京器工社長などを経て高齢社を創業。そのほか、高齢者活躍支援協議会理事長を務めた。

他の記事も読んでみる

村田昭治

とくに若い人たちには、うまく生きていくことではなく、「よい生き方」に徹してほしいと願う。視点を世界に向けて自らを鍛えあげ、どこからでも良いことを学びとり、身につけて、自分の世界におけるアイデンティティを確立させていくことが大切だと思っている。


板倉雄一郎

経営者に必要な資質とは、まずやってみたいと思うこと。これがないと何も始まりません。次に目的と手段を明確に持ち、計画性のあることです。


津谷正明

米国でもトップはワンマンになりやすいですが、日本の社長の立場も極めて強い。日本人は上司をおもんぱかり、メンツを失わせることはしません。出る杭は打たれるから、議論を避ける。米国よりひどい状況かもしれません。


ビル・ゲイツ

子供のころからたくさん本を読んで自分でものを考えろと言われて育った。両親は、本や政治や、その他いろいろなことについて、子供たちを交えて話し合った。


駒崎弘樹

興味を引かれていろいろ調べてみたら、アメリカのNPOはボランティアではなく、ビジネスの手法を使って社会問題を解決するソーシャルビジネスという形が多いということがわかりました。収益を出しながらやっていくなら長続きしそうだし、日本でもできるのではないかと思って、僕も社会起業という形でやることにしたのです。


三毛兼承

昨日まではお客様の資金繰りが理解できる、あるいはクレジットリスクが判断できることが重要な要素だった。これは変わるわけではないが、それだけでは不十分。営業担当者としての「プロ度」を高めていく必要がある。それを進めるために人事や評価制度、研修、現場を変えていく必要がある。


安田佳生

安いものを多く売って儲けられる時代は終わった。中小企業にとって、現在の顧客や商品にしがみつき、価格を下げたり、逆にちまちま値上げすることで勝負するというのは、命取りに等しい。人口が減少するこれからの日本で勝ち続けるには、最終的に一つの商品に多くの金を払ってくれる顧客をつかまえるほかないのだから。多少ランニングコストをかけても、常により良いものを模索し、ブランド力を高め、社員一人当たり売上を増やしていくしかない。


戸次重幸

(『PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて』の)題材に関しては、僕も最初はNACS向きじゃないというか、僕たちがやらなくてもいいんじゃないかって正直思ったんですよ。でも(脚本の)林(民夫)先生の練り込まれた台本を読ませていただくにつけ、「これはやりたい!」と思うようになって。僕はお話として面白いから演じてみたい、という気持ちが強い。お客さんに対しては「説教臭いこと」を言うつもりはないです。でも俺たち、これがやりたいと思っているので、いつものように応援してもらっていいですか?」っていう気持ちです。


一倉定

経営とは「外部」に対応するものであって、断じて企業の「内部」に対応するものではない。


高崎秀夫(高﨑秀夫)

お客さまにも「京都銀行と取引している」とおっしゃっていただきますが、私のような役員がお付き合いしているわけではないですし、支店長が行っているわけでもありません。つまり担当者がお付き合いをしているわけです。それを言葉では京都銀行とお付き合いしているとおっしゃるのです。つまり、信頼は個人に帰結している。それだけ、銀行にとって人の存在は大きい。


遠藤弘満

今後は電池交換を無料にしたいと考えています。Knotの時計はハードなので、「電池が切れたから」という理由で別のブランドに買い替えられると一番困るからです。とにかく長く使ってほしいし、そのためのサポートやケアには徹底してこだわります。「まず与えよ」の精神です。


井口尊仁

人間の記憶に残る情報量はしれている。プレゼンの制限時間は10分もない。メッセージが1つでも伝われば十分。


若林正恭

誰もやったことがないことをやるのは簡単だ。だって、誰もやったことがないことをやればいいんだから。でも、誰もやったことがなくて、笑いも起こるというネタをつくることはとても難しいことだ。


遠藤功

特定の「誰」かが言うからやるのではなく、「何々」を大切にするためやるのだという姿勢を現場に意識させることが必要。


寺尾玄

メーカーも顧客も「扇風機ってこんなもの」「トースターってこんなもの」と思い込んで進歩が止まっていた、言わば「寝ている」状態のときに、すごく良いモノを作って乗り込めば、「寝込みを襲った」のと同じですから、確実に勝てる。


ページの先頭へ